M S Technical Laboratory

趣味の電子回路工作の成果を披露する場として開設しました。他の趣味に関わる画像も掲載します。

「精密への果てなき道」を読了

2022年08月10日 22時23分40秒 | Books
楽しく読み終えました。誤植を一か所だけ発見。本の内容からは外れますが、個人的に思い出すことが多かったので、列挙しておきます。

P14, Ghent: Bosch巡礼で訪れた街。天候に恵まれず短期滞在でしたが、街の雰囲気はつかめました。

P20, Clearwater, FL: 標準化会合で滞在。同行は清水さんで、見事な符合でした。
 週末はKey WestでOverseas highwayなどと勝手なことを企んでいたら、季節外れの嵐が来て飛行機も飛ばない事態に。町の古本屋で買い物をしてhotelにこもりました。

P33と412, メートル基準: 子午線に沿って計測した話をBarcelonaで知りました。

P152, Ipswich, UK: 電気屋がこの街で訪ねる先はほぼ一つ。ここでも雨にたたられて湿っぽい日になりました。

P155, Manchester, UK: 重要顧客対応で何度も通った街。中華料理屋で接待していたら、五輪真弓の曲が英語で流れてきて驚きました。数か月後、CDが発売されて落着。

P161, BSWねじ規格: QUAD303を修理する際に必要になったビスがこの規格でした。困っていたら、親切なUKの方が送ってくれて解決。

P206, Ford Museum: 1982年初め極寒のDetroitに一週間ほど滞在。日曜日に郊外にあるMuseumを訪問。自動車にさしたる興味はありませんでしたが、航空機の展示もあって楽しめました。

P218, Poughkeepsie, NY: ここも電気屋が行くとしたら目的地は一つ。UKのShort製プロペラ機に何度も乗りました。

P331, Naval Research Laboratory: たまたまWashington D.C.にいたので、私の担当ではない製品のclaimを聞いて来いと頼まれて訪問。門のところで厳密なcheckを受けました。

 他にも、単身赴任中に転職先として検討したことのある会社が出てきて驚きましたが、差しさわりがあるので省略します。

読書中

2022年08月05日 22時02分04秒 | Books
 居酒屋ガレージ店主さんがblogに紹介された二冊を借りてきました。潜水艦のほうは読了。誤植や脱字が目立ち、本としての品格はそれほど高くありません。暗号について、少しだけ出てきますが、radarを敗因の主たるものとしているようです。
 暗号から連想したのが、昨年9月号のIEEE Spectrumの記事

入力端子を移設

2022年08月01日 22時49分39秒 | DIY Electronics
 出力管のgridに抵抗を追加し、寄生振動はおさまったのですが、まだなんとなく出力波形がザワザワしています。入力端子が出力管のgridに近いからだろうと考え、少し強引な工作をして離れたところに移設。これで歪測定も可能になり、先に進めそうです。

完成した姿を想定して、高周波部の真空管を実装してみました。

 元のblogが閉鎖になったので、link先から外しました。当時の記事は現行のblogに吸い上げているので、特に支障はないと思います。

変調部の組み込み

2022年07月28日 23時24分39秒 | DIY Electronics
Audio屋なので、低周波部は一点アースにしました。右端にある搬送波の基板が先日実装した平滑用電解コンデンサに接近しています。実際に組み上げていくと、こんな事件があちこちで起きます。
 Heising変調に出力トランスを使いますが、一次側impedanceを振って特性を取りたいので、一部は仮配線です。先日来の6AQ5濡れ衣事件が尾を引いています(本機の出力管は7C5)。

 7月30日追記:
出力管のbias電圧を最適化し、負帰還を掛けたら寄生振動を起こしました。ひずみが測定できなくて異常に気づいたところです。

Heater電源配線完了

2022年07月27日 22時42分22秒 | DIY Electronics
今日も少し工作を。居酒屋ガレージ店主さんにいただいていたトランスを活用して6.3V電源に。これでheaterを点火します。すでに空いている大きな穴を隠す意味もあって、少し辺鄙な位置にトランスを実装(底面の一部が見えています)。

電圧変換後の配線は短くできました。


書店巡り

2022年07月26日 22時40分14秒 | Books
新刊の原画展を目指して荻窪へ。急な傾斜の階段が怖かったですが目的を果たしました。

池袋に転じて、予想外の収穫も。


整流回路の組み込み

2022年07月22日 22時59分26秒 | DIY Electronics
用件が立て込んで実験室に入れずにいました。猛暑の中、4回目の接種を終えて一段落。高圧整流回路を組み込みました。トランスとの間は整流電圧の調整をすませてから正規の配線にします。
安定化回路は先日の6V6濡れ衣事件で使ったものを転用。出力電圧を150Vから200Vに上げました。

Z400不調

2022年07月18日 22時38分21秒 | Personal computing
このところ家電品など不調になるものが相次ぎ、対応に追われています。数日前から母艦にしているHP Z400 Workstationがおかしくなりました。
初日は起動に失敗する状態が続き、DMMを疑いました。次の日は稼働中に突然shut downが始まり、沈黙。電源を再投入して復旧し、一時間ほど仕事ができました。
昨日は、稼働中に電源がoffに。勝手に手順を踏まない電源断は許せません。HDDなどを道連れにされてはたまらないので、ThinkPadを引っ張り出して当座の用事をすませています。どうやら電源自体がに問題がありそうだと考え、代替品を手配しました。これで治ってくれるといいのですが、2015年から使っているので、そろそろ寿命かもしれません。

遠征先と地元で

2022年07月16日 22時18分12秒 | Music
 二人の演奏を聴きました。先週末は津市へ。一連のtourのうち、Franckが聴けるのはここだけ。
 何十年かぶりの近鉄名古屋駅。乗り込んだ特急(火の鳥に映り込んでいます)は貸し切り状態でした。


Posterの背景が気に入りました。

 昨日は地元で。R. Schumannのソナタ2番が目玉。Fan一同からの花は初めてだと演奏者が語っていました。



予想通りの結末

2022年07月07日 22時51分14秒 | DIY Electronics
 高圧電源の一部が未完成ですが、外部の安定化電源から供給することにして、取り急ぎ実験を進めました。
電源部を省略した回路はこちら。

 6BF5の負荷抵抗はdatasheetでは2.5kΩとなっているので、まずは出力トランスを2.5kΩ:4Ω接続にして、4Ωのdummy loadを負荷。
6AQ5(6V6)は+B電圧が250VあたりでBias -8V近傍が適正なはずです。原回路の-13Vは深すぎますが、測定で比較しました。

 結果は歴然。-9Vの方がはるかに低歪です。というか、-13Vは動作点を外れてしまっているので、論外と言うべきでしょう。
 試しにdummy loadを8Ωにしたdataも取りました。これは、一次側のimpedanceを5kΩにしたのと等価。6AQ5にとっては、最適負荷抵抗に近い値で、測定値も改善されています。Bias -13Vでもいくらか救済になるかと考えましたが、大した効果は出ませんでした。
 -9Vが最適と主張するつもりはなく、たぶんもう少し低い電圧が望ましいと思います。-9Vで実験したのは、V13 6AK6のbias用に-9Vが用意されているからです。ここから引っ張ることにすれば、-13Vを分圧するなどの手間が省けます。