M S Technical Laboratory

趣味の電子回路工作の成果を披露する場のつもりですが、他の趣味に関わる画像も載せていきます。

Ethernetの父

2011年11月28日 21時52分38秒 | Science and Technology
Robert M. Metcalfeさんの受賞講演を聴いてきました。もっと学者肌かと思っていたら、企業人としての発言が主体で面白かったです。1980年代初頭、上司に言われてEthernetの正体を調べたところに最初の接点があり、その後はMetcalfeの法則を講演で引用させてもらったりもしました。
来賓の挨拶を棒読みした役人が、受賞者のfirst nameに"博士"や"教授"をつけていたのが滑稽でした。
 写真はiPadで全景を撮影し、差し障りのある部分をばっさり落としたものです。
コメント

若干の追加

2011年11月27日 17時34分37秒 | Travel
1997年の旅の記録を一応完結させたつもりでいました。その後、写真が発掘され、主としてLondonに若干の追加をしています。
ついでに他のpagesも見直し、表題と中身が矛盾しているなど、間違いをいくつか修正しました。
コメント

一夜明けて

2011年11月26日 13時10分12秒 | Foods
別件で騒がしくなりましたが、昨日のdinnerは無事に終了。師匠の力作(撮影機材の運搬、印刷、製本を含む)を拝見できました。
コメント

チップコンデンサ50本を実装

2011年11月23日 20時31分23秒 | DIY Electronics
 GT管ソケットから打ってかわって表面実装部品と格闘しています。今日はチップコンデンサを50本実装。APB-1という基板で、まだまだ楽しめそうです。
コメント

脚の追加

2011年11月21日 19時35分45秒 | DIY Electronics
 6BX7のアンプに裏蓋をつけたはいいのですが、脚がないと通気ができません。ゴム脚の買置きがなかったので、代替品を接着してみました。空気が流れやすいように高めにしておきました。
コメント (2)

MS-1111のpageを公開

2011年11月20日 20時13分17秒 | DIY Electronics
 まだ写真が揃っていない状態ですが、健康診断に相当する特性測定も終えたため、6BX7 parallel-single Loftin-White stereo power amplifierのpageを公開しました。図面の大きさの都合から、横幅の広いpageになっています。闇雲に縮小すると図面が読めなくなるので、対策が浮かぶまではこのままにしておきます。
コメント

再生版の稼働

2011年11月13日 22時19分39秒 | DIY Electronics
 ELEX ampの原型になったシャーシを再生して、6BX7 Loftin-White ampを組み上げました。電源周りが大幅に変更になり、初段管もMTからGTに変わっています。今回は6dBほどの負帰還を施しています。
 発熱量が多いのは元の設計と大差なく、さっきから再生系に入れて試運転していますが、室温の上昇に寄与が見られました。まだ裏蓋を作っていないので、放熱をしっかり考えた通気孔を設けることにします。

 工作の合間にViennaのpageを完成させ、これで1997年の旅の記録は完結しました。
コメント

消化不良

2011年11月11日 23時29分47秒 | Errata
昨日のプログラムの裏面です。安全第一!
コメント

Salut d'amour

2011年11月11日 12時16分03秒 | Music
一日遅れの投稿です。新山恵理さんのプロムナードコンサートに出かけました。「愛の挨拶」をオルガンで聴きたかったのです。終わってからも「威風堂々」がずっと頭の中で鳴っていました。迫力満点の演奏でしたが、できれば余韻はSalut d'amourの方がよかったと思います。
コメント

iPad2初撮り

2011年11月05日 21時44分58秒 | Music
 みなとみらいホールに行ってきました。写真はiPad2での初撮り。
キュッヒルさんの腕のさえはすばらしいものでしたが、一番聴きたかった前半の二曲はpianoが妙に重たくて音楽の流れを妨げていました。響かないhall、悲しい観客(後列のおばさんの会話「今、プログラムのどこやってんの?」、「この作品の二曲目」というのを演奏中に。このときは三曲目でしたが)、minus要因も多かったですが、しばしViennaの香りに浸りました。
 これで'97年の旅のVienna編に取りかかれます。
コメント