しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

X-MEN:アポカリプス

2016年08月15日 23時00分58秒 | 作品名(あ行)
第407回「完結編として見事な幕引きだったと思います。」
前作「フューチャー&パスト」の評価があまり高いものではなかった私はあまり期待はしていませんでした。「X-MEN」シリーズの完結編ともいうべき作品「X-MEN:アポカリプス」を公開日に鑑賞してきました。ずっと言っていますが、アメコミ映画好きが始まったのは2000年に始まったこのシリーズがきっかけだったので、そのシリーズの集大成ともいうべき作品は見逃すわけにはいきません。ただ心配だったのは、旧シリーズへとどう繋げていくのか?ということでした。(これは後述しますが、私が誤解していました。)

紀元前3600年の古代エジプト。そこでは1人のミュータントが神と崇められ絶大な力を誇っていた。アポカリプス(黙示録)と呼ばれた彼は、自らの身体が年老いると別のミュータントへと精神を移すことで、長い年月を生き永らえていた。その時も転生の儀式を行っている最中だった。彼の存在を邪魔に思った人間達が彼を暗殺しようと儀式の最中を狙って攻撃を仕掛けてきた。アポカリプスの側近である四騎士の力によって命は守られるが、崩れ落ちたピラミッドの中へ封印されてしまうのだった。
時は流れ1983年、エジプトではアポカリプスを崇拝する集団によって、彼の埋まっているピラミッドが発掘され、復活の儀式が行われようとしていた。数千年ぶりに目を覚ましたアポカリプス。彼はその強大なテレパス能力で地球の様子を伺う。数千年ぶりに見た地球は彼の望む世界とは程遠いものだった。彼は決意する新たな秩序を世界にもたらすことを。彼は新たな四騎士を集め始める。その1人となったのはマグニートこと、エリック・レーンシャーだった。
時を同じくしてプロフェッサーXが運営する学園では、アポカリプスの復活を察知した人物がいた。プロフェッサーXを凌ぐテレパシー能力を持ちながら、その優しい性格のために実力を発揮できずにいたジーン・グレイだった。彼女はアポカリプスの手によって滅びゆく世界を目撃する。世界の危機を察知したプロフェッサーX率いるX-MENは未熟な若者ばかりだった。果たして世界の危機を救うことは出来るのか?

多くの人が誤解し、私自身もすっかり忘れてしまっていたことがあります。それはこの作品は旧3部作へと続く作品では無いということです。2000年公開の「X-MEN」へとどうやって繋げていくのかばかりに気を取られていた私はあることを思い出したのです。それは前作「フューチャー&パスト」で旧3部作へと続くはずだった時間軸を大きく変えたということでした。その後に展開されるであろう物語は、すでに作品となっている物語とは別の時間軸へと移行していたということでした。それを前提としてこの作品を観れば、色んなことが納得できます。ストームが四騎士の1人として現れることも、ナイトクローラーの登場時期が早いことも、ジーンが学園に来る時期が早いことも。個人的に評価出来るのは全部を無かったことにするのではなく、歴史が変わったことでストーリーへの関わり方を変えただけで、名前など主だった設定はそのまま使ったことです。

そしてこのシリーズが始まってからの一番の問題点は、「ミスティークの扱い方問題」です。個人的にはミスティークは好きなキャラクターなのですが、あくまで魅力的な悪役という位置づけで新3部作での扱い方には疑問が残ります。それはミスティークを演じている女優さんがジェニファー・ローレンスだということが一番のネックになっているのです。彼女はこのシリーズに出演するようになってから、アカデミー賞主演女優賞を受賞したりと女優として開花しました。おそらく彼女側からシリーズ出演を続けるにあたり、多少の交渉はあったのでしょうが、ほとんど彼女中心でお話が進んでしまっています。その扱いはプロフェッサーXを凌ぐほどになってしまいました。なんせ彼女がミスティークとして本来の青い姿を見せるシーンが限りなく少ないのですから。

ただそれでもX-MENとしての魅力が失われたわけではありません。多くのキャラクターが登場し、力を合わせて敵を倒すという図式は今作でも健在です。前作よりもパワーアップしたといってもいいかもしれません。旧3部作ではメインキャラだったストーム、サイクロップス、ジーンなどは若手俳優さんへと変更されましたが、未熟なキャラクターが成長していく姿は見ていて清々しくもありました。旧3部作はジーンの死という悲しい結末でしたが、今作はこの先の未来が明るいものだと思える脚本でした。

点数は★★★★★です。メインシリーズはこれで終わりかもしれませんが、ウルヴァリンの最終作も、デッドプールの続編も、ガンビットの新作も控えているのでX-MENの世界観はまだまだ続いていくことでしょう。願わくば今作の若手で新シリーズなんてのも観てみたいと思いました。今作でもエンドロール後のお楽しみがあります。それを見る限りではまだまだ期待してもいいのかも・・・

X-MEN:アポカリプス 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
ジェームズ・マカヴォイ,マイケル・ファスベンダー,ジェニファー・ローレンス,オスカー・アイザック
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (3)

シン・ゴジラ

2016年08月07日 23時23分19秒 | 作品名(さ行)
第406回「庵野の庵野による庵野のための映画(敬称略)」
怪獣映画は嫌いじゃないが、日本で作られる作品はどうしても子供向けというか、あくまで子供が鑑賞して楽しめる作品を作ろうとしているためか、お話がご都合主義になり、あまり面白かった印象がないので、今まで率先して観てきませんでした。今回の作品「シン・ゴジラ」も昔からある人気シリーズ「ゴジラ」の久しぶりの復活作ではあるものの、さほど期待していませんでした。しかし「エヴァンゲリオン」の庵野秀明氏が総監督・脚本を勤めると聞いて、彼がゴジラをどんな作品に作り上げるのか純粋に興味がありました。彼らしい作品となるのか?それともあくまで子供向けの怪獣映画となるのか?

ある日、突如として東京湾羽田沖で水蒸気爆発が起き、それに起因し東京湾アクアトンネルでの崩落事故が起こる。首相官邸では緊急対策本部が設置され対応へと動き出す。誰もがただの自然災害等だと思っていた。しかし、内閣官房副長官である矢口蘭堂は巨大生物によるものだと進言するが、一笑にふされてしまう。ところが程なくして多摩川河口から巨大生物が遡上し始め、街を破壊していく。さらにはまるで成長するかのようにその形態を変えていくのだった。政府は自衛隊の投入を決断し、巨大生物を捕獲・駆除・排除などのあらゆる方向性を検討する。ところが巨大生物は突如、進行を停止し東京湾へと戻って行った。100人以上の死者・行方不明者を出した襲撃後、次なる襲来に備え矢口を事務局長とした「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。そして再び相模湾へと姿を現した巨大生物は前回よりも2倍以上の大きさへと成長していた。

もはやこの作品は子供向けの怪獣映画とは程遠い作品となっていました。いい意味でも悪い意味でも庵野色を前面に「これでもか!」を押し出した作品です。冒頭から怒涛のように流れ出すテロップの嵐、役職付のキャラクター名、それはまるで「エヴァンゲリオン」を見ているかのようでした。私は始まって数分で正確にテロップを追うことを諦めます。大まかな場所となんとなくの役職と名前を数人覚えれば、あとはそれほど意味は無いのですから。さらにはどこかで聞いたことのある音楽。すっかり庵野秀明氏の世界観へと観客を引きずり込んで行きました。

そして私は確信します。それはゴジラと名付けられたあの怪獣が人類に対して攻撃を開始した瞬間に、「まるでナウシカの巨神兵じゃないか。」さらにはその破壊力、その後の展開などを観ていて「ああ、これはゴジラではなく、使途と呼ぶべきなのでは?」とさえ思ってしまったのです。つまりこのお話はエヴァンゲリオンの前日譚なのではないかと。その証拠に最後のシーンではとあるものがスクリーンに映し出されるのです。

ネット上でも記事になっていたのですが、この映画は怪獣映画ではなく政治映画だという記事でした。その意味はすぐわかります。物語は終始、政治家達がゴジラに対処する方法を解りにくい言葉で語り続けます。役者さんがかわいそうになるくらいに・・・なので夏休みに家族でゴジラを観ようと思って劇場に足を運ぶと、お子さんたちはアッと言う間に寝てしまうか、飽きてしまうことでしょう。

点数は★★★★★です。この映画は賛否が大きく別れる作品だと思います。怪獣映画だと思って観に行った人は後悔するだろうし、庵野作品が好きな人達は大満足することでしょう。私は個人的には後者なのでこの点数になりました。気楽に怪獣映画を観たい人には全くお薦め出来ない作品です。ご家族でなんて行かないでください。

それにしても庵野監督は危険な賭けが好きな人ですね。日本に根強くある人気作品の総監督を引き受けて、もし駄作だなんて評判が付けば、全部の責任を取らされるところだったのですから。映画会社としてはヒットすれば良し、もしコケたとしても全部を彼に押し付ければ良しというくらいの気持ちでしょうから。そんな思惑を含んだ作品すらも自らの世界観の中で完成させてしまう庵野秀明という人物は凄いなというのが私のこの「シン・ゴジラ」の感想です。

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組
長谷川博己,竹野内豊,石原さとみ
東宝


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (5)