しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生

2016年03月27日 22時09分25秒 | 作品名(は行)
第397回「なぜこの作品は私の心の琴線に触れなかったのか?」
アメコミ映画好きを公言してきた私がこの作品を楽しみにしていないわけがない。製作が決まった当初から公開を待ち遠しく思っていた。しかし、心のどこかで「大丈夫だろうか?」と心配していた。多くのキャラクターが同時に登場する映画には魅力も多い一方で危険も多く伴うからだ。今回の作品「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」は果たしてどうだったのか?

かつて地球を滅亡寸前にまで追い込んだゾッド将軍の脅威はスーパーマンの活躍によって防がれた。しかし強大な力を持つ2人のぶつかり合いは、そのあまりに大きな力の為に街に暮らす人々の多くが犠牲となった。バットマンとして悪党と戦っていたブルース・ウェインが経営する会社「ウェイン産業」のビルも2人の戦いで倒壊し、多くの犠牲者を出した。ブルースはスーパーマンの強大過ぎる力はやがて人類の脅威となると考え、スーパーマンを倒そうと画策していた。昼間は新聞記者クラーク・ケントとして暮らすスーパーマンもまたバットマンの行為を良くは思っていなかった。やがて2人の運命は激しくなる戦いによって交錯していく。

アメリカにある2大コミック会社「マーベル」と「DCコミック」。ここ数年のマーベル作品の成功をよそに、DCコミックはあまり成功したとは言い難い状況が続いていた。しかし、クリストファー・ノーラン監督によって作られた「ダークナイト」3部作は見事というほかない出来の良さだった。だからこそDCコミックは今後の行く末を彼に託したのだろう。製作総指揮というかたちで進められ始めた計画は、すでに「ジャスティス・リーグ」も視野に入れて進み始めている。ここで私の心配は実現のものとなってしまった。特にこの作品は「急ぎ過ぎてしまった。」と言わざるを得ない。

今作はダークナイト3部作でブルース・ウェインを演じていたクリスチャン・ベイルではなく、ベン・アフレックへと変更している。ということは観る側としてはリブートしたものとして色々なことを捉えて観てしまう。(前3部作は無かったものとするとか)にも関わらず、バットマンとして描かれる部分は極めて少ない。個人的には可能であったならアフレック版バットマンとして1本作った方が良かったように思う。

さらに問題は映画の中心を2人の対決ばかりに焦点を当ててしまった予告編・タイトルを含むプロモーション。実はこの作品2人の対決そのものはあまり重点が置かれていません。それなのに予告編で使われたシーンなどを観ると、まるで熾烈な戦いが2人で繰り広げられるかのように描かれてしまいました。(その半分くらいが夢オチという始末)予告編と本編との温度差に個人的にガッカリしました。

そして、一番重要な悪役について。若きレックス・ルーサーを登場させたことは今後のことを考えると良かったのですが、彼が生み出す悪役が原作を知っている人が見れば、アッサリとこの作品の結末がわかってしまうキャラクターだったのです。もう少し姿を隠してくれれば良かったのですが、原作を見てしまっている私は「ああ。そういう結末なんだ。」と拍子抜けしてしまいました。(結果はその通りになりました。)

点数は★★★☆☆です。悪いところばかりが目に付いた作品でしたが、皆さんの評価はどうなのでしょうか?アメコミに興味が無く、バットマンやスーパーマンの名前を知っている程度の人が鑑賞しても面白かったのでしょうか?

そして、今後に控えている作品群について。DC版アベンジャーズともいうべき「ジャスティス・リーグ」ですが、今作には伏線がとても多く登場します。きちんと登場したワンダーウーマンや、フラッシュ、アクアマンなどなど、彼らをもっときちんと描くべきだったと思っています。ワンダーウーマンの登場などは無理やりに登場させたように感じてしまい、魅力的なキャラクターなのにとても残念でした。日米同時公開だったようなので、本国の評判次第では色々と見直しが入るかも知れませんね。ファンとしてとてつもなく残念な作品でした。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]
ベン・アフレック,ヘンリー・カビル,エイミー・アダムス,ジェシー・アイゼンバーグ,ダイアン・レイン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (7)

アーロと少年

2016年03月13日 23時39分56秒 | 作品名(あ行)
第396回「素敵なことを素敵だと思える心を持っていたい。」
なんだか月一更新みたいになってしまっていますが、こういうのって無理しないことが長続きのコツだと思うので、あくまで自分のペースで行こうと思います。って誰に言い訳しているんだろう・・・とにかく観たい映画が少ないことは確かです。ブログの為に無理して興味の無い作品を鑑賞してもいいブログが書けないと思っているので、あえて枯渇感を自分に与えていました。で久しぶりに観た映画はピクサー作品「アーロと少年」です。

6500万年前に地球に衝突するはずだった隕石は、そのまま素通りし地球には恐竜たちの支配が続く世界があった。大型草食恐竜アパトサウルスの男の子「アーロ」は臆病で身体が小さいことで兄妹からも馬鹿にされ、両親も将来を心配していた。ある日、家族の食料を保存しておくサイロに忍び込んだ人間の子供を追い払おうとするが、心優しいアーロはそのまま逃がしてしまう。彼の将来を心配した父親は一緒に捕まえようと、アーロと共に少年を追いかけるが、鉄砲水によって命を落としてしまう。自分のせいで父親を死なせてしまったと心にキズを負ったアーロ。後日、再びサイロに忍び込んでいた少年を見つけたアーロは、今度こそはと少年を追いかけた。しかし、アーロは誤って川へ落ちてしまい流されてしまった。なんとか助かったアーロだったが、見知らぬ土地で一人ぼっちになり怯えていた。そんな彼のそばにはあの少年がいた。アーロと少年は一緒に家族の待つ場所へと旅を始めるのだった。

脚本のプロットは極めてシンプルだ。川に流され家族から離れてしまった臆病なアーロが言葉の通じない人間の少年と共に、家を目指して旅をする。その道中には数々の困難や新たな出会いがあり、大人へと成長していくというもの。とくに難しい伏線も奇抜などんでん返しもない。しかし、相変わらずピクサーは見事な作品を作るなぁ。というのが率直な感想です。ピクサー作品を愛して止まない私も全部の作品が大好きというわけではありません。期待外れだった作品もいくつか存在します。ジョン・ラセターが作り上げたピクサーですが、ディズニーに子会社化され、組織が大きくなれば、最初に持っていた信念や精神みたいなものは薄れていってしまうものなのかな?と思っていました。それでもこの「アーロと少年」という作品はピクサーらしさをちゃんと継承した作品でした。

大人が鑑賞するには物足りなさを感じる人もいるかも知れません。でもこの作品がとても素敵なことを伝えようと作られた作品だと思います。その気持ちを素直に受け取れる心を持っていたいと思った作品でした。

そしてお話の内容以上に個人的に驚いたのはCGの見事さでした。登場するキャラクター達は多少アニメチックにデフォルメされたデザインなのですが、彼らの周りにある風景は全てが自然の風景、特に物語の鍵になる「水」の表現は見事でした。時には水飲み場での穏やかな水面、時には豪雨による鉄砲水が激しく襲いかかる、CGでは特に難しいといわれる水の様子がこの作品にはとても多く登場します。それがあまりにも見事であり、自然なのです。技術の発達に驚くと共に製作陣の手間を考えると驚くばかりでした。

作品の点数は限りなく満点に近い★★★★☆です。是非、お子さんを連れて家族で観て欲しい作品であることは間違いありません。マイナス点はも少し各キャラクターとの交流が深く描けていたら面白かったと思ったので少しマイナスさせてもらいました。それでも草食恐竜が畑を耕したり、肉食恐竜が牛を飼ったりという、普通の暮らしを描くアイデアはお見事だったと思います。

アーロと少年 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント   トラックバック (8)