ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

2016年3月27日「徐福縁たより」

2016-03-29 00:03:23 | 豊田土地改良区資料室
「徐福縁たより」は徐福を縁に出会った方に、私が勝手に送りつけているおたよりです。

 2016年3月19日(土)、この日の佐賀は穏やかな春の日差し。佐賀市徐福長寿館(佐賀市金立町・長崎自動車道 金立SA)に少し早く着いた私は、コートを脱いで、TtさんおすすめのSA内の昼食をとろうと散歩道を歩いて行きました。すると池の周りに誰にも邪魔されることなく大きく伸びた土筆がびっしりと生えています。大急ぎで昼食を済ませ、Atさんと時間まで山ほど摘みました。


 13時30分から佐賀市徐福長寿館において、日本徐福協会設立総会が開催されました。



そして2016年4月1日をもって日本徐福協会の設立が承認されました。
 この日集まったのは、佐賀県徐福会【佐賀県】・八女徐福会【福岡県】・天山(あまやま)ふれあい会【福岡県】・徐福さん振興会【宮崎県】・新宮徐福協会【和歌山県】・熊野市【三重県】・神奈川徐福研究会【神奈川県】(7団体)と、逵志保【愛知県】(1個人)でした。会員名簿を見ると、他に日本連雲港商会【大阪府】・奈良徐福研究会【奈良県】・富士山徐福学会【山梨県】・八丈島徐福会【東京都】・男鹿市菅江真澄研究会【秋田県】・小泊の歴史を語る会【青森県】(6団体)と石川幸子さん【大阪府】・鳥居貞義さん【大阪府】・山根朝子さん【京都府】・石倉昭重さん【京都府】・池上正治さん【東京都】・壱岐一郎さん【東京都】(6個人)が名を連ねています。古くからお世話になっている方々がほとんどですが、不勉強でまだ訪ねていない伝承地やお会いしていない方もあり、徐福の周辺はいまもなお動いているのだということを実感することができました。
 もうお気づきかもしれませんが、総会のなかでは徐福ならではの約束事が確認されました。例えば私は日ごろ「日中韓」と言いますが、徐福で集まるとき、中国も韓国も発表者ごとに国名の並べ方が異なります。そこで日本徐福協会は設立に当たり、徐福の航海ルートに統一して「中韓日」にしようということになりました。ここに記したお名前が西から順に並んでいるのもその約束事に沿ったものと思います。徐福ならではの観点という意味では、当初考えられていた地域区分についても、徐福の伝承として考えたときに現在の地域区分では伝承地間の関係に無理が生じてしまうことがわかり、再検討されることになりました。言い換えればそれだけ各伝承地の蓄積があるということだろうと思います。

 今回、日本徐福協会設立のきっかけは、世界遺産登録に向けて中韓日が協力していこうということになったとき、日本の伝承地をまとめる組織の必要がでてきたからです。 振り返ってみれば、かつて各伝承地では郷土史家たちが孤軍奮闘し、ときには変わり者のように見られながら徐福に取り組んできました。それが決して自分一人ではないことを知り、伝承地間で連絡をとりあうようになってきました。そうするうちに日本全体の徐福の組織を取りまとめようという動きは何度もあったように思います。しかし、どの伝承地も個人も、最終的には組織の傘下として動く必要性を感じず、結局まとまらないままにここまで来たように思います。それでも十分やっていけたのです。しかし徐福が日本国内のことでは終わらなくなってきた現在、やはりそうした組織が必要になってきました。日本徐福協会がつくられることになったのは、機が熟したといってもいいのかもしれません。



 いまこうして日本徐福協会が設立するとき、故人となった多くの徐福研究の先駆者たちのことを想います。どんなふうに眺めていてくれているのでしょうか。改めて、この会をしっかりと育てていかなくてはいけないという責任を感じます。
 会議の詳細については会員の方には直接報告があるものと思いますのでここでは省略します。日本徐福協会を設立するにあたり、僅かな期間で佐賀県徐福会・八女徐福会・神奈川徐福研究会のみなさんが本当に骨折ってくださいました。紙面を借りて心よりお礼申し上げます。
 日本徐福協会役員は次のとおりです。会長に田島孝子さん(神奈川徐福研究会会長)。副会長に澤野隆さん(佐賀県徐福会会長)・土橋寿さん(富士山徐福学会会長)・西義弘さん(新宮徐福協会会長)。運営委員に赤崎敏男さん(八女徐福会)・大串達郎さん(佐賀県徐福会)・津越由康さん(神奈川徐福研究会)早川宏さん(富士山徐福学会)。事務局長に伊藤健二さん(神奈川徐福研究会)。会計に津越由康さん(神奈川徐福研究会)。会計監査に三田満さん(神奈川徐福研究会)。顧問に笹本直樹さん(元八丈島町長・徐福研究者)・壱岐一郎さん(元沖縄大学教授・徐福研究者)・高島忠平さん(旭学園理事長・日本考古学協会会員)・池上正治さん(中国研究者・作家・徐福研究者)・逵志保(愛知県立大学講師・徐福研究者)が決まりました。



 5月19日(木)、20日(金)には日本徐福協会が始動し、中韓日徐福文化国際フォーラム佐賀大会がおこなわれます。19日夕刻からは徐福関係者交流会、20日午前中は世界遺産に向けた中韓日の動向を各国代表者が報告の後、中国や日本で総領事を歴任、現在は韓日協力委員会事務総長の柳洲烈さんを講師に迎え、「徐福文化の世界文化遺産登録に向けて」(仮)の講演があります。20日午後は中韓日徐福文化国際協議会の協議です。ご興味ある方、参加申し込み書がありますのでお知らせください。
 
コメント

2016年4月23日 東海日中関係学会2016年度第1回公開研究会・懇親会のご案内

2016-03-21 22:08:49 | その他の研究・調査
東海日中関係学会では下記の通り研究会をおこないます。ぜひご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東海日中関係学会2016年度第1回公開研究会・懇親会のご案内

                 東海日中関係学会会長 川村範行
 拝啓 桜の開花予想が気になるころとなりました。平素は、当学会の運営につきまして格別のご支援ご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、当学会では新年度を迎え、第1回の公開研究会・懇親会を下記により開催致します。今回の公開研究会は、「転換期の中国の経済・社会からみた日中関係」をテーマとしてとりあげ、お二人の講師をお招きしての発表・討論を予定しています。ご多用のことかと存じますが、万障お繰り合わせの上、懇親会含め是非ご参加賜りますようお願い申し上げます。  敬具
   
       記
日時:4月23日(土)14時00分開会(受付開始13時45分)
会場:中統奨学館ビル4階 名古屋市中区栄4丁目16番29号  TEL 052-262-1410
(地下鉄栄13番出口、中日ビル南へ4つ目交差点左手前角、徒歩5分)
(地下鉄矢場町1番出口交差点渡り、北へ2つ目交差点右向かい側角、徒歩3分)
公開研究会:14時00分~16時45分
懇親会:17時00分~18時00分(会場内にて)

研究発表:テーマ「転換期の中国の経済・社会からみた日中関係」
①「転換期の中国経済における日系企業の近年の動向をめぐって」
-中国進出日系企業の戦前来の共通点からの考察-
  有賀敏之氏(大阪市立大学大学院創造都市研究科教授 経済学博士)
②「中国人旅行者の日本ブームの本質と課題」-中国各地のアンケート調査結果より-
  王 銀氏 (株式会社雲漢社 取締役社長)

研究会参加費:一般1,000円、学生500円、東海日中関係学会会員無料
懇親会費:1,000円 当日、研究会会場受付にて申し受けます。
参加申込期限:4月20日(水) ご参加につきましては、FAXあるいはメールにてお申し込み願います。準備の都合上早めにご申込いただければ幸いです。

後援:中日新聞社、(一社)東海日中貿易センター、(株)名古屋銀行、(一社)日中文化協会
以上

・・・・・・・・お申し込みは以下の内容を書いてください・・・・・・・・・・・・・・     

東海日中関係学会運営委員会 行(4月20日までに)       
FAX :052-571-2906 
MAIL :tokai.n.c.a@gmail.com

2016年度第1回公開研究会・懇親会 参加申込書

次の各々に○を付してご回答願います。
【公開研究会】(  )参加
【懇親会】  (  )参加 

フリガナ
氏 名:
所属企業・学校・団体名 :
(連絡先)
住所 :〒 、
電話 :
FAX:
メール:
通信欄:

当件に関するお問い合わせ先:事務局(℡052-551-3101 ㈱ハヤカワカンパニー内)
コメント

3月6日5:45~中京テレビ「こころの健康見つけ旅~熊野市~」放送です!

2016-03-04 09:43:57 | 徐福伝説
アラフィフの私が言うのもなんですが
中京テレビには「アラカン」という番組があるそうです。

むむむ、デジャブ?
いやいやそのはなし、しましたよね。

ところがまた熊野市観光大使(笑)のわたしのところには
市役所の担当のTさんよりメールが来たのです。

それで、前回の記事を見直しまして、わかりました。
前回は中京テレビ~60代からの夢チャレンジ「アラカン」~
「カラダの栄養見つけ旅~熊野市~」でしたが、

3月6日(日)AM5:45~6:00「アラカン」のタイトルは
「こころの健康見つけ旅~熊野市~」だそうです。
今回の放送では熊野古道や丸山千枚田などにスポットがあたり、
元熊野市職員の三石学さんも出演とのことです。

中京テレビ圏内の放送のため、見ていただける方は限定してしまいますが
前回も、へー、こんなお店、こんな料理があったんだと楽しく見ることができました。
URL:http://www.ctv.co.jp/arakan/
HPで放送内容の予告が出ているようです。
コメント