ひとり座禅のすすめ

自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。

弟の家族葬に明石の従兄弟が前日に来られて会食して

2018-10-30 00:26:42 | 家族

弟が27日に天に還って行って、家族だけの家族葬を行うと決めたけれど、どうしても明石の従兄弟の博文には連絡だけはしなくてはと思い、息苦しく呼吸を行なっている弟を見て、電話で病状を話しました。

明石は毎年夏が来ると、7月21日に東海道線で大阪経由で行き、8月31日まで過ごしたほど愛着を持って、接してきた従兄弟たちがおります。 従兄弟以上、限りなく兄弟に近い関係ではなかったかと思い起こさせる関係です。

30日の午前中に家族葬を行うと言う事を聞いて、50年近く会ってはいない弟に一目会いたいと、明石から来てくれました。 出来れば生前に会って話をしたかったと云うのですが。

午後3時ごろには多摩センターに着いて、駅前の京王プラザホテルにチェックインして、2階のデユエットでコーヒーを飲みながら、弟を中心話題にしながら近況や思い出について話をしました。

席を変えてアルコールを交えながら、三日月庵でツマミを摂って、従兄弟の故 義郎ちゃんや敏江ちゃんのことを話題にして、楽しく過ごしました。

明石の海岸で泳いで遊んだこと、野球や石蹴りをしたこと、地蔵盆でお米を持ってお菓子をもらい受けたこと、盆踊りをしたこと、従兄弟が集まって従姉妹の住まう呂屋で遊んだことなど。 益ちゃん、逸っちゃん、理美ちゃん、ひろみちゃん、シゲ子ちゃん、一美ちゃん、たかよちゃん。

母の兄弟の従兄弟たちとは、何とも云えぬ関係があります。 改めて弟のことを通じて、様々なことを思い出すのです。

コメント

ICU 入院期間共 5歳下の弟の方が私よりも短いのですが

2018-08-15 02:00:37 | 家族

近くに住む弟が7月30日の早朝に電話があり、緊急で入院したとの電話があり、腸閉塞で入院とのことで早速、病院に駆けつけると主治医の先生が、お話がありますと云われて聞くと、検査の結果 大腸ガンで患部が大きくなって便が通りにくかったようです。

しかも弟は2週間も便秘であったというではありませんか。 腸内で硬くなった便を、取り敢えず排出する処置をしているという。

結局 翌日、開腹手術をして集中治療室で過ごすことになりました。 私は集中治療室には2日間過ごしましたが、弟は1日で病棟に戻りました。

昨日、守谷の姉夫婦が見舞いに来て話をしていると、何と15日には退院すると云うではありませんか。 私の場合は3週間で退院でしたので、弟の場合は1週間ぐらい早い退院です。

歳の差の5歳は大きいのかなあと、改めて感じるのでした。 私は退院してからの治療はありませんでしたが、弟の場合は退院してから外来で、抗がん剤の点滴治療を行います。 これからが本番を迎えます。

病を素直に受け入れながらも、決してマイナス志向になることもなく、明るく前向きに治療生活を送って頂きたいと、願うものです。

コメント

子供の頃に一夏中過ごした明石の従兄弟たちに会いたいという気持ちが強くなっていて

2018-08-13 19:48:52 | 家族

近くにいる弟は別として、守谷に住む姉とは滅多に会うことがありません。 姉とは時々 電話で話すことがあり、会わなくても何時も近くにいる感覚があります。

歳をとったせいでしょうが、このところ子供の頃に毎夏、7月21日から8月31日間 過ごした明石の従兄弟や、神戸の従姉妹たちに久しぶりで会いたいという気持ちが、強くなって来ております。

2歳下の従兄弟は、金回りの良い時に買っておいた上着やズボンを、こちらの大きさに整えてから送って来てくれます。 神戸の同じ歳の従姉妹と連絡をして、不要な洋服を送ってもくれています。

私は弟と同じぐらいの体格ですので、分け合って着ております。先日は私のブログ「ひとり座禅のすすめ」を見ていた神戸の従姉妹の娘さんが、私の体の状況を知って、そのことを聞いた明石の従兄弟は、見舞金を姉妹から集めて、纏まった金額を送ってくれたりしました。

兄弟でも出来ないようなことをして頂いて、これをどのようにお返し出来るかを考えたりしております。 フットワークの悪くなった体ですが、近いうちに明石に行って従兄弟たちと会いたいという気持ちが強くなっているのです。

 

コメント

明石の従兄弟からの電話で姉に連絡し軽い脳梗塞に罹っていたことを知る

2018-07-13 03:33:29 | 家族

近くに住む弟とは、よく連絡を取り合う機会が多いものの、茨城の守谷に住む姉とは、滅多に連絡を取り合うことはありません。 それが明石の従兄弟の電話をきっかけに、電話をしてみてびっくりでした。

6月に軽い脳梗塞になり3日間入院し、現在はリハビリ中で右手の不自由さも少しは解消してきていると云うのですが。 よく訊いてみると、何かおかしいなあと思いながらも2日間過ごし、3日目にクリニックへ行って脳梗塞であることが分かり、即入院したようである。

本来であれば1週間入院加療しなければならないところ、猫の世話があるからと3日間で退院してきたと云う。 幸いにも命に別状がなかったものの、未だ多少の右手の違和感はあるようです。

姉は筋力トレーニングを行い、体内脂肪は10%切っていたような人であったはずなのに、なぜ軽いとは云え脳梗塞になってしまったのか、疑問が残ります。 姉によれば、義兄が甘いものが好きで、買って来たものを一緒に食べるようになってから、糖尿病になってしまったとのこと。

その糖尿病も脳梗塞になった原因ではないかと云うのですが。 私は姉を暖かく見守っていてくれる天にいる父が、軽くて済むようにしてくれたのではないかと、ふと思うのです。

コメント

2人のお子さんを育てるご婦人の話を聞いて改めて自分たちはどうであったかと

2018-04-19 02:01:29 | 家族

私が多摩ニュータウンに引っ越して来たのは、昭和47年だったと記憶しております。 清瀬市で生まれた長女が、丁度、1歳になったばかりの時でした。

私は虎ノ門にある建築設計事務所に勤めており、連れ合いも清瀬にいた時の不動産屋さんを辞めました。 私1人の給料での親子3人での生活です。 その1年後に長男が生まれました。

子供たちが小学校に通うようになってから、私自身は事務所を8年で退職し、自立することにしました。 ゼロからのスタートでしたので、取り敢えず先輩の事務所から手伝ってくれないかという話で、高田の馬場まで手伝いに行っておりました。

手元に入るお金が少ないので、学費補助を頂く生活を数年続けることにもなりました。 先輩事務所のお手伝いをするようになって1年目に、人のお手伝いをするために事務所を辞めた訳ではないはずだと考え、全くゼロからのスタートをすることにしました。

少ない貯金も底をつき、母から当面の生活資金として300万円を借りました。 多摩ニュータウンは民有地を区画整理されて、有効利用は未だ手付かずの状態でした。 虎ノ門に通っていた時には、駅まで通う通りにある空き地を見ても、何も感じなかったのですが、土地の所有者を調べ、公図を取得して建築計画の提案をすることになりました。

1週間ぐらいかけて作った計画案と、収支計画表を持って飛び込みで説明に上がりました。 公団の住宅の設計を手掛けていた経緯から、民有地を利用しての賃貸住宅や、先輩事務所が手がけていたスポーツクラブのピープルの誘致を勧めました。

たまたまピープルの副社長さんが、富士銀行の聖蹟桜ヶ丘支店の初代の支店長さんであったことも幸いし、ぜひ多摩市でピープルの施設を造りたいとの意思が強く、結果的に始めた計画した施設が、多摩センターに造られることになりました。

丁度その頃、経済的に豊かでなくても精神的に豊かになれるはずと思って、仕事もないのに朝の6時から9時過ぎまで、テニスをすることになったのです。 テニスはコートの改修工事が始まる前まで、雨が降らない限り毎日3年間続けました。

ピープルの建設以降、皆さんから応援を頂くようになり、次から次へと建設計画が実施されることになりました。 母から借り入れたお金も返済し、生活資金も少なからず送金出来るようになりました。

子供たちが通った塾等は、お絵描き教室、エレクトーン音楽教室、そしてピープルでの水泳教室でした。 泳ぐ姉弟の姿を頼もしく見ていたのは言うまでもありません。

督促状をもらっていた奨学金の返還も、何とか遅ればせながら返せた記憶が、ぼんやりと残っておりますが。

コメント

父40年目母11年目の御墓参りに秩父まで行き帰りに梵温泉に

2017-09-25 03:02:25 | 家族

昨日は父が天に還ってから満40年目のお墓参りに、家族3人で秩父霊園まで行って来ました。 連れ合いは歯周病が悪化して、歯痛で右頬が腫れ上がってしまって、おとなしく家で留守番でした。

車中、娘と息子の音楽関係の話を聴きながら、途中コンビニに寄って飲み物やらトイレに入って、また秩父の道の駅に寄って、お花や父の好きだったお酒のワンカップや、母のお饅頭を買ったりして、あっという間に2時間半が過ぎました。

何時もお墓のゴミや雑草を取って、お墓の清掃をします。 お花を添えお酒とお饅頭を供えて、お線香に火をつけます。 順番にお祈りをしてお線香が消えるまで、お墓の前でお喋りをします。

お線香が消えると又清掃し、お花だけ残して家に持ち帰ります。 ここ2年ほど前から、帰りに日帰り温泉に入ってから帰るようにしています。 秩父には結構多くの日帰り温泉があり、温泉に入りに行くと云う楽しみが増えました。

以前に行って良かったと云うことで、梵温泉に行くことにしました。 息子と半身浴しながら、お喋りを楽しみました。 1時間ほどで出て、休憩室で一休みしながら、お昼ご飯を何処にするか決めました。

ネットで検索して途中のラーメン・餃子の美味しいお店に向かい、暫く待っていましたが、5人席の小さなお店で、席をなかなか立ってくれません。 痺れを切らして待つのをやめて、結局、途中で見つけた好きなモスバーガーで、食べることになりました。

朝の7時に家を出て、家に帰り着いたのは午後5時でした。 1日がかりの御墓参りでしたが、何となく楽しいひと時でした。 残念ながら今回は連れ合いが不参加でしたが。

コメント

娘が幼い頃に悪友の誘いでお菓子やさんから盗んだ時に連れ合いは

2017-09-02 18:04:59 | 家族

ふと先日、親の躾について考えた時に、娘が未だ幼い頃に、近所の悪友にそそのかされて、お菓子屋さんで菓子を盗み取って来た時に、連れ合いは娘に対して、決してそのようなことはいけないと言って、直ちに娘を連れてお菓子屋さんに謝りに行ったことを、思い出しました。

それ以来、悪友にそそのかされても娘は、そのような行為はしていないと思います。

娘に悪いことをそそのかした本人のその後は、どうであったか。 また、その子の親の対応は、どうであったかは分かりません。 然しながら、その上のお兄ちゃんは、本人とは云わずに注意書きを、掲示板に貼ったところ、直ちに反応がありました。

我が家の玄関ドアに、卵をぶつけたのです。 その本人は、先日、仕事を通して接する機会があり、建設会社の社長になっておりました。

幼少期から、その後、色々な方と出会って、悪いことは考えないとは思いますが、幼少期の頃をよく知っているものにとっては、対応は難しいと感じてしまいます。

コメント

三つ子の魂 100までもと云うけれど親の生き方の影響は大きいが

2017-03-16 03:21:14 | 家族

報道で簡単に人を殺めてしまう記事が、当たり前のように目にすることが多く、何故そのような行為をしてしまうのかと、何時も考えてしまいます。

この世に生を誕生する過程で、喜ばれた結果として、親の愛情の結晶として生まれ出たか、また生育の過程で十分、親の愛情を注がれただろうかなどと、いろいろと考えてしまいます。

自分が育てられた環境を思い出してみると、母親の厳しい躾けを思い出します。 父親が私たちに何か教育的なことで影響があったかと云えば、日常的な生き方ではなかったかと、改めて思うのです。

小学校3年の頃から高校に入るまでの間に、私たちの生活は激変し、経済的にも上からどん底までの体験を、余儀なくされました。 多分、その様子は周りの友人たちも見ていたようで、小学校の友人が、その推移を改めて指摘することもあります。

ひと財産を処分した後の、母のへそくりで買った家も、父母の日常的な喧嘩の果てに、夏休みにひと夏、明石から帰って来ると、大塚の一軒家から六畳一間のアパートに、父はおらず母と姉弟との四人暮らしが待っていました。

思春期の頃にも厳しい生活をする中でも、間違ったことせずに生活出来たと云うことは、やはり母親の影響が大きかったのではないかと、改めて思うのです。

多摩ニュータウンで自分の家族が出来て、全国から集まった近所の方をみると、やはり親の生き方、考え方が影響して、育った子供たちの生活態度も、親そっくりになっておりました。 そんな子供たち共、仕事で出会ったりすると、少しは一変しているのではないかと、思わせてはくれるのですが。

コメント

ひとり住まいと家族住まいには大きな差があると云うのですが

2015-12-03 03:46:52 | 家族

 昨日は友人からの電話で、お昼ご飯を食べようと、豊ヶ丘4丁目バス停の近くにある遊夢で待ち合わせて行きました。 うっかりとまた腸の憩室に負担をかけないために、栄養ドリンクだけの食生活をしようと、思っていたのにです。

友人はランチを食べ私は、複数のドリンクやスイーツを食しながら話をしました。 最近になってシルバーパスをお取得出来たことや、自分の今の精神状態から真っ赤な車を、処分したというのです。

何時も弱気な発言が続いて来てはいるのですが、彼女が云うにはひとりで生活をしているのと、家族が一緒で生活しているのでは、大きな差があるというのです。

身の回りの部屋の掃除も億劫になって来て、誰か時々、来てくれる方がいないかしらとまで話が及びました。 直ぐマム・スタッフの吉本さんを思い出し、電話をしました。 暫く会ってはいませんが、とても明るい感じの素敵な女性です。

太り気味でマツコ・デラックス並みになったという会話をした上で、友人に代わって話をしてもらいました。 年内に打合せに来てもらい、早速、来年からサービスを受けるようになるとのことでした。

友人は、お母さんが特養に入れるまでは、お母さんの荷物を片付けるまでは、緊張していたようですが、それも一段落して疲れがでたのでしょうか、何れにしても私と会って話をすると、疲れが癒えると云います。 何時も別れた後で感謝のショートメールが来るのです。 

そんなメールを見て、私もホットするのです。

コメント

父が不忍池の弁天堂の下で毎晩ドジョウを捕っていたことを

2015-10-30 05:55:30 | 家族

 ふと父が毎晩のように、不忍池にある弁天堂の橋の下で、大きな網を投げてはドジョウを捕っていました。 時には投光器を当てながらです。

母のことはよく思い出すのですが、父のことは余り思い出すことはありません。 何故か何時も夫婦喧嘩が絶えなく、母親側に立って見ていたせいかも知れません。

そんな父を批判的に見ていた自分が、娘からの最近になっての対応をみていると、知らず知らずの内に父と同じような行動をとっていることに気がつきます。

朝早く起きて、不忍池の前で大きな声で詩吟を謳う声を聴きながら、私は池の周りを一周します。 昔は池の蓮の葉っぱも、まだほんの少ししかありませんでした。 現在では池全体が蓮で満ち溢れています。

良くも悪くも、不忍池が何時もそばにあったのですが。

コメント