goo

先生の顔が浮かぶ問題

=============================================================
フリーダム進学教室 夏期講習のお知らせ
=============================================================

各校にはそれぞれ、独特な出題形式の問題があったりするものです。後から在校生に聞いてみると

「ああ、あれはS先生でしょう」
「あの先生の期末試験はこうだしね」
みたいな話が聞こえてくる。

中高はそれぞれ専門の先生がいます。例えば物理の先生は高校で物理を教えるとともに、中学でも理科の第一分野を教える。だから中学生でもその学校の教科の先生は知っている。そのくせがあるから、わかる場合があるのです。

学校にはそれぞれの学校の欲しい人材像があって、こういうことができる生徒を合格させよう、こういう力を持っている子をとろう、という考えが前提にあります。

その前提を理解した上で作問に入るわけですが、やはりそこは先生の個性が出てくる部分でもあり、それもまた学校別の入試傾向をつくる要素になるなのです。

中学入試はすべて独自入試ですから、学校によって出題傾向も出題形式もまったく違います。だからそれをしっかり研究していけば、効率良く勉強することができます。

中学受験の範囲は広いので、多少なりとも絞り込まないと対策が漠然としてしまう。

やはり自分の受ける学校を早めに決めて、「ああ、あの先生の問題かも」と思えるように取り組んでいけると良いでしょう。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第4回 広尾学園

今日の田中貴.com
志望校でやりたいことを決める

6年生の教室から
秋の志望校対策を組み立てる

慶應進学特別から
過去問の優先順位

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 偏差値表を見... 忘れているの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。