ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

韓国慶南へ

2011-09-28 11:16:31 | シホのホ(雑記帳)
韓国慶尚南道の昌原で行われる慶南の発展研究院主催、徐福国際学術シンポジウムに招聘いただき出かけてきます。

なぜ関空から?
週末に滋賀で行われる日本民俗学会のシンポジウムに我がF師匠登場なので、釜山から朝一便で帰りたかったのです。
というわけで、爽やかな秋空に向けて、行ってきます。
コメント

関空へ

2011-09-28 08:30:15 | シホのホ(雑記帳)
目的は京都ではなく関西国際空港に向かうのです。
それにしてもいつも使う中部国際空港ならこの時間は間違いなく満席のところ、この車両には2人しかいません。絶対自由席で良かった!座れないと思ってしっかり指定席買ったのに。
でアナウンスきいたら、次は新大阪駅に止まるとのこと。これも私は関空から新大阪行きと京都行きがあるんだと思っていました。なんだおなじなんですね。
新大阪駅ではたくさん乗ってくるんでしょうか?
確認より睡魔に任せて、おやすみなさい。
コメント

京都へ

2011-09-28 07:25:54 | シホのホ(雑記帳)
おはようございます。ただいま京都に向かいます。
つづく
コメント

2011-09-22 06:21:35 | シホのホ(雑記帳)
お母さん、虹だよ、見てー
出かけたばかりのサホの電話は100パーセント忘れ物なので、なによ!といつも通りに冷たく電話に出て反省しました。

大きな虹です!
コメント (2)

名古屋到着

2011-09-21 20:34:39 | シホのホ(雑記帳)
ただいま名古屋に帰って参りました。
熊野はあれから台風一過という感じで、雲が割れてきたものの、15時30分過ぎ、いまだ列車は運休の案内のまま、列車がないので走るわけありません。(現在、熊野市駅は台風12号以降、列車の終点。ここからバスでしか新宮に入れません。)
熊野市役所にいたのですが、通行止め解除の放送が聞こえると同時に、席を立ち上がるSさん、列車が走っているところまで送ってやろうと言ってくださいました。
さあ出発というとき、高速バスが名古屋までちょうどでることがわかり、急遽バスセンターへ。乗り換えを考えたら間違いなくこっちがはやい。
大型バスに始めは一人、さいごに3人という豪華な旅となりました。
熊野のみなさん、本当にありがとうございました。

中国一行は午後から東大寺に観光に出れたそうです。
コメント (3)