かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

ロト6の番号が事前にわかる、なんていう詐欺にやすやすと引っかかるなんて、実に不思議です。

2013-05-22 20:15:25 | Weblog
 今日はとびきり暑かったです。アメダスのデータでも、奈良市で午後2時38分に30.9℃の最高気温を記録しました。さすがに30℃を超えると感じる熱気が違うような気がします。一昨日の昼、空模様が夏っぽい、と感じておりましたが、まさかいきなりこんな天気になろうとは驚きでした。明日以降週末まで、夏のような天気が続くのだそうで、5月から夏バテしないように、色々工夫していかないといけないかもしれません。

 さて、暑さのせいではないと思いますが、宝くじのロト6で当選番号が事前にわかる、という内容の詐欺が横行しているのだそうです。迷惑メールでも、かなりの数ロト絡みのものがやってきますが、あれほどやってくる、ということは、それに釣られるヒトもそれなりにいる、という事なのでしょう。昔、ナンバーズ宝くじが発売されてしばらくたった頃、選ばれる数字に一定の法則がある、というまことしやかな話が流れて、私も一時かなり真剣に「研究」したことがあります。その「研究成果」を元に幾つかの番号をピックアップし、その番号一つ一つについて易で占って購入する、という事に、至極まじめに取り組んだのですが、結果は1回だけかすって後は文字通りの全滅でした。私は占いには制限がある(まだ未定の未来は予見できない)と確信したのは、実にこの経験から来たもので、今冷静に考えてみると結構恥ずかしい話ではありますが、ハマっている時には結構楽しかったのも事実です。
 また、同僚にはロト6にハマっているヒトも居ますが、そのヒト曰く、色々考えるより全部コンピューターにお任せの「クイックピック」が一番確実、という「真理」に到達したのだそうです。これらの経験から、私は絶対にロト6などの番号選択制の宝くじを意識的に当てるのは不可能、という結論を出しておりますが、まあ普通に考えても、そんなことが可能なはずがないことは、当然ながら判りそうなものです。あくまでそれを理解した上で遊びとして楽しむ、というのなら別段構わないと思うのですが、世の中にはそれに騙され、今年だけでも、福島、長野、新潟、宮崎、山口など各県で少なくとも15件以上の事件が発覚しており、かつその金額も2000万円とか3000万円とかだまし取られていると聞くと、なんでそんな他愛のない話に騙されるのか? と不思議に思えてなりません。そんなに予想したいのなら、まだ競馬や競輪などの方が過去データの研究のしがいがありますし、実際に、明日審判の結果が出る競馬賞金の脱税問題の被告のように、確実に勝ちを拾う必勝法も編み出すことが出来るようです。こんな詐欺に引っかかるお年寄りは、せめてそういう頭の体操が必要なギャンブルに手を出して、ボケ防止とあわよくば一攫千金を夢見られてはいかがでしょうか?


コメント   この記事についてブログを書く
« アメリカの竜巻、もう半端な... | トップ | ハズレ馬券裁判、常識的には... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事