しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

2016年11月13日 23時09分43秒 | 作品名(さ行)
第414回「配給会社さん・・・だから言ったのに・・・」
このブログで何度も話題にしている「トム・クルーズ=名プロデューサー」説ですが、それを証明する新シリーズが今回の作品です。「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」です。前作「アウトロー」の続編で元軍人のジャック・リーチャーが巨悪を相手に1人で戦いを挑むというアクション映画の第2弾です。もう一度いいます、「アウトロー」の続編です。

元アメリカ軍の優秀な秘密捜査官だったものの、今では軍を辞めて、街から街へとあてもなくさまよう生活を送っているジャック・リーチャー。とある街で人身売買に加担していた保安官を捕まえて、いつものように街を離れた。ある日、彼は元同僚であったターナー少佐を訪ねるためにワシントンへと足を運ぶが、到着した時には彼女はスパイ容疑がかけられて逮捕されたことを知る。彼女がなんらかの罠にかけられたと思ったリーチャーは彼女が留置されていた施設から救い出して、共に事態の真相を追い始める。すると軍内部に不穏な動きのあることをつかむが・・・

まずは映画の内容について、前作はジャック・リーチャーの一匹狼感を強調するためなのか、基本的に行動は1人で行い、彼の強さを前面に押し出した演出でした。それは前作の監督がクリストファー・マッカリーだったせいもあるでしょう。アクションを全面に押し出し、ハードボイルドなジャック・リーチャーは観ていてワクワクする一方で、もっと人間味があってもいいかな?と思ってみていました。今作は監督が「ラストサムライ」でトムと一緒だった、エドワード・ズウィックに変更されました。そんな彼がメガホンを取り、脚本も務めたことで、いい意味で深みがあるバディムービーとなっていました。(正確には3人ですが)
前作のハードボイルドさは薄くなったものの、女性2人と行動を共にするジャック・リーチャーはとても人間味に溢れ、また彼のウィークポイントともなり、物語に深みを与えることに成功していたと思います。プロデューサーを務めるトムの手腕は成功したと言っていいでしょう。

点数としては★★★★☆です。マイナス点としては前作もそうだったのですが、悪役の存在です。今作では黒幕があっさりと逮捕されてしまい、しかも悪あがきもしないという点がマイナスでした。やはり魅力的な悪役は必要不可欠だと思います。それでもお話のテンポはいいし、緩急の付け方もお見事でした。伏線もキチンと回収されていましたしね。原作はまだまだたくさんのエピソードがあるそうなので続編を期待しています。ジャック・リーチャーというキャラクターは知れば知るほど魅力的なキャラクターなのかもしれません。

最後に一番の問題点だったタイトルについてです。前作の原題は「ジャック・リーチャー」でした。それを日本公開時に配給会社は邦題を「アウトロー」としました。前作のブログでもいいましたが、日本人が耳にしたこともないキャラクターの名前を冠した原題をわかりやすいものに変えようとの考えは理解できますが、この作品は続編の製作を前提にトム・クルーズが見つけてきた物語であることは容易に想像出来ました。それなのに前作で変えたタイトルを配給会社は「アウトロー2」とはせずに原題をそのまま使うことを選びました。その影響は大きいと思います。
この作品を紹介したテレビなどでは、トム・クルーズの新作と紹介しますが、アウトローの続編という紹介を見たことはありません。(自分調べですが)タイトルが違うことでの弊害はまだまだあります、店頭などでDVD化した際にはこの2作品が一緒に並ぶことはありません。(あいうえお順の為)

かつてスティーブン・セガールの「沈黙の戦艦」と「暴走特急」が同じキャラクターが主人公なのにというケースがありました。皆さんはこの2作品が関連作だったと知っていましたか?彼の作品の場合は関連性も無いのに「沈黙の○○」と付く作品ばかりにしてしまいましたが・・・それくらいタイトルとは重要なのです。作品の感想よりもタイトルについての文句のほうが多くなってしまいました(笑)もっと慎重にタイトルをつけてほしかった。

アクション映画としては及第点の作品です。今後の展開に期待しています。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
トム・クルーズ,コビー・スマルダース,ダニカ・ヤロシュ,ロバート・ネッパー,オルディス・ホッジ
パラマウント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (1)

デスノート Light up the NEW world

2016年11月06日 22時34分10秒 | 作品名(た行)
第413回「結局、誰に向けて作られた作品だったのか?」
かつて週刊少年ジャンプで連載していた「デスノート」。すでに週刊購入を止めていた私は連載されているのは知っていましたが、未読のまま前作の映画「デスノート」が公開されるという話を聞きました。それから興味を持って原作を読んだのですが、少年誌の連載とは思えないほどのダークな内容と会話劇、緻密な絵に加えて、奇抜な展開とヒットの要因を納得する内容でした。なので今夜の作品「デスノート Light up the NEW world」の製作を知った時は、前作以上の作品は無理だろうと思っていました。しかもオリジナルの脚本だなんて・・・

かつて死神が持つデスノートが人間界に落ち、それを拾った夜神月が多くの人間を殺し、理想の世界を作ろうと画策した。しかし、その企みは世界的名探偵Lの命を懸けた活躍によって阻止された。その事件から10年が経過した。再び世界では次々と人が死因不明によって死んでいく事件が多発していた。再び世界にデスノートが放たれたのだ。日本では以前の事件後から密かに活動を続けていた「デスノート対策班」が正式な対策本部となり、デスノートの所有者「新生キラ」を追いかけていた。デスノートオタクであらゆる情報を調べていた三島創は対策本部の中心となってキラを探していた。さらにはLの後継者として活躍していた探偵・竜崎もデスノートを探していた。そんな時、渋谷で次々と人が死んでいく無差別事件が起きる。デスノート所有者と思われる容疑者を追いつめるが犯人も突然、命を落とす。犯人自身も死をデスノートに書かれていた。対策本部が手に入れたデスノートに触れたことで死神から、人間界に6冊のデスノートが持ち込まれた事が明らかになる。やがて多くの人々を巻き込んだデスノート争奪戦が始まるのだった。

ツッコミ所が多過ぎて、どこから話したらいいのやら・・・。原作がすでに「死神」や「デスノート」「世界的名探偵」などという荒唐無稽な設定なのだから、それを生かそうとすればこうなるということなのだろうか?個人的には原作はその荒唐無稽さを細かいルールや伏線などで説得力のあるものに作り上げていました。このオリジナルストーリーはどこかで聞いたような設定、前作を真似たようなトリック、わざとらしいセリフなど、期待していた私の気持ちはどんどん盛り下がっていきました。

「6冊のデスノート争奪戦」などと大風呂敷を広げたものの、結局はあっさりと4冊は集まってしまい、残りの2冊も所在は近くにある。さらに6人(6体?)いるはずの死神は3人しか登場しないという、なんとも中途半端なものになってしまいました。もちろん、6人全てが登場し、所有者全員がとてつもない頭脳を持った人間だったら、2時間の上映時間の中での解決は出来ないでしょう。そういう意味では最近良くある、無意味に2部作にせずに一応の完結を見せたことは評価すべきなのでしょうが。

作品の点数としては★★★☆☆です。上映時間中に睡魔に襲われることはなかったので、それなりに面白かったのだと思います。ただ冷静になって考えれば考えるほど、粗が目立ってしまい、あそこはどうなの?あれはどうなの?と色々と考えてしまいました。そういう意味では誰かに薦めたいと思える作品ではありません。では製作陣は誰に見せたいのだろうかと考えてしまう作品でした。

可能であったのなら、原作者の大場つぐみに脚本を頼むとか、忙しければ共同にするとか、なんらかの形で参加させるべきだったのでは?と思いました。せっかく面白い世界観・設定なので、とても残念でした。

デスノート Light up the NEW world [Blu-ray]
東出昌大,池松壮亮,菅田将暉
バップ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (4)