しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ディパーテッド

2007年01月28日 14時38分07秒 | 作品名(た行)
第64回「やはり、オリジナルは越えられなかった。」

今年最初の作品は「インファナル・アフェア」をリメイクした「ディパーテッド」でした。この作品は、アカデミー賞などにノミネートされ、かなり評判の高い作品ですが、オリジナルとなった「インファナル・アフェア3部作」をすべて鑑賞済みの私にとっては、鑑賞前から心配事がありました。
あの作品の独特の空気感みたいなものが、香港ではなくボストンを舞台にし、俳優陣が変わっても出せるのだろうか?2作目はともかく、続編を作るとは聞いていないので1と3を1本の作品にまとめる事ができるのか?などなど、鑑賞前から心配していました。

結論から先に言ってしまいましょう。点数は★★★☆☆です。「インファナル・アフェア」を鑑賞してしまっている人には楽しめない作品になってしまっていました。まだ観ていない人ならば、ラストも衝撃も新鮮でしょうし、ストーリーも満足いくものでしょう。しかし、すでに3部作を鑑賞してしまっている私にとっては、基本的なストーリーは知っているので、どうしても前の作品を思い出し、ストーリーを追いかけながらの鑑賞になってしまいました。さらに、ラストは取ってつけたような(3を描くわけにはいかなかったから、ああいう結末にした)展開に納得できるわけもなく、残念な結果になってしまいました。

キャスティングは見事でした。特にジャック・ニコルソンは素晴らしいボス役でした。問題は警察側にオリジナルになかったキャラを登場させ過ぎた気がします。冒頭の主要キャラへの字幕も要らないです。
タイトルが登場するまでの数分間は見事だったのですが・・・もっと静かな演出で淡々と進んでいくところがあっても良かったような気がします。

もし、これから観ようと思っている人で、「インファナル・アフェア」を見てないのでしたら、観ないで劇場へ行ったほうが、楽しめると思います。

ディパーテッド [Blu-ray]
レオナルド・ディカプリオ,マット・デイモン,ジャック・ニコルソン,マーク・ウォールバーグ,マーティン・シーン
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント (1)   トラックバック (1)