しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

マイレージ、マイライフ

2010年05月30日 11時55分34秒 | 作品名(ま行)
第185回「まるで何かに導かれるように・・・」

2週間ぶりのご無沙汰でした。先週は観たい映画が無いのに加え、体調不良が重なった為にブログはお休みさせていただきました。で、今週はどうしても観たい作品があったのか?と問われれば、正直言うとありませんでした。
それでも、私の気持ちを惹きつけた作品は「マイレージ、マイライフ」でした。
「今さら?」と思われるでしょうが、私が住んでいる地方都市では、今週末からやっと公開になったのです。最近では遅れはしてもこうした作品が公開されるようになって、色々な作品が上映されるので映画ファンとしては嬉しいかぎりです。

物語は大企業から社員の解雇を宣告する仕事「解雇通告人」をしているライアンは、アメリカじゅうを飛び回り、1年のほとんどを飛行機とホテルで過ごす毎日。彼の密かな楽しみは航空会社のマイレージを貯めること。誰に縛られることもなく自由な生活を謳歌しているはずだった。
しかし、ある新入社員の女性がネットを利用して解雇通告をしようと言い出し、彼の生活が一変する可能性が出てきた。彼は彼女を自分の仕事のデリケートさを説明するために同行させることにした。

時々、自分の意思ではなく、映画の方から「観て欲しい」とやってくる作品がある。「エリザベスタウン」や「世界の中心で愛を叫ぶ」など、個人的にはあまり興味のないジャンルなんだけど、なんとなく劇場に足を運び、私の心を思いっきり潤してくれる・・・そんな作品に時々出会う事がある。それは決して傑作と呼ぶには程遠い作品なんだけど、その時の乾いた私の心を見事に捕らえてくれるのです。この「マイレージ、マイライフ」という作品もそんな作品の1つでした。

正直、映画を観る前に思っていた展開とは少し違いました。ジョージ・クルーニー演じる主人公が人生の岐路を向かえ、変わっていく様を観客に見せてくれるのだろうと思っていました。しかし、彼の人生は特に変わるでもなく、これからも続いていくのでしょう。
それが、この映画の評価を落とすことにはなりませんでした。
このお話はこれでいいんだと妙な説得力で納得させられてしまうのです。

作品の評価は★★★★☆です。おそらく今の精神状態の私にピッタリの作品だったのでしょう。奇抜な設定や度肝を抜かれるエンディングなんて無いのですが、心に響く作品でした。疲れて道に迷っている時に鑑賞すると、心が癒される。そんな作品でした。

それにしても、ジョージ・クルーニーはこんな役がピッタリですね。

マイレージ、マイライフ [Blu-ray]
ジョージ・クルーニー,フェラ・ファーミガ,アナ・ケンドリック
角川書店


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (1)

グリーン・ゾーン

2010年05月16日 23時27分38秒 | 作品名(か行)
第184回「誰に薦めるべき映画なのでしょうか?」

主演マット・デイモン、監督ポール・グリーングラス。あの「ボーン・アルティメイタム」のコンビが再びタッグを組んだと聞けば、過大な期待をしてしまってもしょうがないとは思いませんか?今夜の作品は「グリーン・ゾーン」です。

時は2003年イラク。アメリカは大量破壊兵器をイラク政府が隠しているとして、イラクに戦争をしかけた。ロイ・ミラー率いるMET隊は、大量破壊兵器を探し出すことを任務としていたが、隠し場所の情報が入る度に現場に急行するが、大量破壊兵器を見つける事は出来ずにいた。彼はある疑問を抱きつつあった。「本当に大量破壊兵器は存在するのか?」しかし、それはアメリカのイラクに対する戦争の大義名分を否定することになる。疑念を抱きつつも一軍人としての任務を遂行していた。
ある日、彼の隊が現場に赴くとイラク人の男性がある場所でイラク政府高官が密会をしているとタレコミをしてきた。銃撃戦の末、捉えた捕虜を尋問していると、いきなり別の隊が捕虜を連れ去ってしまう。その不審な行動に彼の疑念は確信へと変わり始め、独断で調査を始めた。国防総省、CIAが入り乱れる中、そこで彼が見たものとは・・・

当初、私は無骨な男達の戦争政治人間ドラマだと思っていました。男性向けの重厚なドラマを期待していました。だから、このブログでは女性向きでない作品でしたと書く事になるだろうと思っていました。
確かに戦争政治ドラマではあったのですが、色んな事がアッサリし過ぎているような印象を受けました。テーマは「大量破壊兵器はあったのか?」というイラク戦争そのものを否定しかねない事象なのに、結末や黒幕がハッキリ描かれていないのです。

グリーングラス監督の手腕は評価すべきだと思います。ハンディカメラを多用し、画面は見づらくなっていましたが、緊迫感のある映像を観客に見せることに成功しています。1番の問題は脚本だったと思います。
イラク戦争というノンフィクションの中に、今作のフィクションを織り込んだまでは良かったのですが、ノンフィクションが根本に存在する以上、それ以上のフィクションは存在し得ない。観ていてそんな風に思ってしまいました。

最近、Nさんに「しんちゃんの評価は厳しいからなぁ・・・」と言われたばっかりなのですが、この作品にも厳しい評価をつけてしまうことになりました。★★☆☆☆です。
決して駄作ではなかったのですが、誰にこの映画を薦めたらいいのか悩んでしまった自分がいました。そう考えると高い評価をつけられないだろうなと思った作品でした。

グリーン・ゾーン 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】
マット・デイモン,グレッグ・キニア,ブレンダン・グリーソン,エイミー・ライアン
ジェネオン・ユニバーサル


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

運命のボタン

2010年05月09日 21時49分33秒 | 作品名(あ行)
第183回「難解なパズルを解かされて、挙句の果てに・・・」

今夜の作品「運命のボタン」は数ヶ月前に映画館で予告編を観た時に「これは面白そうだ。どんな展開で、どんな結末になるのだろう?」と色々な想像をしてワクワクしたのを覚えています。だから、簡単なストーリー以外の余計な情報は入れずに映画館に行って、その展開を楽しもうと思っていました。若干の不安はありましたが・・・

物語はある夫婦のもとに、ある日突然に箱が送られてくる。その中にはボタンが入っている。夫婦は「何なのか?」と困惑していると、ある男が家を訪ねてくる。その男は夫婦にある提案を持ちかける。
「このボタンを押せばあなた方に1億円を現金でプレゼントします。しかし、世界のどこかで見知らぬ誰かが1人死ぬことになります。押すか、押さないかはあなた方次第。押さなければこのチャンスは別の人に届けることになります。誰かにこの事を話せば、その時点で権利は消滅します。期限は24時間後。」とそれだけ告げると男は帰って行きました。果たして夫婦が下す決断は?

と、ここで考えました。ボタンを押して大金をもらうだけで映画が成り立つわけがない。押した後に起こる出来事にこの映画の面白さが隠されているのだろうと思っていました。
その考えは間違ってはいませんでしたが、お話が中盤から終盤に進むにつれて、私は頭を傾げずにはいられませんでした。
だって、映画を観る前まではサスペンス物だと思っていたのです。ところがお話が進めば進むほど、その演出の異様さは際立ってきて、まるでスタンリー・キューブリック監督の映画をみているようなモヤモヤした感覚を覚えずにはいられませんでした。

当初、サスペンスかと思っていたこの作品は気がつけばSFホラーへと変貌していました。ネタバレになるのであまり話せませんが、良くSF映画に登場する「彼ら」が事件の鍵を握っているようです。「いるようです」というのは劇中ではハッキリとは描かれないのです。そのハッキリしない感じは、結局エンディングまで続いてしまうことになります。
ホラー映画によくあるモヤっとした感じの終わり方が好きな人にはいい映画かも知れませんが、私はああいうのは好きではありません。

だから、点数は★★☆☆☆となりました。ストーリーとしてのプロットは良かったのに、彼らの登場で何でもありになってしまい、どんな理不尽な設定もありとしてしまえば、どう終わらせることも出来てしまいます。個人的な感想ですが、それはとてもアンフェアだと思います。
結局、この映画が伝えたかったのは何だったのか、わからないまま映画は終わってしまいました。まるで難解なパズルを作れと言われたのに、最後の2ピースが見つからなかったような不快感を味わってしまう作品でした。

数々の疑問が残りましたが、最大の疑問はどうしてキャメロン・ディアスはこの作品に出ることにしたのでしょうか?

運命のボタン [Blu-ray]
ジェームズ・レブホーン,サム・オズ・ストーン,ジェームズ・マースデン,ホームズ・オズボーン,キャメロン・ディアス
ジェネオン・ユニバーサル


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

アリス・イン・ワンダーランド

2010年05月02日 23時57分49秒 | 作品名(あ行)
第182回「不思議の国へ訪れたのはいいけれど・・・」

今夜の映画は「アリス・イン・ワンダーランド」を今頃ですが鑑賞してきました。ティム・バートン監督とジョニー・デップが7度目のタッグを組んだ作品。かなり前だと、決して万人向けとは言いがたい作品を作っていたティム・バートン監督ですが、最近ではかなり上手に作品を作るようになって来たなぁ。と思っているのは私だけではないはずです。おそらく、映画会社や配給会社の目を意識しているんでしょうねぇ・・・
興行的に成功する作品を作っては、その間に自分の本当に作りたい作品を作る。そんな作り方が見え隠れしていますが、この作品は恐らく映画会社や配給会社が満足する作り方をした作品でした。なんせウォルト・ディズニーですからねぇ。

物語は「不思議の国のアリス」から13年が過ぎ、19歳になったアリスはかつて自分が不思議の国に行ったことはスッカリ忘れてしまい、思春期を過ぎてはいたが大人になりきれずにいた。父親が経営していた会社は、父の死後に別の人間に経営権は移り、その息子との結婚がアリスの知らないところで進められていた。
突然のプロポーズに驚いたアリスはその場を逃げ出してしまう。すると目の前に服を着たウサギがいた。無意識のうちにウサギを追うアリス。木の根元にある穴まで来た時に足元が崩れ、深い穴に落ちてしまう。
落ちた先には暴虐の女王「赤の女王」が支配する、かつてのワンダーランドの変わり果てた姿があった。気がつくと伝説の救世主に祀り上げられたアリス。彼女はワンダーランドを救うことは出来るのか?

多くの人が知っている「不思議の国のアリス」の後日談(完全オリジナル)をティム・バートン監督らしい映像美と常連キャストで見事に描いています。その見事さは、前述しましたが映画会社や配給会社が満足するような「万人受け」するような見事さで、私を満足させる作品ではありませんでした。
ストーリーがものすごくテンポ良く進み過ぎてしまって、劇中のキャラクターの心の機微や、アリスの心境の変化などが薄っぺらく感じてしまいました。
なぜ「赤の女王」が暴政を振るうようになったのか?や白の女王との確執。アリスがワンダーランドの事を思い出し、自分の置かれた立場に向かい合うまでの細かい部分を簡素に描き過ぎてしまったために、あっという間に物語は過ぎてしまい、気がついたら終わっていたという印象を受けました。

点数は★★★☆☆です。決してつまらない作品ではありません。ゴールデン・ウィークに家族で観るにはピッタリの映画だと思います。個人的な感想として、もっと深く時間をかけて描いていいところがアッサリとしていたのが残念でした。

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ジョニー・デップ,ミア・ワシコウスカ,ヘレナ・ボナム=カーター,アン・ハサウェイ
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (1)