ひとり座禅のすすめ

自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。

先日 建物の清掃をされているご婦人からコーヒーとビールを差入れして頂いて

2021-05-08 03:26:46 | 友人
朝、事務所に行く途中に出会う建物の清掃を行うご婦人と会うと、何時も立ち話をします。 話をする様になったのは、ご主人と二人で清掃を行うのに、ある日ひとりで行っているのを見た時でした。 それまでは特に話しかけることもなく、通り過ぎるだけでした。 聞けばご主人がガンで永眠されたとか。 当該の建物管理をされている会社が、知人の会社であったことで話が弾みました。

2週間に1度の建物周りのせいそうです。 事務所に行く時間も一定時間ではありませんので、滅多に会うこともありませんでしたが、会えば一言二言声を交わす関係です。 その建物には、たまたま会えば座って話をする様になった方がおられます。

北海道の幌内高校で担任の先生に勧められて、3年間相撲部で過ごした方がいます。 数年前に永眠した弟と生年月日が同じ方です。 しめ縄姿で全員の前で激励されて恥ずかしかったことや、先輩からしごかれたことなどを話してくれました。 また合宿で料理をする腕前を見込まれて、卒業後、京都の料理屋、久保田で2年間過ごしたことも話してくれました。

京都では1週間は何かとお客さんのように扱ってくれたのですが次週からは、ピンタやゲンコツをもらってしごかれたと云うのです。 又お客として来られた山口組の組長の田岡一雄さんが、全員に2万円の心付けを渡されたと云うことも話してくれました。 今ではピンタやゲンコツがあれば許されないことですが、昔はそれが当たり前の世界であったのでしょうか。

2年で耐えられずに京都から東京へ行って、そこで出会いがあり四谷の七福運送へお世話になることになりました。 そこの常務さんが映画 人義なき戦い の主人公と学校の級友と云うことで、ヤクザの方々の出会いや右翼の方の護衛をすることになります。 常務も本人も決して曲がったことはしなかったとも云います。 両人とも板前修行があるものの、お酒は吞めない体質だったようです。

そんな本人と久しぶりで温かい陽だまりの階段で話していたら、清掃が終わって手を振って別れたと思ったら、また戻って来て近所のコンビニでわざわざ買ったコーヒーと缶ビールを、2個ずつ持って来てくれたのです。 聞けば手伝いに来ていた娘さんが、買って持っていったらと、アドバイスされたようでした。

何となく嬉しい気分になりました。
コメント

深夜に起きて胎息を行いながら座禅を行う時間が増えて来ましたが

2021-04-27 04:34:50 | 座禅
夜は早く寝て4、5時間経ってから、トイレに立つことが多くなって来ました。 一時期頻尿で1.5時間から2時間毎に起きて、トイレに立つことが多かったことから比べれば、雲泥の差です。 それだけ前立腺関係が良化していると云うことでしょうか。

先日、右目の加齢性黄斑変性症の定期検診で、眼科に行って網膜の黄斑部周辺の断層写真を見ながら、先生が網膜の裏側の膜内の水分が無くなって来てますねと、話して来れました。 2、3月毎に手術室に入って目に注射を打ってもらう治療を行なっているのですが、なかなか網膜の裏側の膜内の水分は、無くなることはありません。

加齢性黄斑変性症は、焦点の中心部の黄斑部周辺に凹凸が出来てしまい、焦点がボケてよく見えなくなってしまう病です。 幸いに左目が悪くないので何とか、自動車の運転に必要な0.7以上の視力を保っているのです。

何時も決して良くはなっていない眼科の定期検診で、良化していると聞いて改めて、その原因を考えてみました。 

そう云えば最近、胎息で脳を刺激する気の動きを感じながら、静かに寝ながらや深夜の座禅で楽しんでいることを思い出しました。 
コメント

胡座を組んで座る時も横になって寝る時も小周天しながら胎息で静かに過ごすことが多くなって来ましたが

2021-04-17 20:53:54 | 胎息
仕事柄、パソコンやiPadで液晶画面を見ることが多いのですが、疲れて胡座を組んで座る時や横になって寝る時には、長く吐く呼吸を行うよりも、胎息で小周天を行う気が、脳を刺激するのを感じながら静かに過ごすことが、多くなって来ました。

本来であれば長く吐く呼吸を行なっていた方が、体には良いと思いながらも、胎息の方が楽な感じがしますので、ついそのように過ごしてしまいがちです。

背中から駆け上がってくる気が頭頂部を通るときに、脳を刺激します。 はじめは硬い感じで刺激をしますが、次第に優しく刺激するようになりなります。 

長く吐く呼吸を行いながらの座禅を行ない始めた当初は、特に硬く感じ、45分から1時間を経過すると、その流れは滑らかになり、日常的なストレスから解放されて、崇高な至福感を感じるようになるのです。

胎息の場合は、比較的早くに気の流れは滑らかになるようです。 
コメント

顔の髭を抜くと頭の頭皮にチクリと反応がありますが

2021-04-11 11:24:56 | 自分
私は顔の髭を抜く癖があり、過去に10数年続けていました。 その当時は気づかなかったのですが、最近になって、顎の髭の剃刀でカット出来損なった髭を、指の爪を立てて抜くことがあります。

すると頭皮の一部が、チクリと反応するのです。 そうか顔の髭と頭部の毛は関係があり、繋がっていたのだなと感じるようになりました。 従って、感じるようになってからは、髭を抜くことはしません。

然しながら10数年間、髭を趣味のように抜き続けた結果、頭皮の前頭部の毛が、ほとんど抜け落ちてしまっております。 残念ながら、後の祭りでした。
コメント

原発の汚染水は絶対に海に流してはいけないのですが

2021-04-10 05:09:19 | 自然
東日本大震災時の津波によって、福島の原子力発電所が被害を受けて、大量の汚染水が発生し続けて、その処理に困って、あろうことか未だ十分に放射能の半減期が来ない内に、その汚染水を海に放出すると、現政権の菅総理大臣が発表したようです。

何故、津波被害が起こったかについても、遡って原発に対する事前の障害に対する予算案の削減を行なって来た、当時の政権側の責任を問わなければいけないのですが。 今やそのことも残念ながら、忘れ去られてしまっています。

発電費用が石油等よりも安いと云う名目で、原発の建設に邁進して来た電力会社と自民党政権ですが、大震災による津波被害が起こした事故による損害を加算すれば、明らかに従来の石油等による発電経費を、大幅に上回ります。

ましてや今度は、崩壊した原発から大量に発生する汚染水の処理に困って、いよいよ海への汚染水を放出すると云う。 放射能の半減期を過ぎ、その性能がほとんど支障がない状態であれば良いのでしょうが、残念ながら未だ時間が必要な汚染水のようです。

原発事故で周辺の住民の方々は、生まれ育った土地から離れて住まざるを得なくなっております。 事故で発生した放射能で汚染された土地はでは、農作物のせいさんも出来ません。 食べられません。

今度は未だ放射能が残っている汚染水を、海に放出すると云う。 海には魚やワカメ等が生育しており、それらを私たちは食するのです。 食物連鎖が起こっても不思議はありません。 

その事態を電力会社や政治家は、どのように考えているのでしょうか。 否、それらの起こり得る事態を想定して、原発の必要性の有無を、考えるべきだったのではありませんか。

自民党で政権運営を行なって来た小泉純一郎さんは、政権運営時には分からなかったのでしょうが、福島の原発事故を機会に、改めて原発の必要性について疑義を唱えているのを見ると、改めて小泉さんの人間性を見直してしまうのですが。
コメント

排尿の時に心臓に何となく負担を感じるので腎臓と心臓は相関関係があるのではと思ったのですが

2021-04-03 01:01:14 | 生命
最近になって排尿の時に、心臓に負担を感じるようになって来ました。 高齢化のひとつとして男性ならば誰しも感じる前立腺の肥大を、私自身も罹患して泌尿器科の先生に、お世話になっております。 その結果として定期検診をしながら、薬の服用も行っています。

そのお陰で当初、排尿時間が2分近かったものが、最近では1分近くと短くなって来ました。 また夜、寝てから数時間ごとに起きてはトイレに通うことが続いていましたが、最近では寝ると4、5時間経ってからトイレに行くように改善されて来ています。

そんな時ふと、排尿時に心臓に負担を感じるようになったのです。 念のためにネットで、心臓と腎臓とは相関関係がないかを、検索してみました。 するとズバリ相関関係があることが、記載されておりました。

若い時に元気はつらつ時には感じなかったことが、改めて高齢化の中で腎臓も心臓も弱っている状態で、その関係を知ることになったのです。 私は25年以上前に毎日、仕事を手伝ってくれる方々と12時過ぎまで深酒し、数ヶ月後にはお酒も喉に入らなくなり、結果的に腎臓内が結石で珊瑚状になり、温浴の中で高周波処理する治療法で破砕しました。

然しながら破砕した結石は数年かかって、排石するようになり、ある意味では腎臓にかなりの負担をかけてしまいました。 また4、5年前には朝歩きを1時間おこなっていたのですが、最初の出だしの坂道では、何となく心臓に負担を感じておりました。

その後、機会があって循環器内科で、心臓の造影剤によるMRI検査を行い、冠動脈の一部が細くなっていることが分かりました。 先生はステントの挿入を勧めたのですが、私自身は嫌で風船治療を選択しました。 その後、上級病院で静的状態と動的状態での精密検査を行いましたが、異常はないとの診断でした。

そのような体の状態での、腎臓と心臓の相関関係を感じることになったのです。

コメント (3)

車を運転中の認識している意識と無意識の意識について

2021-03-25 07:30:09 | 
私は車を運転している時に、ふと日常的に問題になっていることを、考えることがあります。 本来であれば車はある意味では、動く凶器になりかねません。 従って運転中は、車の運転に意識を集中する必要があります。

最近になって、普段から交通ルールを厳粛に守る癖を付けていれば、冒頭の運転操作からふと雑念が湧き、そのことに意識が移った場合でも、認識していた意識が無意識にであっても、認識していた意識通りに動くのではないかと感じております。

従って、覚醒している時には、意識して注意深く車の運転をするように心がけています。

例えば、T路地や交差点前の一旦停止線では、必ず車を停止してから安全確認を行いながら、徐々に車を動くようにします。 また信号のある交差点でも、安全確認のため車の速度を緩め、人や車が飛び込んでこないことを意識してから、車を進めます。

特に早朝とか深夜の運転の際には、信号を無視して飛び込んでくる車や自転車を意識して、車の速度を緩めます。 勿論、昼間でもこちらが青信号でも、車を緩めて進めます。 

実は私自身は、かつて車の運転中に信号のない交差点で、ふと浮かぶ雑念に気を取られ、危うく車の衝突を起こしそうになった経験があります。 そんな時に、友人から車は一旦停止線のある交差点では、必ず一旦車を止め、それから安全確認を行って徐々に車を進めることが大切である、と云われたことがあります。

その当時は私は、一旦停止線では、少しは車を緩めるものの、車を止めることはありませんでした。 それで良いと思っておりましたが、ふと過去の事故寸前の記憶がよみがって、改めて考え直してみました。

日常的に交通ルールを厳粛に守っていれば、運転中に無意識な状態になっても、無意識に普段からの意識の中で、運転出来るのだと改めて思うのですが。
コメント

家族3人で先日秩父までお墓参りに行って来て隣のお墓に花が添えられていて

2021-03-22 02:18:28 | 家族
先日、春のお彼岸で所用のある娘を除いた3人で、秩父までお墓参りに行って来ました。 8時半に出発して途中、コンビニ寄りながら道の駅でお花とお酒、お饅頭を買って12時近くに到着しました。 何時も隣の知人のお墓には何もないのですが、お花が添えられていました。

思わず座り込んで神戸にいるKちゃんに電話をしました。 未だ20歳前後にお会いした記憶がありますが、近況を話しながら東京に住む妹さんの電話番号を訊きました。 直ぐに携帯に電話をしました。 若い頃の顔を思い出しながら、何時来られたんですかと。 妹さんのTちゃんも可愛らしい子でした。

改めて年齢を訊くと、お兄さんが75歳で妹さんが74歳になっていると云う。 SMSで住所を送って下さいと電話をきりました。 電話をしている最中に、弟の嫁さんと長男が後から到着して、お墓の清掃をしておりました。 弟も父母と一緒に、このお墓に入っているのですが。 何となく久しぶりで話が出来たりしましたので、嬉しくなってしまいました。

何時もお線香が消えるまでお墓の前で過ごし、帰りがけには花だけを残して、お供えのものは持って帰ります。 帰りの道は途中で見つけた ステーキガスト に寄って 遅くの昼食を食べて家に17時半に戻りました。 コロナがなければ秩父の温泉に寄って帰るのが、楽しみのひとつですが、感染を回避するため取り止めです。

ですが嬉しかったなあと云う1日でした。 KちゃんとT ちゃんと話が出来たことが、何よりも楽しかったことでした。 早速、SMSでTちゃんとやりとりをしました。 どんな顔になっているかなあと想像するのですが。
コメント

大きく胸いっぱいに息を吸ってから出来るだけ長くゆっくりと息を吐く

2021-03-21 05:56:37 | 座禅
出来るだけ息を長く吐こうと思えば、はじめに大きく息を吸うのが自然です。 ここでの長く吐く呼吸法は、いわゆる禅宗(一般的な)の呼吸法とは相違します。 私は幸いなことに、一般的なはじめに息を吐き出す腹式呼吸を知らずに、長く吐く呼吸を行いながら、10年近く座禅を行っておりました。

子供の頃に行っていたラジオ体操での深呼吸です。 大きく息を胸いっぱいにして、ゆっくり息を吐く呼吸です。 自分の体験から肺での呼吸と下腹の臍下丹田と呼吸とは、体の生理的な動きからは同期しないと云うことを感得したのです。

大きく息を吸う時には胸は拡がりますが、下腹は凹むのが自然です。 凹むと云うことは下腹の臍下丹田は気を吐いているのです。 息を吐く時には胸は元の大きさに戻り、下腹も元の大きさに戻り、臍下丹田の気は気を吸うのです。 これが生来行って来た自然の動きです。 つまり肺の動きと臍下丹田の動きは同期しないのが、自然の動きなのです。

ここでの吸う吐くの1回の呼吸は、はじめは長く吐くことは出来難いのですが、慣れるに従い長く吐けるようになります。はじめは1回の呼吸は30秒ぐらいかも知れませんが、次第に長く1分を超えるようになって来ます。

ここでの座禅時間は最低でも1時間は行って頂くように、座禅の真髄を感得できるようにお勧めしておりますが、1回1分以上長く吐く呼吸ができるようになれば、60回呼吸を続ければ1時間経過したことになり、1時間の座禅時間はあっという間に過ぎてしまいます。

口を閉じて鼻だけで呼吸を行い、大きく胸いっぱいにして息を吸い、出来るだけ長くゆっくりと息を吐きます。 息を吐く時にはイメージで体の中へ吐くことにより、この呼吸法がより長く吐くことが出来る呼吸法であることを、自ら感得することになるのです。

長く吐く呼吸は全部吐き切る寸前まで吐きます。 全部吐き切ってしまうと苦しくなって、後が続きません。 寸前ちょっと手間で軽く息を止めて、また大きく息を吸います。 あくまでも吸う吐くの呼吸を、苦しい中にあっても、出来るだけ自然の流れに沿うように行います。

長く吐く呼吸のみに、意識を集中します。 このことだけに意識を集中すると、雑念は起こらないものです。 然しながら、このように長く吐く呼吸に意識を集中しているときに、ふと浮かぶ雑念は払うことなく、その雑念を考えても良いのです。 その過程でまた思考力が深まることを、自ら感得するはずです。
コメント

無財の七施 とは

2021-03-15 14:14:15 | 気づき
無財の七施とは、どのような意味でしょうか。 無財とはお金や物を持っていないと云うことです。 七施の「施」とは、お布施(ふせ)のことだと云う。 仏教では布施を施すことを最も大切な仏道修行としています。「施しは無上の善根なり」と云う言葉もあります。

施しとは、物でもお金でも、今それを必要とする人々のために心を込めて捧げることです。然しながら、どんなに尊い仏道修行でも、無いものは捧げることが出来ませんが、お金や物を持ってが無くても出来る施しがあると云う。 それが無財の七施と云うのです。

その七つの布施とは、

一、眼施(慈眼施)
慈(いつく)しみの眼(まなこ)、優しい目つきですべてに接することである。

二、和顔施(和顔悦色施)(わがんえつしきせ)
いつも和やかに、おだやかな顔つきをもって人に対することである。

三、愛語施(言辞施)
ものやさしい言葉を使うことである。しかし叱るときは厳しく、愛情こもった厳しさが必要である。思いやりのこもった態度と言葉を使うことを言うのである。

四、身施(捨身施)
自分の体で奉仕すること。模範的な行動を、身をもって実践することである。
人のいやがる仕事でもよろこんで、気持ちよく実行することである。

五、心施(心慮施)(しんりょせ)
自分以外のものの為に心を配り、心底から、共に喜んであげられる、ともに悲しむことが出来る、他人が受けた心のキズを、自分のキズのいたみとして感じとれるようになることである。

六、壮座施(そうざせ)
わかり易く云えば、座席を譲(ゆず)ることである。疲れていても、電車の中ではよろこんで席を譲ってあげることを言う。さらには、自分のライバルの為にさえも、自分の地位をゆずっても悔いないでいられること等。

七、房舎施(ぼうしゃせ)
雨や風をしのぐ所を与えること。たとえば、突然の雨にあった時、自分がズブ濡れになりながらも、相手に雨のかからないようにしてやること、思いやりの心を持ってすべての行動をすることである。

以上が無財の七施です。 ネットで検索して自分自身が理解するために、改めて簡略に記載してみました。
コメント