しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

るろうに剣心 伝説の最期編

2014年09月28日 23時29分47秒 | 作品名(ら行)
第360回「前編よりも盛り上がらない後編って・・・」
前編である「京都大火編」をかなり評価していたので、結構楽しみにしていました。他に観たい作品もあったのですが、まずはと選んだのは前作の出来の良さからだと思います。批判的な見方をしている2部作ものですが、珍しく期待しながら劇場へと向かったのでした。ところが・・・今回の作品は「るろうに剣心 伝説の最期編」です。

明治政府転覆を画策し、闇で暗躍する志々雄真実を食い止める為に京都へと向かった緋村剣心達。志々雄が計画した京都大火を阻止したかに思えたが、真の目的は軍艦を使っての江戸急襲だった。志々雄にさらわれた薫を追って軍艦に乗り込んだ剣心だったが、薫と共に海へと投げ出されてしまった。海岸へと流れ着いた剣心は、かつて飛天御剣流の師匠である比古清十郎によって救われる。今の実力では志々雄を倒すことは出来ないと悟った剣心は15年前に途中で投げ出した飛天御剣流の奥義を授けて欲しいと頭を下げた。剣心の思いを聞き入れた比古清十郎は剣心に奥義を伝授するための特訓を開始する。時を同じくして志々雄真実は浦賀沖に軍艦を停泊し、緋村剣心を見つけ出し処刑しろと政府に詰め寄る。指名手配された剣心。志々雄真実の計画は着々と進行していく。

タイトルにも書いたように、初めてきちんと鑑賞した「るろうに剣心 京都大火編」が衝撃的過ぎたのか?この後編に関してはあまりにもお話がテンポ良く進み過ぎてしまって、時間内に収めようとするあまり、中身の薄い後編になってしまったように思います。奥義の習得もアッサリと終わってしまうし、四乃森蒼紫との対決も取って付けたような感じになってしまったし、せっかく魅力的なキャラクターが沢山いたのにまったく生かされていない。特に宇水なんて、牙突一撃とは・・・十本刀の半分以上がまったく活躍しないなんてガッカリでした。

やはりこのお話を2本(約4時間)に収めようとするのがやはり無理があったのだろうと思います。伊勢谷さんの演じた蒼紫はとても魅力的なキャラクターなのだから、蒼紫中心で1本作った後に志々雄真実編が2本というのなら、もっと物語を濃密でドラマティックに描けたのではないでしょうか?最後の戦いの場に現れた蒼紫の行動がまったく納得できずに観ていました。さらには前作でベタ褒めした瀬田宗次郎についてもビックリするくらいにアッサリと決着してしまってガッカリでした。前作と今作との剣心の強さの違いがセリフでは説明されるのですが、アクションとしてうまく表現されていなかったように思います。

酷評をつらつらと書き綴りましたが、良かったところが無かったわけではありません。前作同様に志々雄真実役の藤原竜也さんの演技は見事でしたし、巻町操役の土屋太凰さんは今後が楽しみな女優さんだと期待させてくれる見事な演技でした。

点数としては★★★☆☆です。良いところも多かっただけに、脚本をもっと良く練って魅力的なキャラクターをもっと活かせていたら、点数がもっと高かったのだと思います。それでも日本のアクション映画がここまで出来るのだということを示すのには成功していたと思います。

るろうに剣心 伝説の最期編 通常版 [Blu-ray]
佐藤 健
アミューズソフトエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (5)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

2014年09月17日 23時24分59秒 | 作品名(か行)
第359回「人間は1人しか出ていないのに、なぜだろうか?」
アメコミ映画好きを公言して憚らない私だが、今回の作品「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は映画化の話が出るまで全く注目していませんでした。同じマーベルの「アイアンマン」「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ」とは流れの違うお話。(世界観は同じですが)しかも、地球人は主人公1人だけ。そんな物語に感情移入できるのか?と心配していました。それでもマーベル作品は観ておくべきと劇場へと向かいました。

幼い頃に異星人に誘拐された地球人のピーター・クイルは、生き残るためにトレジャー・ハンターとなり銀河を駆け回る日々を送っていた。その日もいつものようにお宝を狙ってとある場所へとたどり着いた。「オーブ」と呼ばれるその銀色の珠はどんなものなのかはわからないが高値で取引されているという。なんなく手に入れたピーターだったが、同じくオーブを狙う悪の組織に追われる羽目に。実はオーブの中には銀河を消滅させるほどの力を持つ石が封じ込められており、悪の組織はそれを狙っていたのだ。逃げ延びたピーターは手に入れたオーブを換金する為に惑星ザンダーのブローカーを訪れるが、彼を待っていたのは悪の組織の一員・暗殺者ガモーラ、賞金稼ぎの荒くれ者アライグマ・ロケット、相棒の樹木型ヒューマノイド・グルートだった。彼らに追いかけられ騒ぎを起こしたとして銀河刑務所へ送られてしまうピーター。さらに刑務所では悪の組織に恨みを持つ巨漢の囚人ドラックスに目を付けられる。目的は異なる5人だったが、脱獄という目的が一致したことで手を組むことにした。ところがピーターの持つオーブを狙いさらに刺客が送り込まれる。そして訪れる銀河の危機、その危機は5人の即席の荒くれ者集団に託されることになる。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」=銀河の守護者の言葉が1番似つかわしくない彼らに。

あらすじが長くなってしまいました。まだまだ説明足らずな部分があるのですが、さらに書くともっと長くなってしまいそうなので、かなり割愛しました。物語の中心となる5人のキャラクターも本当はもっとドラマティックで深い設定があるのですが、割愛してあります。この作品のように最初のエピソードを描くのはとても難しく、失敗した作品が多くありますが、この作品はその辺りを上手にまとめたなという印象を受けました。セリフの端々にキャラクターの生い立ちを含ませたり、決して説明的にならず綺麗に織り込んでいます。それが次回作以降への伏線にもなっています。

さらには感情移入しにくいのでは?と心配していた異星人ばかりの設定だったのですが、気が付いた時にはその世界観にすっかり魅了されていました。予告編ではアライグマ型のロケットばかりが注目されていますが、それ以外のキャラクター達もとっても魅力的に描かれています。今作では描き切れなかった各キャラクターのバックボーンなどがチラチラと語られるので、その辺りも想像しながら観るとさらに楽しめると思います。

点数は★★★★☆です。脚本も良く練り込まれていて、テンポ良く進んで行くので時間があっという間に過ぎていきます。マイナス点はアメコミ映画で重要な悪役の存在です。確かに強大な力を持っているのはわかるのですが、その力が抽象的過ぎて、どう恐ろしいのかがうまく描けていなかったような気がします。結末もちょっとアッサリしていましたので、マイナス1としました。それでも後で冷静に考えれば・・・というレベルの問題なので楽しめる作品だと思います。

どうやらすでに次回作も決まっているようなので、さらにこの世界観の広がりを期待して待ちたいと思います。

残念ながら「アベンジャーズ2」の予告などは無かったのですが、ベニチオ・デル・トロ演じるコレクターが登場しています。「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」のエンディングでコズミック・キューブを預かった彼ですね。おそらく今作が「アベンジャーズ2」への多少の伏線を含んでいることでしょう。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリス・プラット,ゾーイ・サルダナ,デイヴ・バウティスタ,ヴィン・ディーゼル,ブラッドリー・クーパー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (7)

フライト・ゲーム

2014年09月13日 18時57分39秒 | 作品名(は行)
第358回「空飛ぶ密室で繰り広げられる緊迫の出来事」
日曜日には更新するはずだったのですが、体調を崩してしまい今頃の更新になってしまいました。文章を組み立てるという作業は思ったよりも体力を必要とするみたいです。
さて、ここからが本題です。

個人的に密室劇が好きだ。逃げ出すことの出来ない状態に追い込まれ、限られた時間と空間の中で主人公が右往左往・四苦八苦・八面六臂の活躍をみせる姿にワクワクしてしまう。「ダイ・ハード」の高層ビル、「カナディアン・エクスプレス」の鉄道、「スピード」のバス、珍しいところで言えばエレベーターなども密室としては魅力的だ。今夜の作品「フライト・ゲーム」の飛行機も密室としてはうってつけだ。どこかで観たことあるような設定だなぁ・・・と思いつつも劇場へと足を運びました。

旅客機に乗客を装い乗り込み、犯罪などの事件を防ぐ役目を担う航空保安官のビル・マークスは、かつてはニューヨーク市警で警察官として勤務していたが、ある出来事をキッカケに心に傷をおい、現在の仕事に就いた。その日もいつもと変わらぬフライトになるはずだった、とあるメールが届くまでは。メールの相手は突然1億5千万ドルを指定の口座へ振り込むように要求してきた。要求が飲まれなければ20分ごとに乗客を1人殺すという。半信半疑のままビルは機長を含む乗務員に警戒することを通達し乗客名簿を調べるように依頼した。ただのイタズラであることを祈っていた。しかし、長年の経験からイタズラの可能性は低いと考えたビルは犯人とメールのやり取りをしながら、乗客の中でメールをしている人間を監視カメラで調べ始めた。すると同じ航空保安官である同僚がメールをしながら突如トイレへと入っていった。追いかけてトイレへ駆け込むと彼は「分け前をやる」という、やはり犯人だったのかと問い詰めると銃を突きつけられる。トイレ内で格闘となり同僚を殺してしまったビル。するとメールが・・・「やっちまったな。」犯人は別の誰かだったのだ。と同時に20分の経過を知らせるアラームが鳴り響く。果たして犯人は?146人の乗客の命は?

とりあえずホッとしたのは、きちんと犯人が存在し、その動機も計画もきちんとしたものだったこと。「すべてを疑え!」とか「乗客全員容疑者」とか「あなたは必ず騙される」なんて大袈裟なキャッチコピーを付けられた作品は、その決着の付け方が反則ギリギリなものを選ぶことがたまにある。期待して観に行った挙句に「なんだよ。それ!」とスクリーンに向かって文句を言いたくなる作品も少なくありません。この「フライト・ゲーム」という作品は起承転結がきちんとしていて、派手さは無かったのですが、アクション・サスペンス映画の大事なところをきちんと押さえて、最後まで飽きる事無く観ることができます。

キャストも主役のビルに最近はすっかりアクション映画への出演が定着しつつあるリーアム・ニーソン。彼の隣の席に居合わせ、彼の捜査に協力することになる乗客にジュリアン・ムーアと実力派の俳優さんを揃える。さらに良かったのは脇役には無名な人ばかりを揃えたこと。犯人かも?と観客に疑いの目を向けさせるために用意したキャストが数名いるのですが、彼らがその脚本次第でいい人にも悪役にもなれそうなキャストを用意したのは良かったと思います。(必ず犯人はその中にいますから。)

点数は★★★★☆です。残念だったのは予想外の展開みたいなのが無かったところと、犯人が決めた20分に1人殺すというルールが気が付くとなし崩し的になってしまったのは残念でした。それでも展開に無理は無かったし、最後まで飽きる事無く観ることが出来ます。アクション・サスペンス映画としての一定のクオリティは保たれていたと思います。何を観ようか迷った時にはおススメします。気軽に観るには最適な1本だと思います。

フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [Blu-ray]
リーアム・ニーソン,ジュリアン・ムーア,ミシェル・ドッカリー,ルピタ・ニョンゴ
Happinet(SB)(D)


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (8)

LUCY/ルーシー

2014年09月02日 00時13分17秒 | 作品名(ら行)
第357回「リュック・ベッソンらしさ満載の映画でした。」
私が好きな映画ベスト3に入る「レオン」。その作品を監督したリュック・ベッソン。彼は監督・プロデューサーとして多くの映画を手掛けているが、どれもある一定以上のクオリティーを保ち、とても楽しめる作品を次々と作り上げる一流の監督であると思っています。その彼が新作を作ったと聞けば、観たくなるのは当たり前ですよね。しかも、予告編を観るととても彼らしい作品だったので、私はとても楽しみでした。今回の作品は「LUCY/ルーシー」です。

人間の頭脳は通常10%程度しか使われていない。もしも、その使用領域を大きく広げることが出来るとしたら人間はどうなってしまうのか?・・・とある研究者が立てた仮説がとある場所で現実のものになろうとしていた。
台北でごく普通に暮らしていたルーシーはある日、ディスコで出会ったチャラい男に連れられて、とあるホテルの前にいた。彼は運び屋をしていて、このホテルに泊まるある男に荷物を届けて欲しいというのだ。渋々とフロントへと向かうと降りてきたのは怪しい男達だった。ルーシーは危険を察知したが遅かった。殴られて気絶した彼女が目を覚ました時には彼女の腹には手術跡があり、ある薬品が腹の中に詰められていた。ルーシーはその薬品を海外へ運ぶように命じられるのだった。なんとか逃げ出そうとするが男に腹を蹴られ倒れ込む。すると腹の中にある薬品の袋が破れ、彼女の体内へと流れ出す。やがて彼女の身体には驚くべき変化が起こり始める。体内へと流れ出した薬品が彼女の頭脳を活性化し、ルーシーは人を超え始める。

なんだろう、この感覚は?久しぶりに映画に見入ってしまった。後になって冷静に考えれば、ツッコミどころはいくつもある。脳の使用領域が広がったことで、驚異の能力を手に入れたルーシーがもっとマフィア相手に怒涛のアクションで活躍するものだと思っていたし、決着の付け方もやけにアッサリとしていたし、どこかで観たような設定や能力だった。それなのに私はそんなことを考える余裕も無く、スクリーンの中へと誘われてしまった。

やはり脚本が素晴らしいと細かいところを気にしている時間すら忘れてしまうのではないだろうか?それは何よりリュック・ベッソンの脚本・監督が素晴らしいのだろう。ごく普通の彼女が思いもしなかった世界(事件)に巻き込まれていく様を、テンポよくスリリングに描き、能力を手に入れた彼女が徐々に変化していく姿を魅力的に描く。さすがです。

点数は★★★★☆です。悪役に韓国人俳優を使ったり、舞台を台湾やフランス(監督のホーム)というハリウッド映画を見慣れてしまった私には、なんだかとても新鮮に感じてしまいました。マイナス点は前述しましたが、結末がアッサリしていたことと、ルーシー自身の活躍が前半部分で終わってしまったのが、とても残念でした。最後はまるで某人気アニメみたいな感じで終わってしまいました。ですが、キャストも脚本もとても魅力的で見応えのある作品であることは間違いありません。

LUCY/ルーシー [Blu-ray]
スカーレット・ヨハンソン,モーガン・フリーマン,チェ・ミンシク,アムール・ワケド
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (8)