しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

寄生獣 完結編

2015年04月26日 23時42分16秒 | 作品名(か行)
第376回「これはこれで、いい作品なのだと思う。」
さて、今回の作品「寄生獣 完結編」も私から言わせれば、最近多くブログに登場する「乗りかかった舟」的な作品である。原作が描く壮大なテーマをどうしても1本にすることができず、2部作となった。(どうしてもなのかは疑問があるが・・・)前作を見たので乗りかかった舟ということで完結編を観てきました。

舞台はとある地方都市・東福山市。そこに暮らす平凡な高校生・泉新一はある日、右腕を寄生生物に乗っ取られ、奇妙な共同生活が始まる。実はその寄生生物は人間の脳を乗っ取ることが本来の目的であり、新一に寄生した「ミギー」は失敗によって生まれた偶然の産物だった。時を同じくして人間に寄生した彼ら「パラサイト」は人間の世界に入り込み、人間を食糧としていた。新一の暮らす東福山市でも多くの惨殺事件が起こるが、警察や政治の世界にまで勢力を伸ばし始めた彼らは、人間世界にうまく溶け込み、その存在を隠しながら暮らしていた。一方、母親を殺されたことでパラサイトに恨みを抱く新一はミギーと協力し1匹ずつパラサイトを退治するようになっていた。そんな新一の存在を疎ましく思った市長の広川は抹殺を画策するが、かつて新一の学校で教師をしていたパラサイトである田宮良子に止められる。しかし、やがてその統率されていたはずのコミュニティーはゆっくりと破綻を始め、新一とミギーにパラサイト達の魔の手が忍び寄り始める。

前作のブログでも書いたように世界規模で起こっているはずの事象なのに、とある地方都市の小さなところを舞台としていることで、マンガは成功したと思っていますが、それをそのまま映画にしたところでうまくはいかないと思っていました。前作を見た段階でいくつかのプロット変更、キャラクターの削除が見られ、いい意味でマンガとは違うものになりつつありました。だからこそこの完結編を観たいと思った要因でもあるのです。

ではまずはこの映画としての「寄生獣 完結編」の良かったところ。それは田宮良子のプロットをとても印象的に描いていたところ。確かマンガでも同じような描かれ方をしていたと思うのですが、新一と後藤の戦闘などに気を取られていたのか、マンガでは全くと言っていいほど印象が薄かったのです。田宮良子というキャラクターが実写となり、深津絵里さんという女優さんが演じたことで深みを増したのか?それはわかりませんが、上映時間のほぼ半分ほどが彼女を中心としたエピソードとなっていました。個人的な感想ですが、そのことがこの作品の出来を良くしていたのでは?と思いました。

では逆に悪かったこと。それはマンガに登場したキャラクターを省き、物語を簡素にし、テンポを上げているにも関わらず、新一と村野里美のベッドシーンを描いたことです。2人の恋愛感情をもっと深く丁寧に描いたうえでのベッドシーンであれば、違和感はなかったと思うのですが、後藤との戦闘でミギーを失い、なんとか逃げ延びたごみ処理施設の倉庫の中で、車で逃げたはずの場所へ後藤よりも早く辿り着いた里美。場所や状況が違っていれば、私も特に問題なく鑑賞することが出来たと思うのですが、その状況の中、その場所で?と違和感を覚えたシーンでした。正直、無くても成立していたシーンだったので客引きの為に用意されたのでは?と余計な勘繰りをしてしまうようなシーンでした。

点数としては★★★★☆です。マンガとかなり違った印象の作品に仕上がってはいますが、これはこれで良い作品に仕上がっていると思います。マンガを知らなくても面白い映画だと思います。マイナス点としては上記した場面に加え、やはり無理やりお話を映画サイズに収めた感は否めませんし、ゆっくり描いて欲しかったミギーとの別れや浦上とのエピローグの場面がかなりおざなりな印象を受けたことで、マイナスとしました。

それにしてもVFXの技術の進歩は凄いですねぇ。もはや映像化不可能な作品などあるのか?と思ってしまうくらいに凄かったです。

寄生獣 完結編 Blu-ray 豪華版
染谷将太,深津絵里,阿部サダヲ,橋本 愛,新井浩文
東宝

寄生獣 完結編 Blu-ray 通常版
染谷将太,深津絵里,阿部サダヲ,橋本 愛,新井浩文
東宝


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント (1)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« バードマン あるいは(無知... | トップ | THE NEXT GENERATION パトレ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さやか。)
2015-05-08 16:24:57
おひさしぶりにコメントします
寄生獣。。。。みてませんが、

慎さんが星4つということなので、DVDでもでたら

(もうでてるかな?)借りてきてみようと思っています

原作(マンが)は知らないんですが、気になっている作品の一つでした

しかし、、、あいかわらず、映画の解説、上手ですね!!!!!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(か行)」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

寄生獣 完結編 (だらだら無気力ブログ!)
前作に引き続き深津絵里がイイ。
寄生獣 完結編  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  深津 絵里  橋本 愛  北村 一輝  浅野 忠信  阿部 サダヲ (ミギー:声) 【ストーリー】 新一の暮らす東福山市で、市長・広川が率いるパラサイトたちの強大なネットワークが形成されていく。彼らの動向を注視していた人類側は、パラサイトの...
寄生獣 完結編 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
岩明均のコミックを2部作形式で実写化した、SFサスペンスの後編。右手に寄生生物ミギーを宿した少年・新一と人類を食糧とするほかのパラサイトたち、彼らの全滅を図る特殊部隊が入り乱れる、壮絶なバトルが展開。監督に山崎貴、キャストに染谷将太、深津絵里、橋本愛、北....
『寄生獣 完結編』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「寄生獣 完結編」□監督 山崎 貴□脚本 古沢良太・山崎 貴□原作 岩明 均□キャスト 染谷将太、深津絵里、橋本 愛、村野里美、新井浩文、大森南朋       阿部サダヲ(声)■鑑賞日 4月26日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
寄生獣 完結編 (映画的・絵画的・音楽的)
 『寄生獣 完結編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)前作の前篇の出来栄えが素晴らしかったので、後篇にあたる本作もと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、前作のあらましが描き出された後、車列がビルの地下室に入っていく場面。  平間警部補(國...
寄生獣 完結編 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
寄生獣 完結編 '15:日本 ◆監督:山崎貴「永遠の0」「ALWAYS 三丁目の夕日’64」 ◆出演:染谷将太、深津絵里、阿部サダヲ、橋本愛、東出昌大、大森南朋、北村一輝、余貴美子、ピエール瀧、新井浩文、國村隼、浅野忠信 ◆STORY◆人間の脳に寄生し肉体を操り人間を...
「寄生獣 完結編」 共感性という希望 (はらやんの映画徒然草)
人間こそが地球という星に寄生する寄生獣である、とパラサイト側についた広川は言う。
寄生獣 完結編 (いやいやえん)
【概略】 右手に寄生生物・ミギーを宿した泉新一は、要注意人物として人間からもパラサイトからもマークされていた。そんな中、パラサイト・田宮良子は、新一とミギーの存在に可能性を見出す。 SFアクション 短文失礼。 原作ファンとしては「削られたシーン」...
寄生獣 完結編 (銀幕大帝α)
2014年 日本 118分 ホラー/SF/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/25) 監督: 山崎貴 『STAND BY ME ドラえもん』 原作: 岩明均 脚本: 山崎貴 主題歌: BUMP OF CHICKEN『コロニー』 VFX: 山崎貴 出演: 染谷将太:泉新一 深津絵里:田宮良子 阿部サダヲ...