しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

マッドマックス 怒りのデス・ロード

2015年06月21日 23時38分33秒 | 作品名(ま行)
第380回「この荒れ果てた世界で、見えた本質とは?」
名優メル・ギブソンの出世作であり大ヒット作となった「マッドマックス」シリーズ。映画ファンなら観ていて当たり前の作品なのでしょうが、公開された当時には小学生から中学生だった私には、あの暴力と殺戮に満ち溢れた世界感は恐怖以外の感情を持つことは無く、未だに鑑賞には至っていないという状況でした。ではなぜ今回の作品「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観に行ったのは?それは他に観たい作品が無かったからという、至って単純な理由です。鑑賞後にこんな気持ちになろうとは・・・

放射能汚染によって世界は荒廃し、多くの場所が砂漠化、水や作物は限られた場所でしか入手できず、貴重な物資は暴力と狂気によって支配した武装集団によって牛耳られていた。元警察官であるマックスは妻子を失い、自暴自棄のまま砂漠を彷徨っていた。ある日、武装集団「ウォーボーイズ」に捕まり、輸血袋代わりに血を抜かれていた。時を同じくして、その武装集団の女大隊長であるフュリオサは、別の土地の集団と取引をするために大量の水を積んだタンクローリーを操り、アジトを出かけて行く。ほどなくして突然、ルートを変えて走り出した。フュリオサはボスであるイモータン・ジョーを裏切り、性奴隷にされていた女達を連れて、故郷である「緑の国」へと逃げ出す計画だった。それに気づいたジョーは自らの軍団を追ってとして差し向ける。マックスも改造車の前に縛り付けられ、追手の最前線にいた。

約30年も前にヒットした映画を新たにリメイクした作品である。「今頃になって?面白く作れるの?」と半信半疑での鑑賞でした。ところが始まって5分で私はその世界観にすっかり魅了されてしまいました。どうしてこんな世界になったのか?人々はどのように暮らしているのか?などの細かい設定は説明されません。しかし、そんな細かいことはどうでも良くなってしまうくらいの世界観、映像美、造形でした。

脚本も見事でした。細かい説明は省き、とにかく狂気と暴力で混沌とした世界をスクリーンに目いっぱい映し出す。荒唐無稽な状況、キャラクター、それらが躍動する様が見事に描かれます。テンポも良く、ダレるところが無いまま、最後まで突き進んでいきます。これほど時間が短く感じたのは最近では珍しいのではないでしょうか。

点数は限りなく満点に近い★★★★☆です。マイナス点としてはマックスのトラウマとなっている家族の話が全く描かれていない点と、悪役が多く登場し過ぎている点でマイナスとしました。が、そんなことは考えなくてもいいくらい見事な作品でした。とにかく難しいことは考えずにこの混沌とした世界観に身を委ねてみてください。きっと楽しめるはずです。あ、ちなみに私が観たのは字幕版ですw

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
トム・ハーディー,シャーリーズ・セロン,ニコラス・ホルト,ヒュー・キース・バーン,ロージー・ハンティントン・ホワイトリー
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (6)

トゥモローランド

2015年06月07日 23時52分53秒 | 作品名(た行)
第379回「常に一定のレベルを保つことの難しさ」
まずは苦言を述べさせてください。何度もこのブログでも書いているように最近は吹替版が多く、劇場によっては字幕版が公開されていないという状況が多く見受けられます。世界的に見れば字幕版が存在するほうが珍しいのはわかりますが、個人的に字幕版で映画が観たい私としては吹替版しか選択肢が無いのは残念でなりません。特に最近では客寄せの為に声優に慣れていない芸能人を使うケースが多くあり、そんな事でしか客が呼べない作品なのか?と残念になります。今回の作品「トゥモローランド」もそうです。私が通っている映画館では吹替版の上映しかないので、仕方なく吹替版での鑑賞でした。それでも・・・

1964年ニューヨークで開かれた万国博覧会の会場、発明好きの少年フランク・ウォーカーは自分が作った発明品を持って会場を訪れていた。そこで出会った自分と同じくらいの少女・アテナ。彼女からピンバッジを受け取ったフランクは、アテナの後を追って、「イッツ・ア・スモールワールド」のパビリオンへと入ると、突然ピンバッジが光り、別のルートへと導かれる。そして着いた先にあったエレベーターへと乗り込むと、フランクは全く見たことも無い世界へと足を踏み入れるのだった。
そして時は流れ、現代。宇宙飛行士になることを夢見ているケイシー・ニュートン。彼女は好奇心旺盛で何事にも前向きな17歳の女の子。NASAの技術者である父親が務めるロケット発射台が取り壊されるのを知ると、その作業を中止させようと、夜中になると施設へ忍び込んで作業を妨害していた。ところがある日、見つかってしまい警察に逮捕されてしまう。未成年であることで厳重注意で保釈され、所持品を返される時、自分の荷物の中に見慣れないピンバッジがある事に気が付く。何気なくそれに触れると突然、自分の周りに麦畑が広がり、遠くには観たことも無い巨大な建物が建っていた。好奇心旺盛なケイシーがそこへ興味を持つのは簡単だった。そして、それは人類すべてを巻き込んだ大冒険への始まりだった。やがてケイシーを導いたのはかつてフランクを導いたアテナで、そしてフランクの元へとケイシーを導いて・・・

映画を観終わって思ったのは「ディズニーは映画を作るのが上手な会社だ。」ということでした。嫌いな吹替版で鑑賞していることなんて、すっかり忘れて映画を楽しんでいる自分がいました。一番重要な脚本は時間軸をいじりながらも、主題をうまく伝えていて、さらにドタバタな展開、アクション、コメディ。普通ならそんなに色々詰め込んだら、お話がゴチャゴチャしてしまいそうなのに、目立った混乱は無く、最後まであっという間に過ぎて行きました。

メインキャストも少ないのにとても魅力的でした。フランクを演じたジョージ・クルーニーはもちろんですが、ケイシーを演じたブリット・ロバートソン。彼女は最近観たドラマ「アンダー・ザ・ドーム」で知っていたのですが、改めて可愛らしい女優さんだなぁと思いました。そしてなによりこの映画を魅力的に見せてくれたのはアテナを演じたラフィー・キャシディの存在でした。幼いのにとても表情豊かで特殊なキャラクターを見事に演じてくれました。今後の活躍が楽しみです。

作品の点数は★★★★★です。もちろん全く問題が無いわけではありません。終盤に登場するトゥモローランドへ行った辺りから脚本の破綻が見え隠れしますが、それでも見事な決着の付け方に、スッキリした気持ちで劇場を後にすることが出来ました。

散々、吹替版への不満を書きましたが、この作品でちょっと見直した部分もありました。ケイシーを演じた志田未来さんはとても上手な声優ぶりでした。下手な人が声優をすると声が浮いた感じがするのですが、それが全くありませんでした。彼女くらい上手な人ならどんどんやってもらいたいと思うくらいでした。唯一、残念だったのはジョージ・クルーニーの声優が小山力也さんでは無かったことくらいでしょうか。磯部勉さんもベテランで多くの人物の声を演じてきているのですが、出来れば小山版ジョージ・クルーニーが聞きたかったです。あくまで個人的な理由です。

トゥモローランド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ジョージ・クルーニー,ブリット・ロバートソン,ヒュー・ローリー,ラフィー・キャシディ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (7)