しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

劇場版SPEC~天~

2012年04月29日 18時25分52秒 | 作品名(さ行)
第263回「あの演出をどれだけ受け入れられるかどうか」

最近、よく見かける光景がある。今回の作品「劇場版SPEC~天~」などのように、テレビドラマから映画化された作品に出演している俳優さんが宣伝のためにバラエティに出演し、こんなセリフを言う。「ドラマを観ていない人も、この映画から観ても十分楽しめますから、是非映画館に足を運んでください。」と。そんなセリフのほとんどは嘘であると私は思う。1クールという時間の中で描かれた世界観とキャラクターをテレビシリーズを観ずに劇場へ足を運んだ人にどれだけ伝えられるだろうか?私個人的にはほとんど無理だと思っています。特に今回の「劇場版SPEC~天~」のように観る人を選ぶ作品ならなおさらです。

通常の捜査では解決できない特殊な事件を専門に扱う部署「警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係」・・・通称「未詳(ミショウ)」の特別捜査官、当麻紗綾と瀬文焚流。スペックホルダーと呼ばれる特殊能力者による数々の難事件を解決してきた2人の前に、海上のクルーザーから大量のミイラ死体が発見されたという知らせが届く。それはかつて未詳にいた捜査官を殺したスペックホルダーの能力によるものだった。捜査を進めるうちに当麻の前に死んだはずの一十一(にのまえじゅういち)が姿を現す。彼は仲間を集めて自らが日本を支配するため、権力者達を次々と殺害していく。当麻と瀬文は一を止めることはできるのか?

この作品の監督である堤幸彦という人は作品によって、かなり演出に偏りのある人だと私は思う。なかでも「ケイゾク」「トリック」そしてこの「SPEC」という作品は監督が楽しんで作っているのと同時に、観る人をかなり選ぶ作品ではないでしょうか。
もちろん、大筋の話はとても魅力的で真面目に作られているのですが、その合間に起こるギャグやセリフなど、大真面目にストーリーに集中しようと観ている観客を嘲笑うかのように、数々のおかしな出来事が巻き起こっていく。その演出をわかっていない(この作品が初見の人など)人などは、どう受け止めていいのか困らないのだろうかと、余計な心配をしてしまう。だからこそ、冒頭で述べたようにこの劇場版から観ようとする人が、純粋にこの作品だけ観て楽しめるはずがないと私は思ってしまう。そのくらいストーリー、演出ともに独特な世界観が展開される作品なのである。それが魅力的で多くのファンを獲得しているのも間違いない事実ではあるのですが・・・

スペックホルダーと呼ばれる特殊能力者達も、その特異な能力を発揮しようとする時の間抜けなポーズや掛け声など、重厚なストーリーとは裏腹にそのバカバカしさに、それを理解しているはずの私でさえ、「それ本当に必要か?せっかくの世界観を壊してないか?」などと心配しながらの鑑賞となりました。意味不明の登場人物や展開なども多くありましたしね。

点数は★★★☆☆です。堤幸彦演出をある程度理解している私がこの点数なのですから、初めてそれに触れる人にとっては「なんだろうなぁ?」と首を傾げてしまうことも多々あることでしょう。もしドラマから観ていないのであれば、いずれ放送されるであろう地上波を待ったほうが賢明だと思います。

それにしても「絶対にSPEC~欠~なんてやらねぇからな!」なんて言ったって、まだまだ未回収な伏線が何本もあったり、飛ぶ鳥を落とす勢いのあの若手俳優を顔すら映さないあんな贅沢な使い方をしたりと、思いっきり続編を意識した終わり方ですから、おそらく完結編があるんでしょうねぇ。

タイトルは「劇場版SPEC~訣~」なんてどうでしょう。

【ランキングに登録しています。クリックにご協力を】


劇場版 SPEC~天~ Blu-ray プレミアム・エディション(仮)
戸田恵梨香,加瀬 亮,伊藤淳史,栗山千明,でんでん
TCエンタテインメント
コメント   トラックバック (2)

バトルシップ

2012年04月22日 16時20分44秒 | 作品名(は行)
第262回「いい意味でお話のスケール感が一致した作品でした。」
いや~すっかりご無沙汰してしまいました。実は左足膝下を「疲労骨折」なるものになってしまい、約1ヶ月に渡って松葉杖生活を送っておりました。そんな状態もなんとか抜け出すことができ、思いっきり渇望状態だった映画鑑賞に久しぶりに行ってきました。そんな状態の私が観たかった作品・・・それは「バトルシップ」です。
SF好きな私としてはどうしても観ておきたかった作品。予告編を見る限りではB級感満載ですが、それでもギネス級の赤字と噂のあの作品や、無駄に3Dを使ったギリシャ神話のあの作品よりはと思っての鑑賞でした。

2005年、人類は遠く離れた別の太陽系に地球と同じく水と大気を持つ惑星を見つけた。生命体が存在する可能性を感じたアメリカは「ビーコン・プロジェクト」と呼ばれる計画を実施。その星に向けて信号を送り始めた。そして時は現在。アメリカや日本など、各国の護衛艦がハワイ沖に集まって大規模な軍事演習が行われようとしていた。アメリカ海軍の新人将校アレックス・ホッパーは、日本の自衛艦の艦長ナガタをライバル視しながら演習に参加。そんな最中、沖合で正体不明の巨大物体が墜落したとの連絡を受ける。ビーコン・プロジェクトによる人類からの友好的な呼びかけに応じて現われたエイリアンの母船だという科学者たちの推測に反し、彼らは突如として謎の武器で攻撃を仕掛けてくる。
アレックスの兄ストーンの乗った護衛艦が撃沈され、部隊で最上官となってしまったアレックス。生き残った彼の部隊に対抗する力は残っているのか?そして人類の運命は?

今までの「エイリアン侵略物」というと私の中では「インデペンデンス・デイ」のイメージが強かったのです。全世界を巻き込み、多くのキャラクターが登場し、人類の存亡を賭けた戦いが繰り広げられるというもの。パニック映画の要素も含まれているところが好きでした。ところが昨年あたりから、「スカイライン‐征服‐」や「ロサンゼルス決戦」などパニック映画の要素が薄い、ごく小さな範囲で起こる戦いを描いた作品が増えてきていました。この「バトルシップ」という作品も、そんな作品の1つでした。

物語が展開するのはハワイだけ、敵も先遣隊らしき部隊だけ、事件も翌日には解決とかなり規模が小さく描かれています。映画の内容だけでなく、出演陣も同様でした。ユニバーサル映画100周年記念作品と銘打たれていますが、ベテランは総督役のリーアム・ニーソンくらいで、主演のテイラー・キッチュも今後を期待されてはいますが、まだまだ若手。日本から参加の浅野忠信も扱いは若手同然でしょうし、映画初出演のリアーナなど数年後には大活躍を期待できる俳優が多く出ていますが、派手さに欠ける印象は拭えないでしょう。それでもその規模の小ささが悪いというのではなく、いい方向へ出ていたのではと評価しています。

エイリアン側の宇宙船や、まるでアイアンマンのような戦闘服、その中身であるクリーチャーの造形なども、色々細かいところまで設定されていてなかなか良かったと思います。SF好きにはなかなか見応えのある作品だったと思います。

点数は★★★★☆です。主人公であるアレックスの無鉄砲な性格を表すために冒頭に軍隊に入る前のエピソードがありましたが、あれは後になってから劇中でも表現できたと思います。それと浅野忠信演じるナガタ艦長が艦長らしからぬ行動が多いのも、日本人というキャラクターをうまく描けていないためでしょう。

それにしても、ますます宇宙人の襲来が近づきつつあるのでしょうか?(笑)

【ランキングに登録しています。クリックにご協力を】


バトルシップ Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)
テイラー・キッチュ,浅野忠信,ブルックリン・デッカー,アレキサンダー・スカルスガルド,リーアム・ニーソン
ジェネオン・ユニバーサル
コメント   トラックバック (9)