goo

あの子が合格して僕が落ちたら・・・

この時期になると、隠れ中学受験族が現れてきます。

今まで、中学受験はしない、と思われていた子が、実は塾に行っていた、とか。

そしてまたたまたま「自分が受ける学校と同じ学校を受ける」というような話になってくると「あの子が合格して僕が落ちたら・・・」という思いが頭をもたげてくる。

そういう時はさわやかに「おめでとう」と言ってあげればいい、などという気持ちにはならない。

だから、プレッシャーがかかるのです。隠れ受験族ではなくとも、ここにきて受験する学校が分かってきて、またいろいろ心が乱れる・・・。

でも、受験というのはただ自分の出来だけで決まるので、試験ができなければ合格しない、というだけです。

で、そういうこともあるだろうが、だから何?という感じでよいのです。

失敗することもあるだろう。負けることもあるだろう。またそこから次の挑戦をすればいいだけの話です。

ところがまだ小学生だから心千々に乱れて、集中できないこともあるようです。

良く様子を見ていて、もしかしてそうかな、と思ったら、しっかりコミュニケーションをとっておきましょう。


冬期講習のお知らせ

今日の田中貴.com
第243回 行く学校をベストにする

5年生の教室から
式を書けえええ

今日の慶應義塾進学情報
問題は最後まで読む

新6年生を募集中です。







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 量と質 そこまでやら... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。