しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

REC/レック

2009年10月27日 23時46分56秒 | 作品名(ら行)
第157回「観たい映画はあるのだけれど・・・」

今週も劇場に足を運ぶことはありませんでした。いや、観たい映画は色々あるんですよ。「ホースメン」「バタフライ・エフェクト3」「母なる証明」などなど、なかでも観たいのは「REC/レック2」です。
しかし、どの作品も私の住んでいるところの近くでは上映されていないんですよねぇ。どの作品もミニシアター系の扱いのように上映館が極端に少ないんですよ。地方都市に住んでいる不幸を噛み締めている今日この頃です。

というわけで今週も劇場では観なかった映画の紹介です。その作品は今年の1月に「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」を観た時にも少し触れましたが、「REC/レック」です。
上記でも書いたように現在、「REC/レック2」が公開されていますが、そのシリーズの第1作目です。最近では珍しいスペイン映画なのですが、面白いと聞いていたので劇場で鑑賞していないのに、DVDを買った珍しい作品です。しかも当たりでした。

物語はスペイン、バルセロナ郊外。ローカルTV局の女性レポーター、アンヘラはカメラマンと共に消防隊の密着取材をしていた。深夜、老婆の叫び声を聞いたという通報を受けて現場アパートに急行すると、そこには血みどろになった老婆の姿があった。老婆を救出しようと近づくと突如噛み付かれてしまう隊員。その後、突如封鎖されてしまうアパート。噛み付かれた隊員も狂ったように人に襲い掛かり出す。一体、何が起ころうとしているのか。TV局のカメラに映し出された恐怖の一夜とは・・・

この作品は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や「クローバーフィールド」などのように1台のカメラが撮影されたかのように作られたPOV方式で作られたホラー映画です。かなり面白いとの評判でハリウッドでもリメイクされた作品だったので、すごく観たかったのですが、劇場での公開で観る事が出来ずに思い切ってDVDを買いました。

ゾンビ映画とはちょっと違うのですが、「28日後」などと同じように、ある病原菌が原因で次々と狂気に変わる人々、次第に明らかになっていく謎、その恐怖をたった1台のカメラによってとらえられて行きます。

作品の評価は★★★★★です。だからこそ、この作品のエンディング直後から始まる「REC/レック2」を観たかったのですが、公開された劇場が少なすぎる!なんであんなにヒットしたのに劇場が少ないのでしょうか。

またDVDが発売されるまで待たなくちゃなのでしょうか。オススメです。

REC [Blu-ray]
マニュエラ・ヴァラスコ,フェラン・テラッツァ,ホルヘ・ヤマン,カルロス・ラサルテ,パブロ・ロッソ
Happinet(SB)(D)


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

アイ・アム・レジェンド

2009年10月20日 23時22分11秒 | 作品名(あ行)
第156回「DVDの購入で完結する珍しい作品」

今月は本当に観たい作品が無い月ですねぇ・・・。このままだと、来月の6日に公開の「SAW6」までブログを更新できそうもないなぁと思っていました。
そこで今回はかつて指を骨折していた時に観て、ブログを書いていなかった作品を紹介しようと思い、綴ってみました。いくつかあるのですが、その中から「アイ・アム・レジェンド」を紹介します。

ウィル・スミス主演の小説「地球最後の男」を映画化した3本目の作品である。前2作を観ていない私が予告編から想像していたのは、地球上にたった1人になった男がいかに生き抜いていくのかを描いた映画なのかと思っていました。未来版「キャスト・アウェイ」のような。しかし、実際の映画はまったく違うテイストで描かれていました。

舞台は2012年、アメリカ陸軍中佐であり科学者のロバート・ネビルは廃墟と化したニューヨークにたった1人で暮らしていた。世界は2009年に開発されたガンの特効薬の副作用により、狂犬病に似た病気を発症し、多くの人々は死に至った。死なずに生き残った人々も人としての意識を失い、暗闇に身を潜めていた。ウィルスに対する免疫をもっていたロバートは、1人で生活をしながら自らの体から病気を治す血清の製造に没頭していた。

ウィルスに侵された人々は紫外線を浴びると肌を焼かれてしまい、死に至る為に昼間はビルの中などの暗闇に身を隠し、夜になると街に血を求めて動き出す。作中では彼らをダークシーカーと呼び、まるでゾンビのような設定に私的にはワクワクしながら映画を観ました。しかし、エンディングがイマイチでした。
彼らに隠れ家の場所を知られてしまい逃げ場のなくなったロバートが選んだ手段は・・・
その手段があまりに安直で劇場ではちょっとガッカリしました。その時にブログを書いていて、点数をつけたとすれば、★★★☆☆だったと思います。

ところが、劇場公開から数ヶ月。発売されたDVD「アイ・アム・レジェンド 特別版」にはなんと劇場公開されなかった別エンディングが入っているというではありませんか。DVDを購入する予定はなかったのですが、買ってしまいました。

その別エンディングを観た点数は★★★★★と評価があがりました。賛否両論はあるとは思いますが、個人的には別エンディングのほうがシックリきました。しかもエンディングが変わっただけでなく、追加シーンがいくつもありました。それがエンディングをさらに引き立てていました。

レンタル版では別エンディングは入っていないみたいで、観る機会は少ないのかもしれませんが、もし機会があったら観てください。劇場版との違いを楽しんでみてください。

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]
ウィル・スミス,アリーシー・ブラガ,ダッシュ・ミホック
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

私の中のあなた

2009年10月12日 22時51分10秒 | 作品名(わ行)
第155回「僕が彼女の理由を知りたかった訳」

正直、お涙頂戴な感動映画は好きではありません。感動って誰かに与えられるものではなく、心の底から湧き上がってくるものだと思っているからです。
そんな僕がなぜ今夜の映画「私の中のあなた」を選んだのかと言えば・・・

彼女の家族はごく普通の家族。父親は消防士、母親は元弁護士、長男と長女、次女の5人家族。普通と違うのは長女のケイトは白血病を患っていて、すでに限界が近づいていること。そして、次女のアナはケイトの白血病を治す為だけに作られた「試験管ベビー」であるということ。アナは生まれてから11才になる今日までケイトにあらゆるものを提供してきた。しかし、劇的な効果は得られず、アナからの臓器移植を残すのみとなっていた。だがそれも僅かな希望であることはケイト自身が1番理解していた。
そんな時に、妹のアナが両親を相手取り訴訟を起こした。姉に臓器を提供するのを拒否すると。

なぜ妹のアナが、訴訟を起こしてまで姉の命を救うことを拒むのか?その理由が知りたかった。だからお涙頂戴物が嫌いな私がこの作品を選びました。

母親役のキャメロン・ディアスが日本では有名な為に彼女が主役であるような宣伝をされていますが、あくまで彼女は脇役です。あの彼女が脇役に徹していることに驚きました。例え脇役だったとしてもこの作品に携わりたくなる。そんなところからもこの作品の良さは伝わってきます。

私が知りたかった「彼女が訴訟を起こした理由」ですが、わかってしまえば理由は単純明快で、それはそうかと納得できる理由でした。それはとても自然なことでなるほどなと納得してしまいました。ただその決断をしたのが、幼い子供ということに心が痛くなりました。

作品としての点数は★★★★☆です。みんなでワイワイ観れるような楽しい映画というわけでないので、諸手を挙げてオススメはできませんが、観て後悔する作品ではありません。ラスト5分間の後日談が痛んだ心をゆっくり癒してくれるような、そんな映画です。

私の中のあなた [Blu-ray]
キャメロン・ディアス,アビゲイル・ブレスリン,アレック・ボールドウィン,ソフィア・ヴァジリーヴァ,ジェイソン・パトリック
Happinet(SB)(D)


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

BALLAD/名もなき恋のうた

2009年10月04日 01時14分14秒 | 作品名(は行)
第154回「抱いていた疑念心は振り払われたけれど・・・」

今日の作品は、前から観よう観ようと思っていながら、いつの間にか遠ざけていた作品をやっと観に行きました。「どうせ駄作だろう・・・」という気持ちを抱いたまま劇場に足を運びましたが、予想していたよりはいい作品だったと思います。「BALLAD/名もなき恋のうた」です。

アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズ第10作で、名作と誉れ高い『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を原案にし、その名作を「三丁目の夕日」などで高い評価を受ける山崎貴監督が脚本とVFXをも手掛けているとなれば、映画ファンとしては期待してしまいます。しかし、あくまで邦画。しかもテレビ局が資金を出している。かつて「日本沈没」で痛い目を見ている私は、公開日に観に行こうとはどうしても思えませんでした。

物語は現代に生きる川上真一はごく普通の小学生、ある日突然タイムスリップをしてしまい、天正2年の戦国時代に。そこで出会った井尻又兵衛と親交を深めていく。幼なじみで春日の国の姫君である廉姫に恋心を抱きながらも、家臣としての使命をまっとうしていた。ある日、隣国の武将の高虎が廉姫に結婚を申し込んできた。お互い惹かれ合っている2人の運命は?

観る前に思っていた「どうせ駄作だろう」という気持ちは、観終わった今となっては間違いだったと言えます。原作であるアニメ版は観ていないのですが、観ていなくても楽しめる作りになっていました。全体的なお話もしっかり作られていたし、脇にあるお話もなかなか魅力的で良かったと思います。(又兵衛の家来や、現代と戦国時代の人達とのふれあいなど)

点数は★★★☆☆です。残念だったところは、せっかくVFXを至る所に使っているのに、なぜかタイムスリップの表現がご都合主義で作られてしまったこと。あっさり戦国時代に来て、あっさり帰っていく。時空を超える事があまりにも簡単に描かれてしまっていました。(バック・トゥ・ザ・フューチャーではあんなに大変だったのに)
もう1つは、又兵衛の運命について、ネタバレになるので詳しく書くのは控えますが、彼の運命だったのはわかりますが、いきなりアレでは・・・もっとしっかりとした伏線を引いてほしかった。本人も周りもアッサリ受け入れ過ぎ。

映画として観た事を後悔するほどの作品ではありませんが、細かいところがツッコミどころ満載で残念でした。合戦に協力した川上一家に殺生をさせなかったのは評価に値します。

BALLAD 名もなき恋のうた [Blu-ray]
草ナギ 剛,新垣結衣,大沢たかお,夏川結衣,筒井道隆
ジェネオン・ユニバーサル


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント (1)