しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT

2010年11月28日 22時45分51秒 | 作品名(は行)
第204回「その恐怖の連鎖はどこまで続くのか?」

さて今夜の作品「パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT」はアメリカで大ヒットした「パラノーマル・アクティビティ」の正当な日本版続編として制作された映画です。前作のあの見事なカメラワークをどう日本版で見せるのかに期待していました。

物語は日本の東京。住宅街に住む山野家にはアメリカで事故に遭い、両足を骨折した姉の春花が帰宅してきたところから始まる。弟の幸一は買ったばかりのビデオカメラを回して姉を迎えた。初めは何気ない日常が映し出されているが、姉の春花の部屋で異常現象が起こり始めると、その現象の正体を掴もうと面白半分で設置したカメラには驚くべきものが映し出されていた。やがてその現象は日に日に彼ら兄弟を恐怖に陥れていく。

設定としてはアメリカで前作の登場人物を車でひいてしまった春花が日本に戻った事で前作の恐怖が日本へというもの。この設定そのものは間違っていなかったと思います。しかし、この映画はPOV方式で撮られた映画。通常の映画と違い、登場人物が撮影した映像が全ての事柄を伝えなければいけない。これが1番難しいところである。
変に映像を編集してしまったり、不自然な演出をしてしまうと、途端に興ざめしてしまう。

浪人生である弟があんなに立派なカメラを何台も所持している事や、父親役の役者さんの不自然な演技で、すっかり興ざめしてしまっていました。姉が恐怖で悲鳴を上げているのにカメラを回して映像を収めようとするだろうか?

点数としては★★★☆☆と前作と同じ点数にさせてもらいました。前作を観ていなくても楽しめる点は評価できますが、細かいところに雑さを感じてしまいました。
父親のあの状態や、最後の遺体安置所でのシーン、そして解りづらいラストなど、もうちょっと考えて欲しかった点がいくつかあったので、この点数となりました。

来年には完全なる続編「パラノーマル・アクティビティ2」が公開されるので、そっちも観ることになるのでしょう。

パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT [Blu-ray]
中村蒼,青山倫子
Happinet(SB)(D)


【ランキングに参加しています。】
人気ブログランキングへ
コメント

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

2010年11月21日 23時51分09秒 | 作品名(は行)
第203回「果たしてどんな結末を迎えることになるのでしょうか?」

またしても2週間ぶりのご無沙汰です。最近はめっきり観たい作品が無くなってしまって、ブログの更新も疎かになってしまっています。
で、今夜の作品は察しのいい人はわかると思いますが、「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」です。以前から公言しているようにこのシリーズへの思い入れがさほどある訳ではないのですが、ここまで観ている以上は最後まで見届けるべきだろうという「義務感」みたいなもので劇場へ行きました。

物語は復活した悪の権化「ヴォルデモート」と対決すべく宿命づけられたハリー・ポッター。しかし彼には強大なヴォルデモートを倒す方法がわからない。命を狙われながらも、その方法を見つけ出そうとしていた。前作でダンブルドアを失ったハリー達に希望は残されているのか・・・

エンディングに向けて着々とお話しが進んでいく今作ですが、今さらながらの疑問がいくつか。悪の魔術師として復活したヴォルデモートですが、イマイチ目的がはっきりしない。世界征服や魔法界を牛耳ることが目的ならば、早々に行動すればいいのに、特に何をするわけでもなく、仲間達を増やしているだけ。そして彼を倒せるはずのハリーはまだ力不足なのか、ただ逃げ回っているだけ。とにかくどんどん展開が暗く重たくなっていくばかりで、「これって本当に児童小説?」と思ってしまうくらいジメジメとした展開。PART2ではもっと明るい展開になることを期待しています。

作品としては★★★☆☆というところでしょうか。このシリーズをずっと観ていないとわからない事が多すぎる。アイテムとか登場するキャラクターとか。事前に予習がかなり必要です。

次回作で一応の結末を迎えますが、もう少し明るくなることを願っています。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 Blu-ray & DVDセット スペシャル・エディション(4枚組) [初回限定生産]
ダニエル・ラドクリフ,ルパート・グリント,エマ・ワトソン
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

SP 野望篇

2010年11月07日 23時45分38秒 | 作品名(あ行)
第202回「SPってこんなお仕事でしたっけ?」

いや~こんなに観たい映画が無い日々が続くのは珍しいですねぇ。先週の「SAW」は除くのですが、10月くらいから公開日にどうしても観たいと思える作品が無いんですよねぇ。今夜の作品「SP 野望篇」もそんな作品の1つでした。

先日から否定している、テレビ局制作のテレビシリーズからの映画。しかもヒットするかどうかもわからないうちから「野望篇」と「革命篇」と2本の映画が製作決定と、思いっきり否定的な気持ちでの鑑賞でした。(そんなに否定的なら観なきゃいいのにね。)

テレビシリーズをそれほど熱心に観ていないのですが、世間的には結構人気のあった作品だったのでサワリ程度の事は知っている状況でした。さらに映画の為の特番や再放送など映画の鑑賞に必要な知識を得てから劇場へ足を運びました。ただ1つ心配だったのは「SPって仕事で面白いドラマは作れる?」ということでした。

警視庁警備部警護課第四係に所属する井上薫は、20年前に目の前で両親を殺される事件に遭遇して以来、特殊な能力を身につけていた。自分の周りの違和感に敏感に反応する力や見たものを一瞬で記憶する力など、その特異な能力でSPとしての仕事以上の活躍を見せていた。その能力に目をつけた係長の尾形はある計画の実行の為に井上を仲間に引き入れようとしていた。そのある計画とは?

私の心配していたとおり、このドラマでSPがSPとしての仕事をまっとうしたのではドラマとして成立はしません。警護対象者をほっといて犯人を追いかけたり、大義の為という言葉とともに匂ってくるテロの話。それがドラマをつまらなくするのではなく、面白くしているから不思議です。
この映画版に関してもSPらしからぬ活躍&事件。尾形達がやろうとしていることって、同じフジテレビのドラマ「アンフェア」でもありましたよね?まあそこは目をつぶることにしましょう。

そしてなにより魅力的なのはアクションシーン。主演の岡田准一は2年もの時間をかけてカリ、ジークンドーを習得し、映画内のアクションシーンはすべてスタント無しで演じる力の入れ様。実践的なアクションに観ているこちらまで力が入ってしまいました。
近頃、なかなか観ることが出来なくなっていた、いいアクション映画に仕上がっていました。

作品としての点数は★★★★☆です。すでに「SP」としての設定は破綻していますが、それを上回る脚本の面白さがありました。予習は不可欠ですのでホームページなどでテレビシリーズのお話などをチェックすることをお勧めします。

SP 野望篇 Blu-ray通常版
岡田准一,堤真一,真木よう子,香川照之
ポニーキャニオン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント (1)