しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

真夏の方程式

2013年06月30日 17時46分06秒 | 作品名(ま行)
第313回「おそらく、その方程式に答えは無い。それでも・・・」
以前に観た「容疑者Xの献身」がとても見応えのある作品で、かなり高い評価をした覚えのあるガリレオシリーズが5年ぶりにスクリーンに帰ってきました。テレビシリーズではパートナーを組む内海刑事の交代や、ちょっと無理やりな感じが拭えない事件など、もろ手を挙げて絶賛することが出来ない部分も多々ありましたが、今回の「真夏の方程式」の出来はどうだったのでしょうか?

某県某市にある自然があふれる美しい海に面した港町「玻璃ヶ浦」。帝都大学の准教授ガリレオこと湯川学はそこの沖合で行われる予定の海底鉱物資源開発の地元説明会にアドバイザーとして招かれていた。宿泊先として提供された「緑岩荘」は川畑夫妻とその娘・成実が営む小さな旅館で、湯川の他には東京から来た塚原という男が宿泊するだけだった。次の朝、その塚原が防波堤で遺体となって発見される。酔って散歩中に転落死したものと思われたが、死因が一酸化炭素中毒だったこと、さらにかつて東京で15年前に起きたある事件を担当した元刑事だったことで殺人事件として捜査が始まる。図らずも事件に直面した湯川は、事件を調べるうちに川畑夫妻や成実が抱える秘密を解き明かしていくことになる。それはとても悲しい、そして深い愛情に満ちた秘密だった。やがてその方程式はある答えを導き出すこととなる。

このガリレオシリーズの素晴らしいところは、ドラマ向けのお話と映画向けのお話が見事に分けられて作られているところである。このブログでも色々批判している「テレビドラマ映画」は、わざわざ劇場版として制作するほどの脚本ではなく、ましてや前後編などにするほどのお話ではないのに、無理やり映画にして観客を呼び込もうとする手法が使われています。しかし、このガリレオは違います。前作「容疑者Xの献身」も今作「真夏の方程式」もスクリーンで上映されるに相応しい見応えのある作品です。

どちらの作品も殺人事件を題材にしているので、「面白い作品」とは言えません。そしてその動機も誰かを守ろうとするがゆえに起こってしまった悲しい事件です。ネタバレになるので多くは語れませんが、犯人や秘密はさほど難しいものではありません。もしかしたら予告編を見るだけで想像できてしまう人もいるかも知れません。しかし、ドラマの本質はその事件が起こった理由や、ある人物を守ろうとする人間ドラマにあるのです。そういう意味で同じ長編小説だった「聖女の救済」が映画ではなくテレビドラマとして描かれた理由ではないかなと個人的には思っています。

そして劇中で湯川学が1番心配していた「ある人物の人生がねじ曲がったものになってしまう。」この言葉の意味が明らかになった時が心に1番響きました。劇中ではある結論が提示されますが、それが最善の結論だったかは疑問が残るところです。もし、あの時にきちんと話をしていれば事件そのものが起こらなかったかも知れない。もし、あの人の真意を確かめていたら、あの事件は・・・などなど考え始めればキリがありません。それでも彼らが出した結論は正しかったのだと思います。そしてそれはいずれ彼もわかってくれることでしょう。

作品の点数は★★★★★です。ドラマシリーズを観ていなくても、湯川学がどんな人物なのかがわかっていれば、楽しめる作品ですが、出来ればドラマを観て、登場人物の関係性がわかっていれば、さらに楽しめる作品であることは間違いありません。

とっても野暮なことですが、「この事件、杉下右京だったらどう解決しただろう?」なんて考えてしまいました。

真夏の方程式 Blu-rayスタンダード・エディション
福山雅治,吉高由里子,北村一輝,杏
ポニーキャニオン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (12)

アフター・アース

2013年06月23日 18時10分42秒 | 作品名(あ行)
第312回「もはや彼の名前に集客力は無いのだろうか?」
以前にもブログで話していますが、出演している俳優さんで映画を選ぶことはありませんが、演出している監督さんで選ぶことは大いにあります。もちろん、監督が同じだからといって、その人の作品が必ずしも面白いかといえばそうではありませんが、比較的ハズレは少ないと思っています。(あくまで自分的にですが)そんな中で私が注目している若手監督が3人います。ブライアン・シンガー、クリストファー・ノーランと、そしてもう1人が今回の作品「アフター・アース」を監督したM・ナイト・シャマランです。

環境破壊によって地球に住む事ができなくなり、人類は巨大な宇宙船に乗り、住む事が出来る惑星を探し放浪の旅へと出発する。長旅の末に見つけた「ノヴァ・プライム」という惑星に生活圏を移し、数百年が経過し、地球を捨ててからは1000年という長い年月が経過していた。
13歳になるキタイ・レイジは伝説のレンジャーであるサイファ・レイジを父に持ち、彼自身もレンジャーに憧れるごく普通の少年である。過去のある事件をきっかけに父親との関係をうまく築くことが出来ずにいたが、父親の休暇を利用してレンジャーの訓練に一緒に出掛けることになる。その途中で宇宙嵐に遭遇し、宇宙船はある惑星に不時着してしまう。生き残ったのはキタイとサイファの親子2人だけ、しかもサイファは大けがを負ってしまい動くことが出来ない。救難信号を送ろうとしたが装置が故障。もう1つ残された装置は100キロほど離れて不時着した宇宙船の船体にしか残っていない。サイファは未熟なキタイをサポートし、装置を取りにいかせることを決断する。そしてサイファはある事実をキタイに伝える。それはこの不時着した惑星がかつての地球であり、人間を排除する為に進化した「最上級危険惑星」であることを・・・

ウィル・スミスとジェイデン・スミスの親子共演ばかりが話題になっている本作ですが、私が最も注目したのは監督がM・ナイト・シャマランだというところでした。かつて「シックス・センス」で名監督の仲間入りを果たしたと思われた彼でしたが、近年は「エアベンダー」など失敗作が目につくようになってしまいました。個人的にはとても高い評価をしている監督だけに、もっと面白い作品を作ってほしいのですが・・・今回の「アフター・アース」に関しては、親子共演を果たしたかったウィル・スミスが原案を担当し、監督と脚本をシャマランが担当しています。つい最近観たばかりの「オブリビオン」とプロットが似ているので、予告編を観た時は「おいおい、どっちが駄作なんだ?」と余計なことを考えてしまいましたが、「オブリビオン」は先日書いたように、とても見応えのある作品でした。では「アフター・アース」はというと・・・

正直、SF映画としては駄作と評価されることでしょう。というよりはSF映画としてこの作品を観てはいけません。やはりこの作品はいい意味でも悪い意味でもM・ナイト・シャマラン監督が作り上げた映画でした。SF映画として重要なプロットであるエイリアンや「アーサ」と呼ばれる人間を殺す為に作られた獰猛な怪獣。環境変化を遂げた地球など、映画冒頭で説明しただけで、映画内ではあまり効果的に使われてはいませんでした。レンジャーが使う武器や薬、スーツなど表現を変えれば魅力的になりそうな要素はあっただけに残念でした。

いい意味といったのは「恐怖」や「親子の絆」など目に見えないものを重要と捉えて、それを深く掘り下げているのは、いつものシャマラン映画なんだと安心させてくれる作りになっていました。正直、彼が伝えたいことを表現しようとするなら、SF映画(1000年後の未来)じゃなくて、舞台が現代で墜落したのが旅客機で、落ちた場所が無人島だったりと、別のプロットでも表現出来てしまったのでは?と鑑賞しながら考えてしまいました。

点数は★★★☆☆です。どうやらあえてシャマラン監督の名前を伏せたキャンペーンを展開したようですが、それは成功だったのでしょうか?私は監督の名前を伏せる必要はなかった気がします。それはこの映画がSF映画の要素を持ったスリラー映画だったからです。極上のスリラーとはいきませんでしたが、目に見えない恐怖に立ち向かう人間の姿をうまく描けていたような気がします。だからこそ、「監督はあのシックス・センスのM・ナイト・シャマランですよぉ。少し難解かも知れませんよ。」とわかっていれば、もう少し観る方の気持ちも私のように心の準備が出来たような気がします。

アフター・アース(初回生産限定) [Blu-ray]
ウィル・スミス,ジェイデン・スミス,ソフィー・オコネドー,ゾーイ・クラヴィッツ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (7)

二流小説家 シリアリスト

2013年06月16日 23時09分17秒 | 作品名(な行)
第311回「日本映画界の今後を憂うって、大きなお世話かな?」
決して日本映画が嫌いな訳ではありません。日本映画の中にも世界に誇れる作品は数多く存在します。しかし、ここ何年かの邦画飽和状態には正直、心配してしまいます。海外映画であれば、配給会社が作品を選りすぐり、日本でのヒットを狙った作品を買い付けてきますので、例外こそあれ、そこそこのレベルを保っています。しかし、日本映画はちょっと違います。この作品は本当にそれなりの興収を期待して作られたのか?と疑いたくなるような作品が最近はゴロゴロ公開されています。シネコンが増え、老若男女が映画館に足を運びやすい時代にはなりましたが、そのレベルの低下には今後の日本映画を考えさせられます。と、こんな話をした後に紹介する作品「二流小説家 シリアニスト」が絶賛する作品であるはずがないのですが・・・

売れない小説家の赤羽一兵は、週刊誌に掲載するエロ小説で日銭を稼ぐ日々を送っていたが、いつか自分の書いた小説がベストセラーとなり、一流小説家の仲間入りを夢見る二流小説家だ。ある日、彼のもとに13年前に4人の女性を殺害した罪に問われ死刑囚として服役中の呉井大悟から手紙が届く。呉井は自身を信奉する3人の女性と自分を主人公とした官能小説を書いて欲しいと赤羽に要求してきた。見返りとして呉井が犯した事件について全てを語るという。もしその話を小説として発表できればベストセラーは間違いない。赤羽はなぜ売れない小説家の自分なのかと疑問を持ちつつ、女性たちを取材してまわるが、3人目の女性を尋ねると、かつて呉井が殺した時と同じ手口で殺されていた。あわてて取材を済ませた2人のところへ向かうと既に2人も殺されていた。呉井は獄中で犯行は不可能なはず、では誰が?

2012年に話題となった海外小説を映画化した作品。原作は読んでいませんが、事前に想像していたよりはいい出来だったと思います。脚本も淀みなく流れていたし、伏線もしっかり回収されていた。しかし、それだけでした。劇場ではなくテレビの2時間ドラマとして描かれていたのならば、もっと評価が高かったと思いますが、これは劇場映画です。地味な展開にアッサリとした結末。「必ず貴方は騙される」と大袈裟にうたれたキャッチコピー。劇場を後にした瞬間に消えてしまった余韻。などなど、決してつまらないわけではありませんが、是非劇場で観てくださいとおススメできる作品でもありませんでした。

日本映画によくある「豪華キャスト」と出演している俳優さんメインで宣伝される作品に比べれば、出演している俳優さんは地味かもしれませんが、個人的には主演の上川隆也さんも、呉井を演じた武田真治さんも、かなり良かったと思います。脇を固めた俳優さんも味があり、決してつまらない作品ではありません。

点数としては★★★☆☆です。「必ず貴方は騙される」なんて大袈裟なコピー付けられてしまうと、観る方としては「お、どんな騙し方してくれるんだ?」と期待してしまいます。この作品に用意されたものは、私の想像の範囲内でさほどビックリするものではありませんでした。さらに上映中には気にならなかったのですが、後で考えると細かい点が考えれば考えるほど辻褄が合わなくなってきてしまいました。原作通りの描き方ならしょうがないのですが、その辺りが傑作ではなく、秀作止まりの原因ではないでしょうか?

二流小説家 シリアリスト(コレクターズ・エディション) [Blu-ray]
上川隆也,武田真治,片瀬那奈,平山あや
キングレコード


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (5)

G.I.ジョー バック2リベンジ

2013年06月09日 19時00分25秒 | 作品名(さ行)
第310回「色々な思惑が交錯する作品でした。」
映画とは商売なので多くの思惑が含まれているのは当然だと思います。「続編」や「シリーズ化」はもとより、最近では「スピンオフ作品」など映画に登場した人気の脇役などにスポットを当てるなど、1本のヒット作から派生して、何本も同じシリーズで多くの興収を得ようとするのは自然の成り行きだと思います。そうして作られた作品が面白ければ、映画ファンとしては嬉しい限りです。今回の作品「G.I.ジョー バック2リベンジ」もそうしたシリーズ化を目論んだ作品の第2弾です。

世界中の精鋭兵士を集めて作られた機密特殊部隊「G.I.ジョー」。彼らは世界各国で起こるテロ組織を殲滅し、世界の平和を守る活動をしていた。かつて苦しめられた国際テロ組織「コブラ」を壊滅状態に追い込んでから数年が経ち、かつて新人隊員だったデュークは指揮官となり、多くの部下を統率する立場となっていた。ある日、パキスタンでテロ組織が入手した核弾頭を奪取する任務を成功させた彼らだったが、正体不明の部隊にキャンプ地を急襲され、生き残ったのはたった3人という状態に陥ってしまう。さらにアメリカ大統領が一連のテロ活動はG.I.ジョーの仕業であると発表。無実の罪を着せられてしまう。実はアメリカ大統領に身分を偽っていたのは、かつてコブラの一員だったザルタンだった。ザルタンはアメリカ大統領としての特権を使い、コブラの復活を目論んでいた。窮地に立たされた彼らは、かつて司令官として活躍した初代ジョーに協力を求めるのだった。

前作が作られたのが2009年の話。続編が作られるまでに4年もかかっていることからも想像できるように、前作が大ヒットとは言い難い状況だったのでしょう。私も前作のブログを読み返してみたのですが、星4つという高得点をつけているのに、劇場で観た以来二度目の鑑賞をしたのは、つい先日の地上波だったということからも、それほど魅力的な作品ではなかったのかな?と改めて思いました。

それを象徴するかのように、劇中で主役交代が行われるという、なかなか見かけない珍しい作品となりました。しかも、上記したあらすじの中で、余りにもアッサリと行われてしまいます。さらにスター不在とも言えた前作の雰囲気を払拭するかのように登場する初代ジョーを演じたブルース・ウィリスの起用など。ここからは完全な私の想像ですが、映画会社としては、今後も続編を作っていきたい。しかし、前作は監督だったスティーブン・ソマーズの影響が大きく、キャストや演出にも影響が残っていた。だから新たに監督となったジョン・チョウは、前作のキャストを限りなく少なく(出番も含めて)し、さらに劇中で減らしていくという手法を取ったのではないか?スネークアイズやストームシャドーなど人気キャラは残しつつ。

と、続編でありながらリブート要素の強い作品となっていました。では一番重要な「この作品は今後、シリーズとして成り立っていくのか?」というところですが・・・

作品の点数は★★☆☆☆です。主役の交代、人気キャラの復活、悪役の逃亡など続編をかなり意識した脚本だったのですが、残念ながら続編を観たいと思える作品にはなっていませんでした。上記したように、映画会社や監督、その他の色々な思惑が作品中から見え隠れしてしまって、映画そのものの出来はイマイチでした。この程度の続編ならスパイダーマンのように潔くリブートして、新しいものを作ったほうが良かったように思います。

ビックリしたのは今さらながら、1作目を再鑑賞したら悪役のコブラコマンダーをジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じていたのですねぇ。インセプションで知った彼の存在だったので、見かけた時には驚きました。彼も今作には登場していません。コブラコマンダーは出演していますが、素顔を晒すシーンはありませんでした。そんなところも思惑が・・・

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】


G.I.ジョー バック2リベンジ 完全制覇ロングバージョン ブルーレイ+DVDセット (2枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
ブルース・ウィリス,イ・ビョンホン,ドウェイン・ジョンソン,チャニング・テイタム
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
コメント   トラックバック (8)

オブリビオン

2013年06月02日 14時39分19秒 | 作品名(あ行)
第309回「もしかすると駄作かも・・・と思っていたら。」
3週間ぶりの更新となってしまいました。観たい映画が無いという珍しい状況が続いていました。もちろん、「図書館戦争」など観ようと思えば、劇場に足を運ぶことが出来る作品はあったのですが、その程度の鑑賞意欲で駄作だったらと考えると、足が遠のいていました。そんな私の心を劇場へと向けてくれたのは「オブリビオン」という作品でした。

西暦2077年。約60年前に突如現れたエイリアン「スカヴ」の攻撃によって壊滅状態に陥った地球。スカヴとの戦いに勝利したものの、彼らに対抗するために使用された核兵器の影響で地震と津波を誘発し、地球は死の星となってしまった。生き残った人類の多くは土星の衛星である「タイタン」に移住し、新たな生活を始めていた。地球では僅かに残った水をタイタンに送るための施設が稼働し、それを守る「ドローン」と呼ばれる無人偵察機が行き交うだけだった。ジャック・ハーパーは通信士のヴィクトリアと共に上空1000mに設置された「スカイハウス」で生活し、生き残り抵抗を続けるスカヴによって壊されるドローンを修理する生活を送っていた。
ある日、彼は地球に墜落してくる宇宙船を目撃する。乗組員の安否を確認するために現場に向かったジャックは、冬眠装置で眠っていた女性の顔に見覚えがあった。いつも見る夢に出てくる女性そのものだった。ジャックによってタワーに保護された彼女は、目を覚ますと初対面であるはずのジャックの名前を口にするのだった。困惑するジャックとヴィクトリア。その出会いがやがて現在の地球の状況を左右する事態へと物語は加速していく。

上記したあらすじは映画冒頭の30分ほどの出来事で、あんまり深く書くとあっという間にネタバレになってしまうのでまとめるのにとても苦労しました。SF映画の名作「マトリックス」や「トータル・リコール」と似たようなプロットではありますが、かなりよく出来た作品でした。どこかで見たような設定もテンポの良い脚本と、素晴らしい舞台設定、見事なキャストで観客を魅了していきます。

なによりも評価すべき点は「バブルシップ」や「スカイタワー」などの独特の世界観を表現したメカニックデザインが秀逸でした。荒廃した茶色の世界に、白や黒の単色のみを使った衣装。だからこそ、時々映し出される新緑の風景だったり、登場人物が着る普通の服がとても印象的に思える。個人的には「バブルシップ」や「ドローン」といったメカニックデザインがかなりお気に入りです。あれだけ世界観に合ったデザインを生み出したのは見事です。

ストーリーもいい出来でした。無駄なところがほとんど無く、張られた伏線もきちんと回収している。もちろん、辻褄が気になるところはいくつかありましたが、上映中に気になるレベルではありません。ラストが私の否定的な見方をしている終わらせ方なのですが、それもその後の展開で希望の見える素敵なラストでした。

点数は★★★★★です。今後に名前を残すべき素晴らしい作品でした。マンネリ化やアイデアの枯渇が目立つSF映画ですが、この作品はそんな心配を吹き飛ばしてくれます。

この映画でヒロインを演じたオルガ・キュリレンコですが、以前に「007 慰めの報酬」でボンドガールを演じた時にはまったく気にしていなかったのですが、この作品ではすごくキュートだし、とても魅力的でした。今後に期待する女優さんが1人増えました。ラストの泣きそうな顔がジョセフ・ゴードン・レヴィットに見えたのは俺だけ?

オブリビオン (サントラ・ショートエディションCD・eCOPY付き)(初回生産限定) [Blu-ray]
トム・クルーズ,モーガン・フリーマン,オルガ・キュレンコ,アンドレア・ライズブロー,ニコライ・コスター=ワルドー
ジェネオン・ユニバーサル

【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント (2)   トラックバック (12)