好きな事 嫌いな事

普通の生活の中での、思いついたこと、考えたこと。何かを表現したい、書いておきたいと思った時に、ココで発散しています。

チェンジ!

2006-08-27 13:43:05 | ひとりごと。
今朝は、びっくりした。
だってもう「夏休み最後の日曜日」だとかってニュースで言ってて。そういえばそうだね。

・・・しかし早いなぁ・・・もう、夏も終わっちゃうよ。光陰矢の如し。

昨日は職場の脳了解(なにこれっ)納涼会、と称していわゆる「飲み会」。
場所は、職場近くの和解席(だからっ)和懐石のお店で、十人ほど集まりました。
1学期の報告&反省&後期の予定、などが主な話題だったのですが
それにしても
「カンパーイ!」のすぐあとに、
「それでは、資料を配ります・・・では、1枚目からお目通しください。」って
・・・ミーティングじゃん。まるで。

詳細は省きますが、なんだか重い話題が続き、一同しーんとしてしまったり。
お店のヒトも遠慮しつつ「あの、みなさまアルコールのお変わりのほうはいかがでしょう・・・」などと小声でオーダーとりにくるしまつ

ま、そのあとは楽しく飲みましたけど!


二次会は私と、上司と同僚の3人で東京ドームホテルの43階のBarへ行ったの。
ここは、ずっと行きたいなと思っていたところ。
「アーティストカフェ」といって、ライブもやっています。
夏休み、娘たちを連れて後楽園(じゃなかった、えーと、まあいいや)ゆうえんちで遊んだとき、そびえ建つ隣のホテルを眺めつつ、ここの43階にBarがあることを知り、「近いうちに、絶対行こう!」と固く決意したのです。
子連れじゃ無理無理^^;
一人でも、いつか行こう、と思っていた。


私、この頃考え方少し変えました。以前は、「子供が大きくなってから」あれもしよう、これもしよう、と思っていたのだけど、
それじゃだめだ、と。今そのときしか楽しめないこともある、と。
仮に、あと十年たってから、とした場合、そのときに今の体力、気力、があるかどうか。
「今、やりたい」と思ったことは、なんとしてでも今やるべきなのだ。

話は戻るけど、1次会が終わった時、「私、行きたいところがある」とボスと同僚に提案したところ、「行こう行こう」と一緒に来てくれた。


43階まで、ガラス張りの高速エレベーターに乗る。どんどん遠ざかる地上。
「うわああっ」と声をあげる乗っている人たち。ほとんど、途中の階で降りていく。宿泊の方々なのね。いいなー。

Barにつく。
金曜の夜なので、満席なのではと思ったけれど、ラッキーなことに窓側のいい席があいていた。ほんとにラッキー!!


夜景といったら、すばらしい、のひとこと。
もう、無数の星のような、都会のネオンの海。果てしなく広がる光の瞬き。
漆黒の夜の帳の中で、こんなに多くの人々が暮らしているのだ、という驚き。
エネルギーとパワー、そして平和。美しい夜。言葉もなく見つめる。


ここは、本当におススメです。機会があれば、是非一度、お運びください!
http://www.tokyodome-hotels.co.jp/restaurants/artistscafe/index.html


二人で来るといえば、反対側に「バルコニー席」というのもあり、そこは全部窓側を向いている二人がけのベンチシートらしい。
デートにはもってこいである!さぞかし・・・ロマンチックな夜、になることであろう。
「そろそろ勝負に出たい」、と思っているそこのあなた
予約してGOだ!まちがいない!


私の前に上司が座り、隣には同僚・・・二人とも男性。長身でハンサム。(ということにしておく。)
両手に花状態で、摩天楼の夜はふけていくのである・・・ああ、幸せ!
・・・たまにはいいじゃない!毎日、がんばってるんだから!(って、誰も文句言ってないよね。)


「・・・いいねー、いいところ知ってるじゃない。誰と来たの?」
「オトコと来たんでしょう」
「ダンナさんと?」
「今度、二人で来ようよ」
と、からかわれつつも悪い気はしない。(#^.^#)


といいつつ、やっぱり仕事の話になる。どういうスタンスで自分に任された仕事と向き合っていくか、
問題のタネ、は何か。真面目なハナシもしたけど、

だんだんアルコールも入ってきて、クスクス笑いながら、下世話な話をするのも楽しい。

今日は黒いワンピースだったので、綺麗な色のカクテルを続けて頼んだ。
最後はグラスホッパー。ほんとはモスコーミュールにしたかったのだが!次回。

終電の一本前で帰る。

娘たちはおばあちゃんのおうちに泊まっている。
ダンナもちょっと前に帰ってきたらしくビール飲んでグーグー寝ていた。

お化粧おとして、シャワー浴びて、ああ楽しかった、と思う。
行ってよかったと思う。
絶対に行くぞ、と思うと、願いはかなうものである・・・


行きたいところは、まだまだ、ある。

今の学校では、「マナー講習」と称して、東京湾クルーズの船でフレンチをいただく、
ということを1学期のうちに、学生に体験させるのだけど、ヴァンテアンクルーズ、だっけ?
私は不参加だった。なぜならば「娘が中耳炎だったから。」やはり子供が熱だしてるのにおいていけないし。残念だったので、
個人的に行きたい。と、ボスに言ったら「OK」が出た。連れてってくれるそうです。
同僚氏がすかさず「東京湾納涼船=屋形船」の提案もする。それも「OK」。
そして、陸、海、ときたら「空」である。
浦安に住んでいる友達の情報:あのあたりからヘリコプターに乗れるらしい。
そっちも、「OK」。またこの3人で行こう、ということになった。ナイスなトリオ、である。
3人とも、年も近いし、何より一緒にいて、一緒に話していてとても楽しいのだ。
心から楽しめるひとときを共有できるのが、とても嬉しい。大事な仲間。大切にしようと思う。
この人たちにめぐり合えて、本当によかった。神様、ありがとう。

ディスコに行きたい、といったら同僚氏が行ってくれる、と確約をとりつけた。

しかし!・・・全員、酔っ払った上での話、ということを忘れてはいけない・・・
でも、でも、私は行くぞ!


9月が待ち遠しい。
私はやっぱり、仕事が好きだ。早く、仕事したい。
ショーウインドウのマネキンも、すっかり秋物の服ばかり。

「夏仕様」から、チェンジ!

今週は、この秋へ向けて、しっかり準備しようと思う。

区切り区切りで、こんなふうに、自分にけじめをつけるべく、「イベント」を取り入れるというのは、
生きていく上でのアクセントになるものだ。



たぶん、次回のこんなふうな「イベント」は2学期終了時。
そのときも「解放」されるよう、それまでしっかり頑張るのだ!


ではでは。
(^^)/~~~
コメント (2)

花咲ける騎士道

2006-08-23 01:06:17 | ひとりごと。
シャーロットランプリング出演:「スイミング・プール」を観た。
う~~ん おもしろい! わかりやすいハリウッド映画も好きだけど、やっぱりひとひねりある仏映画、好きです。
監督は、「8人の女たち」のオゾン監督。
そうそう、あの映画もよかった!好きな女優さん総出演で、音楽もよし、ファッションも楽しめた。
ドヌーブ、ファニーアルダン、エマニュエルアベール、もうたまりません!

そして、今回主演の、シャーロット。ハスキー犬のような澄んだ、薄青い瞳。肉の薄い頬。私、こういう「知性」を感じさせる女優さん、というか女性にはもう惚れ惚れ。それも年上の。
「まぼろし」の中で、シャーロットが演じた大学教授の役もよかった。
スーツもかっこよかった。特に、ブルーのシャツがちょーかっこよくて、「いただいた」と思った。って、何をか、というと「シャツ1枚をかっこよく着こなす」こと。
あれ以来ナラカミチェックが趣味となったのはいうまでもない。
(ナラカミ=ナラカミーチェというシャツ&ブラウス専門店 カッコいいのがたくさんあります)

今回は、ミステリー作家の役だったけれど、この人本当に知性派の役柄がぴったり。
それでいて、オールヌードのシーンもあり。う・・・うつくしい・・・ああ、びっくりした。これで、御年58歳とは・・・鍛錬あるのみ・・・・


で、いろいろと書きましたが、今回のテーマは、「前世」。

なぜ、シャーロットと前世がつながるかというと、まあ、待ちたまえ。

先日行った美容院で読んだ雑誌に、おなじみの前世占い、があったのさ。
生年月日を足したりひいたり、名前をアルファベットに直してそれを数字化したものをどうにかして、出た数字は「7」であった。

そして、「7」のところを見ると、

「貴女の前世は・・・中世の騎士でした!」とのことである。

騎士、ねえ・・・・だからどうだということもないが。内容は、読んだそばから忘れました。癒しの場は「美術館」だそうです。ああそうですか。

なぜ占いが当たるかというと、「あなたは○○でしょう?」と言われた瞬間に、○○なところ、を無意識に探してしまうのだそうだ。
そして、あてはめてしまう。無理やりにでも。誰しもそういう傾向があるそうです。
結果、「やっだ~~当たってるぅ!」と、なるわけだ。

そして、今回の「騎士」。

一瞬、よぎったのが、「フェンシング」。
大学時代のボーイフレンドH君は、フェンシングをやっていた。
私も、かっこいいなとは思ったけど、やるつもりはなくて(というか私の行った大学にフェンシング部はなかった)テニスへ走った。
H君とはその後別れたけど、後日談として加えるならば、
なぜか、気になっていたのか社会人になってから、はじめたのだ、フェンシング。
マスクもウエアも揃えたぞ。全身、白、で、かっこいいぞ!

しかし、結果からいうと3ヶ月でやめてしまいました。ええ。
会社終わったあと通う、というのは割りと無理があり、何しろ疲れて。びっちり個人レッスンで翌日太ももぱんぱんで筋肉痛。
ああそうだった、あの頃は筋肉痛は翌日にきたものだ。いまじゃ、1日おくれ。トホホ・・・

でも、「突き」のタイミングなどは覚えているので、暴漢に襲われても傘など細長い棒状のものがあれば、(そんなものを常備しているわけもないが、)
戦えるかとも思っていたが、まあ、逃げたほうがいいのはわかりきった事実である。


・・・「前世、騎士?・・・だから、フェンシングを好きになったの?やってみたい、と思ったわけ?・・・あの、剣を握った時の感覚・・・ああ、おぼえているわ・・・あの感じ、そう、300年前のフランスで」
なんのこっちゃ、ではあるが、そんなことをちらっと思って、「てへへ・・・」と笑ってしまったよ。おそるべし前世占い。

&「騎士」ってことは、オトコ?男性?♂?   うーん、これはうなずけるわ。

わたし、前世ってものがあるならば、まちがいなくオトコだわ。
そして、その記憶がいまだに残っているわ。なぜならば、「女の人大好き。」
それも、綺麗な人。美人。モニカベルッチ。タイトルだけで「ストリッパー」というビデオ借りたのは夫でなくてこの私。
だけど、脱ぎゃあしない。編みタイツだけ。あんた、もうちっと脱いだら、モニカ?
だってタイトルが。モニカが脱ぐと思えばこそ借りた私の落胆たるや。


それはよしとしても、(ほんとはよくないんだけど、^^;)

綺麗な女の人が好き、というのは本当です。(別に、そっち系のシュミはありませんが)年齢関係なし。シャーロットみたいなヒトが、上司だったら、もう憧れちゃう!
(ここへきてやっと!シャーロットと前世がつながったわけだ・・・シャーロットの前世はたぶん私の上司。騎士だったら上官、とか隊長、かしら。・・・って無理やりだなあ。じゃ、シャーロットも前世はオトコで、騎士ってこと?そういうことにしておこう。)

そしてそして、モニカが中途採用で入ってきたら・・・来るわけないって・・・
絶対お友達になって、一緒にお台場の「大江戸温泉物語」に、行っちゃう!
この際、としまえんでもいい。夏だし。オオ、水着だぜモニカ。周りの視線を独り占めね、モニカ。だめだめ、私だけを見て!って、やっぱりちょっとヘン?

「美人」と、下心なく「お近づき」になれるのが、女の特権でもある、と思います。

そして、そんな美人と一緒におでかけしたり、おしゃべりしたり、ランチを食べたりするの。そう、原宿のバンブーがいいかしら。(まだあるよね?)
それから、下着を買いに行く。キャ~~~ッ(^_^.)
「ねえ、これなんかどう?」「ワイヤーってだめなの」なんて、いいながら、ね。


なんだかほとんど妄想の世界に入ってるね。

コーヒーにレミーマルタン入れて飲んだのよ。で、ちびちび飲みながら見てたのよ。ビデオ。

だからというわけではありませんが、ほとんど酔っ払ってます。

美人のお友達募集ちうです。深層心理を自分で言っちゃうと、ただひと言で終わってしまうような気がします。=「あやかりたい。」です。
あ、私、女性なので安心してください。
でも、前世は「中世の騎士」です。
ダイジョーブ、守ってあげるぜ。この剣で!(だから持ってないって、)
そう、「花咲ける騎士道」まっしぐら、さ!←ジェラールフィリップの映画。リメイクもあります。

それでは、このへんで、グッナイ、ベイビー!
(^^)/~~~

コメント (2)

半径500メートルの夏

2006-08-21 10:15:36 | ひとりごと。
暑いですね!今朝からカンカン照り。先日から早朝に目覚めていたのですが、
元に戻りつつあります・・・今朝は、6時でした。キープしていこう。

昨日は、「夏休みの王道」ともいえる一日でした。(・・・それほどじゃないか・・・)

午後、夫や子供たちと近所の市民プールへ行ったのです。
私一人だと大変なのだけど、今日は夫もいたので、「ちょっと見ててね」と頼んで、
結構泳いだりできました。
私、背泳が得意なのです。(中3の時、市の大会で3位になったのです・・・今は昔ではありますが。)
空を見ながらゆっくり泳ぎ・・と言いたいところですが
割と混んでいたので、人にぶつからないように、間を縫うように?泳いでおりました。・・・泳いだうちに入るのか?
混んでいたといっても、私たちのいた水深の浅い25メートルプールは、ほとんどが親子連れ。
そして・・・親子連れ、の親御さんのほうは、日曜ということもあり、8割がたが「おとうさま」。
& こどもが小さい=おとうさまもお若い。
だいたいが、20代後半~30代の、年若きおとうさまがたでした!
濡れた短髪、引き締まった体躯、何度も来てるのか^^;ほどよく日焼けした笑顔がまぶしい!
中には、ええっ!と思うほどのイケメンのおとうさまもいらっしゃる。・・・眼福なり(^^♪
そういうおとうさまが、2歳ぐらいのお嬢ちゃんを浮き輪にのせて、楽しそうに遊んでいる。いいなあ。

・・・ここまで読み返してみて、はたと気づく。
これではまるで、オヤジが若い娘さんをちらちら見てる目線と全く同類ではないですか!
私って、もしかしてオヤジ入ってるってこと?
と、いうよりは、単に年取っちゃった、ってこと?

ま、何でもいいです。高級なホストクラブじゃなくても、(行ったことないけど)
私的には市民プールで十分だわ・・・(^_^.)・・・安上がりな幸福。


そんなことはさておき

プールのあとはいったん家に戻ってシャワー浴びて着替えて、
近所のラーメン屋へ。

私が住んでいる千葉県K市は、ラーメン屋が多いので有名らしい。
言われてみれば、やたらとラーメン屋さんがあるなあとは思うけど、どこも微妙に違う味です。
一時期、食べ歩いたこともあります。

今、家中(といっても私と夫ですが)で気に入っているのが、近所のラーメン屋さんで、
ここはチャーハンやおかず系もおいしい。
子連れにも親切。ヤクルトをくれる。

私は「塩の細めん」夫は「醤油の太めん・大盛り」子供たちは「チャーハン」。
こどもがヤクルトなら、当然、大人は生ビール!ぷは~~~っ!至福なり(#^.^#)

お店のテレビで高校野球をやっていた。
みんな、気もそぞろである。
厨房から、たまに大将が顔だして、「今、どうなってる?」と聞くのだけど、
そのたびに、お店にいるお客さんたちが口々に「同点!」「まだまだ!」
「いい勝負!」「大将、こっち来て見なよ」などと、言う。
大将は「そうもいかねえよ~!」と笑いながら、またひっこむ。


頼んだものぜーんぶ、きれいに平らげて、「おごちそうさま~」とお会計して
急いで帰る。そのあとはテレビに釘付け。

夫と娘たちは、いい感じでお昼寝してしまったので、私だけ一人、見る。
延長、延長、で、結局は皆様ご存知のとおり、再試合。

全員が一生懸命な、力の入った活躍を見て、なんだか元気になる。
何事も、あきらめてはいけない。

みんな、まだお昼寝から起きないので、近所のビデオ屋へ行く。
(なんだか、みんな近所で済ませているなあ・・・)

しばし店内を逍遥し、見たいものを選ぶ。3本借りる。

帰ってくると、みんなおきていた。6時過ぎ。
近所の(やっぱり近所だ、^^;)学校のグランドで、町内盆踊り大会が始まっている。

簡単に夕飯を済ませ、レッツ!ボンダンス。
娘たちは浴衣に着替えて大喜び、でも転ばないように足元は靴である。

PTAのテントが立ち並び、模擬店も数多く出ていて、やきそば、焼き鳥、カキ氷、など、ざわめきの中楽しく食べる。
打ち響く太鼓の音、盆踊りの大きな輪、赤々と連なるいくつものぼんぼり。

ただ、その場にいるだけでも、気分が高揚し、そして「もうすぐ夏が終わる」という寂寥も忍び込む、盆踊りである。

背中や腰も曲がって、足元もおぼつかないようなお年寄りが、ステップも軽やかに踊っているのを見ると、人が「踊る」ということの根源的な喜びを思う。

ディスコみたいなものだ。ああ、ディスコ行きたい。


夜になっても気温は下がらず、汗だくで帰ってきて(結局、終わるまぎわの9時ごろまでいた、)
お風呂入って、お茶漬けなど食べて、今度はビデオを見る。

DVDだけどビデオって言っちゃうよね。DVDっていちいち言いづらいし。

「キングオブへブン」を観る。いい映画でした。同じ歴史モノでも、以前見たアーサー王より、数倍よかったように思う。
夫と、「よかったね-!」などと言い合えるのも、嬉しい。
(これが、フランス映画なんかだったらもう・・・とっくに鼾かいてる夫ではあろう。)
主演のオーランドブルームがハンサム、というのもあったが。というかほとんどそれ。
好きです、美男。

コリンファレル(アーサー王やった俳優さん)は、「フォーンブース」(あれは熱演だった、お見事)のイメージが強く、アーサー王としてはちょっと入り込めなかったのだけど。

「キングオブヘブン」、ちょっと長いけど、まだの方お薦めです。

午前1時すぎに就寝。
すーぴー寝息をたてているこぐまちゃんの隣へもぐりこむ。
ああ、あったかい。こどもってあったかいね。
夫は明日の出張の準備をガタガタやっている。
だから、昼間やっといったらって言ったじゃないの・・・と思いつつ、
気がついたら朝でした。おはよう!


近所で楽しむ、夏休み。
半径500メートル、「ご近所の夏」バンザイ!な一日でした!

ではまた!
(^^)/~~~

コメント

早朝草むしり

2006-08-15 08:52:16 | ひとりごと。

伊豆から帰ってきてから、毎朝早く目が覚めてしまう。
いつも、ふと目覚めると4時半かそれくらい、それから眠れない。
だったら、もう起きてしまえ!と、昨日は庭の草むしりをしました。

庭といっても、うちはマンションの1Fなのですが、猫の額ほどの小さいお庭がついているのです。
そんな小さいスペースでも、この季節ほっとくと草ぼうぼう。
ほったらかしだと、虫がわいたり、防犯上よくないし、ご近所の目もあるし、ということで、
薄手のビニール軍手をはめて、はこびる雑草をせっせことぬきまくりました。

ついでに、庭の横の共用通路の雑草群も、きれいにぬくことにする!
(通路といっても狭い場所だし、どうせならついでに。ここは、いつも娘たちが遊んだりしているので。)


少し前も、せっせとぬいて綺麗にした覚えはあるのに、
・・・夏の草木の生い茂る勢いはすごいものがあります。

思いのほか根がはっていて、案外な力がいる。雑草といえども必死で根を張って生きているんだなと思う。
ぬくたびに、「はい、ごめんなさいよ!」と心の中でつぶやきながら、ひっこぬいていくわけです。


ずっと以前読んだマンガの話。ソフトボール部の女の子が主人公。
才能はあるのだけど、ある時、レギュラーをはずされて、ずっとグランドの草むしりを命じられる。
その子は、不本意ながらも毎日頑張って草むしりをする。
ある日、草むしりをしているその子の足元へ練習中のボールが転がってきて、
それを拾って投げ返す。すると、以前より速さも勢いもあるボールになっている。
・・・毎日の草むしりで指や手首が鍛えられた・・・というシーン。
(草むしりをするたびに、その場面を思い出すのですが・・・そういうことは本当にあるのだろうか?)
そして、最後は、もとのレギュラーにもどって、活躍する、というような話。

・・・どなたかご存知でしょうか・・・・?
  うろ覚えだけど、「ツーダンフルベース」というようなタイトルだったかなぁ・・・


まあ、ここまでじゃないけど、確かに指先や手首はよく使う。「手が働いている」という感触です。


昭和天皇さまが、お庭を散策中、「これはなんという植物か」とお尋ねになった。
「陛下、それは雑草でございます」とおつきの方が答えると、
「雑草という名の草はない。」とおっしゃった、というお話を聞いたことがあります。

確かに、いろんな雑草が生えているけれど、どれもきっと名前があり、
(人間がつけたものだけど、)学術的に分類されていたりするのだろうと思う。

今、ここにある雑草の名前をいくつ知っているか、というと「ねこじゃらし」「どくだみ」「かたばみ」ぐらいで、
よくみかけるけど名前を知らないものがほとんど。

・・・全部、抜き終わったら、植物図鑑:夏の巻で調べてみようと思いつつ、手を動かしました。

終わったあとはすっきり。30分ぐらいで終わるかな、と思って時計をみたら、
あーら1時間も経過していました!

立ち上がって、「うーん!」と腰を伸ばしながら見回すと、庭が、顔を洗ったようにさっぱりしていました。

うかつにも虫除けスプレーをし忘れたので、「ぱちん!ぺちん!」と蚊をたたきつつ、
それでもあちこち蚊に刺されてぽりぽり掻きながら、やった甲斐があったというものです。

地元指定のゴミ袋「大」がぱんぱん。いやーたいした量だ!
こんな小さな庭でさえこうなのだから、ホンモノのお庭のあるおうちは、夏の間の庭の手入れは大変だろうな。
うちのまわりのおうちも、こまめにやっていらっしゃるのだろうな。
いろいろなお花を咲かせているお宅も多いけど・・・・ガーデニングもラクじゃないってことでしょうか。
見えない努力が大事、なわけです。

・・・毎日少しずつやればいいじゃん、ってことですが、
ある時まとめてどーん!と、一気にやってしまう、というのも一つの方法ですからっ!(←自己弁護。)


そして、ビニール軍手していても、どくだみ臭くなっている指先。いやですぅ~~^^;

必死で爪ブラシでこすってなんとか落ちました。
・・・なんだか、この夏はどくだみのはこびり方がすごい。
煎じて、お茶にして飲めないか?と考えてみたけど、やっぱりやめました。


先週の旅行のこと、おとといにこちゃんと行った丸ビルの話しなど、いろいろ書きたいことはあるのですが、まとめて次回書きます。・・・いい思い出ができました!


・・・↑写真は、旅行先:伊豆の河津で咲いてた花。
道端など、そこらへんに、いろいろなお花がさりげなく、でもとても綺麗に咲いているのです。
白い花は、とてもいい香りがしました。
娘たちと、お花摘みをしながら帰ってきて、ガラスのコップに入れたものを撮っておいたのだけど、
ちょっとでもお花があると、食卓もなごみました。その思い出もこめて。



・・・どうせ「はこびる」なら、雑草ではなくて、お花がたくさん咲いてくれればいいのに!


ではまた
(^^)/~~~





コメント (2)

ダイアモンドだね

2006-08-04 11:36:49 | ひとりごと。
このところ、お天気がいいので、ほんとに「夏!」って感じですね。
洗濯もよく乾くし。遠くの公園で、セミが鳴いている。
今年は梅雨が長く、8月に入っても少し涼しく感じたりしたので、
ようやく、暑くて、じめっとしている、もはや亜熱帯の「日本の夏」を感じております。

さて、9月からのスタートに備え、8月は充電期間。「元気」充電月間です。

元気のために、何をするか・・・・まずは、音楽! 

プリ2の(ぷりに・・・ではなくて、プリンセスプリンセス。です。)
ベストオブベストというCDを買ってしまいました!

「DIAMONDS」「M」「世界でいちばん熱い夏」などなど、往年の名曲がずらり!です。
近所迷惑にならない程度に、ボリュームマックスで聞いてます!
そうすると、家事がはかどるのだな!元気がでるのだな!

音楽の力って、すごいものだと思います。特に私は、影響受けやすいタチでもあるので。


昔(ああ、もう昔、と言ってしまえるんだなあ。)のことが、ぱああっ!とよみがえります。

まだ私も20代後半、やはり専門学校に勤めていたのですが、学生が「友達」みたいな感覚でした。
今じゃ、「息子及び娘」なんだけどね。^^;

それで、当時、よく生徒たちともカラオケに行って、歌うといえば・・・この曲、
「DIAMONDS」でした!

~~ダイアモンドだね♪ Ah Ah いくつかの場面~♪
Ah Ah うまく言えないけれど 宝物だよ♪

Ah のところで、生徒がいい感じで「Ah!」とかけあいを入れてくれて、
もう、ノリノリで歌い踊り、安い居酒屋で飲んで食べて、いろんな話しをして、楽しかったな!

ほんとに、うまく言えないけれど 宝物、の思い出です。


この夏、決めたことがあります。

それは、「一日にひとつ、子供を楽しませよう」ということ。どんな小さなことでもいいのです。

子供が、「フフッ」と、ちょっとでも笑ったらそれでOK.
例えばこのまえ、お昼時そうめんを食べている時に、「ねえ、ちょっと見て!」と言って、見てくれた瞬間に「より目」をしました。

もう、それだけで、大笑い、なのです。あと、「目のリレー」って、できる?
まず、めいっぱい右見て、より目にして、今度はめいっぱい左を見て、またより目にする。
そうすると、目の中の、黒目が行ったり来たり、リレーをしているように見えるのです。今度やってみて!かなり、受けます。
(疲れ目の時にも、効果あり、です。目のコリ、がほぐれる感じよ)

あと、お料理をしている時、ピーマンの上だけちょっとカットして、
ぴーまんのコップ、にして、お水を入れてあげました。
おもしろーい!とお水全部飲んじゃった!ピーマンはきらいなのに!

そんな、思いつく程度の、小さなことでも、こどもが笑ってくれると、嬉しいです。


7月までのことで、ちょっと反省したのは、学生のことで精一杯やるのはいいのだけど、精一杯が手一杯になってしまって、
自分の子はどうなのか、という目線が少し足りなかった。

作文の添削が忙しくて、本を読んであげられなかったことがある。
小テストの問題づくりが大変で、折り紙渡して「遊んでて」って言うだけだった。

こぐまちゃん・・・折り紙で何か折っていたんだけど、しわくちゃになってしまって、泣きそうな声で「こぐまちゃん・・何にも折れない・・・」って言っていた。
そして、しわくちゃの折り紙を握ったまま、寝てしまった。

ごめんね、ごめんね、と胸のうちで言っていたのだけど、締め切りが翌日だったので、どうしても仕事優先になってしまった。
ほんとは、いっしょにやりたかったんだよね、こぐまちゃん・・・


そんなことが何回かあって、ちょっと心苦しく、可哀想に思ってました。


だから、この夏は思い切り一緒に遊ぼう、と思った。

この前、ぱいなっぷるぱん、を作りました。あつあつで、美味しかったね。
夕方のお散歩で、今度通う小学校まで歩いてみたね。
昨日は、クッキーを作って、おべんとうばこに、きちょうめんにつめていたこぐまちゃん。それを持って、おばあちゃんのおうちへ行きました。

そして、花火。
水鉄砲。
しゃぼん玉。
プール、公園、たくさん一緒にあそぼう。
いろんなものを見よう。夕焼け、入道雲、海の色、ひまわりの黄色、スイカの赤、ずっとずっと覚えていてね。
風を感じて、砂浜を走って、おにぎり食べて、冷たい麦茶を飲み、セミの抜け殻を集めて、たくさんの星と、お月様を眺めよう。

あなたがたにとって、この毎日がダイアモンドになるように、
できるだけのことはするよ。


ダイアモンドを磨くのに使うのは、ダイアモンドなのだそうです。

私の中のダイアモンドも、キラキラ輝かせたい!まずは、私が楽しむこと。
おかあさんが笑ってると、こどもも、楽しくなるんだよ。

おととい、カラオケに行っちゃった。親子連れ1時間で¥315て安すぎ・・・
今どき、1時間いて315円て、何。それも飲み物つき。涼しいし。

プリプリをメドレーで歌う私

こんどは「Ah~!」の掛け合いは、むすめたちがやってくれる。
というか、「いい?ここのところで、おおきい声で、はああ~っ!って言うのよ!楽しそうにねっ!」と、事前に教え込んだのですが(^^♪

よいこの童謡シリーズをメドレーで歌う娘たち

大きい声で歌うのって、ストレス発散になるし、気分が明るくなって、楽しいです。


さて、明日は熱海の伯母のところへ一泊し、花火大会を見て、その足で河津へ行ってきます。約1週間のお休み。

毎日海に行こう!めいっぱい自然の中で楽しんでくるつもりです。

旦那さんは仕事の都合で、明日から火曜までしか休めないのですが、私と娘たちはそのまま、来週末まで河津へ滞在する予定です。

なんだか、諸般の事情で、河津の家も手放すらしい・・・

え~~~ん かなしいよぉ~~~
 
まだ、どうなるかわからないけれど、一生懸命お掃除して、ちゃんと住んであげよう。
この、河津のおうちのことも、娘たちは覚えていてくれるかな。
まだ、小さいから忘れちゃうかな。にこちゃんは覚えていると思うけど・・・

とにかく、輝く思い出いっぱいの、夏にしたいと思っています。
普通に過ごしている毎日の中にも、宝物はある。一日一日が、思い出になっていくのだな。と、あらためて思ったりしています。

・・・ダイアモンドの夏!・・・・


そんなわけで、来週は留守にしております

みなさまにおかれましても、くれぐれもお体を大切に、お過ごしくださいませ!

それでは

(^^)/~~~


コメント (2)