ほるほる

矢作川のほとりで枝下(しだれ)用水を、
徐福・百済王で中韓日の渡来人伝説を楽しむ
逵(つじ)志保のページです

ありがとう!洗剤「ポール」

2009-05-31 23:02:10 | シホのホ(雑記帳)
昨年の冬だったか、友人から「いいよー」と聞いたことがあったけれど、もうワタルは野球部を引退していたので、ふーんと聞き流していた話がありました。名づけて「ポール話」。
今春、ワタルが高校球児になった途端、またもやその話が浮上してきました。「ポール、いいよー」。ポールといったらパチパチパッチンとしか思いつかなかった私も、繰り返しポール話を聞くたびに、話す方は熱く語るので、とうとうポール話に乗ってみようという気になってきました。
高校野球部父母懇親会があったとき、今度は私からポール話を始めると、みなさん同じだったのか、同級生のお母さんたちから「なんか最近聞くねー」といわれ、みんなで一気に注文してみることにしました。

遅くなりました、バイオ濃厚洗剤「ポール」話です。

いやいや参りました。写真を見たら「白い!」と思うことでしょう。今まで風呂場で洗濯板使ったり、ブラシ使ったり、部分漂泊使ったりと格闘していた泥んこユニホームが、つけ置き洗いでこの白さなんです。つまりもう私のか細い腕でゴシゴシしなくてもいいのです。
試しに野球後の泥んこ靴下もそのままつけて洗濯機で回してみたら、まあこれはちょっと揉んでからのほうがよかったかな?くらいで許せる!、もう一度洗濯機へみたいなことがないのです。
普通の洗剤よりは値段は高いようですが、4キロと2キロがあり、私が買った4キロは大匙一杯で260回分の洗濯ができるとのこと、別々に洗うのも面倒なので、今ではつけ置き状態から洗濯機にまるごとバケツを開け、家族全員でポールのお世話になっています。
インターネットでも販売しているようなのでチェックしてみてください。

あとは朝になったら自動的にお弁当におかずが詰め込まれる機械が登場してくれれば良いんだけれどなあ…。
と満足な今夜、ワタルに頼まれて買っておいた電動バリカンでワタルの髪を五分刈りにするという初めての体験をしました。あんなにこだわっていた髪の毛ももう私が刈り上げればいいそうで。…初体験でかなり時間がかかり、私にまで髪が飛び、やたらと私は汗をかき、近くのスーパーに併設されている美容院ではものの5分とのこと、プロはすごいという話になりました。

というわけで高校球児の母は結構楽しい毎日です。…そして母たちもまた面白そうな仲間になれそうで、それもまた楽しそうな予感です。



コメント (41)

浜峰 注文はお早めに!?

2009-05-28 00:11:35 | シホのホ(雑記帳)
今はアジの開きが絶対においしいんだろうなあという今日この頃、
またもや「浜峰のひもの」(ホームページリニューアル!!)がテレビに登場です。

番組名:CBC系 えなりかずき!そらナビ 水の恵みコーナー
放送予定日:5月29日(金)
放送時間:昼12:55-13:55

というわけでインターネットのご注文は明日中に!?
名古屋地方には6月3日ー9日三越星が丘店、6月10日ー16日松坂屋本店(栄です)の催事販売もあるようです。
浜峰ファン、ますます増殖中ですね!
コメント

矢作川で調査中

2009-05-25 11:02:44 | シホのホ(雑記帳)
爽やかな空の下、今日は研究員総出で矢作川のオオカナダモの調査です。でも川辺まで来たらみんなは胴長を着ているのでズボズボ入っていっていまい、長靴の私は取り残されました。川の音を聞きながら野性のミツバの匂いをかいでいます。
コメント

クレープは「いつものところ」で

2009-05-18 22:39:26 | シホのホ(雑記帳)
ワタルは高校生になって自転車通学の距離がいっきに長くなり、
そのおかげで?新たな味を発見してくる。
昨日、名鉄津島駅の近くを通ると「ここのクレープは美味しかった。もう名古屋からわざわざ買ってこなくていいよ。」などとあんなに喜んでいたクレープ土産を断ってきた。
ワタルによればなんでも安くてボリュームもあって美味しいのだという。おまけも貰ったなどという。
…というわけで車を止めて、めちゃくちゃ小さいクレープ屋「いつものところ」の小窓を開けて家族分を注文した。

なんと生クリームのクレープ200円。ワタルはストロベリー入りを注文したけれどたくさん入っていて300円。焼きあがるまでにおまけもあった。
たしか雑誌に出ていたことがあったなあと話しかけるとお店の方が「ずっと名古屋のパルコのそばでお店をやっていたんですけれど、毎日通うのがだんだんしんどくなってきて、そんな時にちょうどいい場所があったものだから」とのこと。お店はだいたい午後からで、準備したクレープ生地がなくなるまで。このアバウトさとは異なり、焼くときの長年の腕はもう絶対においしいですという感じだった。で、美味しかった。

気持ちのいいちょっと年配のその方は、私に美しくなるためのとっても素敵なプレゼントまで下さった。それは何かって?秘密です。

というわけで、ご近所のみなみなさま、是非一度
「いつものところ」愛知県津島市今市場町3丁目100
のクレープを食べてみてください。
コメント (14)

SKIP 支えられて17年

2009-05-18 00:31:33 | シホのホ(雑記帳)
昨日5月16日(土)京都にあるスキャメラ(スキャン+カメラ)のニューリー社をSKIPのメンバーと訪ねました。
今年のクリスマスファイナルコンサートを飾ってくださるかとうかなこさんのクロマチック・アコーディオンをスキャメラしていただき、クリスマスコンサートに向けてのポスター作成に協力いただくためです。
その実現には愛する楽器を持参してくださるかとうかなこさん、事務所の賛成があったからこそ!

事の始まりは私が枝下用水史の仕事で出会ったニューリーが京都府中小企業の子育て支援企業登録第一号ということを知り、「私たちのNPO活動も応援してください!」とお願いしたところから。
すぐさまOKをくださり、ファイナルコンサートのポスター作りということになりました。
しかし15センチという厚みの制限のあったスキャメラ、大きいアコーディオンは入らないとあきらめかけたところ、井田社長さんから「改造しましょう」の声をいただきました。

本当に多くのご厚意に支えられてSKIPはあること、これまでもあったし、これからもあるだろうこと、そんな有難さを名古屋の外でも感じることのできた貴重な経験でした。
かとうさんにはニューリーのショールームの和室?の畳?の上でほのぼのとしたミニ演奏会をしていただきました。
かとうさんも早速ブログで紹介くださっています。
http://blog.livedoor.jp/katokanako/

休日返上で対応くださったニューリーのみなさま、心こもる様々なお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。
かとうかなこさん、事務所のKさん、お忙しい中ご協力くださり、ありがとうございました。
京都市民活動センターのFさん、こうして支えてくださる先輩仲間がいることに感謝します。

それにしても様々な縁がどんどんつながって、広がっていく姿は楽しいですね。
「SKIP17プロジェクト」はこうして形をかえて着々と広がり深まっていきたいと考えています。

朝日新聞に引き続き、中日新聞でもSKIPの記事が掲載されました。
http://homepage3.nifty.com/skip/
SKIPをこれからも応援してください。
コメント