しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ボーン・レガシー

2012年09月30日 14時11分06秒 | 作品名(は行)
第281回「新たに現れたその男は、新たなシリーズと成り得るか?」

マット・デイモン主演で記憶を無くしたCIA工作員の戦いを描いたボーン3部作。テンポの良い展開と良く練りこまれた脚本で大ヒットしました。そんなシリーズのスピンオフ的作品「ボーン・レガシー」を観てきました。前シリーズにすっかり魅了されてしまった私としては、無闇に続編を作ってほしくないと思っていたので、期待半分不安半分という気持ちで劇場に足を運びました。

アメリカの平和の為に自らの存在を消し、殺人さえ厭わない暗殺者を育て上げる「トレッド・ストーン」と呼ばれたミッションによって生み出された男・ジェイソン・ボーン。彼が作戦中の事故で記憶をなくし、自らの存在を探す為に奔走していた頃と時を同じくして、同時進行させていた別の作戦「アウトカム」。ボーンの事件で他の作戦まで表沙汰になり、痛くもない懐を探られることを恐れたCIAは、世間が落ち着くまで作戦の中止を命じた。それはすでに育て上げた工作員を資料もろとも処分することだった。
雪山での訓練中だったアーロン・クロスも「アウトカム」の工作員だった。彼は常に2種類の薬を服用させられ、定期的に血液を製薬会社に送ることになっていた。いつものように山小屋での採血を済ませ、訓練に戻ろうとしたところへ突如、無人機によってミサイルが撃ち込まれる。間一髪でその攻撃を逃れたアーロンは自分の命を繋ぐ為に薬を手に入れようと山を下りる。ところが、その薬を作っている製薬会社でも事件は起きていた。

正直、続編というかスピンオフのこの作品の話を聞いた時は、前3部作があまりにも見事に出来上がっていたので、これ以上このシリーズをいじるのは世界観を壊すだけで良いことはないと悲観的な印象を持っていました。この映画を観るまでは・・・

で、観終わった今は、新たに作られたこの世界観にすっかり浸ってしまいました。とあるシーンやプロットなど、「あれ?どこかで見たことあるぞ」と思うところが、まったく無かったわけではありませんが、最初から最後まですっかり時間を忘れて楽しんでいました。

主演のジェレミー・レナーも見事にハマっていました。彼の持つ雰囲気が元軍人の工作員というキャラクターにピッタリでした。ほんの数年前まではちょっとヤンチャなイメージだったのに、ここ数年でグンと男っぷりを上げた感じがします。

そしてなにより評価すべきは脚本です。前3部作の脚本を手がけたトニー・ギルロイが脚本を担当し、今回は監督も務めています。「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」を監督したポール・グリーングラス監督が見事に2作品を仕上げただけに、ちょっと不安視していたのですが、ジェイソン・ボーン事件の裏側で起こっていた事件を、絶妙にリンクさせながら見事に描いてくれました。

点数は限りなく満点に近い★★★★☆です。映画冒頭のストーリーが多少わかりにくい点と、目新しいプロットではなかった点はマイナスですが、十分に楽しめる作品になっていました。ただ前シリーズを鑑賞していないと何が事件となっているのかが、わからないと思いますので、是非前シリーズを鑑賞してから、映画館へ向かいましょう。

エンディングでいつもの音楽が流れたときは思わずニヤリとしてしまいました。そして下世話な考えですが、ジェイソン・ボーンとアーロン・クロスの共演を考えてしまう自分がいました。どうやら、こちらも続編が決定したようなので、今から楽しみです。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】


ボーン・レガシー ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]
ジェレミー・レナー,レイチェル・ワイズ,エドワード・ノートン,アルバート・フィニー,ジョアン・アレン
ジェネオン・ユニバーサル
コメント   トラックバック (13)

バイオハザード5:リトリビューション

2012年09月16日 22時21分26秒 | 作品名(は行)
第280回「第5話 アリス救出大作戦の巻」

このブログで何度もゾンビ映画好きを公言していますので、今夜の作品「バイオハザード5:リトリビューション」もかなり楽しみにしていました。日本のゲームソフト「バイオハザード」を実写映画化した作品もすでに5作目を数え、一大シリーズと化していますが、映画としての出来は?と聞かれれば・・・

物語は前作「バイオハザード4:アフターライフ」の最後、アルカディア号をアンブレラ社の特殊部隊が急襲するところから始まる。壮絶な銃撃戦の果て、アリスは海に投げ出され意識を失ってしまう。気が付くとアリスはアンブレラ社の研究施設に囚われていた。
アリスに対して行われる執拗な拷問。そんなことが連日続けられたが、ある日、突然システムが停止し、独房の扉が開く。怪しみながらも外で出ると、そこはアンブレラ社がT-ウィルスを研究し、世界中に売り込むためにシミュレーションを行うことのできる巨大な施設だった。そこへアリスを救出するために現れたのは死んだはずのウェスカーの指令を受けた、かつての同僚のエイダ・ウォンだった。ウェスカーはアンブレラ社を打倒するためにアリスの持つT-ウィルスの抗体が必要だった。果たしてアリスはこの施設を脱出することができるのか?

とあらすじを見ていてわかったと思いますが、全世界を巻き込んだウィルス感染が進行し、パニックがあらゆるところで起こっているであろう世界で、アリスを研究施設から助け出すという、なんともお話が小さくなってしまいました。個人的な感想を書くと、3まではアクション色の強いゾンビ映画でした。ところが前作の4になると、ゾンビはあくまで飾りになり、すっかりただの派手なアクション映画になってしまいました。

さらに、広げた大風呂敷をいったんリセットするために、敷いてしまった伏線(日本を舞台にする点)を回収するプロットを無理やり入れるなど、前作あたりからちょっとお話に無理が生じてきています。そして、今作もその傾向は強まります。クローン技術というSFではよく用いられるプロットを使い、かつて作品に登場したキャラクターが総登場します。気に入っていたキャラクターが再び見ることができるのは嬉しいのですが、お話の流れや設定までを無視したやり方では、観ていても感情のやりように困ってしまいます。死んでも代わりがいくらでも現れたのでは、キャラクターへの愛着も薄まってしまうというもの。

どうやら次の6作目で完結みたいなので、4から6作目で大きな1つのお話と考えるのがいいのかも。出来るのなら、きちんと終わらせてもらいたいと願っています。

ゾンビ映画はジョージ・A・ロメロが描く世界観が1番いいのでは?と改めて思ったゾンビ映画ファンなのでした。

点数は★★★☆☆です。ずっとこのシリーズを観てきている人なら、問題なく楽しめる作品だと思いますが、面白そうだと初めて観るには向いていない作品です。

やっと登場したレオン・S・ケネディも、無精ひげのゴツい男になっていて、ちょっとガッカリでした。髪型と輪郭はそっくりだったのですが・・・クリスとクレアもどこへ?色んな問題を抱えて、6作目を待つ日々が始まりました。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】


バイオハザードV リトリビューション ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
ミラ・ジョヴォヴィッチ,ミシェル・ロドリゲス,シエンナ・ギロリー,ケヴィン・デュランド,リー・ビンビン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
コメント   トラックバック (12)

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

2012年09月09日 16時24分55秒 | 作品名(あ行)
第279回「長い長いお祭りは幕を下ろしたようです。」
なぜ私が前作「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」で見限ったはずのこのシリーズの最新作であり、最終作の「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」を観るために早速、劇場へ足を運んだのはテレビシリーズに始まり、スペシャルドラマ、スピンオフ作品とすべての作品を観てきたのだから、どんな結果になろうとも観ておこうと思ったからです。そして結果は・・・

湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で白昼堂々、男性が誘拐される事件が発生。数時間後に被害者は射殺体となって発見される。使用されたのは、警察が6年前のある事件で押収した拳銃だった。持ち出したのは現役の警察官だとわかると、全ての捜査情報は鳥飼管理官へ文書で提出することが義務付けられ、所轄の捜査員には一切の情報が開示されない異例の捜査方針が告げられる。そんな中、第2の殺人事件が発生。被害者はどちらも6年前の誘拐事件で犯人として逮捕されたが、証拠不十分で不起訴になった人物だった。6年前の関係者を調べ始める青島達だったが、さらに捜査陣を嘲笑うかのように第3の事件が起こる。真下署長の息子が誘拐されたのだ。警察内部の犯罪を隠匿しようとする警察上層部と現場で奔走する青島達。そして事件はある結末を迎える。

まずは結果から言ってしまいましょう。点数は★★★★☆です。FINALと銘打っておきながら、今までと同じようなエンディングで幕を下ろすことになりました。まあ、主人公が殉職して終わるような悲しい終わらせ方をするわけはないのですが、もう少し「ああ、終わったんだなぁ・・・」と感慨深く思えるようなエンディングでも良かったのでは?と思います。あれでは「やろうと思えば、どうにでもなるな」と思ってしまいます。

それでもドラマ版の時から言い続けてきた青島と室井の思い描いてきた理想像が、ある程度形になって終わったのは良かったと思います。(ある人の強引なやり方でだったのですが。)観客がおそらくこの後に起こる変化を想像しながら、終わりを迎えることが出来たのは救いだったような気がします。

この作品を含め、全てを観終わって改めて思ったことは前作の出来があまりにも悪かったことを再認識したことでした。和久さんのいなくなった「踊る大捜査線」の世界を新たに提示したかったのでしょうが、お話があまりにもつまらなかった。今作を観るにあたっても前作を観ておく必要は無いです。さらにテレビシリーズを予習する必要もありません。ただやはりこの「踊る」の雰囲気や世界観はわかって観たほうが何倍も楽しむことができると思います。ちなみに「交渉人 真下正義」を鑑賞しておくと、さらにこの作品が楽しめると思います。

主要キャストや脇役やチョイ役なども含め、増えすぎたキャラクターの収拾に混乱していた前作に比べ、今作はキャラクターは多いながら、スッキリと収めることに成功していたように思います。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】


踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 スタンダード・エディション [DVD]
織田裕二,柳葉敏郎,内田有紀,小泉孝太郎,北村総一朗
ポニーキャニオン
コメント   トラックバック (12)

THE GREY 凍える太陽

2012年09月02日 23時19分04秒 | 作品名(さ行)
第278回「真夏に観るにはピッタリな映画かも」

さて、この夏に見逃すまいと思っていた「ダークナイト ライジング」も「アベンジャーズ」も観てしまい、どうしても見たい作品も無く、今週はブログもお休みかなぁ?なんて思っていたのですが、無料ポイントもあることだし、ブログも更新しなくては・・・と思い、やっぱり今週も映画館へ行ってきました。問題は何を観るか。
「るろうに剣心」か「THE GREY 凍える太陽」の2本で迷うことになりました。一方はマンガを原作に無理した実写化邦画、一方はあまり話題に上っていないB級映画(これはどちらも未見な私の印象です。)で、結果としてどちらを選んだかというと「THE GREY 凍える太陽」を選びました。極限状態に陥った人間模様って好きなんです。

極寒のアラスカにある石油掘削会社で屈強な男達に交じって、周辺に住むオオカミの侵入を防ぐ為にライフルの腕を買われて就職したオットウェイは、最愛の妻を失い心にポッカリと穴が開き、生きる気力を失い自殺すら考える、そんな状態で日々を生きていた。
ある日、休暇で家族の元へ帰る作業員たちと共に飛行機に乗り込んだ。ところが、猛吹雪の中へ飛び立った飛行機は、態勢を維持することが出来ずアラスカの山中へ墜落してしまう。目覚めたオットウェイが見た光景はバラバラになった機体と死体の山。生き残ったのは彼を含めた7人の男達。凍てつく吹雪に加え、その地を縄張りにしている野生のオオカミからの攻撃。オオカミの習性を知るオットウェイの提案で男達は南に向かって歩き出した。彼らに待ち受ける壮絶な運命とは?

極限状態に置かれた人間の「生への執着」や妻を失った喪失感から捨てた「神への信仰」を取り戻すという高尚なテーマを含んだこの作品ですが、残念ながら「一流のスタッフ・キャストが作ったB級映画」という言い方が正しいような気がします。プロデューサーにはリドリー&トニー・スコット兄弟。主演にリーアム・ニーソンと超1流を配し、確かに映画としての見応えがあったのは、仕事帰りで疲れていた私が一瞬の睡魔を感じることもなくエンディングを迎えられたことからもわかります。しかし、残念ながら観終わった後に誰かに面白さを伝えて、是非劇場へという作品ではありませんでした。地上波の夜中にたまたま観たら、「お!結構面白い作品じゃん!」と思えるくらいの作品でした。

点数は★★★☆☆です。せっかくの極限状態、寒さに疲労にオオカミにといくつも面白くなるプロットはあったのに、気が付けば「オオカミとの対決」がメインになってしまい、観客が1番気になる「生きるか死ぬか」というプロットへのフォーカスが思いっきりずれて描かれてしまいました。

同じようなテーマを扱った作品としては、劇中でも語られますが「生きてこそ」のほうが何倍も良く出来た作品だったし、結末で言えばトム・ハンクス主演の「キャスト・アウェイ」のほうがとても素敵な作品だったと思います。

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】


ザ・グレイ [Blu-ray]
リーアム・ニーソン,フランク・グリロ,ダーモット・マローニー,ダラス・ロバーツ,ジョー・アンダーソン
ジェネオン・ユニバーサル
コメント   トラックバック (4)