しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

アマルフィ/女神の報酬

2009年07月26日 22時29分33秒 | 作品名(あ行)
第146回「アマルフィ・・・タイトルに偽りあり」

今日の作品は、無料ポイントが無ければ観るつもりはありませんでした。どうしてかと言えば、この映画にまったく期待はしていなかったからです。今夜の作品は「アマルフィ/女神の報酬」です。

映画を観に行く前の私の穿った見方は、フジテレビ開局50周年記念作品と銘打たれているが、この映画はコケて欲しいのだろう。そうすれば主演の織田裕二に「踊る大走査線3」への出演を催促することが出来る。制作は決定しているが、それ以降の話がまったく聞かれない「踊る大走査線3」。たとえこの作品がダメだったとしても、フジテレビとしてはキラーコンテンツである「踊る3」で損失は取り戻せる…そんな風な思いを持っていました。

おそらく、この考えはさほど間違ってはいないでしょう。それでもこの作品は私が思っていたよりは良く出来た作品でした。点数は★★★☆☆です。

物語の舞台はイタリア。日本から観光旅行中の少女が突如姿を消す。日本大使館に赴任したばかりで仕事のなかった織田裕二演じる外交官黒田が母親と共に行方を探す。犯人からは身代金を要求する電話が入る。単なる誘拐事件と思っていると裏側では恐るべき計画が…というのが簡単なストーリー。

ツッコミどころは満載である。なぜ黒田はイタリアに来たのか?物語のあちこちで裏の任務を仰せつかっているであろう伏線を張ってはいるがあくまで外交官として行動する黒田。あそこまで怪しいキャラクターにするなら、潔く特務機関にいる設定にしてしまえばいいのに。
さらに天海祐希演じる日本人主婦。彼女は子供を誘拐されてしまう弱々しい女性のはず、であるならば彼女は相応しくない。あまりにも毅然とした雰囲気が全身から満ち溢れ過ぎである。個人的には木村多江さんが演じたらよかったのでは?と思いました。
そしてタイトルである「アマルフィ」。イタリアにある世界遺産にも登録されている美しい街の名前をタイトルにし、物語の重要な拠点かのように予告編などでは描かれている。ところが実際には一瞬登場しただけで、なぜタイトルにまで付けてしまったのかが疑問に残るほどアッサリと通り抜けてしまうのである。

映画を観終わった今の感想は、観る前に思っていたほど悪い出来ではありませんでした。あまり深く考えずに観れば、それなりに楽しめると思います。しかし、そこまでで何度も観ようとか、誰かにオススメしようとまでは思いません。さほど難しいトリックがあるわけでは無いので、軽い気持ちで行ったほうがいいと思います。

アマルフィ 女神の報酬 ビギンズ・セット ブルーレイディスク (本編BD+特典DVD)2枚組 [Blu-ray]
織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香,佐藤浩市,大塚寧々
ポニーキャニオン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2009年07月19日 22時33分17秒 | 作品名(は行)
第145回「私がこのシリーズを観てもいいのかなぁ?」

今回ほど、ブログを書く事を悩んだことはありません。今夜の作品は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」です。以前からこのブログでも書いていることですが、正直言ってこのシリーズに愛着がまったくありません。

小説として世界的大ヒットをしているこの作品ですが、映画の方も世界的にヒットして、すでに5本の映画が製作され、今夜の「謎のプリンス」そして最終作「死の秘宝 前編」「死の秘宝 後編」と3本が制作中です。日本ではヒットをするとすぐに続編を作り、何十本も作って、大いなるマンネリを展開させるのが好きな国民ですが、海外の映画がこれだけ続いて、しかもヒットしているのは珍しい例ではないでしょうか。

私も映画ファンとして観ておかないとみたいな変な使命感に駆られ、1作目から全て観ていますが、その度に「熱烈なファンでない私が観るべきなのか?」と疑問に思ってきました。今作も金曜日の夜に観てきたのですが、中盤あたりから眠くなってしまい、最後の方はうっすらとしか覚えていない始末・・・映画ファンとしてまずいのでは?と思っているところへ、日曜日の夜に「さんまのからくりテレビ」で1万人から選ばれた女子高生が撮影現場に行って、キャストや監督にインタビューするのを観てしまいました。

彼女の素直な反応に観ているこちらも「良かったねぇ。」と微笑みとともに見ていました。彼女の想いを見れば見るほど、私のこのシリーズに対する想いでは、まずいのではと考えるようになってしまいました。

映画としては、あれだけ長い小説を1本の映画にまとめなくてはいけない訳ですから、省略されてしまうのは、ある程度しょうがないことだと思います。それでも154分は長い。さらに、今作は最終作へ向けての準備段階の色が強い作品である為に、中心の話が展開する訳ではないので、ちょっと物足りない感じ。点数は★★★☆☆です。

このシリーズはおそらく最後まで観ることになるでしょう。そして私はこのまま悩み続けていくのでしょう。それでも観ておく必要があるシリーズであることは間違いないと思います。

ハリー・ポッターと謎のプリンス (2枚組) [Blu-ray]
ダニエル・ラドクリフ,エマ・ワトソン,ルパート・グリント
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

ノウイング

2009年07月12日 22時08分14秒 | 作品名(な行)
第144回「大いなる裏切りの先にあったものとは?」(ネタバレ含む)
基本的にはネタバレは書かないようにしているんだけど、今夜の作品のブログを書こうとした時に、どうしてもネタバレを含まなければ書けませんでした。もしこれから観ようと思っている人は、今回のブログは見ないでください。

今夜の作品は「ノウイング」を観てきました。この作品ほど、観る前と観た後で印象の違う作品は珍しいんじゃないですかね。観る前の予告編で想像したこの映画は、大好きなディザスタームービーだとばかり思っていました。ところが、映画を観終わった今は見事なSF映画でした。

ディザスタームービーとは自然災害や火災や事故など、同時に数多くの人が巻き込まれ、多くのドラマの中で人々がどのように乗り越えていくのかを描いた映画です。例えば「タワーリング・インフェルノ」や「ディープ・インパクト」「デイ・アフター・トゥモロー」などが代表的なディザスタームービーです。この「ノウイング」という作品もこれらの作品と引けを取らない位の作品だと思い、とても楽しみに劇場に足を運びました。

物語はとある小学校の創立50周年の記念式典。50年前に埋められたタイムカプセルから未来の事を書いた絵を取り出す行事が行なわれた。その中から紙面いっぱいに書き込まれた数字。その数字には50年前から現在に至るまでの、あらゆる災害で多くの死者が出たことが予言されていた。記号の謎を解いたニコラス・ケイジ扮する大学教授は、紙面の最後に書かれた人類滅亡のメッセージに気付き、それを食い止めようとする。
というのが簡単なストーリー。多少、SF的な要素を含んでいるだろうと想像はしていましたが、ディザスタームービーからどんどんかけ離れていく物語にちょっと戸惑いを感じていました。

物語の中盤、数字の謎を探るくだりでは、完全にホラー映画となっていました。そして終盤に至っては、この作品は「地球が静止する日」と同じSF映画であった事に気付かされます。その事がディザスタームービーだと思って劇場に行った多くの人の反感を買ってしまったかも知れません。
私自身も「彼ら」が登場した時は、え?と思いました。映画のプロットとして良く登場する「彼ら」は使い方を間違えると一気に観ている人の感情を萎えさせてしまうからです。私個人的には、ディザスタームービーだと思った私の失敗で、映画としての出来は良かったと思います。

点数は★★★★☆です。この作品は人類の滅亡が目の前に突き付けられた時、どのように最後を迎えるのか。そして僅かな希望を得た人間達の姿を描いた作品でした。

ディザスタームービーだと思っていた私の心は大きく裏切られることになりましたが、決してガッカリした訳ではありません。むしろ、心地よい裏切られ方だったと思っています。

ノウイング [Blu-ray]
ニコラス・ケイジ,チャンドラー・カンタベリー,ローズ・バーン,ララ・ロビンソン,ベン・メンデルソーン
ポニーキャニオン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (1)