しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

■15時17分、パリ行き

2018年03月21日 14時49分49秒 | 作品名(さ行)
第448回「決してマネはしないでください。」
正直、公開1週間前までノーマークでした。さらにその映画の存在を知ったあともそれほど観たいと思える作品ではありませんでした。そんな私の気持ちを一転させたのは、とある予告編でした。おっと、先に作品名を言わないと・・・今回の作品は「15時17分、パリ行き」です。名優クリント・イーストウッドが監督を務め、「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」に続く、実話物である。監督だけで興味をそそられる人もいるだろうが、私が一番興味を持ったのはキャストだった。とあるテロ事件を基に作られているのだが、登場する3人の主人公を実際に事件に遭遇した3人がそのまま本人役で登場するというのだ。もちろん彼らは役者ではない。前作の「ハドソン川の奇跡」でも事故の当事者を出来るだけ呼んで、当時の状況を忠実に再現しようとしたという話は聞いたが、事件の当事者がそのまま本人役で映画に出演するなんて、聞いたことがない。まさに前代未聞の挑戦だ。俄然、興味が湧いてきた。

2015年8月21日、アムステルダムを出発しパリへと向かう高速鉄道タリス内で事件は起こった。自動小銃を持ったイスラム過激派の男が列車内で発砲し、乗客にケガを負わせた。その列車に偶然乗り合わせたアメリカ人旅行者のスペンサー、アンソニー、アレクの3人は臆することなく犯人に立ち向かい、大量虐殺テロを未然に防ぐことに成功した。

上記のあらすじを見てもわかるように、すでに事件は解決し、映画を観なくても、結末がどうなるのかはわかってしまう。(私はあえて調べなかったが)前作「ハドソン川の奇跡」でも言ったが、すべての結末がわかっている状態で観客を席に留めさせるのは、とても難しいと思う。その辺りの演出は「さすが、クリント・イーストウッド監督!」と思わせてくれるくらい見事でした。上映時間も94分と短く、事件そのものはあっという間に解決する。それでも時間軸を見事に使い、観客を飽きさせない作りになっていました。

さらに主演した3人について、実際にアメリカの国内の反応はわからないが、日本人である私が見る限りでは彼らの演技に違和感は覚えなかった。とても自然に演じていた。それにしても事件の当事者を、再び事件を思い出させることすら嫌がる人がいる中で、出演させてしまうとは、演じた彼らが凄いのか?出演させた製作陣が凄いのか?

作品の点数としては、★★★★☆です。観る人に間違えないでほしいのは、この作品は「テロに遭遇したら、みんなで犯人に立ち向かいましょう。」という映画ではないということ。映画を観ればわかるが、彼らはとても運が良かっただけだ。もちろん何もしなければ、もっと大勢が殺されていただろう。たまたまアレクとスベンサーはアメリカ軍人であり、格闘技の訓練を受けており、銃器の扱いにも精通していたというバックボーンがあったから、とっさの出来事にも立ち向かうという判断が下せたのだと思う。日本で同じようなテロ事件が起こることは限りなく少ないと思うが、犯人に立ち向かおうとは思わないほうが賢明だと思う。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント

■ブラックパンサー

2018年03月11日 23時37分13秒 | 作品名(は行)
第447回「新たに現れた黒きヒーローの圧倒的な姿に」
ずっと楽しみにしていた。彼の存在はずいぶんと前から別作品で語られ、いくつもの伏線が張られている。あとはタイミングだけだった。そのタイミングは見事過ぎるくらいにやってきた。先に公開されたアメリカ本国での大ヒットぶりを聞けば聞くほど楽しみになった。今回の作品はもちろん「ブラックパンサー」です。

アフリカ中央部に位置する途上国「ワカンダ」。表向きは農業を中心にした小国だと思われている。しかし、その実態は大きく異なる。はるか昔、その地に落ちた隕石に含有していた未知の金属「ヴィブラニウム」。その金属には驚くべき能力が隠されていた。その力を得た先住民はその力が悪の手に渡れば、世界を滅ぼす危険があるとし、その存在を隠してきた。歴代のワカンダ王はその秘密を守ると同時にヴィブラニウムの研究を続け、その恩恵によってワカンダは最新テクノロジーを誇る豊かな国になっていた。
他国との交流を避けてきたワカンダだったが、先王であったティ・チャカ王は混迷する世界を救おうと国連会議への参加を決意する。しかし、アベンジャーズの分裂を画策していた事件に巻き込まれ死亡してしまう。その息子ティ・チャラは先王の遺志を継ぎ、即位の儀式の為に帰国した。無事に儀式を行いブラックパンサーを継いだティ・チャラだったが、事件は起こった。かつて、ワカンダに忍び込みヴィブラニウムを盗み出したことがある武器商人ユリシーズ・クロウがイギリスの美術館に展示されていたヴィブラニウムの含まれた展示品を盗み出したのだ。しかもそれを手引きした男がワカンダ出身である可能性があった。ティ・チャラはその行方を追いかけて韓国へと旅立つのだった。

とにかく良く出来た作品でした。今まで最初のエピソードを描くのはとても難しいと話をしてきましたが、スパイダーマンの登場もそうであったように、初登場が「シビル・ウォー」である程度の説明を省いて描く事が出来たのは、とても有利だったと思います。

さらにこの作品を盛り上げたのはキャストと音楽でした。キャストについては徹底して黒人俳優を使い、世界観を統一したこと。ワカンダという未知の国を見事に描くことが出来ていました。音楽もこんなに鑑賞中に音楽がカッコいいと思った作品はとても珍しいと思いました。この世界観の徹底を許したマーベルも褒めるべきでしょう。

点数としては満点に限りなく近い★★★★☆です。とてもいい作品だったのですが、個人的にマイナスだった点は悪役についてです。これも以前から言っていますが、魅力的な悪役の存在はその作品を1段も2段も上げてくれるのです。いい例は「マイティー・ソー」でいうところのロキの存在です。今作の悪役であるエリック・キルモンガーはロキになれる可能性を秘めたキャラクターでした。ところが登場も唐突だったし、悪役に徹しきれていない感じを受けました。もっと残酷でもっと嫌われ役に徹するのか、もしくは次作以降を見据え、ティ・チャラの右腕とするのか、どちらかに振り切ってしまったほうが良かったと思います。個人的には悪役に振り切っていたユリシーズ・クロウのほうが魅力的に映り、いい人になりたいのか?ワカンダを滅ぼしたいのか?中途半端な印象をエリックからは受けました。それでも映画自体はとても面白く仕上がっていました。

4月27日には「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」の公開が控え、その後もマーベルは続々と作品の公開が予定されています。ファンとしてはまだまだ楽しめそうで嬉しい限りです。
コメント