好きな事 嫌いな事

普通の生活の中での、思いついたこと、考えたこと。何かを表現したい、書いておきたいと思った時に、ココで発散しています。

「怖い話」の、違和感。

2021-02-20 15:05:17 | ひとりごと。
昨日、電車の中で読んでしまったネットの「コワい話」(^-^; 
絵もリアルで本当にゾゾゾっとしながら、つい、「次の話」「次の話」と読んでしまう、
でも、ちょっとした「違和感」があった。
本当にあった話 とうことで 本当に本当、なのかそうでないのかはわかりませんが☆

ある話の中で、山の中の廃屋の話が出てきて、行ってみると古い雑誌や新聞が山積みになっていて、(見に行ったのは昼間)
ペットボトルなども散乱していてゴミ屋敷みたいになっている。
昔、今は廃屋になっている、この家で殺人事件があり、そのあと誰も住まなくなり今に至る。
夜中になると人魂が飛んだり、物音がしたりする。
心霊現象?と地元ではちょっと有名になっていて、行ってみることにした。
数人で、その廃屋を見に行くと・・・
という話なんだけど、結果、「誰もいないはずなのに、人の気配がした」
「誰かから、見られているような、視線を感じた」、それで、怖くなって引き返してきた。

話自体は、そこでおしまい。でも、気になったのは
「食べかけのリンゴがあったり、おそらく、ホームレスが住み着いていると思われる」
「夜中の人魂、というのも、そのホームレスがろうそくや懐中電灯を使っているのだろう」
「視線を感じた、人の気配がした、なども、隠れていたホームレスだろう。」
などの記述について。

もし、そうなら
なぜ、福祉につなげてあげることまでしないんだろうか。と、思ったの。

ホームレスといっても、「生きている人」であって、気配だけのものではない。
やむにやまれぬ事情があって、そのような生活を送っているのだと思う。
自分から殺人事件があった(その事実を知っているかわからないが)ゴミ屋敷みたいな廃屋に住みたいだろうか。
電気もない、食べ物もない、そんなところで隠れて生きている。
もしかしたら、何かの事件の逃亡犯かもしれない・・・
なんにしても、ほっといていいんだろうか。

「心霊現象ではなくて、たぶんホームレスのしわざ」で、なんだそうなのか、
はい、次の話 となるのが・・・・腑に落ちなかった。

ホームレスなら、どんな生活しててもいいんだろうか
生活保護など福祉の手で救い出すことは無理なんでしょうか。
こういうことを、「怖い話」として一括りにするのは何か違うと思う。

今、コロナで失業したり、収入が途絶えたりして、大変な苦労をしている人はたくさんいると思う。
住むところにも困っている人たちだっているでしょう。
そういうニュースも、日々入ってくる。
だから、なおのこと、気になってしまいました。

何かできることは、と思う。

胸の中が淋しい気持ちになるけれど

気を取り直して☆


さあ!!

大阪なおみちゃん°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
決勝戦!!!!
ドン、とテレビの前に陣取って、見ますよ~~!応援しますよ~~!!!
がんばれなおみ!!ゴーゴーなおみ!!フレーフレーなおみ!!

(@^^)/~~~




コメント   この記事についてブログを書く
« なんでもあり!の春.。:・・.。:*・★ | トップ | 大坂選手おめでとう☆すべての... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごと。」カテゴリの最新記事