好きな事 嫌いな事

普通の生活の中での、思いついたこと、考えたこと。何かを表現したい、書いておきたいと思った時に、ココで発散しています。

疲れたときには

2009-11-27 01:01:31 | ひとりごと。
今日は仕事が午前中だけだったので、午後から小1の娘の授業参観&懇談会へ参加できました。

5時間目、「こくご」の授業。カタカナで、「チョコレート」「ドーナツ」など、一生懸命書いている子供たち(#^.^#) かわいいなぁ(^^♪

娘は一番後ろの席なので、ちょっとのぞいてノートを見たら、

「ドーナシ」と書いていた(^_^.) ドーナシ。 

そのあと、ずばり先生が「はぁ~い!みんな!書けましたか?ドーナツの、ツとシはまちがえないで、書けたかな?書けた人!」と元気におっしゃると、
それに答えて「はーい!」と、元気に手を挙げる子供たち 娘もあげている。…あんた…書けてないでしょう…
おうちでも、何度も練習していたのになぁ「シ」と「ツ」。まだ、完全ではないのね。また、練習しようね!


お教室:黒板のところには、「うえ」「した」「みぎ」「ひだり」というカードが張ってある。
「にっちょく」カード(子供の顔写真と名前が書いてある)や、いろいろな係やお当番表、給食袋をかけるところ、習った漢字のカード、ひらがな・カタカナ表、
「おたんじょうびのおともだち」、「どくしょマラソン」、「できたよ」きろく、
後には全員の絵日記、行事予定表など、ところせましと且つ整然と、いろいろなものが張ってある。

全部かわいい、全部がなんだかなつかしい。一年生って特別だ。

懇談会では先生からのお話と、お母様方から一言ずつ、恙無く(つつがなく)終わり、校庭で遊んでいた娘たちと合流して、帰宅してからおやつ、そのあとスイミングへ連れて行く。


…娘達が泳いでいる間、私は久しぶりにマシンジムでいつものメニューをこなしましたが、

疲れました

このところ全然行けてなかったので、同じウエイトでやっても、重い重い…^^;
腕なんかぷるぷるふるえちゃった(^_^.)

そして、回復に時間がかかる。やっぱり、体力って少しずつ少しずつ落ちて行くんだな。目にはみえないけど、いつまでも同じ自分ではいられない。
…なんか、ちょっと淋しい(^_^.)、ちょっと不安になる。
こういうときには、どうやって元気出したらいいんだろう?

→いいこと、楽しいことを考える。


先日の連休: 近隣の紅葉で有名なお寺へ、家族で行って見ました。綺麗でした~♪
「あじさい寺」として有名だそうですが、実は紅葉の方がもっと綺麗だよ、とテニススクールのお仲間から情報を得て、行ってきたのですが、ほんとに綺麗だった!
自然ほど美しいものはない。

ということで、楽しいこと
その1:まだまだ行ってないところ、見ていない景色が山とある。海外とは言わないけど、(お金ないし、)日本中、いろいろなところへ行って見たい。
例えば、松島って行ってみたい。
旅行記など読むのも好きだけど、なんにしても「百聞は一見にしかず」。

その2:お仕事
火曜日、久しぶりに(ほんとに久しぶりでした!)共著でご一緒した、高橋慈子先生とお会いして、いろいろなお話。というか、おしゃべりに花が咲きました♪
相変わらずロングヘアでエレガントな高橋先生。おや?髪の毛の先に、何か白いものがついている。と思って「何か、ついてます」と申し上げたところ
歯磨き粉 とわかり、二人で笑ってしまいました。先生、おちゃめ(^_-)-☆です。

新たな研修業務のお話なども出て、気持ちも高まります。やっぱり、私は仕事が好きだし、働くのが楽しい。
仕事のことを考えると、とても楽しくなる。


その3:子供

今日はダンナさんが出張でいないので、娘たちと逆川の字で寝ます(*^_^*)
私が真ん中で、左右にこぐまちゃんと、ちゃむちゃん。
くっついて寝る。あったか~~い(#^.^#)疲れも飛びます(^_-)-☆


ということで  もう寝ます 疲れたときには…やっぱり、寝るのがイチバン(^_-)-☆




明日もいい日になりますように。

(^^)/~~~

コメント (6)

いろいろな道

2009-11-20 08:10:45 | 学校&就活
就活の話です

A子さん:35社受けましたが、今のところ内定ナシ。
 …例年なら「この子なら受かる」とこちらも胸はって送りだし、希望するところから内定いただけてたタイプ。
 …今年は、こういう子も、落ちている…

「採用する側」にも知人・友人がいますが、以下そこからの情報です。
もしかしたら、参考になるかもしれないので。就活生の女の子。


 建設業界 の、ある大手企業は、社内結婚が9割。そしてほとんどの女性が結婚退職で奥さんはそのまま専業主婦へ。

 そういう社風でもあるので、 女子の面接の時には、

「社員のお嫁さん候補」としてもみるらしい。
というより、ほとんどそれらしい。

「女の子は明るくて、気が利いてて、愛嬌がある子が一番。」ということです。


入りたい会社によって戦略を変える、みんなやってると思いますが、
女子の場合は、企業によっては「お嫁さんにしたいタイプ」もあり。
これは、今の女の子はほとんど気にしてないポイントかもしれません。

結婚したいタイプ であって、その後はあくまでも個人の自由ですから、
したければしてもいいし、そのままキャリアの道を邁進するもよし。
「とにかく内定」と奔走しているみんなを見て、内定とれるヒントになるかも、と思って書きました。
私がいつも言ってることと違うけど、世間ていろいろだから。

どういう道であっても、みんなが思う道に進めて、そしてしあわせになってほしい。


とにかく、人生の岐路でもある就活 がんばれがんばれと後押しするしかできません。


では今日も 力いっぱい後押ししてきます(^_-)-☆

みんな、がんばろうね!内定でたら、乾杯しよう!!


(^^)/~~~










 
コメント

秋を探しに

2009-11-19 09:38:27 | ひとりごと。
下の娘は一年生、昨日学校の「せいかつ」の時間で、「こうえんたんけん」に行ったそうです。

前もって、持ち物や活動の趣旨などが書かれたプリントが配られましたが、タイトルが

「1年生 公園探検 ---公園に秋を探しに出かけます---」。


かわいい~~(^^♪ 小さな一年生のお友達、いったいどんな「秋」を探してくるの?


と思って、帰ってきた娘に聞いてみました。

「こうえんで、秋はみつかったの?」(#^.^#)

予想していた答え:
「あのね、いろんなものが見つかったのよ、ええとねー黄色い落ち葉とか、どんぐりとか。」


返ってきた答え:

「…さっぱり。」



さっぱり、って…^^;

「でも、何かあったんじゃないの?落ち葉とかどんぐりとか。」

「落ち葉はね、雨でびしょびしょでばっちくなっちゃってた。茶色いし。
どんぐりはみんな拾っちゃってたから、もうヘンな形のしかなかった。
だから、さっぱりよ。」

(^_^.)



「…ああ、そう…何か、拾ったものはあったの?」
「いし、とかえだなんかね。」
「石とか枝で秋を感じたのね?」
「…なんでも秋だとおもえば、秋なのよ。なんでもいいって、せんせいもいってたよ。」
「…じゃ、何拾ってきたのか、見せてくれないかな?」
「…わすれてきた。がっこうにね。」


学校に、探した「秋」を忘れてきた… なんだか詩みたいだ☆彡

…トシの割りに?ちょっとクールなちゃむちゃん♪
こぐまちゃんとも、また違う個性。
ほんとに、子供の数だけ個性があるなぁ…おもしろいけど。


そういえば、今年は紅葉など あまり見ていない。本物の紅葉。
テレビの映像などだけ。やっぱり、ホンモノを見ないと!


…テニススクールのお仲間から、このあたりで紅葉が綺麗なお寺さんの情報を伺った。

混んでるかもしれないけど、連休に早速家族で行ってみようと思います。

…秋を探しに!



ではお仕事行ってきます



(^^)/~~~
コメント

留守録メッセージ♪

2009-11-18 14:40:09 | おうちのできごと
今日はお休み♪

午前中はテニスのレッスン、上級クラスのKさんと打ち合えて楽しかった。
シャワーあびて帰宅、生協さんが来て、お昼にはワンタンメンを作って食べる。
おうちのお掃除をして洗濯物の乾き具合を見る。いい天気!


新聞読んで、コーヒーを飲む。チョコレートをふたつ。


あ~ヒマなひととき しあわせ


まだまだやることはあるんですけど こういう何もしない時間がちょっとでもあると嬉しいものです。
何もしないといいながらブログ書いてますけど^^;
やっぱり何もしないではいられないのね。人って。


先程、携帯の留守録やメールを確認したり、削除したり、送信したりと、整理をしてましたが

ひとつだけ消さなかった留守録があります。
それは

こぐまちゃんからの留守録メッセージ


以前、娘達だけでお留守番をしていたときのこと、

おやつにと思って、冷蔵庫にチョコレートケーキをしまっておきました。
TOPSのチョコレートケーキ!いただきものだったのですが 私の大好物
カットしておいてすぐに食べられるようにして、ラップをして冷蔵庫へ。

メモに、(お留守番の時には「ママちゃんメモ」をいつも残している、)
「おやつにはれいぞうこからケーキをだしてたべてね。ひとり ひとつずつ」
と書いて、テーブルの上に置いておいたの。



で、その日の夕方、仕事が終わって携帯をチェック。

留守録が入っている、しかも自宅から。

「どうしても困ったり、何か怖いことがあったら、すぐにママに電話してね」
とお約束してあり、
私の携帯番号メモを自宅の電話のところに貼ってあります。
過去に、お留守番中の留守録はありませんでした。


…そんなわけで、
「…もしや?何か緊急事態!?」とすごくあせってしまって、
この前熱が出たりしたし、また具合悪くなってるのかも、など、悪いことが頭をよぎる。どうしよう。おばあちゃんはお留守だし…

急いで、留守録を聞く。

「…ママ…」と、こぐまちゃんのか細い声 どうしたのこぐまちゃん!

「…あのね…」

早く本題に入ってしかも結論から。

「…あの、どうしてもね。」

どうしたのいったい!何か、困ってるの?

「おなかがすいちゃってね。ケーキもうひとつ食べてもいいですか。」

それだけ。
(^_^.)(^_^.)(^_^.)


はぁ~~~~良かった、いいよいいよそんなことだったら!!!!


それで、すぐ自宅に電話したの。
そしたらこぐまちゃんが出たので、「ママですよ」と言ったら
「あーごめんなさい。ケーキ食べちゃったの。ママの分はあるから。」

…二重の意味でほっとしました

何もなく元気でお留守番してるってことと 私の分のケーキがあるってこと。
ああよかった帰ったら食べられる~♪



もし、うちにいるときにケーキ二つも食べるなんて言い出したら即効で却下ですけど
こういう状況のときには、まるで問題なし。
どういう心理なんだろう、私。

お留守番しててくれるんだから、ケーキもうひとつ食べるぐらいいいじゃないの、
という気持ちになるのね。


「会社から帰ってくるとママって優しい」と言われたこともある。


だって、ただいま~~といっておかえりなさ~~い と迎えてくれるあなた方の顔を見るまでは、やっぱり少しは不安だもの。
顔見るとほっとして、ついでに優しくなるのかもね(^_-)-☆


いつも、ちゃんとお留守番しててくれて、ありがとう。


この前は、「おかずが少ないみたいだったから。」と言って、
玉子焼きを作っていてくれたこぐまちゃん。…すみません…そして、ありがとうございます<m(__)m>

…ママはがんばります(^_-)-☆

こぐまちゃんの「ケーキ食べたかった留守録♪」もう少し、消さないでとっておこう。
仕事で疲れたら聞くの(*^_^*)それで、
お留守番してくれてる娘達のためにも、しっかり仕事しなくっちゃ、と気合入れる。


さて
もうすぐ娘たちが帰ってきます

今日は私が「おかえりなさ~~い!」と、にこにこで言える日です


それにしてもいいお天気
Fine day、Beautiful Day!



…原稿が二つたまっている。今日中にやる、ぜったい!!!



(^^)/~~~


コメント (4)

夢と現実と

2009-11-16 08:54:21 | ひとりごと。
夢に出てきた、二人の武士 それぞれ小学生用の紅白帽子を被っている。
一人は白、一人は赤。

白組が言う、「家」が大事。
対して赤が言う「名前」こそがすべて


白「何よりも家である」
赤「名こそ残る 家は滅びる」
白「家を残さずしてなんとする」
赤「家が滅びても 名は継がれるであろう」
白「名は家に属するもの」
赤「…滅びたのちも何を申すか」
白「…滅びても忘れまじ」

こんな会話をしている二人の武士、舟に乗って戦いながら。赤組と白組。
場所はたぶん瀬戸内海で二人はたぶん 源氏と平家。

平家が滅びて源氏が残ったという歴史の事実からすると
家が滅びても 名前(氏)は残る ということかしら


自分で解説:

源平の合戦の旗の色から、紅白で分ける、ということができた。
→日曜の夜になって「ママぁ…出すの忘れちゃった…」と紅白帽子を出してきた娘^^;遅いって^^;
「まだ、大丈夫!汚れてないから!気にしないでがんばろう!」と、ヘンな励まし方をして納得させた。 
…でも…やっぱりちゃんと洗ってもたせてやりたかった(^_^.)
気になってた。
それで夢に紅白帽子がでてきた。


闘っているシチュエーション
→就活の学生さん なんとか就職不況を戦い抜いて、と思っているから。
月曜も就活対策のクラスあるし。

武士が登場
→大河ドラマ「天地人」を久しぶりに見た。…来週で最終回?あらまあ。いつのまにか。
今回は大阪城が落城、豊臣家滅亡。「家が滅びる」イメージ?
真田幸村&直江加熱グ(すごい変換!かねつぐ、でこれよ^^;)兼次など名前が頭に入っているので「名前が残る」イメージ、かな?



なんとでも理由がつけられるけど、寝る前のイメージって、結構大切だと思った。



夢の話題から一転  

本日も就活講座  …現実的だなぁ(*^_^*)

グループディスカッションの2回目:一人ずつ、いいところを見つけて、たくさん誉めてこよう♪

何よりも、自信を持つことが一番大切だと思うので。

「イメージ」ということで言えば、
「ほめられたイメージ」が自分の中に根付くと、自然とそういう自分になっていく。

「誉められた自分」が、本当の自分の姿なんだと気付いて、しっかり力にしていってほしいと思います。



私、左の頬の下側に小さなアザがあるの
長年気になっていたので、思い切って治療することにしました
この秋、定期的に形成外科に通い、塗り薬と飲み薬で治療中。そのあと光線治療。
きれいに治るかしら。

…そうなったとして

私は誰に誉められたいんだろう?


ま、いっか。その節には、自分で自分を誉めてあげよう♪
そういう意識も大切ね(^_-)-☆





(^^)/~~~
コメント (2)

動かすチカラ

2009-11-13 09:40:14 | 学校&就活
昨日うれしかったこと:

午後から講義のある大学へ向かって、中野坂上から歩いていたとき

見たことのある学生が自転車に乗ってやってくる
いつも前列に座っているH君 このあと講座があるのに?

「…あれ?どうしたの?」と声をかけると
一瞬気まずそうな顔になり、
「…これから…先輩と飲み会なんで…」


就活講座<飲み会

ああそうなのねそうだよねやっぱり。

「…さびしいなあ!今日はいい話しようと思ってたんですよ!
ま、いいです。行ってらっしゃい」

「…すいません…じゃ、また!」と再び自転車を漕ぎ坂を登って行く若者よ
また といわれても次はないのだよ

だって今週で終わりだから就活講座。


そして、講座が始まると

おや さっきのH君が座っている、前列に。

「あれ?どうしたの?」とまた聞くと
「やっぱり、飲み会あとから行くことにしたんです。出たほうがいいかなって思って。」

飲み会<就活講座   チェンジ したんだね何かが君の中で。

素直に嬉しかったよH君。

今回はグループディスカッションの実習でしたが、是非やっておいた方がいいのです。今後のために。
来てくれてよかった。ありがとう♪

就活講座は今日で終わりだけど、望んでる道に進み、活躍してください。

またどこかで会いましょう。



「自分が他人に与える影響」を、考えた。

講座より飲み会 に行くつもりだった一人の学生が、また戻ってきてくれた


私は素直にうれしかった テンションあがって 時間オーバーだよ 10分も。
ごめんねみんな。


人の、真心、熱意、そういった言動が他人を動かす力になる。


まだまだ

元気でがんばれそうです。なんだか知らないうちに2キロやせてる。身体が軽くて、調子いい。



さて今日は秘書検定の講座 (明後日受験する人がんばって!!!)

行ってきます!


(^^)/~~~






コメント (2)

敬語のヒント:「見て聞いて覚える」

2009-11-11 14:34:05 | 学校&就活
学生ホールで缶コーヒーを買っていたら、
その横で何人かの学生が話しているのが聞こえた。

敬語がむずかしい、という話。
「なんか舌噛みそうだよな」「ちゃんと覚えた記憶ないもんな」「オレ、マジで言えねぇぜ」「面接とかヤバイよな」
「どうやって覚えればいいんだよな」「言える自信ないし」 ……

ごもっとも



今まで、あなた方に対して、敬語を使って話をしてくれる大人がたぶんいなかった。
間違った言葉遣いを注意をしてくれる大人もいなかった。

それなのに、今になってああだこうだと言われる。できない、わからないのも、無理はない。

美しい日本語、正しい言葉遣いできちんと話す、というのは大人が思っている以上に、学生さんたちにとっては難しい。

特に敬語は、「全く違う言語」のように彼らは感じている。


先日も、教員室での会話を聞き、困ったなあと思った。

担任の先生と話をしている女子学生。「せんせー!だからぁ!今日までにやってくれるって言ってたじゃないですかぁ!待ってたんですよ!」
それに答えて先生、「ああゴメンゴメン。今日までって言ってたっけ。悪い、ちょっと待ってて!」
注意しないんですよね。言葉遣い。許してしまっている。
そして学生も、こういう会話をよしとする中で育ってきたんだもの。それが駄目だとは気付かないよね。

それが急に、尊敬語だの謙譲語だの。


私は、話し言葉がきれい、というのはそれだけで財産だと思う。

「言葉は品性の鏡」。


言葉は、聴いて覚えるのが一番です。英語でもなんでも。敬語でも。

社会に出れば、回りの大人が使っている言葉を真似しているうちに覚える。



そこで、参考までに「敬語を見て聞いて覚える」ことを前回の講座で提案しました。


1.昔の日本映画を観る  小津安二郎監督の作品など 

原節子さんの「東京物語」 私も好きで何度も見ました。
見ているうちに、原節子さんの品のある、たおやかで優しくて美しい言葉を覚えた。
「…あら、どうなさったの?」「お疲れになったでしょう?」
まばゆいばかりの美貌・原節子さん、美人の上に話す言葉も美しいので、なおさら光かがやいてみえました…昔の日本女性って、みなさんこんな風に話していたの?


2.「奥様は魔女」 確か金曜日の6時半からNHK・BSで再放送してます。

たぶん、翻訳したときの言葉が「きれい」だったんだと思う。
サマンサのセリフ:お客様が来たときに「ようこそいらっしゃいました、さあどうぞこちらへいらっしゃって。お待ちしてましたわ。お茶を召し上がって。」
といって魔法でお茶とケーキを出したりする。
とにかく、きちんとした日本語、美しい言葉で話してるサマンサ。ステキな奥様に見える。


3.「サザエさん」 日曜7時半 8ch。

おなじみのサザエさんですが、おかあさんのおフネさんが、やはりきちんとした敬語で話している。
例:ワカメちゃん「今日、おとうさん帰りは遅いの?」
おフネさん「今日は会社の方とお付き合いがあるっておっしゃってましたから。きっと遅い時間にお帰りですよ」
こんな感じ。今でも、いいところのご家庭では、家族内でも敬語で話しているみたい。
例:
息子「おはようございます。おとうさんはもうおでかけですか」
母「あら、ご存知なかった?朝から会議ですって。あなたもお急ぎなさいね。」

うちなんて
「パパはぁ~」「もう会社行っちゃったよ!早くしなさーい!」毎朝こんな。あぁ…(^_^.)


4.ゲゲゲの鬼太郎 

鬼太郎が目玉おやじに話すときは割りとしっかり敬語を使っている。
敬語というか、丁寧に話している。「おとうさん、しっかりしてください!」なんて。



それに対して

ちびまる子ちゃん  見てる分には面白いんだけど、おかあさんのことを「あんた」と呼ぶのね。まるちゃん。
私、娘が私のことをあんた呼ばわりなんぞした日には… 許しちゃおかないわ<(`^´)>


言葉ひとつ、言い方一つでその人の、人となりが判断されてしまうことがある。


私も、気をつけよう。



朝からどしゃぶり

そんな中 こぐまちゃんは遠足 大洗の水族館ですって。
お魚たくさん見れたかな?イルカのショーもやってるんですよね。
楽しんできてくれるといいな♪

もうすぐ帰ってくる 帰ってきたらピアノのお稽古です
…子供も大変だ…


大人も、子供も、ファイト!!!




(^^)/~~~





コメント (4)

これでよし!

2009-11-09 08:57:34 | おうちのできごと
土曜日は、下の子の七五三でした(#^.^#)

お天気がよくてよかった。

6時に起こして7時に美容室につれていく。
こんなおチビなのにヘアセットに着付け、かんざしやお草履のレンタルでお金がとびまする~~^^;


夫の両親、私の母(父は腰痛で来られなかった、)も来てくれて、一緒にお宮さんでご祈祷を受ける。大混雑…

弟、妹さんなのか、小さい子たちは退屈しちゃって「もう帰る」と泣き出す子もいる^_^.)がんばれ、小さい子!

赤ちゃんがむずかって哺乳瓶だしてたりするおかあさま、ああ私もこんなだった。


ご祈祷の間、私の前にきっちり小さくなって座っている、こぐまちゃんの靴下を見ていた。
漂白しないと。
漢字の練習もさせないと。あれもこれも、と欲張ってるのは、私?

お札をいただいて帰り、写真館で撮影、みなさんで会食。
うちへ戻って、お茶を飲んでゆっくりしていただく。おみやげをお渡しして、お見送り。今日はありがとうございました。

…あ~~疲れた(*^_^*)どっと疲れて大の字になって寝転びたいところだけど

ちゃむちゃんの髪をといてやり、汗だくなので一度お風呂にいれる。美容室に、レンタル用品を返してくる。


着物は私が七五三の時に着たものなので、風をとおして、また実家に返しにいきます。





…そのあと、自転車で公園に遊びに行ってしまった娘達。


夫はビール飲んでゴルフ見てごろ寝。毛布をかける。暑いと言ってはいでいる^^;しーらない"^_^"



私はというと

歩くたびに、ちりんちりんと鳴っていた、娘の小さな簪(かんざし)の鈴の音を思い出している。

もう少し前髪短くてよかった、とか、帯の結びがイメージと違う、とか、
こうしたほうがよかった、と思うことばかり。

でも
デジカメで撮った写真をパソコンで見ていると、そんなにダメでもない。


「これでよし」と思うことも大切ね。


細かいことを気にしてくよくよするより、大きな気持ちで「これでよし!」と思えること。

それが大切だ、と自然に思えた。ご祈祷受けたおかげ?


繰り上がりの足し算で苦労してたりもする、おてんばで甘えっ子のちゃむちゃん(^_-)-☆
夜泣きで大変だったけど、大きくなってくれてありがとう。
ママは、「これでよし」と思ってる。今日のところは。
でも、「あれもしなきゃ」「これもさせなきゃ」と、この先もずっと思うだろうなぁ…
まぁ仕方ないです だってママだから(^_-)-☆




…それから、お結い髪の上で小さく鳴っていた簪の鈴の音 ちりんちりんという可愛い音 私はずっと忘れない。

ずっと先になって、ふと思い出すのは、案外こんな小さいこと。





今日は中野坂上で出張講座があります
お天気がいいと、助かるな\(~o~)/



では
いってきます


(^^)/~~~



コメント

ステップアップ!

2009-11-05 10:11:27 | 学校&就活
再び、就活の話なのですが、

前回の講義のあと、質問が出て、

「歯並びが悪いのでにっこりできないんですけどどうしたらいいですか」


それでちょっと、にっこりしてみてね、といったところしてくれて、
そしたら歯が真っ白!すごく綺麗な歯をしている、質問者の女の子。

歯並びが悪いといえばそうなのかしら でも気にならない。
それより、本当に真っ白で綺麗な歯でした。
なので、「あなた真っ白でとても綺麗な歯をしていらっしゃいますよ、歯並び気になりませんよ、自信もってにっこりして!」
といったら、嬉しそうにうつむいた彼女。

「歯列矯正してても大丈夫ですか」
「銀歯が見えても平気ですか」

…みなさん。そういうことで面接は落ちません。


「わたし、東北の出身で。どうしてもなまりがぬけなくて。何が標準語なのかわからなくて。どうやって綺麗にしゃべればいいんですか。」


という質問も東北なまりの女の子(#^.^#)

いいんですよ。方言は国の宝です。面接官がご同郷だったら、「あんれぇ~どこの出なの~!」なんて、親近感もってもらえますしね、

要するに「一生懸命に話している」姿勢が問われるのであって、大丈夫ですから。

標準語ということでいえば、NHKのニュースを聞いて、アナウンサーの方の発声やイントーネーション、アクセントをまねするのもいいですよ。


…とにかく、みんな不安でいっぱい。仕方ないよね、就活なんて初めてのことなんだから。
少しでも、不安が取り除けたらいいな、といつも思って話をしています。

まっすぐ綺麗に立つ、お辞儀をしたり、立ったり座ったりの実習もしましたが、

一人の男子が「…なんか自分じゃないみたいだ」とつぶやいていました。

こういうことって、今までやったことがないですものね。でも、身につけたらそれもまたあなたの一部になります(^_-)-☆
いい意味で、違う自分になってください。


自分じゃない、といえば 

きのうこぐまちゃんが読んでいた児童向けの本「こうさぎ ましろのお話」

まっしろなウサギの「ましろ」が、サンタさんにプレゼントをもらって、
もっとほしくなったので「そうだちがう子になれば、またもらえるよ!」と思って
体中に炭をぬってグレーのウサギになる、
でもその色が落ちなくなって…というような話、クリスマスがらみのかわいいお話です。また、まっしろに戻るんですけど(*^_^*)

自分を変えた結果、もとに戻りたいと思ったときに、もとの自分はもうそこにはいない。

それがステップアップした結果であれば、すばらしいことです。自信を持って、次に登れる。

…めざせ、ステップアップ!!


自分を変える ということで、気になったのが
整形手術を繰り返して逃亡中の某容疑者、どんどん自分じゃなくなっていく、そんな自分に耐えられるんだろうか…
いつまで逃げるのか 自首してほしい。




毎回の講義では若い学生さん達とご一緒していますが、気持ちだけは「まっしろ」で向き合っていたい、と切に思うこのごろです。


(^^)/~~~
コメント (2)

おいくつですか

2009-11-02 09:40:48 | テニス!&スポーツ
先週の土曜日、テニスの振替レッスンに行ってきました。
いつもは水曜日なのだけど、こぐまちゃんが熱出しちゃって(^_-)-☆お休みしたのです。
土、日はどのクラスもとても混んでいる。平日こられないサラリーマンやOLの方たちが中心で、年齢層も若め。
それで、みなさんとても上手。

たまには違うクラスにでて、他の方たちと練習してみるのも、勉強になります。
在籍クラスで「できた」つもりでいても、他では全然通用しない、ということもある。ありすぎる…^^;



レッスン後、フロントでガットの張替えを頼んできたのですが、そのときのこと


私「…あの、ガット張替えお願いしたいんですけど」
フロントの女性「はい、お張替えですね。お名前をこちらに。」
 注文票に名前を書く。書いているときに、フロントの方が
「えーと、おいくつでしたっけ?」と聞くので、
名前を書きながら「○○です。」と年齢を答えると

「…え?ヤマザキさん、50…か、51じゃなかったでしたっけ?」
「あら、まだ40代ですよ~ 落ち着いてみえるかしら」


「………いえ、あの、ガットのテンションですけど……あの、前回は51でしたけど……」


(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)(*^。^*)


遠慮なく笑ってください

私たち(私と、フロントの女性)も、そのあと顔見合わせてお互いに爆笑でした

ああ

なんておバカなの私ってば(^_^.) 年齢答えてどうする(^_^.)

…あと数年したら ガットのテンションと年齢が同じになる。
そのときには 思い切って
「31、とかって答えちゃおうかな」
「いえ、28でも大丈夫です」
などと、冗談言いつつその場にいたほかのみなさんも巻き込んで笑いの渦、でした。

どんなことでも、みんなで明るく笑える、っていいです(^_-)-☆ たとえ自分ネタであっても。

それに、私、たとえガットのテンションはるかに超えても(#^.^#)
テニスがんばるんだ\(~o~)/

20年後の会話:
「ガット張替えお願いします」
「…ええと、51、52ぐらいでしたっけ?」
「あらぁそんなに若くみえるかしら。」
なんて、答えてまた爆笑。その日を待ちたい気分よ(^_-)-☆



今回、今までより細めのガットを担当コーチに選んでいただきました。
次のレッスンは水曜日、そのときには張りあげてくださるそうです。
楽しみだわ!これで、憧れのトップスピンが打てる!なわけないか^^;ガット替えたぐらいで。
イチに練習、2に練習 何でも1からの積み重ね(^_-)-☆


今日がんばれば、明日はお休み\(~o~)/ 午後から遠方まで出講です。帰りは夜になるので、暖かくして行こう☆
原稿の締め切りもたまってる"^_^" ひとつずつ、やっつけちゃおう!! テンションあげて!51で!




良い一日を♪

(^^)/~~~

コメント (2)