しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

■ジオストーム

2018年02月25日 22時42分43秒 | 作品名(さ行)
第446回「ディザスタームービーじゃないのかよ!」(注意:ネタバレあり)
俗にいう「パニック映画」と呼ばれるジャンルの映画「ディザスタームービー」が大好きだ。と何度もこのブログで語ってきた。しかし、最近はめっきり数が減ってしまい、面白い作品に巡り合えていない。個人的にはゾンビ映画もディザスタームービーに近いとは思っているが・・・今回の作品「ジオストーム」は予告編を観た段階で斬新な設定で新たなディザスタームービーの世界を切り拓いてくれる作品だと思っていました。そう思っていたのです・・・

2020年代に入り地球は温暖化がさらに進み、世界各地で異常気象が続発する状況になっていた。事態を重くみた世界各国はあらゆる専門家を集め、天候を自由に操ることができるシステムを開発した。それは「ダッチボーイ」と名付けられ地球全体を鎖状に覆いつくす衛星によって気候を監視し、もし大きな災害をもたらす恐れがある場合は、中央で管理している国際気候宇宙ステーションから指示が出され、事前に異常気象を消し去ってしまうというものだった。運用は成功し地球上から異常気象は消え去ったはずだった。それから3年が経過し、衛星の所有権がアメリカから国際機関へと移管されようとするタイミングで問題は起こった。衛星が暴走を始め、アフガニスタンで異常気象が作られ、多くの人が命を落とす事故が起こる。アメリカ政府は問題を迅速に解決する為にある人物に白羽の矢を立てた。システムの開発者であるジェイク・ローソンである。彼はかつての素行不良が原因でメンバーから外され、現在は弟のマックスが責任者を勤めているが、技術者としての知識を買われ国際気候宇宙ステーションへと向かうのだった。ところが事態はさらに悪化していく。香港、ブラジル、日本など世界中で異常気象がダッチボーイによって発生し、それらの連鎖によって起こる最大規模の気象現象「ジオストーム」が起きようとしていた。

という訳で、予告編を観てすっかりディザスタームービーだと思っていたのです。完璧なはずの気象システムが何らかの問題により暴走。それを止めようと奮闘する技術者たちという図式を勝手に頭の中で作り上げていたのです。ところがなんとこの作品、ただの良くある「ハリウッド式のアクション映画」なのでした。(それが悪いというわけではない)

勝手に想像した私が悪いのかも知れませんが、予告編を観る限りでは衛星に人の姿は映っておらず、登場するキャラクターの姿も描かれません。描かれたのは世界中で起こる異常気象の状況のみ。ディザスタームービーだと勘違いしてもおかしくありませんよね?

物語が進むにつれ、物語は気象システムを悪用したアメリカ大統領暗殺計画へとお話が変わっていってしまうのです。しかもその黒幕や手口、さらにはカーチェイス、カウントダウンなどのプロットなどなど、それらすべてがどこかで見たことあるプロットで、新鮮さはありません。もちろんアクション映画として成立していれば、それなりに面白かったのでしょうが、展開が読めてしまい、犯人の目的もよくある目的となれば、おのずと評価も下がろうというものです。

点数としては★★☆☆☆です。世界中を巻き込んだ事件を起こしながら、結局は私利私欲のためだったというオチは、よくあり過ぎて新鮮味は全くありませんでした。せっかく気象を自由に操るという魅力的なシステムを作り出しながら、ただのアクション映画にしてしまったのは残念でなりません。1番ダメだと思ったのは使い古された「カウントダウン1秒前ストップ」などという現実味のないプロットを恥ずかしげもなく使った点です。あれだけの気候変動が起こってしまったら、もう止めようがないのが現実でしょう。「どうせ止まるんでしょう。」「最後にはみんな生き残るんでしょう。」という見方しか出来なくなってしまっていました。

さて2月は観たい映画がなく、ブログも以前に観た映画を小出しにしている状況でしたが、3月1日には「ブラックパンサー」「15時17分、パリ行き」「シェイプ・オブ・ウォーター」など観たい映画が目白押しなので、今から楽しみです。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント   この記事についてブログを書く
« ■キングスマン:ゴールデンサ... | トップ | ■ブラックパンサー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(さ行)」カテゴリの最新記事