しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

風立ちぬ

2013年07月21日 21時46分34秒 | 作品名(か行)
第315回「大人のための恋愛ファンタジー映画」
「ジブリ映画=宮崎駿は大好きです。」とこう前置きしておきます。そう前置きしたうえで「最近のジブリ映画はあまり好きではありません。」劇場で鑑賞したのは「ゲド戦記」を最後に劇場から足は遠のいていました。そんな私が今回の作品「風立ちぬ」を観に行ったのは、テレビで「笑ってコラえて」のジブリ特集を観てしまったからです。たとえどんなに駄作な映画だったとしても、それを作っている人達には大きなこだわりと情熱がある。映画ファンの私はそんなことは百も承知しています。そんな特集を観てしまえば、それを確認しに劇場へ行きたくなってしまいます。まんまと日本テレビの思惑に乗せられてしまいました。

舞台は大正から昭和にかけて、関東大震災や世界大戦など激動の時代を辿ることになる日本。子供の頃から飛行機の魅力に引き込まれ、猛勉強の末に飛行機技師となった堀越二郎は就職した飛行機製造会社で日本軍から依頼を受けた軍用機の開発に携わっていた。試行錯誤の末に作り上げた機体だったが、試験飛行で失敗してしまう。傷心の二郎は仕事の疲れを癒すため避暑地を訪れていた。そこで10年前の関東大震災の際に出会った里見菜穂子と再会する。2人が恋に落ちるのにそれほど時間はかからなかった。結婚を誓い合う2人だったが、菜穂子は結核を患っていた。療養の為に高地の療養所へ入院する菜穂子。新たな軍用機の依頼を受け、開発主任として奔走する二郎。結婚はしたものの2人は別々の時間を過ごしていた。やがて運命は過酷な試練を与えていく。

実在の人物である堀越二郎と堀辰雄という2人をモチーフに描かれた作品。いい意味でも悪い意味でも宮崎駿らしい作品でした。飛行機が本当に好きなんだというのがスクリーンから伝わってきます。ただストーリーと演出に関してはかなり解りづらくなっていました。物語の途中で何度も挿入される「夢」のシークエンス。特にテロップなどが入らず経過していく時間軸。一体、いまが何年なのか?前のシーンから何年が経過したのかは、小道具やセリフから観客は読み取っていくしかありません。個人的には親切になり過ぎのテロップとか場所などの説明はいらないと思っています。劇中のシーンの中から読み取っていくのは決して嫌いではありません。しかし、この作品は途中に「夢」のシーンを挿入し、不可思議な世界を登場させているので多少の説明は必要なのでは?と思いました。

全体的なお話はとても優しく時間とストーリーが流れていき、見やすくなっていますが、夏休みを利用して家族で観に行こうと思っている方がいるのなら、この作品はおススメしません。タイトルにも書いたように子供向けの作品では無いからです。小さなお子さんでは上映時間126分は長いと思います。あくまで難しい演出と奥深い恋愛が理解できる大人向けの作品です。

声優陣についてもある心配がありました。ジブリ作品には俳優さんをキャスティングすることがほとんどですが、以前のブログにも書いたと思いますが、ド素人を選んでしまうと声が浮いてしまい違和感だけが残ってしまいます。ジブリ作品には上手な人が多いのですが、今回は主役の堀越二郎をあの庵野秀明が演じていると聞いて、「思いっきりド素人じゃないか!」と心配していました。心配していたとおり、決して上手とは言い難い状態でした。が堀越二郎というキャラクターには合っていたように思います。それ以外は完璧でした。あとでキャスティングを確認しないとわからないくらいに。

点数は★★★☆☆です。ジブリ映画としてある一定の基準はクリアしているとは思いますが、評価は観る人によって分かれると思います。解りやすい展開や明確な答えを求める人にはおススメできない作品です。

最近はすっかり守りに入った感のある宮崎作品ですが、「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」みたいな冒険活劇が観たいです。(もう何度も書いてるな・・・)

風立ちぬ [Blu-ray]
スタジオジブリ
スタジオジブリ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (17)

モンスターズ・ユニバーシティ

2013年07月07日 22時26分39秒 | 作品名(ま行)
第314回「新たに描かれたエピソード。それは彼らの若かりし時代」
このブログを読んでくれている人なら、おそらく今回のブログが「モンスターズ・ユニバーシティ」であろうことは容易に想像ができたことでしょう。そう!その通りです。あの名作「モンスターズ・インク」の続編にして、前日譚である作品。ピクサー制作のアニメーション作品を私が見逃すわけにはいきません。相変わらず、字幕版ではなく吹替え版での鑑賞でしたが、声優に関してはなんの問題もない作品です。むしろあのコンビ以外では成り立ちません。

夜な夜な人間の子供達の部屋に忍び込み、寝ている子供を驚かして、その悲鳴をエネルギーに変えることで生活しているモンスターの世界。そこに暮らすマイクは幼い頃から「世界一の恐がらせ屋」になることを夢見ていた。そのエネルギー会社「モンスターズ・インク」に入る為の最短距離として選んだのが恐がらせ屋の名門「モンスターズ・ユニバーシティ」だった。念願の学校へ入学したマイクはこれで自分は世界一の恐がらせ屋になれるんだと確信していた。ところがそこにはモンスターの名家サリバン家のサリーを始めとする、生まれつき才能に恵まれたモンスター達が大勢いた。見た目の可愛さで後れを取っているマイクだが努力と根性で乗り越えようとするのだった。後にモンスターズ・インクで最恐と言われるサリーとマイクのコンビの若かりし姿がそこにあった。

正直、前作の「モンスターズ・インク」が傑作と呼ぶに相応しい見事な終わり方だったので、続編の話を聞いた時はどうなるのかと思いました。あのお話の続きを作るのは難しいだろうと思ったからです。ところが制作陣はいい決断をしました。それは時間軸を過去に戻すことでサリーとマイクの出会い・・・つまりエピソード0を描くことにしたのでした。その決断は正しかったと思います。前作の続きを描いていたとしたら、おそらくあの素晴らしいエンディングを台無しにしてしまっていたように思います。それくらい前作は見事に出来上がった作品だったのです。

では、今作の内容はどうかと言えば・・・残念ながら前作を上回ることは出来ませんでした。学生時代に時間軸を戻してサリーとマイクがどうやってモンスターズ・インクでトップとなっていったのか?を描いたのは良かったのですが、お話が思っていたよりも単調で、せっかく魅力的なキャラクター達が脇役も含め、たくさんいたのにそれを生かし切れずに終わってしまったように思います。わざわざ学校という場を舞台にしたのに、「恐がらせ大会」がメインになってしまい、ほとんど学生生活が描かれていませんでした。そのメインとなった大会内容も意味のわからない競技ばかりで、後でそれがどう繋がっていくのかがうまく描かれていませんでした。仲間になった4人もそれぞれの特性をもっと掘り下げて、各自の特技・特徴が生かせる競技だったら良かったように思います。

と色々と前作と比べて残念なところを書き綴りましたが、点数は★★★★☆です。前作を超えることは出来ませんでしたが、及第点は出せたと思います。名家の出身で偉そうだったサリーが成長していく姿や、マイクの挫折からの復活など、観ていて共感できる部分は見事に描かれています。家族連れで観に行くにはピッタリの作品だと思います。

さらに最後に苦言を。前作の悪役であるランドールが登場し、気の弱いルームメイトを演じているのですが、彼がどのようにして悪役になったのかも、もう少ししっかり描いて欲しかった。なんとなくは描かれるのですが、彼との深い因縁みたいなものがもっと描かれていたら面白くなっていたのかもなと思ってしまいました。

モンスターズ・ユニバーシティ MovieNEX [Blu-ray]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (8)