しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

このブログについて

2005年04月19日 17時11分38秒 | このブログについて
「しんちゃんの徒然なる映画日記」にお越し頂き、ありがとうございます。

このブログを開設してからずいぶんと時間が経過するのですが、自己紹介のようなページを作っていなかったのに気が付いて、改めてこのページを作成するに至りました。
インターネットというものが世界的に普及をし始め、個人が自分の意見を発信できるようになると、あらゆるところであらゆる分野の多くの意見を目にするようになりました。

特に私が目にするようになったのは趣味でもある「映画」に関する多くの意見です。それまでだったら、映画雑誌やテレビなどでしか目にすることのなかった映画に対する批評がネット上で数多く展開されていました。それらを見る度に私は思っていました。

映画に対する作品の良し悪しをあまりにも簡単に表現し過ぎると・・・

もちろん、世の中には面白い映画もあれば、つまらない映画もあります。それは個人が判断すればいいことです。ですが、YAHOOの映画ページなどを見ていると、あまりにも簡単に「つまらない」「クソ映画」「最高」「面白い」などの言葉を使って評価している人が多すぎる。どの部分がどうだから「つまらない」。どの部分がどうだから「面白い」ときちんと伝えたい。そんな風に思って、このブログを開設しました。

と、偉そうに書きましたが、私は映画のプロではありません。どこにでもいるごく普通の人間です。ただ映画を観ることが他の人よりちょっと好きだというだけです。

ですので、このブログでは言葉足らずな部分も多くあるでしょう。表現がうまくできない所があるかも知れません。ごく普通の人間が、ごく普通の感覚で、書いていきます。

これから劇場に足を運ぼうと思っている人の背中を少しだけ押すことができるようなブログになればと思っています。

点数に関して、ここでは5つ星で採点しています。
★★★★★・・・最高点、DVD購入対象
★★★★☆・・・面白い、劇場で観ても損なし
★★★☆☆・・・まあまあ、無理して劇場で観なくても
★★☆☆☆・・・残念、地上波まで待っていれば
★☆☆☆☆・・・最低点、観る価値無し

作成日:2011年8月31日
管理者:しんちゃん
コメント