しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

アトミック・ブロンド

2017年11月14日 22時32分44秒 | 作品名(あ行)
第441回「世界観を貫いたのはいい事だけど・・・」
ツイッターのアカウントへプロモーションとして、予告編が送られてこなければ観に行こうとは思わなかっただろう。それくらい作品の知識は無かった。シャーリーズ・セロン主演のアクション映画が公開されるのは知っていたが、まったくノーマークだった。今回の作品は「アトミック・ブロンド」です。

舞台は東西冷戦末期の1989年、ベルリンの壁が崩壊直前のドイツ。世界中に潜伏するスパイの極秘リストを隠し持っていたエージェントが何者かによって殺され、リストが奪われてしまう。リストの奪還と、裏切り者の二重スパイ「サッチェル」を見つけ出すよう命じられたMI6の凄腕の女性諜報員ロレーン・ブロートンは、各国の思惑がうごめくベルリンへと降り立つ。すでに以前から潜入調査をしていたデヴィット・パーシヴァルと合流し、任務を開始した彼女だったが、リストを手に入れようとベルリンではMI6、CIA、KGBなど各国のスパイが入り乱れ、争奪戦が繰り広げられていく。

最初に気になったのは日本の配給が角川で、アメリカでの配給会社及び製作会社が初めて聞くところだった。その段階で「これは壮大なB級映画なのかも?」と心配になった。主演はオスカー女優のシャーリーズ・セロン。協力者パーシヴァルを演じるのはジェームズ・マカヴォイ。脇を固める俳優陣も有名な人が揃っており、決してB級感は感じられませんでした。物語もスパイ映画独特の緊張感もあり、カーチェイス、派手なアクションシーンも満載で、新たな女性スパイ物映画としてシリーズ化を狙いたい思惑はわかります。

じゃあ面白かったのか?と聞かれると、まずは「最初のエピソードなのに複雑にし過ぎ。」と答えるでしょう。とにかく登場人物が多過ぎる。こういうジャンルの映画は誰が味方で誰が敵なのか?誰が本当の事を言い、誰が嘘を付いているのかを楽しむのが良いところだと思っています。だからこそ人数を絞り、その展開を観客に楽しませることが大事なのですが、この作品は第1作目でキャラクターや人間関係も理解出来ていないにも関わらず、とても多くのキャラクターが登場します。少ししか登場しない悪役や、情報屋などを含めると10人を超えてしまう。正直、私は鑑賞中に最初の「リスト奪還」と「サッチェル探し」を忘れてしまっていました。次々と登場する人物の顔と名前を一致させるだけで精一杯でした。

さらに舞台となったベルリンの壁崩壊前の1989年のドイツという設定にも疑問符が付きます。ネットで調べるとどうやらグラフィックノベルの実写化ということなので、それを忠実に守ったのかも知れませんが、日本人である私には当時のベルリンの状況がどれだけ混乱状態であったのか知る由もありません。さらにスマホも携帯もない時代。だからこそスパイが暗躍できたのでしょうが、なぜそんな時代設定だったのだろうと、ずっと考えてしまいました。

そんな風にいくつか低評価な部分を書きましたが、評価は★★★☆☆です。スパイ映画としての面白さは十分にあったし、アクションシーンも見事でした。だからこそ上記で述べたキャラクターの多さと脚本の複雑さをもう少し考えていれば、胸を張って「新たなスパイアクション映画の誕生だ!」と言えたのだろうと残念でなりません。演じていたキャストは脇に至るまで豪華だったので、あと少しだったと思います。それでもシリーズ化するのかな?

アトミック・ブロンド [Blu-ray]
デヴィッド・リーチ
Happinet


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« マイティ・ソー バトルロイヤル | トップ | ジャスティス・リーグ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(あ行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

アトミック・ブロンド  監督/デヴィッド・リーチ (西京極 紫の館)
【出演】  シャーリーズ・セロン  ジェームズ・マカヴォイ  ジョン・グッドマン  ソフィア・ブテラ 【ストーリー】 イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をと......
アトミック・ブロンド (ネタバレ映画館)
ハイヒールとウォッカ