たけちゃん活動・生活日誌

日々県議としての活動に追われていますが、そのな生活でもたまには本音も言ってみたい・・・。

家庭菜園の夏野菜の収穫が終わります。

2018年08月27日 | 家庭菜園
   我が家の家庭菜園の最近の状況は、今年の異常気象による高温と雨不足で、今季の夏野菜の収穫が終わろうとしています。
 3日前に、2日ぶりに収穫に行くと、このところ小刻みに降った雨によりキュウリやナス、エダマメ、トマト等が収穫できました【写真】が、もうトマトやズッキーニ、夕顔、ピーマン、エダマメ等は最盛期を過ぎて枯れかけており、今年の我が家の家庭菜園の夏野菜の終焉を実感しました。

 今年の異常気象による家庭菜園への影響は大きく、来年度以降の菜園運営をどうするか、悩んでしまう今日この頃です。
 でも、最近の雨の恵により、キュウリが約20本収穫できたことに感謝し、
この日採れたキュウリやエダマメ、ナス、オクラ、ピーマン等を山口県に住む長女に送りましたが、のちに特にエダマメについては、二人の孫達が「おいしいと言って全部食べた」とのメールがあり、今後も孫達のために家庭菜園はやめられないと思いました。
 今後、我が家の家庭菜園は夏野菜の収穫時期を終え、今後、撤収時期を迎えることになります。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
 
コメント (6)

恒例の家庭菜園収穫祭

2018年08月04日 | 家庭菜園
 8月1日(水)は、例年我が家の庭で行っている、我が家の家庭菜園と同じ場所等で家庭菜園をしている親しい仲間が集まり収穫祭を行いました。
 この収穫祭のために我が家が用意した家庭菜園で採れた野菜は【写真】の通りですが、この他に夕顔や買ったネギ一本でした。

 参加された皆さんが持ってこられた野菜は、ズッキーニ、トマト等ですが、今年の異常気象により、野菜の収穫が減っているというのが共通認識でした。 収穫祭は、我が家で用意した肉と我が家での家庭菜園で採れたナスやジャガイモ、玉ねぎ、ピーマン、オクラ、夕顔、韓国唐辛子、インゲン等等を、頂いたズッキーニ等を、バーベキュウーで食べると、結構全て美味しく頂きました。

 ただ、同居している孫達3人も参加したため、肉は、ほとんど食べられてしまいました。
 また、参加したメンバーがそれぞれ持ち寄った野菜の漬物等をつまみにし、秋野菜の準備の話題など、夜遅くまで交流が続き、楽しい時を過ごすことが出来ました。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

我が家の家庭菜園の最近の状況

2018年07月31日 | 家庭菜園
 猛暑というより酷暑が続く中、しかも20日近く雨が降らない異常気象の中で、我が家の家庭菜園は危機的状況となっています。
 畑は乾き地面にはひびが入っていますが、雑草だけは水をくれないのに伸びる。
 それでも、野菜には2日から3日おきに水をやるよう努めているのですが、雨が降らないため用水路に流れる水も不足ぎみで、せっかく水をくれに行っても流れていないこともあります。

 そんな中、キュウリやズッキーニは収穫できますが、雨が降らないため乾燥状態で、そのまま生で食べても美味しくありませ。
 また、ナスは思った以上に収穫できていますが、野菜の木が弱っていて、今後の収穫が心配されるとともに、夕顔は成長が遅く成りが少ない状況です。
 一方で、インゲンの成長は早かったものの早くも収穫期が終わるとともに、オクラは依然として成長が遅く、収穫量は例年の三分の一以下という状況です。
  トマトは収穫時期を迎えていますが、今年は暑さのためが身が虫に食べられているものが少なくありません。

 救いは水くれなど手間のかからないエダマメが取れはじめ、息子夫婦や孫達が喜んでくれていることです。
 私は、家庭菜園を15年以上していますが、こんな異常気象を体験したことは、初めてです。
 それでも、果敢に挑戦するため、秋どりキュウリを植えるため庭に蒔いたところ、植え時となり先日の日曜日に畑に移植しました。

 この土日、台風12号の影響で恵の雨は降りましたが、畑に行くと既に乾いていて、地面はひび割れ状態でした。
 天気予報によると今後も猛暑が続き、しばらくは雨が降りそうにありませんが、秋どりキュウリを植えたばかりであることから、日程の合間を見て水くれと収穫に行きたいと思います。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
 
コメント

我が家の家庭菜園

2018年07月13日 | 家庭菜園
 7月8日の県立大学開学式の後は、翌日から二日間会派の県内調査で留守にしますので、我が家の家庭菜園に野菜の収穫に行きました。
 
 これまで、このブログで家庭菜園の状況を報告した折に、今年は雨不足で水やりなどに苦労している内容が多かったのですが、西日本豪雨災害により日に日に犠牲者が増えている悲惨な現状を考えると、申し訳なく思っています。突然予想もしない水や土砂が襲い自宅が住めなくなるばかりでなく、身内や友人が失われる。こんなに悲しいことはありません。
 お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げ、一日も早い復興を願います。
 
 さて、この日の収穫は、キュウリ、ナス、ピーマン、ズッキーニ、サラダ菜等でした。
 後一週間後には、オクラやエンドウ豆、トマトも収穫できるかも知れません。楽しみです。
 孫は、私が畑に行くと分かるとトマトが大好きなので「じじトマト採って来て」と言うのでプレッシャーを感じます。
 というのも、今年は我が家の生活にとって日常的に必要なネギやジャガイモの栽培を重視し、土寄せのスペースを確保したため、その分、他の野菜を植えるスペースが少なくなたからです。
 この日は、そのプレッシャーを跳ねのけるため、時期的には若干遅いのですが、トマト野菜木の上にビニールの屋根を付けました。

 これから様々な野菜の収穫最盛期を迎えますが、様々な行事がある中で2日に一回は収穫に行く努力をするとともに、併せて草取りや今後計画している秋どりキュウリや白菜・大根等を植栽する準備をしたいと思います。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

我が家の家庭菜園の状況

2018年06月29日 | 家庭菜園
 今は梅雨のはずですが、空梅雨で我が家の家庭菜園は悪戦苦闘しています。 一番野菜が成長する時期に雨が降らないため、野菜が成長しないばかりか、油虫が大量発生したりして、私が家庭菜園をはじめてから10年以上が過ぎますが、今年は野菜の成長が最悪ではないかと感じています。
   毎日水やりすることが出来れば良いのですが、行事があり合い間をぬって二日か三日に一度水くれするのが精一杯です。
 まして、今は県議会開会中であり、気持ちはあせるばかりです。
 雨が降って欲しいと思いながらインターネットで、このところの週間天気予報を毎日何度もチェックするのですが、空梅雨の予報は変わらず、しかも最高気温予想が向こう一週間30度以上とのことで、議会中ですが2日に1回は議会終了後の夕方に水くれをする決意を致しました。
 そこで、6月26日は一般質問終了は午後4時20分頃でしたが、直ちに家に帰り、6時頃から水くれ作業等を行いました。

 この日は、畑の近くにある用水が流れていたため順調に水くれができ安心するとともに、二日前にタップリと水くれをした成果が表れ、数は少ないのですがズッキーニやキュウリ、サラダ菜、二十日ダイコン等の収穫ができました。【上の写真】
 それにしても、水やりよりも雨の力がどれだけ野菜を成長させるのかを痛感する昨今であり、野菜の成長に丁度良い雨が降ることを真剣に期待しています。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
                                                     
コメント

玉ねぎの収穫時期です。

2018年06月10日 | 家庭菜園
  このところの我が家の家庭菜園の状況は、最近、気温が高い状況が続き畑に蒔いた二十日大根やサラダ菜セット、ミニニンジンの水くれに気を使っていますが、田植え時期と重なり用水路に水が流れていないなど、どうも予定どうりにはいきません。
 そんななか、妻が漬ける鉄砲漬けの材料として栽培を頼まれ庭に蒔いていた「大葉青じそ」の苗が移植の時期を迎えてしまい、9日(土)には、慌てて畑に植える作業を行いました。
  畑に行くと、草取りや伸びた野菜が風で倒れないようにすることや、棚の整備等々、行く度に様々な作業が目白押しです。
 そんな中、玉ねぎが収穫時期を迎えているため、合い間をぬって作業を開始しました。
 昨年11月初旬に植えた苗は400本位だと思いますが、今年の出来は玉の大きさはマバラですが、比較的良いようです。
 他の作業もあり、集中して玉ねぎ収穫作業は出来ませんが、今後、畑に行く度にバケツ一杯位の収穫をしてきたいと思います。
 ところで、我が家の庭に蒔いた第二弾のエダマメが、このところの高温で成長が早く、畑への移植時期を迎えてしまいました。今後、畑のどの場所に植えるのか、場所の整備も含め悩ましい課題となっています。

 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
  
コメント

家庭菜園の状況 

2018年05月29日 | 家庭菜園
 先日、我が家の家庭菜園の状況を報告しましたが、野菜作りは季節と気候に左右されるため、この時期を逃しては大変なことになるとの思いにかられ、行事の合間に畑に通っています。
 この時期、野菜苗を植えてしまえば間隔的な水やりは欠かせませんし、前に植えたジャガイモやネギには飼料をあげ土寄席をしなければなりません。 また、これからは、既に植えたキュウリやトマト、いんげん等の成長に備え棚等づくりに追われることになります。
 この一週間で、何とか我が家の庭で育成したエダマメや夕顔の苗を移植するとともに、ピーマン類苗の植え付け、ジャガイモやネギの土寄せをすることができました。
 今後は、我が家の庭のペットで育てているオクラと青じそが成長し移植することができれば、今季の家庭菜園は、スタートラインに立てることになります。
 しかし、まわりの畑の状況を見ていると、我が家と比較し野菜の成長が早く、今年は私の作業が遅かった分、収穫時期は遅れると実感しています。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
 
コメント

我が家の家庭菜園作業を本格的スタート?

2018年05月13日 | 家庭菜園
  5月12日(土)の午後は、このところ研修会等に出席していたため、例年と比べ作業が遅れている家庭菜園の作業に集中しました。
 この日の作業予定は、我が家にとって必要不可欠なネギの植え付けで、ネギの苗は、提供をお願いしてあった友人の畑で一緒に収穫させて頂き、家庭菜園へ植えました。
 ところが、いざ植えると私が予定していた二うねの約三分の二で頂いて来た苗が終わってしまいました。
 このことは、ネギが大好きで欠かせない我が家にとって一大事です。
 そこで、翌日の午前中に友人に連絡し、不足分を頂くことの了解を頂き、翌日(13日)植えるつもりでしたが、雨となり断念しました。
 この時期は、私にとって様々の行事の合い間に、家庭菜園での収穫を信じ、苗を植え付けたり種を蒔いたりする多忙な時期ですが、行事と天気予報の合い間を考え、毎日どう行動するのかが試される重要な時です。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
 
コメント

我が家の家庭菜園に玉ねぎを植えました。

2017年11月21日 | 家庭菜園
 10月の突然の総選挙や2度の台風などがあり、私は我が家の家庭菜園の今季の後かたずけや、玉ねぎの苗の植え付けのための準備を何時するのかとまどい、行事日程と天気予報を見比べながら合い間を見て作業を行って来ましたが、ようやく玉ねぎを植え終えることができました。
 玉ねぎは、自分で種を蒔き育った苗を植えるか、買った苗を植えるかですが、私は例年、親しい友人に苗を育てていただき植えています。
 昨年は、苗が不作で、市場では注文待ちの状態で、しかも値段は100本800円から1000円と言われていました。
 今年は、苗の成長は遅かったと言われましたが、友人から届いた苗は、約800本で、近くの友人に約300本を差し上げ、約500本を我が家の家庭菜園に植え終わることができました。
 どんなに多忙な時期であっても、野菜は種を蒔いたり苗を植えなければ、時期を逃せば収穫はできません。
 玉ねぎについては、何とか来年7月頃の収穫に向けて、苗を植えることができて安堵しています。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。

 
 

                         
コメント

我が家の家庭菜園は夏野菜は終わりつつあります。

2017年08月26日 | 家庭菜園
 今年は、雨量が多く日照時間が少ないため、我が家の家庭菜園も苦戦が続いています。
 私は、二日から三日おきに収穫に行っているのですが、今収穫できる野菜は、ナス、オクラ、ピーマン、夕顔が主であり、キュウリ、トマト、ズッキーニ、エダマメ等は、収穫が僅かとなり終焉時期を迎えてしまっています。
 ただ、草だけは成長し続け、立派に育っているのが、今の我が家の家庭菜園の現状です。
 今年の、家庭菜園の夏野菜は不作続きでした。
 家庭菜園仲間も同感する人も多く、中には途中で諦めてしまい耕作放棄地的にしている方もいます。
 しかし、私は、あきらめません。
 先日、我が家の庭でポットから育てた秋どりキュウリとインゲンを畑に植え、収穫できるために棚を作るなどの挑戦をしています。
 その結果どうなるかは分かりませんが、今後は、できるだけ夏野菜の延命を図るとともに、秋野菜が収穫できるよう出来うる対策を、日程の合間に行う決意です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
          
コメント