たけちゃん活動・生活日誌

日々県議としての活動に追われていますが、そのな生活でもたまには本音も言ってみたい・・・。

信濃美術館整備に向け92億円余の債務負担行為を設定

2018年10月19日 | 長野県議会
 閉会した9月定例県議会では、県側から信濃美術館整備に向けた92億25万9千円の複数年に渡り支出を担保する債務負担行為を設定する議案が提案され可決されました。
 これは実施設計がほぼ終了し、2021年の善光寺御開帳に間に合わせ開館するには、今年度内に発注する必要があり、工事期間が3か年に渡ることから、工事費及び工事管理費等について債務負担行為を設定したものです。 その内訳は、建設工事費が92億円余、工事管理費委託料等が1億4千万円余です。

  設計の特徴等については、10月10日に設計した(株)プランツアソシエイツの宮崎浩代表取締役から県議会文化芸術振興議連【写真】として説明を受けましたが、建築のコンセプトは、次の3つであるとのことです。
 【ラウンドスケープ・ミュージアム】善光寺側から東側道路に高低差を活かし、建物が風景の中に突出することなく、それぞれの敷地を一体的に結びつけることを大きなコンセプトとしている。その上で、城山公園全体の歴史と将来像を鑑みながら、公園だけでなく、善光寺東公園や東側神社の杜との連続性を意識しながら、ラウンドスケープ(景色・風景)と建築の融合を目指した。

 【ユニバーサルデザイン】南側道路との接続を含めた、3つのレベルに対応した床レベルを設定することで、地階を除く全ての階において、水平移動のみでの入館が可能な計画となっている。年齢や障がいの有無に関わらず、全ての人々が美術に親しむことができる施設を目指した。
 【屋根のある公園】新しい美術館では、国宝を含む多様な展示活動に対応できる「公開承認施設」の条件を満たす一方、県内美術団体や一般県民が多目的かつ自由に利用できるスペースへの要望に応えることを目指した。後者については、公園との一体利用を視野に入れて「屋根のある公園」と呼ぶ新しいスペースを創出した。
 なお、城山公園噴水広場の整備については、今回の設計に基づき、今後、長野市が整備することになっています。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
                                                                
                                                              
コメント

9月定例県議会が閉会しました。

2018年10月18日 | 長野県議会
 10月17日、9月26日から行われていた9月定例県議会が閉会しました。
 県側から提案され可決された主な議案は、平成30年度一般会計補正予算(第3号案)等予算案2件、長野県税条例の一部を改正する条例案等、条例改正案3件、都市計画道路高田若槻線街路工事請負契約の締結について等事件案16件、交通事故に係る損害賠償の専決処分報告等の専決処分報告12件です。
 
 冒頭行われた知事の議案説明では、まず、7月豪雨、台風21号、北海道地震等へのお見舞いを述べた上で、県内の災害への取組みや全国被災地への本県の支援状況が報告されました。

 そして、先の知事選において当選したことへの感謝の意を表すとともに、「県政は、県民の皆様のための存在」として、「県民の皆様の思いに常に寄り添い、ともに考え、行動する県民起点の県政を、職員とともに推進」する等と延べました。
 その後、当面の取組みとして、「子どもや若者が希望を持てる」政策の推進、「学びの県づくり」、「子育て支援の充実」、「歳を重ねても安心して暮らせる」政策の推進、「医療・介護サービスの確保」、「地域公共交通の確保」、「防災・減災対策の加速化」、「元気な産業が暮らしを支える」政策の推進、「強みを活かす産業づくり」、「観光地域づくり」等々について、3期目への思いを述べました。
 
 提案され可決された一般会計補正予算の総額は、75億9589万4千円で、「第二次県総合五か年計画」の着実な推進を前提に、知事選に当たり公約した「基本政策集2018」を基に、当選後その実現のため当面優先して取り組む25の「政策パッケージ」を選挙後初の部局長会議で示し、速やかに取組んで行くとして補正予算案を提案したとしました。
 その主な内容は、最近の災害を踏まえた防災・減災対策の加速化に41億6512万円余、7月豪雨被害の道路・河川等の災害復旧に27億4547万円余、信州まつもと空港の慢性的な駐車場不足の解消に2億1686万円余、県立学校への空調施設の整備に1億34万円、医療機器関連産業の集積形成に2712万円余、商店街の空き店舗等を活用したリゾートテレワーク拠点の整備に1900万円、市町村の地籍調査の促進に1355万円余、台風21号による農作物等被害への支援に872万円余、交通事業者と連携した効果的な情報発信に700万円、中部国際空港からの外国人向け直行バスルートの確立に400万円、保育士人材バンクの機能強化に375万1千円、観光情報の戦略的な発信の強化に324万円、「多子世帯応援プレミアムパスポート」の協賛店開拓に306万円余、地域包括ケア体制整備状況の「可視化」に250万円等々です。
 また、債務負担行為として、信濃美術館本館の改築として92億25万9千円等が提案され可決されました。
 
 代表質問は4会派4人、一般質問は35人の議員が登壇しましたが、質問事項は多かった順に、自然災害への対策、3期目の知事の基本姿勢、高校改革、林務行政、医療・介護政策、農業政策、中小企業振興策、仕事改革、公文書管理条例の制定、産業政策、児童虐待防止対策、公共交通対策、大北森林組合問題、学校へのエアコン設置、観光の振興等でした。
 
 一般質問最終日の10月10日には、議員提出議案の採決が行われ、私達会派から提案した「幼児教育・保育無償化の円滑な導入を求める意見書(案)」「寡婦控除等の適用対象を未婚のひとり親世帯まで拡大することを求める意見書(案)」「米軍基地に係る地方負担の軽減を求める意見書(案)」も含め、12件の意見書が可決されました。
 
 なお、私は、10月2日に所属する会派「信州・新風・みらい」を代表して概ね1時間の持ち時間で代表質問を行いました。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

県民文化健康福祉委員会が終わりました。

2018年10月17日 | 長野県議会

   9月定例県議会は、10月11日から行われていた私が所属している県民文化健康福祉委員会の審議が15日に終わりました。

 私は、県民文化部の審議では、保育士人材バンクの機能強化、信濃美術館整備に伴う民間からの寄付金の募集、自転車の利用に関する条例骨子案等について質問しました。
 この内、保育士人材バンクの機能強化では、現状をお聞きしたところ、人材バンクには156人が登録しているが、求人は79園から586人あるので、現在の支援コーディネーターは1名だが、中信地域に1名増員して機能強化を図りたい。また、今後、県内保育資格保有者(30代約5千人)を対象に修業希望調査を実施したいとのことでした。
  信濃美術館整備に伴う民間からの寄付金の募集については、全国の先進的な取組みを調査しており、今後具体的に取組んで行くとし、自転車の利用に関する条例骨子案についてでは、中学や高校での自転車通学路の安全対策に生徒の身を守るために学校側が積極的に取組む仕組みを作るべきことを求めました。
 
 健康福祉部の審議では、地域包括ケア体制確立のためのアンケート調査事業について、日常生活圏域(165)の体制構築状況を調査するとしているが、構築が遅れている原因や課題を明らかにし、県として対策が打ち出せるアンケートにして欲しいことを求めました。
 また、県立病院機構の平成29年度業務実績に係る評価結果について、「機構の責によらずに増加した経費については県の負担を検討」としたことを評価した上で、県立病院機能強化のため県として積極的な役割を果たすよう求めました。
 さらに、県リハビリテーションセンターの人材の充足状況と冷房の不具合の改善、同センターの今後の方向性の明確化等を尋ねたところ、医師が1人欠員となってる。エヤコンを年2~4台整備しているが、後20台残っており、出来るだけ早く整備したい。今後の方向性は早く結論を出したい趣旨を答えました。
 
 9月定例県議会は、10月17日(本日)本会議での議案の採決を行い閉会します。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

県議会と県内大学生との意見交換会を開催

2018年10月16日 | 長野県議会
 10月10日の議会終了後の午後4時からは、県議会広報委員会等と県内大学生との意見交換会が開催され、その一部を傍聴しました。
 参加した学生は県短期大学と清泉女学院大、公立諏訪東京理科大の学生計23人でした。

 この意見交換会は、県民と議会が対話することを重視して行っている「こんにちは県議会」の一環として行われ、事前に相談し学生側が選んだテーマとして、「持続可能な社会に向けた高齢者と若者が果たすべき役割」「女性あらゆる場所でより一層活躍するには何が必要か」「災害に備え、住民の防災意識を保ち続けるための方策と対策」県議会の一般質問を傍聴して頂いた上での感想等について、学生側から出してもらったテーマについて3班に分かれてグループ討議が行われました。
 先に高校生との懇談会は行われましたが、大学生に本会議場で一般質問を傍聴してもらった上で意見交換するのは初めてのことです。
 今後、県議会としても、これまで行って来た高校生や県立大学生との意見交換会、そして今回行った県内大学生との意見交換会を行ったことは、選挙権が18歳以上となったことも含め、意見交換会で出された意見への結果報告が求められていると思います。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

「種子条例案」6月県会に提出を答弁

2018年10月14日 | 長野県議会
 阿部知事は10月2日私が行った代表質問で、主要農作物種子法(種子法)の廃止に伴い、県が制定を検討している「農作物種子条例(仮称)」について、来年6月の県会定例会に条例案を提出する方針であることを答弁しました。また、1月までに条例案の骨格をまとめた骨子案を作り、2月定例会に素案を示す予定であることも答弁しました。
 種子法は稲や麦、大豆の種子の生産・普及を都道府県に義務付けていましたが、民間企業の参入促進などを目的に、今年4月1日で廃止されてしまいました。
 知事は条例案について、「県らしい条例になるよう、農業者、種子製作者、農業団体などさまざまな立場の人から意見を聞きたい」としました。
 「種子条例」の制定については、私が所属する「信州・新風・みらい」が今年6月22日に阿部知事に対し会派として制定を要請し、その際、知事からは「問題意識は共有している」「公約の中にものせることも含め前向きに対応したい」とし、公約の「基本政策集」に掲げられていました。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

「米軍基地に係る地方負担の軽減を求める意見書(案)」を全会一致で可決。

2018年10月14日 | 長野県議会
 現在開催中の9月定例県議会は、10日議員提出議案の採決を行い、私達会派から提案した下記の内容の「米軍基地に係る地方負担の軽減を求める意見書(案)」を全会一致で可決し、国に意見書を提出することになりました。
 この意見書の提出については、県憲法擁護連合からも今年7月に全国知事会が日米地位協定の見直しを求める提言を行っていることを踏まえ、県議会としても政府に対し、提言を尊重する意見書を提出することを求める請願が出され、また共産党県議団から同趣旨の意見書を出したいとの意向があり、その趣旨を踏まえ会派間で話し合った結果、今回の意見書になったものです。
 なお、この意見書には最近横田基地にオスプレイが配備されたことも踏まえ、「本県は、昨年、米軍輸送機オスプレイの飛行に対し、訓練の情報開示や住民への事前説明等を求める要望書を国に提出した」経緯を踏まえ、「国民の安全と安心を確保するため、訓練のルート及び実施時期の速やかな事前情報提供」も求めています。
 
 米軍基地に係る地方負担の軽減を求める意見書
 
 日米安全保障体制の円滑かつ効果的な運用を実現することは、国民の生命・財産や領土・領海等を守るため重要である一方、米軍基地の所在地では、航空機騒音、米軍人等による事件・事故等により、周辺住民の生活が脅かされ、地元自治体に過大な負担を強いている側面もある。
 また、基地周辺以外の地域においても、艦載機やヘリコプターによる飛行訓練等が実施されていることから、騒音被害や事故に対する住民の不安もあり、これらの米軍基地に係る負担は、住民生活に直結する重要課題となっている。
 このような状況を踏まえ、本県は、昨年、米軍輸送機オスプレイの飛行に対し、訓練の情報開示や住民への事前説明等を求める要望書を国に提出したところであり、加えて、本年7月には、全国知事会も、航空法等の国内法を原則として米軍に適用させること等を盛り込んだ米軍基地負担に関する提言を決議するなど、地方から改善を求める声が上がっている。
 よって、本県議会は、国会及び政府において、国民の安全と安心を確保するため、訓練のルート及び実施時期の速やかな事前情報提供や、米軍人等による事件・事故に対する具体的かつ実効的な防止策の措置等、必要な対応を講ずるとともに、在日米軍の法的地位を定めた日米地位協定の見直しを行うなど、米軍基地に係る地方負担の軽減を図ることを強く要請する。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

代表質問と一般質問が終わりました。

2018年10月13日 | 長野県議会
 現在開催されている9月定例県議会は10月10日、10月2日から行われていた代表質問と一般質問が終わり、11日からは委員会審議に入りました。
 代表質問は4会派4人、一般質問は35人の議員が登壇しましたが、質問事項は多かった順に、自然災害への対策、3期目の知事の基本姿勢、高校改革、林務行政、医療・介護政策、農業政策、中小企業振興策、仕事改革、公文書管理条例の制定、産業政策、児童虐待防止対策、公共交通対策、大北森林組合問題、学校へのエアコン設置、観光の振興等でした。
 一般質問最終日の10月10日には、議員提出議案の採決が行われ、私達会派から提案した「幼児教育・保育無償化の円滑な導入を求める意見書(案)」「寡婦控除等の適用対象を未婚のひとり親世帯まで拡大することを求める意見書(案)」 「米軍基地に係る地方負担の軽減を求める意見書(案)」も含め、12件の意見書が可決されました。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

県立大学と議会との懇談会を開催

2018年10月10日 | 長野県議会
 9月県議会初日の26日の県議会終了後は、県議会に設置されている県立大学懇談会と学生との意見交換会が行われました。
 この会は、県議会の懇談会の取組として大学側に働きかけ行ってものですが、会には議員12名と学生20名の皆さん、そして金田一学長など学校関係者にも出席頂きました。

 進行は、会の副会長である私が行い、懇談会会長、学長あいさつ、 大学からの開学後の概況説明の後、4つのグループに別れて懇談会が行われました。
 懇談の主なテーマは、学校の授業や寮での生活、県立大学を志望した理由、自分の将来像等についてでした。
 私が座長を務めたグループでは、5名が学生が発言し、それぞれ、学校の授業等については、学生から「英語が楽しみ。力が伸びている。でも、もっと双方向の授業にして欲しい。」「小人数で双方向の授業が出来ていると思う。仲間と考えることもできる。」「授業が面白い。先生方が個性豊かで面白い。」「先生が学生の名前を覚えている。授業の解らないことも聞ける。」「経験豊富な先生が多い。先生同士の討論も聞かせて頂いており、対応力が身に付く。英語が苦手だが、小人数なのに個々対応ができていないと思う。」     
 寮での生活についてでは、「楽しんで生活している。」「食事は自分で作ったり、他の人が作ったり協力している。授業の意見交換もできる。」「寮で行っている象山学で、成功している経済人の方の話を聞き、自分の目標が変わった。」「寂しくない。親元を離れても生活でき、自立につながる。シャワーしか無いので近く銭湯へ行っている。」「寮生活はお互いにはげしあえるし、人のリズムを考えて自分の生活も考えられる。」「洗濯機使用は100円だが、洗った後ホコリが出てくるので改善して欲しい。」

 県立大学を志望した理由や自分の将来像等についてでは、「英語のみの授業があり志願した。英語を使う実践的な授業があり気に入っている。」「長野県が長寿県であることが気になり受験した。管理栄養士となり、企業の食品管理をする仕事をすることに魅力を感じている。」「東京都出身だが、親から独立して生活したかったため全寮制の長野県立大を志願した。英語もやりたかった。」「海外研修に行けるのが魅力で、絶対行きたい。英語力を身に着けるのも魅力。」等々の意見が出されました。
 一通り学生達の心境をお聞きした後、私から要望することをお聞きしたところ、学生達からは、学園祭の予算を増やして欲しい、サッカーをしたいがグランドが無い、大学にロッカーがないので持ち運びが不便なので整備して欲しい、食堂が今でも混雑しており、今後4大化が進めばパニック状態となるので改善して欲しい、子ども学科の実習に対応するためにも寮に、電子ピアノを設置して欲しい等々の要望が出されました。
 グループに別れての懇談会終了後は、全体会議で各グループの報告が行われましたが、全体として私が座長をしたグループで出された意見と、ほぼ同じであったと思います。
 また、今回の懇談を学生が楽しんでいる雰囲気で、この会を今後も継続して欲しいとの意見があったことも報告されました。
 この会の最後に懇談会会長からは、この会で出された学生の意見を踏まえ、懇談会としての提言をまとめ知事に提案したいとしましたが、今回の学生から出された要望を、公式に伺った以上、その実現のため、結果を残すことが求められたと私は思っています。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

9月県議会に提案されている主な予算案の内容

2018年10月05日 | 長野県議会
 10月2日(火)私が会派を代表し行った代表質問が無事終わりました。
 内容は、後日順を追って報告します。
 今回は、現在行われている9月定例県議会に提案されている主な予算案の内容について報告します。
 何かご意見がありましたら、お気軽にお寄せ下さい。
 
 提案されている一般会計補正予算案の総額は、75億9589万4千円で、「第二次県総合五か年計画」の着実な推進を前提に、知事選に当たり公約した「基本政策集2018」を基に、当選後その実現のため当面優先して取り組む25の「政策パッケージ」を選挙後初の部局長会議で示し、速やかに取組んで行くとして今議会に一部補正予算案を提案したとしています。
 その主な内容は、最近の災害を踏まえた防災・減災対策の加速化に41億6512万円余、7月豪雨被害の道路・河川等の災害復旧に27億4547万円余、信州まつもと空港の慢性的な駐車場不足の解消に2億1686万円余、県立学校への空調施設の整備に1億34万円、医療機器関連産業の集積形成に2712万円余、商店街の空き店舗等を活用したリゾートテレワーク拠点の整備に1900万円、市町村の地籍調査の促進に1355万円余、台風21号による農作物等被害への支援に872万円余、交通事業者と連携した効果的な情報発信に700万円、中部国際空港からの外国人向け直行バスルートの確立に400万円、保育士人材バンクの機能強化に375万1千円、観光情報の戦略的な発信の強化に324万円、「多子世帯応援プレミアムパスポート」の協賛店開拓に306万円余、地域包括ケア体制整備状況の「可視化」に250万円等々です。
 また、債務負担行為として、信濃美術館本館の改築として92億25万9千円等が提案されています。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント

9月定例県議会が開会しました。

2018年10月01日 | 長野県議会
 9月26日、9月定例県議会が開会しました。
 冒頭行われた知事の議案説明では、まず、7月豪雨、台風21号、北海道地震等へのお見舞いを述べた上で、県内の災害への取組みや全国被災地への本県の支援状況が報告されました。
 そして、先の知事選において当選したことへの感謝の意を表すとともに、「県政は、県民の皆様のための存在」として、「県民の皆様の思いに常に寄り添い、ともに考え、行動する県民起点の県政を、職員とともに推進」する等と延べました。
 その後、当面の取組みとして、「子どもや若者が希望を持てる」政策の推進、「学びの県づくり」、「子育て支援の充実」、「歳を重ねても安心して暮らせる」政策の推進、「医療・介護サービスの確保」、「地域公共交通の確保」、「防災・減災対策の加速化」、「元気な産業が暮らしを支える」政策の推進、「強みを活かす産業づくり」、「観光地域づくり」等々について、3期目への思いを述べました。
 知事選後初めて行われる9月定例県議会は、明日10月2日から代表質問が行われ、私も概ね午後1時から会派の代表質問を行います。
 9月県議会は、10月17日まで行われますので、今後の私の委員会質疑等について、ご意見や要望がありましたら、お気軽にご意見をお寄せ下さい。
 
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックしてご支援をお願いします。
コメント