ひとり座禅のすすめ

自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。

民主主義とは自分たちの考えが違っても意見を戦わせて最終的に多数で決めると云うのが

2020-10-02 20:00:43 | 時事

私はこれまでの学校の授業で自分の考えとは違っても、意見を戦わせて最終的には多数決で決めるものと学んで来ましたが、今の菅政権では投票で選ばれた自分たちの考えに合わない人たちは、官僚も学術会議会員も排除すると云うのです。

戦争前後における政府は、自分たちの考えに全ての国民に従うように、あらゆる手段で実践して来た反省から、多くの違った考えを戦わせることによって、最終的には多数決で決すると云う考えが、民主的な考え方であると学校の授業で学んできたはずです。

自分とは違った意見を述べる人がいるということは、改めて自分の考えが正しいかどうかを再考する機会にもなるのではないかと思うのですが。

必ずしも自分の考えが絶対正しいとは限らないのです。 安倍晋三政権では、取り巻きの今井尚也秘書官等が、好き勝手に安倍首相の名前を使って、好き勝手に何やらを行なって来た印象が強かったのですが、一方、菅政権に代わって、少しは良くなるのではとの期待がありましたが、残念ながら民主主義のおおらかな包容力に欠ける面が、明確になっています。 残念ながら。

 

 

コメント

ソフトバンク孫正義さんが2000円でPCR検査が出来る体制を作ったと報道がありましたが

2020-09-26 05:18:58 | 時事

ソフトバンクの孫正義さんが出来るだけ多くの人に、新型コロナウイルスの感染から安心を得られるように、国立国際医療センター指導の下に、唾液の検査キットでPCR検査が出来る体制を作り、当面1日4000件、今秋中には10000件までの検査が出来るようにするとのこと。

このPCR検査センターの特徴は、非医療行為として、新型コロナウイルスの唾液検査を専門に行う点にあり、ウイルスを不活性化させ常温で輸送出来る検査キットを導入したことで、対象者が自分で唾液を摂取できることなどにより、費用も1回当たり2000円(税抜き 配送料 梱包費除く)と云う低価格で行えるのです。

孫さんによれば、新型コロナウイルスの影響で経済が疲弊している。正常化のためには、一刻も早く、より多くの人がPCR検査を手軽に行えることが必要だと考え、社会貢献の一環として検査センターの会社を立ち上げ、全国にその輪を広げて行きたいと考えたとのこと。 従ってあくまで利益を出すことは考えてなく、実費を負担して頂くような体制づくりだそうです。

PCR検査と云うと保健所が絡んだり、医療施設が絡まないといけないような雰囲気がありましたが、安倍前首相もPCR検査体制を増やすと云いながらも、遅々として進みませんでした。 また世田谷区長も誰でも気軽に多くの区民の方々に、PCR検査が出来るようにしますと言いながらも、現行の保健所、医療施設がらみですと、費用の点から問題が多いと思われてきました。

私たちは何も、保健所や医療施設のお墨付きが無くても、簡単にPCR検査が出来て安心出来る体制があれば良いのです。

その意味で、孫正義さんの発想は素晴らしいと、改めて感じさせてくれた報道、出来事でした。

コメント

昨日は家族4人で秩父へお墓参りに行って来ました

2020-09-22 06:35:25 | 家族

父が天に還ってから43年、母が14年、弟が2年経ちました。 秩父のお墓は、母が生前に買っておいたものです。 墓石は父が交通事故で天に還ってから作ったものです。 墓石は私が好きな書体の隷書体で刻んでおります。

私自身は芝生墓地が好きなのですが、母が購入したので1坪の墓地です。 スエーデン産の赤茶色の石で墓石は作られて、出来るだけシンプルに作ってもらいました。 周りは白い細かな石があるだけです。

春分の日と秋分の日の年2回のお墓参りです。 出来るだけ家族が揃うようにして、お墓参りの日を決めて行きますが、昨日は4人全員が揃って、朝の8時に出発して帰着は18時でした。

コロナの関係で外出自粛が続いておりましたが、今回の4連休は全国各地で人出が回復したとの報道がありましたが、車の道中、結構混んでおりました。 片道、途中買い物に寄りながらも、3時間半かかるのですが、昨日は1時間以上いつもよりかかってしまいました。

お墓の前では、お線香が消えるまでの1時間ぐらい、父母の思い出などを話しながら過ごして、再度お墓の周りを綺麗にして帰ります。 秩父は温泉場が多いので、帰り道にある武甲の湯に行こうとして寄ったのですが、駐車場が一杯ということもあり、3蜜を避けて一路福生のスシローに向けて出発しました。

車中で息子と二人だけになった時に、ポツリと「昔 数年間 仕事の関係でお墓参りに行かなかったときに、金縛りにあったんだ」と初めて話してくれました。

そう言えば姉も納骨の時に参加出来なかった時に、枕元に父が毎晩現れて「気持ちが悪い」と姉から電話がかかって来たことがありました。 その時には、父が姉のことを心配しているんだからと言って、姉にはお墓参りをして心配しないようにと、お祈りしてきたらと話しました。

そのご、すぐにお墓参りをしたら、枕元には父は現れなかったと云うのです。 私は毎日、母から譲って頂いた仏壇に、お水を取り替えては「親神さま お父さん お母さん 俊雄さん ヨリさん 尚ちゃん 御先祖さま エルちゃん ジュンちゃん リュウちゃん みんなを温かくお守り下さい」と念じます。 最後に姉の家族 弟の家族もお守り下さい と念じます。

ちょっと前まではお線香もあげていたのですが、お祈りしてから直ぐに事務所へ向かいますので、最近になってちょっとボケ気味の連れ合いがひとり残るので、お水だけの取り替えで済ましておりますが。

 

コメント

シビレ痛みがすぐ消える脊柱管狭窄症の楽々改善法の本を買いましたが

2020-08-22 05:15:48 | 

新聞の下欄に時々、広告があった「シビレ痛みがすぐ消える脊柱管狭窄症の楽々改善法」を買って読んでみました。 

私は数年前に、道路を横断してちょっと高めの歩車道境界ブロックで躓き、滑り込みセーフの状態で転んで以来、普通に歩けなくなっておりました。 レントゲン写真で整形外科医から、一言、脊柱管狭窄症ですね、と言われただけで、治療方法も何も云われずに、そのまま過ごしておりました。

歩くだけで負荷がかかり、血液検査をするたびに、何か運動をされておりますかとお医者さんから問われるのです。

脊柱管狭窄症とは、どのような病なのか、一般的なことは本の前半に記述がありました。 後半に実際の患者さん達の症例があり、それぞれの患者さんたちが、どのような形で楽々改善されていったかの記述がありました。

すると全ての患者さんは、特定のサプリメントを服用したら改善したと云うものでした。

何のことはなく、特定のサプリメントの宣伝本でした。 郵送料も含めて1600円を到着後 振り込んだのですが、このような本の売り方があるのかと、勉強代を払ったのだと改めて学ばせて頂きました。

コメント

心身共に深層部まで静かな状態になるには最低1時間は必要なのですが

2020-08-11 04:38:50 | 座禅

禅宗のお寺で座禅の会を行なっている場合、座禅の時間は長くて45分、短くて20分ぐらいが多いように感じます。 私は禅寺で座禅の会jに参禅したのは2ヶ所しかありませんが、ネットで検索しても、1本のお線香が燃え尽きる時間が45分になっていることからも、想像できます。

修行をされた和尚さんのお話から、45分間の座禅を途中休憩を入れて、断続的に行うと云うお話も聞いておりました。

私は自分の体験から座禅の真髄は、心身共に深層部まで静かな状態にすることに、意味があると感じております。

ここでの深呼吸の要領で行う長く吐く呼吸、吐く息をイメージで体の中へ吐き入れる呼吸を行いながら、意識を呼吸だけに意識を集中して胡座を組んで座禅を行います。 感覚的に45分ぐらい過ぎると、一定程度静かな状態になりますが、更に時間が経過すると共に、静かな状態が継続するのです。

長く吐く呼吸も、実際に呼吸を行なっているかどうかも分からなくなり、体内に流れる気の動きも当初ぎこちなく堅い動きだったものも、ゆったりと静かに滑らかに流れるようになって来ます。

私は幸いにも、生まれて初めて胡座を組んで、静功の会に参加した時から、1時間真っ暗闇の中で座り続けておりました。

初心者だからこそ最低1時間の座禅を続けることが大切なのですが。 45分間、断続的に座禅を行なっても、静かな状態にするには、また一からスタートしなければならないのです。

意識を集中しながら1時間の座禅を通して、崇高な至福感を感得出来るのですが。 座禅の素晴らしさを改めて、感得することになるのですが。

コメント

自分の生活スタイルに合わせて実践できるひとり座禅ですが

2020-08-10 03:47:09 | 座禅

私は大学の級友の呼びかけで生まれて初めて、胡座を組んで静かに1時間、真っ暗闇の中で座り続けました。 週に1回合計8回、静功の会で8人ぐらいの参加者の方々と一緒に座り続けました。 

はじめた初日に体に微妙な変化があったので、その日から毎日、半身浴の後で隣室で家族がテレビを観ていて、その音が漏れ聴こえる中で照明を消して真っ暗にし、1時間長く吐く呼吸を行いながら、座り続けました。

10年近くひとりで毎晩、時には早朝に1時間座り続けました。 前事務所の友人がガンに罹って何回も手術をしたと云うことを聞いて、自宅にお伺いして病状を確認し、それ以来、毎晩3時間の座禅を行いながら、病気回復を願って座り続けたこともあります。

座禅の素晴らしさを感じて、果たして禅宗のお寺で座禅会を行なっているところを、ホームページで検索をして、比較的近い稲城のH寺に1ヶ月に1回日曜日に参禅したことがあります。

和尚さんは地域で何かと貢献されるようなことを実践されて、素晴らしい方でしたが、残念ながら座禅に関しては修行時代の苦しい感覚から一歩も出られていないような雰囲気を持っておられました。

都内で座禅会を実践されていた龍源寺にも、1回参禅したことがあります.   20ふんぐらいの座禅を複数回おこなうと云う座禅会でしたが、遠いので一度だけの参禅でした。

私は自分の体験から、力が抜けた座り方が出来ているか、長く吐く呼吸に意識を集中出来ているか、この調身・調息・調心が出来ていれば、お寺で参禅するよりも、ひとりで毎日1時間の座禅を行う方が良いと感じております。 自分の生活スタイルに合わせて。

コメント

意識を集中する方法は半眼よりは長く吐く呼吸の方が良いと思うのですが

2020-08-07 04:31:17 | 座禅

私の座禅のスタートは、静功と云う静かな気功でした。 静功を指導された方は中国からの留学生で、35歳前後の方でしたが、子供の頃から気功を行なっておられた方でした。 いわゆる意念派と呼ばれる、胸の中心を燃えるようにイメージしなさいと云う指導でした。

呼吸のことについては特段、こうしなさいと云うものもなく、普通呼吸で行うようなものでしたが、私自身は事前に本屋さんで見つけた、初心者の気功入門 と云うような本を読んでいて、長く吐く呼吸の大切さだけが、意識に残っておりました。

従って子供の頃に行っていたラジオ体操の時の深呼吸の要領で、はじめに大きく息を吸ってから、ゆっくりと長く息を吐く呼吸を行なっておりました。 生まれて初めての胡座を組んでの座禅らしきものでしたので、当初は胸の中心が燃えるようなイメージをするものの、私自身は長く吐く呼吸だけに意識を集中しておりました。

後年、座禅の素晴らしさを感得した時に、改めて禅宗のHPを見て、何処で座禅会を行なっているか、座禅の作法はどのように着さしされているかを確認致しました。

曹洞宗は、普通呼吸を行いながら半眼で意識を集中すると云うやり方で、臨済宗・黄檗宗は長く吐く呼吸に意識を集中すると云うやり方でした。

私は眼を半眼にしながら意識を集中するやり方では座禅を行なったことがありませんが、私の体験から眼は半眼にするものではなく、半眼になると云う考えを持っておりましたので、半眼で一点を見つめながら意識を集中するのは難しいと感じております。

曹洞宗のお寺は臨済宗・黄檗宗に比べれば、圧倒的に多いにも拘らず、座禅会を行なっているお寺が少ないのです。 そのことからも座禅の修行をされて住職に成られても、自身の体験から座禅会の開催を躊躇されている方が多いのだろうと推察されました。

それに比べて臨済宗・黄檗宗のお寺は少ないにもかかわらず、座禅会を行なっているお寺が多いのです。

但し臨済宗・黄檗宗の呼吸法は、空の理念 からはじめに息を吐き出します。 と同時に下腹からも吐き出します。 私の体験から、長く吐く呼吸を行おうとした時には、はじめに大きく息を吸うのが自然です。 また、肺の動きと下腹の臍下丹田は同期しません。 否、逆の動きをするのが体の自然な生理的な動きなのです。

肺で息を吸う時には臍下丹田は気を吐くのです。 肺で息を吐く時には臍下丹田は気を吸うのが自然の動きなのです。

ここでの深呼吸の要領で行う長く吐く呼吸を行うことによって、生来持っていた機能-気感を取り戻すことが出来るのです。 

コメント

真っ直ぐに立つ直方体に重力Pがかかった時に床からの反力Pがあった時の直方体内の応力はいくつか

2020-08-02 06:29:48 | 座禅

タイトルに書いてある問題は、一級建築士の勉強をしている時に、過去の問題集の中にあった設問でした。 私は、この問題に接した時には、答えは間違っておりました。

大学受験の時から、問題集は毎日5ページをこなして分からなかった問題にはチェックを入れて、次の日には、再度チェックを入れた問題を見直して、次の5ページに進むような勉強の仕方を行っておりました。

3日目には、1日目だけでなく更に2日目に出来なかった問題を見直して、次の5ページに進むようにしておりましたが。 苦手な英単語集についても、そのような勉強方法で進めておりました。

過去の問題集を見ながら勉強をしていたら、一級建築士の学科の構造の試験に、再度出題されたので、しめたと思いながら回答した記憶が残っておりました。

直方体の内部の応力は、0  が正解でした。 何故か。 真っ直ぐに立つ直方体の重力が、床からの反力と相殺されて 0  になるのです。

胡座を組んで座布団の上に座った時に、幸いにも私は禅宗(臨済宗・黄檗宗)のホームページを見ておりませんでした。 

肩の力を抜いてリラックスして、座布団の上にお尻を乗せて、頭のてっぺんから上半身が引っ張られるような感じで維持しながら、座禅を行なっておりました。 後で考えると上半身には全く力がかかっていないことを感じたのです。

禅宗のホームページにあるような、お尻と両膝の三点で上半身を維持すると云う記述は、重心は上半身からはズレてしまいますので、何らかの力が発生してしまうのです。 従って長くは座禅を行うことは出来なくなってしまうのです。

上半身は座布団の上に素直になるように胡座を組んで座り、両膝はあくまで転倒しないように座布団に接しているだけで良いのです。

コメント

座禅は先ず上半身を直立させて重心が垂直上に来るように胡座を組むことから

2020-07-31 02:37:06 | 座禅

座禅をはじめる時に一番大切なことは、長く吐く呼吸に意識を集中することです。 体の自然な生理的な動きから、一般的に云われている禅宗の腹式呼吸ではなく、ここでの深呼吸の要領で行う、はじめに大きく息を吸ってから、出来るだけゆっくりと長く吐く呼吸を行います。

深呼吸の要領で行う呼吸法が、呼吸する胸の動きと下腹の臍下丹田の動きが、自然であるからなのです。 残念ながらはじめに息をはきだし、同時に下腹からも吐き出す呼吸法は、体の生理的な動きからは反しているのです。

例え、禅宗で云う「空の理念」があったとしてもです。

胡座を組んで座る時には、座布団の上にもう一枚の座布団を、そのままお尻の下に敷くか、折り畳んで敷くか自分の好きにして胡座を組みます。 当初は結跏趺坐や半跏趺坐に拘ることなく、普通の胡座でも良いのです。

先ず深呼吸の要領で行う長く吐くに慣れることが最優先です。 胡座の組み方は、後日、変えていっても良いのです。

上半身は肩の力を抜いてリラックスし、頭のてっぺんを天から引っ張られているように維持します。 上半身を力を抜いて直立させることにより、重心が垂直上に来ますので床からの反力により、上半身には力が抜けた状態になり、長く座禅をしてもつかれません。

両ひざは上半身が転倒しないように座布団に接しているだけにします。 禅宗のホームページにあるように、お尻と両膝の三点で上半身を維持しようとすると、重心は三点の交点に来て両膝にも力がかかり、長く座禅をするには疲れてしまいます。

両手は膝の上に重ねて置きます。 手印の組み方は後日、変えても良いのです。 先ずは長く吐く呼吸に意識を集中することを優先します。

上記の要領で胡座を組んで、長く吐く呼吸に意識を集中して、毎日1時間座り続けます。 はじめは足も痺れますが、慣れてくれば何ともありません。

座禅の実践を通して、何らかのものを感得して、学んで下さい。 体の微妙な変化を楽しみながら座禅を行って下さい。

 

コメント

自然の摂理に素直に従う気持ちを持ちながら長く吐く呼吸を続けながら1時間の座禅を続ければ

2020-07-29 04:08:30 | 胎息

私は何も分からずに、ただひたすら毎晩、家族が隣室でテレビを観ている音が漏れ聴こえる隣室で、照明を消して真っ暗闇の中で1時間、ここでの深呼吸の要領ではじめに大きく息をすってから、出来るだけ長く息を吐きながら、普通の胡座を組んで毎日、座禅を行ってからおりました。

イメージで体の中へ吐く息だけに意識を集中しながら、吐く息が喉から気管支を通って胸から下腹に入って行く息を追いかけながら、そのことだけに意識を集中しておりました。 かなりの時間は集中できるものの、然し乍ら途中でふと雑念が湧くのです。 

日常的な問題解決しなければならないような問題です。 私はふと浮かぶ雑念を払うことなく、そのことを長く吐く呼吸を行いながら考えました。 すると不思議なことに、こう考えたらどうですかと云うようなサジェスチョンがあるのです。

私は、このように長く吐く呼吸に意識が集中している時に起きた、ふと浮かぶ雑念は払うことなくか考えてきました。 結果的に、そのように考えることによって、自分のものの考え方-ものの価値観、何を大切に考えるべきかなどのことが、次第に構築されて来たのではないかと感じました。

ここでの大切なことは、自然の摂理に従う気持ちに素直になると云うことです。

ここでの長く吐く呼吸、イメージで吐く息を体の中へ吐き入れる呼吸は、結果的に眠っていた体の中の経絡(気の通る路)を刺激し、様々な形で体に変化を与えます。 その現象に驚くことなく、素直に受け入れることが、とても大切なことなのです。

私たちの誰でもが、お母さんのお腹の中にいた時には、胎息と云う気の呼吸を行なっていたのですが、生まれ出る瞬間から気の呼吸から空気を吸う肺呼吸に、オギャーと云う鳴き声と共に変化するのです。

ここでの長く吐く呼吸、イメージで体の中へ吐く呼吸を、日常的に毎日1時間行っていけば、いつの日にか気を感じるようになり、更に気の呼吸である胎息を感得することになると確信しております。

決して巷に流布してあるような特別な仙術ではないのです。

コメント