しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ファインディング・ドリー

2016年07月24日 21時48分51秒 | 作品名(は行)
第405回「素敵な映画の続編は、やはり素敵な映画でした。」
ピクサー映画好きを公言している私ですが、最近のピクサー作品はちょっとクオリティが低下気味にあるなぁ・・・と思っていました。ディズニーに買収されるまでは約年1回くらいのペースでの公開だったのに、ここ数年は年に2~3本は公開されるようになってきていました。もちろん採算を考えれば、本数は多いに越したことはないのですが、そのことで脚本が良く練られておらずに作られる作品があることは嘆かわしいことだと思っていました。今日の作品「ファインディング・ドリー」は前作「ファインディング・ニモ」の続編ということはタイトルを聞けばわかりますが、ディズニー資本の入った名作の続編を心配していました。

カクレクマノミのニモが人間に捕まってしまい、父親のマーリンが偶然に出会ったナンヨウハギのドリーと共に、大冒険を繰り広げニモを探し出してから1年が過ぎた。ある日、ドリーは夢を見た。かつて自分は両親と共に暮らし大きな愛で包まれていたことを想いだしたのだ。忘れん坊のドリーだったが自分はずっと両親を探して旅をしていたことを忘れていたのだ。居ても立っても居られないドリーは1人で両親を探し出すと飛び出していってしまう。全く乗り気でないマーリンだったが、「前に助けてくれたドリーの為に、今度は僕らが協力する番だよ。」というニモの言葉に、3人は再び旅に出るのだった。

個人的にはドリーのようなキャラクターは好きではありません。それは私自身がどちらかと言えばマーリンに近い性格だからだと思います。前作では脇役だった彼女が主人公だと聞いた時に私は「どんな物語になるのか?」と心配になりました。ところがそれは間違いだったと気づかされることになります。ドリーというキャラクターは彼女1人で成り立つキャラクターではなく、その周りにいる多くのキャラクターを巻き込むことで成立していたのです。

今作でもドリーの異質さは変わりありません。「忘れん坊」という可愛らしいキャラクターで包んでいますが、その忘れっぷりはもはや病的だと思います。それでも彼女を支える周りのキャラクター達がお見事でした。タコのハンク、ジンベイザメのディスティニー、もちろんニモとマーリンも忘れてはいけません。彼らの見事な活躍のおかげで物語はとても魅力的に仕上がっています。

そして何より脚本が素晴らしかった。魅力的なキャラクターが見事に活躍する為には、やはり魅力的な脚本は不可欠です。前作の良さを残しながら、新作としての新たな展開、ドタバタ劇、そして見事なエンディングと文句の付けようが無い素晴らしい作品でした。

点数は★★★★★です。どうせ子供向けの作品なんだろうなんて甘く見てはいけません。まったく文句が無いわけではありません。タコのハンクがどうして水族館に行きたいのか?とかもっと深く掘り下げたほうがいいプロットはいくつかありますが、あとで考えればあそこはどうなった?と思う程度のものです。この夏には是非ご覧になって欲しい作品の1つであることは間違いありません。

それにしてもピクサー作品は声優さんを選ぶのが本当にうまいです。某アメコミ映画で吹替えしている某女優がネットでボコボコに叩かれていますが、ピクサー作品を見習って上手な人をきちんと選んで欲しいです。正直、上川隆也さんが声優で出演されているのは知っていましたが、エンドロールを見るまですっかり忘れていて、ハンクの声だとわかって驚いてしまいました。さらにディスティニーを演じた中村アンさんも見事にその役をこなしていて、ビックリしました。素人声優が出す異質なものを感じる人が1人もいないのは素晴らしいです。そんなところも魅力の1つかも知れません。

ファインディング・ドリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« インデペンデンス・デイ:リ... | トップ | シン・ゴジラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(は行)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

ファインディング・ドリー(日本語吹替版)  監督/アンドリュー・スタントン (西京極 紫の館)
【声の出演】  室井 滋 (ドリー)  木梨 憲武(マーリン)  上川 隆也(ハンク)  中村 アン(ディスティニー) 【ストーリー】 カクレクマノミのニモの大親友であるナンヨウハ...
ファインディング・ドリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『ファインディング・ドリー』(吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判がいいので映画館に出かけてみました。夏休みに入ったこともあり、映画館はちびっこたちでごった......
今度はドリーが探します (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「ファインディング・ドリー」を鑑賞しました。 あの冒険から1年 3匹は平穏な日々を過ごしていたが、ある日 ドリーは忘れていた両親との思い出を夢に見る ......
ファインディング・ドリー (銀幕大帝α)
FINDING DORY 2016年 アメリカ 96分 ファミリー/アドベンチャー/ファンタジー 劇場公開(2016/07/16) 監督: アンドリュー・スタントン 『ジョン・カーター』 製作総指揮: ジョ......
ファインディング・ドリー (2016) (のほほん便り)
個性派、というより、むしろ、愛すべき困ったちゃんな、忘れん坊・ドリーに、まさかヒロインの矢が立つ日がこようとは!忘れん坊さん、というより、ここまでくると、かぎりなく記......