しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

アイアンマン3

2013年04月28日 16時05分22秒 | 作品名(あ行)
第306回「彼の戦いはまだまだ続いていきます。」
今回紹介する映画はもちろん「アイアンマン3」です。いつも通っている映画館では、吹き替え版しか上映しないという、なんとも珍しいケースに見舞われ、字幕派の私としては仕方なく別の映画館へと向かいました。でも、映画館を変えたことで嬉しいことも・・・それは入場者プレゼントでクリアファイルが貰えたのです。今作のポスターデザインが気に入っていただけに、それを印刷された非売品は嬉しいです。(まあ、小さな事ですがファンとしては嬉しいことでした。)

地球滅亡の危機を救った「アベンジャーズ」での戦いから1年が経過した。その戦いで初めて人間以外の存在と対峙したトニー・スターク=アイアンマンは、その影響から不眠症に陥り、常に何かに怯え、それを払拭するかのように新型アイアンスーツの開発に没頭する毎日だった。そんなある日、首領「マンダリン」の組織するテロ集団「テン・リングス」がアメリカ国内でのテロ活動を宣言し、各地で多くの死傷者を出す事件を起こす。その事件の1つでかつてトニーの運転手で現在はスターク・インダストリーで警備主任を務めるハッピーが瀕死の重傷を負ってしまう。大切な友人を傷つけられたトニーはマンダリンに対し、いつでも相手になると病院前に集まっていた記者達に自宅の住所を伝え挑発してしまう。すると即座にマンダリンはトニーの自宅を急襲し、アイアンスーツもろとも自宅を破壊してしまう。なんとか逃げ出したトニーだったが、不安を抱える精神と壊れたスーツで彼は戦うことが出来るのか?そして事件の裏には13年前のある出来事が深く関わっているのだった。

なにより私が楽しみにしていたのは、ヴィラン(悪役)で登場するマンダリンを演じるベン・キングスレーとアイアンマンの対決でした。予告編で観る限りではかなり魅力的な悪役でありそうな雰囲気を漂わせていました。ところがその期待は見事に裏切られてしまいます。劇中で徐々に明らかになっていく彼の正体に「あれ?もしかして?いやいや、マンダリンを演じているのは、あの名優ベン・キングスレーだぞ。」なんて考えながらの鑑賞だったのですが、見事に・・・それは見事に裏切られます。それはあの名優ベン・キングスレーだからこそ演じられる見事な悪役でした。

そして今作のトニー・スタークは前2作で見られたチャラチャラした感じは影を潜めます。前作でも胸のアークリアクターから出される毒素によって命の危険がありましたが、新型を作成したことで問題は解決されたのですが、今回は別の問題に悩まされます。それは自らがヒーローになったことで戦った「アベンジャーズ」が大きく関わってきます。この「アイアンマン」シリーズでは、戦う相手は特殊な能力を持っていたとしても、あくまで人間が相手でした。ところが「アベンジャーズ」では人間世界では想像も及ばない相手と戦うことになりました。それがヒーローとして戦ってきたトニー・スタークの精神に大きな恐怖を与えることになりました。今作ではその恐怖を乗り越えていく様を、決して重たくならず、いつもの軽快さを残しつつ見せることに成功しています。

点数は限りなく満点に近い★★★★☆です。どこがマイナス点かと言えば、もう1人登場する悪役であるアルドリッチ・キリアンです。彼の持つ能力についてもう少し詳しい説明だったり、能力のメリット・デメリットなどがうまく描けていたらなぁ・・と思った点とエピローグ的に描かれた最後の部分がナレーションベースでアッサリと描かれてしまったことをマイナス点としました。個人的にはとても重要な出来事だと思うんですけどねぇ。それでも先週の「キャビン」につけた星4つとはかなりの差が存在します。是非とも劇場で観てほしい作品です。

あ、それからこのマーベルシリーズのお約束なのですが、席は最後まで立たないでください。今回は特にお勧めの微笑ましいシーンが挿入されていますから。

アイアンマン3 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ロバート・ダウニーJr.,グウィネス・パルトロウ,ドン・チードル,ガイ・ピアース,ベン・キングズレー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (8)

キャビン

2013年04月21日 12時31分52秒 | 作品名(か行)
第305回「奇をてらった設定と脚本を、どう受け止めるのか?」
今週はスピルバーグ監督の「リンカーン」が公開される週だったのですが、正直あまり興味のある人物ではないのと、堅苦しそうな内容にちょっと敬遠していました。そして私が選んだ作品は「キャビン」でした。完全にノーマークな作品だったのですが、私が通っている映画館で2週間限定公開されていて、ポスターを見た私は「お!なんかCUBEみたいだなぁ。」と思い、早速帰ってネットで予告編を見ました。すると随分と映画ファンに対する挑戦的な予告編。これは駄作を覚悟で観てもいいかもと思って、劇場へ向かったのでした。

夏休みを利用して森の中の古びた小屋へとバカンスにやってきた大学生の男女5人。ここで彼らは夏休みを楽しい思い出にするつもりだった。ところが彼らは地下室で古びた日記を見つける。そこにはラテン語で呪文のようなものが記されていた。それを口にした時、恐怖が蘇り彼らは次々と殺されて・・・彼らは監視されていた。小屋はあらゆるところにカメラが仕掛けられ、薬品によって彼らの行動は予定通りに調整されていた。彼らはバカンスに来たのではなく、選ばれてここへ導かれたのだった・・・次々と殺されていく彼ら、次第に明らかになっていく真相。そしてそれらの出来事は世界の破滅にまで及ぼうとしていた。

とまあなんともB級感満載なこの映画。ネタバレになるのであんまり詳しくは書けませんが、どうやらこの「儀式」は毎年行われているようで、それは世界じゅうで決まったシナリオで行われているのが劇中のセリフや行動でわかります。世界の破滅を止めるために世界各国で決まったシナリオで行われる殺人ゲーム。形式や方法を変えながら長い間ずっと行われているようです。どうやら生き残る方法もあるようで、各国での失敗が多い中、日本とアメリカは成功率がいいようです。

で、よく考えると人類の滅亡をかけた大事な儀式を調整しているとはいえ、こんなに失敗する恐れの強いゲームみたいなことでいいのでしょうか?まあ普通に拉致してきて殺したのでは映画にならないんですけどね。そして登場するモンスター達はあれほど強力な力を秘めているのに、簡単に逃げ出すことが可能な作りの部屋と警備システムに観ていて疑問を感じてしまいました。

と色々とツッコミどころ満載な作品ですが、個人的には結構楽しめた映画でした。特にすべての真相が解って、主人公達が反撃を開始するあたりからの展開は、よく考えればムチャクチャなのに何故か納得してしまっている自分がいました。「あ、そんな展開もアリかもなぁ。」なんて。

点数は★★★★☆です。自分で購入するほどではありませんが、劇場で難しいことは考えずにムチャクチャな展開に身をまかせてみましょう。思いのほか楽しめるかも・・・

そして何より主人公のデイナを演じていたクリステン・コノリーという女優さんがとてもキュートで今後が楽しみな女優さんでした。

さらにこういうモンスターが登場する映画を代表するような女優さんが最後に登場します。彼女の登場もなんだか自然と受け入れてしまう自分がいました。こういう挑戦的な映画が今後も続々と登場することを願っています。

キャビン [Blu-ray]
クリステン・コノリー,クリス・ヘムズワース,アンナ・ハッチソン,フラン・クランツ,ジェシー・ウィリアムズ
Happinet(SB)(D)


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント   トラックバック (7)

世界にひとつのプレイブック

2013年04月14日 21時57分52秒 | 作品名(さ行)
第304回「大女優への片鱗を見せつけた彼女とそれを認めたアカデミー」
おそらく彼女が先日のアカデミー賞で主演女優賞を獲得していなければ、私はこの作品を観ることはなかったことでしょう。そして、彼女が主演女優賞を獲得していなければ、いつも私が通う映画館でこの作品が上映されることすらなかったことでしょう。ですので、まったく期待していなかったし、事前にどんな映画なのかも知らないまま劇場へ向かいました。今日の作品は「世界にひとつのプレイブック」です。

パットは愛する妻の浮気現場に遭遇したことで、精神を病んでしまい投薬治療を必要とする躁鬱病と診断され、精神病院に入ることになってしまう。8ヶ月が過ぎ、治療途中にも関わらず母親はパットを退院させ、自宅へ連れて帰る。彼は病気を克服し、仕事に復職すれば妻は戻ってくると信じ、規則正しい生活をし、カウンセリングを受けていた。そんなある日、友人の誘いで行った夕食会で出会ったティファニーという女性。彼女も夫を事故で失い、心に傷を負っていた。過激な発言と突飛な行動を繰り返す彼女に振り回されるパット。彼女は立ち直るためにダンスに打ち込んでいた。コンテストに参加するためにパートナーを探していた彼女はパットに「前妻との仲を取り持つ」といい、パットをコンテストに誘った。パットは困惑しながらも前妻を取り戻すためにダンスをすることにした。人生の光を取り戻すために2人は前に進みだす。

「ハングオーバー」シリーズ、「特攻野郎Aチーム」のブラッドリー・クーパーが主役のパットを演じ、「ハンガーゲーム」のジェニファー・ローレンスがティファニーを。そして主人公パットの父親を名優ロバート・デ・ニーロが務めると聞けば、それだけでも映画ファンは期待してしまうことでしょう。でも正直、ジェニファー・ローレンスがアカデミー主演女優賞を獲得するとは思っていませんでした。映画を観ていないのに何を・・・と思われるかも知れませんが、彼女を評価するにはちょっと若すぎると思っていました。(年齢的なことだけでなく、キャリア的にも)特に前に観た「ハンガーゲーム」が、個人的には評価が低かったので、今作でもあまり期待はしていませんでした。

で、映画を鑑賞した今はどうかと聞かれれば、アカデミー主演女優賞を獲得できるほどの評価はしていません。この作品でもっと評価すべきは脚本だと思います。普通の作品ならば、主人公の2人が参加するダンスコンテストにもっとスポットを当て、2人がコンテストを優勝するみたいな脚本にしたはず。今作では素人の2人がコンテストに優勝なんて最初から無理だと言ってしまいます。そして、目標は平均点5.0を超えたらOKと親父さんの賭けの対象にしてしまいます。それがあまりにも無理な目標でなく、審査員らからは「なぜ5点で喜んでいる?」と笑いまで生み出していました。

そして、「精神病」というちょっと重たい、それでいて人には理解されにくい病気をテーマにしているのに、決して後ろ向きでなく映画を観終わった後には清々しい気持ちで劇場を後にすることができます。だからこそ脚本を私は評価しました。彼女はこの作品では大女優への片鱗を見せつけることには成功していたと思います。

映画としての点数は★★★★☆です。心が疲れて明日への活力を必要としている人に観てほしい映画です。ほんの少しかも知れないけど、元気になれる作品だと思います。

個人的にはあのお喋りハイテンションのクリス・タッカーが脇役として抑えた演技でちょっとしか登場しないのに、画面に出るたびに印象的なセリフと心地よい雰囲気を残してくれるのが、とっても良かったです。

世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディション
ブラッドリー・クーパー,ジェニファー・ローレンス,ロバート・デ・ニーロ,ジャッキー・ウィーヴァー,クリス・タッカー
東宝


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (3)