しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

■15時17分、パリ行き

2018年03月21日 14時49分49秒 | 作品名(さ行)
第448回「決してマネはしないでください。」
正直、公開1週間前までノーマークでした。さらにその映画の存在を知ったあともそれほど観たいと思える作品ではありませんでした。そんな私の気持ちを一転させたのは、とある予告編でした。おっと、先に作品名を言わないと・・・今回の作品は「15時17分、パリ行き」です。名優クリント・イーストウッドが監督を務め、「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」に続く、実話物である。監督だけで興味をそそられる人もいるだろうが、私が一番興味を持ったのはキャストだった。とあるテロ事件を基に作られているのだが、登場する3人の主人公を実際に事件に遭遇した3人がそのまま本人役で登場するというのだ。もちろん彼らは役者ではない。前作の「ハドソン川の奇跡」でも事故の当事者を出来るだけ呼んで、当時の状況を忠実に再現しようとしたという話は聞いたが、事件の当事者がそのまま本人役で映画に出演するなんて、聞いたことがない。まさに前代未聞の挑戦だ。俄然、興味が湧いてきた。

2015年8月21日、アムステルダムを出発しパリへと向かう高速鉄道タリス内で事件は起こった。自動小銃を持ったイスラム過激派の男が列車内で発砲し、乗客にケガを負わせた。その列車に偶然乗り合わせたアメリカ人旅行者のスペンサー、アンソニー、アレクの3人は臆することなく犯人に立ち向かい、大量虐殺テロを未然に防ぐことに成功した。

上記のあらすじを見てもわかるように、すでに事件は解決し、映画を観なくても、結末がどうなるのかはわかってしまう。(私はあえて調べなかったが)前作「ハドソン川の奇跡」でも言ったが、すべての結末がわかっている状態で観客を席に留めさせるのは、とても難しいと思う。その辺りの演出は「さすが、クリント・イーストウッド監督!」と思わせてくれるくらい見事でした。上映時間も94分と短く、事件そのものはあっという間に解決する。それでも時間軸を見事に使い、観客を飽きさせない作りになっていました。

さらに主演した3人について、実際にアメリカの国内の反応はわからないが、日本人である私が見る限りでは彼らの演技に違和感は覚えなかった。とても自然に演じていた。それにしても事件の当事者を、再び事件を思い出させることすら嫌がる人がいる中で、出演させてしまうとは、演じた彼らが凄いのか?出演させた製作陣が凄いのか?

作品の点数としては、★★★★☆です。観る人に間違えないでほしいのは、この作品は「テロに遭遇したら、みんなで犯人に立ち向かいましょう。」という映画ではないということ。映画を観ればわかるが、彼らはとても運が良かっただけだ。もちろん何もしなければ、もっと大勢が殺されていただろう。たまたまアレクとスベンサーはアメリカ軍人であり、格闘技の訓練を受けており、銃器の扱いにも精通していたというバックボーンがあったから、とっさの出来事にも立ち向かうという判断が下せたのだと思う。日本で同じようなテロ事件が起こることは限りなく少ないと思うが、犯人に立ち向かおうとは思わないほうが賢明だと思う。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント   この記事についてブログを書く
« ■ブラックパンサー | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(さ行)」カテゴリの最新記事