しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

新感染 ファイナル・エクスプレス

2017年09月18日 21時58分45秒 | 作品名(さ行)
第437回「まるでゾンビ映画のお手本のような作品でした。」
ゾンビ映画ファンである私にとって衝撃的なニュースがありました。ゾンビ映画の巨匠であるジョージ・A・ロメロ監督が死去したという。現在のゾンビ映画・ゾンビドラマのフォーマットを作り上げたと言っても過言ではない彼の死はとても残念でした。しかし、彼の遺志は多くの製作者達の心の中で生き続けていくだろう。まるでそれを証明するかのような映画に出会った。それは「新感染 ファイナル・エクスプレス」という韓国映画だ。(相変わらず、邦題のセンスには疑問が残るが)マスコミ等でもかなりの高評価で、単なるゾンビ映画ではないという批評を見かけていたが、妙に家族愛に走った作品だったら酷評しようと思って劇場へと向かった。

ソウルでファンドマネージャーとして働くソグは仕事にかまけて家庭を顧みず、現在は妻と別居中で、まだ幼いひとり娘のスアンと暮らしている。ある日、翌日が誕生日のスアンはプサンに暮らす母親にひとりで会いにいくと言い出した。ソグは仕方なく娘をプサンまで送り届けることに。ソウルを出発してプサンに向かう高速鉄道KTXに乗車したソグとスアンだったが、ソウル駅周辺で不審な暴動騒ぎが起こっていた。2人が乗り込んだKTX101号は定刻の5時30分にソウル駅を後にするが、その発車直前に挙動不審な女が12号車に駆け込んだことに気づいた者はひとりもいなかった。列車が出発しほどなくするとその女性がデッキで倒れ込む。女性乗務員が駆け寄ると、突然噛み付いた。すると噛み付かれた乗務員も次々と乗客に襲いかかり始めた。それはまるで何かに感染するかのように乗客を変貌させていった。やがてその異変は韓国国内全土に及ぶパンデミックであることが解っていく。果たして車内に取り残された乗客達の運命は?

それはまるでゾンビ映画のお手本のような作品でした。どこかで観たようなプロットと展開なのですが、テンポがとても良く、エンディングまでの流れもお見事でした。この作品に登場するゾンビは「28日後」や「ワールド・ウォー・Z」に登場するようなゾンビです。感染スピードや集団で走って追いかけてくる様子などが良く似ています。生ける屍=ゾンビだから走るなんてあり得ないという人は納得できないかも。それでも私は嫌いじゃありません。

さらに評価すべきは、ありきたりな設定だけでなく、今作独自の設定を入れ込んできたことです。それは「視覚」です。この作品では感染者は視力がとても弱く、列車がトンネルに入ると何も見えなくなってしまうというところです。その設定が、この作品の主要舞台となる高速列車と見事に絡み合い。とても面白いシーンを生み出しています。だからこそ時間軸は高速列車がプサンに到着するまでの数時間となり、夜のシーンは登場しないということになるのです。

そして高速列車という舞台もとても効果的に使われています。走り出してしまえば、外からの攻撃は防げるが、密室状態となり内からの攻撃には対処が必要となる。そのことで狭い車内での攻防が色々と展開できます。

褒めるべき点はさらにもう一つ。ゾンビ映画の良さに群像劇としての面白さもあります。危機的状況に陥り、偶然居合わせた人達が急造チームとして戦う姿がどう描かれるのかです。今作は主人公のソグと娘スアン、アメフト選手のような屈強なサンファとその妻(妊婦)、野球チームの学生と女子マネージャー、自己中心的なバス会社の常務ヨンソクなどなど、それぞれがキャラクターとして見事に機能しています。特にヨンソクは嫌われ役としては満点でした。

点数は★★★★★です。久しぶりに文句の付けようのない作品でした。もちろん色んなところで言われているように家族愛も描いています。ただそこだけに焦点を当てて、お涙頂戴の感動ものにしていないのは評価できます。それにしてもどうして韓国の子役はあんなにリアリティのある演技ができるんだろう。決して上手い演技ではないのにとても説得力がある。

新感染 ファイナル・エクスプレス [Blu-ray]
キム・スアン,チョン・ユミ,マ・ドンソク,チェ・ウシク,アン・ソヒ,キム・ウィソン,チョン・ソギョン,チャン・ソクファン,チェ・グィファ,シム・ウンギョン コン・ユ
株式会社ツイン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (3)

ダンケルク

2017年09月11日 22時44分50秒 | 作品名(た行)
第436回「彼らしい作品だと賞賛すべきなのだろうか?」
基本的に戦争映画は見ないことにしている。それは「戦争」というものがとても救いの無い行為だからだ。戦う人々に理由はあれど、どちらが勝っても負けても、後味のいいものではない。「戦争」という名のもとに人殺しを正当化され、傷ついていく人々を見ているのは気持ちのいいものではない。それを映画というエンターテイメント作品にされても楽しむことは出来ない。ではどうして今夜の作品「ダンケルク」を見たのか?それは監督がクリストファー・ノーランだったからだ。好きな監督の1人である彼が、戦争映画しかも実話を基に描いたと聞けば、どんな作品に仕上がったのかとても興味があった。だからこそ嫌いな戦争映画を観るために映画館へと足を運んだのだった。

舞台は第二次世界大戦初期の1940年5月26日。イギリス、ベルギー、カナダ、フランスから成る連合軍兵40万人はドイツ軍に包囲され、フランスの北端にある港町ダンケルクに追い詰められた。イギリス首相のチャーチルは彼らの救出のためにイギリス国内から軍艦の他に民間の漁船やヨット、はしけを含む、あらゆる船舶を総動員した撤退作戦(作戦名:ダイナモ作戦)が発動された。しかし、遠浅の海岸のため巨大な軍艦が近づけず、少人数を乗せた小さな船で沖合で待つ軍艦まで移送を繰り返すというものだった。多くの兵士が海岸に長蛇の列を作り救出を待っていたが、そこにドイツ軍は戦闘機で攻撃を仕掛けてきた。果たして彼らは生き残ることが出来るのか?

映画は陸上の若い兵士、救出の為に小さな民間船で救出に向かう親子、空から戦闘機で救出を援護するパイロットという3つの視点で描かれていく。これがとにかく解りにくい。通常であれば、別の視点であっても同じ時間軸で描かれることが多いのだが、この作品は若い兵士のパートは幾度も夜になり、時間が数日経過しているのがわかるが、船と戦闘機のシーンはずっと昼間。それが幾度となく絡まり合いながら展開していくので、今自分がどの時間軸を見せられ、救出作戦がどのようになっているのかが、まったく理解できなかった。時間が進んでいるのか、戻っているのかが解らないために、緊迫感が伝わってこないのだ。

さらに物足りなかったのは海岸に集まった兵士の数だ。救出を待つ40万人の兵士と聞いていたので、どれほど凄い光景が海岸線に広がっているのかと思っていた。しかし、海岸線で救出を待っていた兵士達の数は多く見積もっても数千人。もちろん攻撃対象なのだから隠れていて当たり前だが、一度でも多くの兵士が無防備なままの状態で残っていて、生き残るための時間はあまり残っていないことを観客に見せていれば、もっと緊迫感があっただろうと思いました。

ネット上の記事などを見ると「史実」に基づき、現場にいた兵士と同じ気持ちになってもらうために余分な演出を極力排除したと書かれていた。しかし、観客はどこまでこのダンケルクでの出来事を知ったうえで劇場へ足を運ぶだろうか?正直、日本人である私はこの出来事を、ノーラン監督が映画として作ったことで知った。鑑賞語にネットで調べてイギリスやフランスではとても有名なエピソードであることを知ったくらいに、事前に情報を持っていないのだ。史実だから結末は解っているのだが、見る人間の全てがそうではないし、説明的な演出をせずに観客に説明することは出来たのではないかと思う。

それでも見応えはあった。セリフを極力省いた演出。ノーラン組ともいうべきキリアン・マーフィー、トム・ハーディーの演技。特に音楽のハンス・ジマーは見事でした。それらによって映像的には見事だったと思う。クリストファー・ノーランらしい作品だったというべきだが、私は素直に賞賛できなかった。結論として戦争映画はフィクションなのかノンフィクションなのかに関わらずエンターテイメント作品にはなり得ないということだ。事実をただ事実として描けばいいのならばドキュメンタリーを撮ればいいと思ってしまった。彼のファンである私が付けた点数は★★★☆☆だ。

冒頭からずっと気になっていたことがあった。それは冒頭で示された字幕。桟橋:1週間、船:1日、戦闘機:1時間というテロップがあった。それに意味があるのだろうが、一体何なのか?ずっと考えていた。その答えに辿り着いたのは家に帰って来てからだった。(正解なのかは解らないが)おそらく最初に書いた時間軸だったのではないだろうか?それぞれの時間軸がバラバラで解りにくいと書いたが、今更ながら冒頭にその説明があったのかと勝手に納得してしまった。

ダンケルク ブルーレイ&DVDセット(3枚組) [Blu-ray]
フィオン・ホワイトヘッド,トム・グリン=カーニー,ジャック・ロウデン,ハリー・スタイルズ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント (1)   トラックバック (8)

ワンダーウーマン

2017年09月04日 23時02分32秒 | 作品名(わ行)
第435回「あと1ひねりあったら、もっと面白かったのに。」
マーベル・シネマティック・ユニバースに続けとばかりに着々と各キャラクターの単独作品を作り、11月の「ジャスティスリーグ」へ向けて動き出しているDCコミック群。そんな中でも世界中で大ヒットを記録し、いよいよ日本で公開された「ワンダーウーマン」ですが、監督が「モンスター」のバディ・ジェンキンスと聞いて、ちょっと心配になっていました。「モンスター」は素晴らしい作品でしたが、あのテイストで作られると、エンターテイメント作品としてはちょっとなぁ・・・と。誰もが楽しめる作品になるのかな?と。

全能の神ゼウスによって作られたとされる女性だけが暮らすパラダイス島。そこを統治するヒッポリタ女王の1人娘として、将来は女王となるべく育てられたダイアナは聡明な女性に育っていた。ある日、パラダイス島の外から戦闘機が迷い込み墜落した。その様子を見かけたダイアナは海へ飛び込み搭乗していたスティーブ・トレバーを救うのだった。初めて出会った「男性」という生き物にダイアナはとても興味を持った。彼の話を聞くと外の世界ではナチスドイツとの戦争が激化し、世界は混乱の中にあるという。さらにドイツはドクター・ポイズンによって強力な毒ガスが開発され、使われれば世界中で数百万人が死ぬだろうということだった。戦争が戦いの神「アレス」によって企てられたものだと疑わないダイアナはアレスと倒すことの出来る伝説の剣と盾を持って島を旅立つのだった。

ジェンキンス監督による演出は心配していたような事にはなりませんでした。とても見事なエンターテイメント作品として仕上がっていました。前々から言っていますが、最初のエピソードを描くのはとても難しいのです。観客に世界観や主要キャラクター、性格や能力などなど、説明しなくてはいけないことが山ほどあります。その辺りは今作は見事に描いていました。多過ぎず少な過ぎず、ちょうどいい説明量で描いてありました。141分とちょっと長い尺にも関わらず、ダレることもなくお話が進んでいきました。

では悪いところは無かったのか?個人的に気になった点が幾つかあります。冒頭の戦闘シーンでナチスドイツの兵士が撃った銃弾によってアマゾン族に死者が出ます。普通の銃弾で撃たれたくらいでは死なない種族かと思っていたので、その点は意外でした。超人的な能力を持っていながら、肉体は普通の人間同様なのかと。そうなると今後の展開次第ではアッサリと死ぬことが考えられます。当たらなければどうということはないのですが・・・

もう1つは重要な悪役(ヴィラン)の存在です。今作では軍神アレスが人間界へ影響を与えたことで世界大戦が起こっているとダイアナは思い込み、外の世界を救おうと旅に出る決意をします。それは外界を知らないダイアナの勝手な思い込みで、戦争は1人の神を倒せば終わるのは変だと思っていました。戦いの結末は明言を避けますが、アレスが意外な所から登場し、あまり悪役っぽくない風貌で、ちょっとガッカリしました。能力もイマイチはっきりしなくて残念でした。であるならば、戦争はあくまで未熟な人間同士の過ちで、ダイアナ1人の力ではどうしようもないという設定の方が良かったと思います。

点数は★★★★☆です。いくつか問題点を示しましたが、あまり細かい事を考えずに楽しめばいいのです。自分で書いていて細かいところが気になっているなと思いました。簡単に言ってしまえば、「女性版キャプテン・アメリカ」って感じでした。

マーベルの作品群と比べると、ちょっと問題点が多く、この先予定されている作品がどれもヒット作となるのかは疑問が残ります。ファンとしては上手くいってほしいのですが・・・

ワンダーウーマン ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ガル・ガドット,クリス・パイン,ロビン・ライト,ダニー・ヒューストン,デヴィッド・シューリス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (2)