しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

スター・トレック

2009年05月31日 21時52分23秒 | 作品名(さ行)
第138回「新たなる、そして大きな第一歩になるでしょう。」

こんなにワクワクしながら映画館に足を運んだのは、いつぶりだろう?
その位、今夜の映画「スター・トレック」を楽しみにしていました。

SF映画は昔から大好きです。「未知との遭遇」「スターウォーズ」など好きな作品は数多くあります。
今夜の「スター・トレック」も世界中にトレッキーと呼ばれる熱狂的なファンを多く抱えるSFの名作です。ところが、今までこのシリーズに関して、私はまったく興味が湧きませんでした。なぜなら、1966年から放送が始まったこのスター・トレックシリーズ。私に物心がついて、映画に興味を持った時にはすでに、映画「スター・トレック3/ミスタースポックを探せ」公開と、壮大なお話はずいぶん経過していたのです。
もちろん途中から観ても、十分楽しむことはできるのでしょうが、私の性格上、途中からというのがどうも納得できなくて、このスター・トレックシリーズに関しては、まったくと言っていいほど、テレビシリーズも映画シリーズも観る事はありませんでした。

では、どうしてこの映画から観ようと思ったのか。それは、この作品がリ・イマジネーションとして、すべてを最初から作り直された作品だからです。
あのエンタープライズ号の艦長「ジェームズ・T・カーク」は、私が知っているのは、ちょっとお腹の出た中年のおじさんでした。しかし、今回の映画は彼が血気盛んな若者で、いかにしてエンタープライズ号の艦長になったのかが描かれる、まさにエピソード1を映画化したと聞いたので、ここから私もファンになれるかもと思ったからです。
それは、作る側にも言えることだったようです。この映画を作ったキャストやスタッフにも、今までスター・トレックを観たことがない人や、知っていてもファンじゃなかった人がこの映画を作っていたようです。

物語は23世紀、すでに人類は地球だけではなく、銀河系を中心に生活をし、宇宙艦隊を編成し、銀河の探索をその使命として生活していた。祖父の代から宇宙船の艦長を務める家に生まれた、ジェームズ・T・カークはその若さを持て余し、自由奔放な生活を続けていた。そんな彼に父親とかつて同じ船に乗船していた艦長に宇宙艦隊入りを勧められ、彼は同じ道を進むことを決意する。しかし、彼の性格は艦長には相応しくないと艦隊への入隊を見送られてしまう、そこへかつて父親を殺した宇宙人「ロミュラン人」からの攻撃が始まる。彼は父親の仇を討つことができるのか?そして、彼はいかにしてエンタープライズ号の艦長になったのか?

作品の点数は限りなく満点に近い★★★★☆です。SF好きの私は大満足な作品でした。SFに馴染みの無い人には、ちょっとわかりずらい「ワープ」や「転送装置」などが登場しますが、この作品をきっかけにスター・トレックにハマるにはもってこいの作品です。
唯一、残念だったのは青年カークが艦隊への入隊を決めるまでの心の葛藤をもっと深く描いてほしかったと思います。入隊を勧められた翌日にはもう決めてしまったのでは、あまりにも早いのでは?
それでも、スター・トレック入門作としては見事な出来だったと思います。本国アメリカでも予想以上にヒットしたようなので、今後の展開も期待できるんじゃないでしょうか。

スター・トレック [Blu-ray]
ブライアン・バーク,ジェフリー・チャーノフ,ロベルト・オーチー,ロベルト・オーチー,アレックス・カーツマン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

重力ピエロ

2009年05月24日 21時50分10秒 | 作品名(さ行)
第137回「重力・・・それはとても重く苦しいものでした。」

今週は、観たい映画のない谷間の週末でした。先週は「天使と悪魔」、来週は「スタートレック」「ROOKIES-卒業-」など、観たい映画は目白押しでしたが、今週末は特に観たい作品の公開がありませんでした。しかし、映画を観ない週末はなんとなく寂しく感じてしまい、何を観ようか迷いながら映画館へ向かいました。
そんな状況の中で私が選んだ作品は「重力ピエロ」でした。

伊坂幸太郎という作家さんをご存知ですか?今年に入り、続々と彼の作品が映画化されている人気作家です。名前だけは知っていましたが、どんな作品を書くのかまったく知らなかったのですが、たまには邦画もいいかもな。ってくらいの軽い気持ちでの鑑賞でした。

物語は仙台市内で次々と起こる放火事件。町で落書きを消すことを仕事としている弟「春」と大学でDNAの研究をしている兄「泉水」は落書きの近くで放火が必ず起こっていることに気がついた。犯人を捕まえようと調査を進める二人の兄弟。やがて、その犯人に近づくことで、自らの家族の絆を確かめることになろうとは。

正直、このブログを書くことに戸惑っています。なぜならばこの作品の根幹となる部分に私の1番嫌いな行為が含まれているからです。ある事件の犯人が登場するのですが、彼の発する言葉の1つ1つが私の心に突き刺さり、怒りがふつふつと湧き上がるのを感じていました。映画なのだから、作り物なのだからと思えばいいのかもしれません。しかし、彼の発言はあまりにも、相手の心を踏み躙る言葉だったのです。

最近は「ダークナイト」や「グラントリノ」など、子供の頃なら当たり前だった勧善懲悪の世界が崩される作品に多く巡り合います。もちろん、それだけ私自身が大人になったということなのですが、どうしても納得できない自分がいます。

この作品の中で、あるセリフがあります。「小さい頃に、相手の痛みを考えて、思いやりを持ちなさい。って言われるだろ。」ドキッとしました。まさに私が小さい頃に言われたことのあるセリフそのものだったからです。さらに彼は続けます。「良く考えれば、その痛みは自分のことじゃないんだ。」と、彼の理不尽な理屈にさらに怒りを感じたのです。

初めて、伊坂幸太郎という作家の作品を観ましたが、彼の構成力やセリフ回しなど、彼が今、注目されている理由が良くわかりました。この先に公開される作品も楽しみになりました。
作品の点数としては★★★★☆です。個人的に心にズシリと暗く重たい気持ちの残った作品でした。しかし、それを補って余りあるくらいの、脚本と演出力でした。邦画にしては珍しく見て良かったと思える作品でした。

重力ピエロ 特別版 [DVD]
加瀬亮,岡田将生,小日向文世,鈴木京香,吉高由里子
角川エンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (1)

天使と悪魔

2009年05月17日 22時48分32秒 | 作品名(た行)
第136回「極めて限られた空間で最大限の面白さを引き出した」

今夜の作品は「天使と悪魔」です。トム・ハンクス主演で映画化されたベストセラー小説の前作「ダ・ヴィンチ・コード」に続く、ダン・ブラウン原作の第2弾映画です。ちなみに前作の「ダ・ヴィンチ・コード」のブログはこちら

今回の舞台はイタリアのローマにある世界最小の主権国家であるヴァチカン市国。教皇が死に次期教皇を選ぶ「コンクラーベ」が始まるが、4人の次期教皇有力候補である枢機卿が誘拐されるという事件が起こる。さらにヴァチカンのどこかに爆発物がしかけられ、それが爆発すればヴァチカンが消滅してしまうほどの威力を持っているもの。
犯人は教会に対して反抗してきた秘密結社「イルミナティ」を名乗り、犯行声明文を送りつけてきた。制限時間は4時間。
事件解決のためにヴァチカンが呼びつけたのは、ローバート・ラングトン教授。彼の頭脳ならば謎を解き、ヴァチカンの危機を救う事ができるはずであると。

トム・ハンクスといえば、かつてはラブコメディばかりが多く、個人的にも「ビッグ」は大好きな作品です。その彼が歳を取るごとに、「フィラデルフィア」や「フォレスト・ガンプ」などのドラマで味を出す俳優さんになり、このシリーズでは頭脳明晰な教授を演じています。正直、大好きな俳優さんではありましたが、ここまで成功するとは思っていませんでした。その彼が今作では、インディ・ジョーンズばりに狭いヴァチカンを走り回ります。
爆発時間が刻一刻と迫り来る中で、観客を飽きさせることなくエンディングまでテンポ良く進んでいきます。まったく時間を感じさせないつくりは、さすがロン・ハワード監督と思わせてくれます。

世界一小さな国として、ヴァチカンの存在は知っていましたが、どんな国なのかは詳しくしりませんでしたが、ヴァチカンの名所がこれでもかと登場します。おそらく、実際のヴァチカンにある建築物の中では撮影はできなかっただろうし、映画に登場するような施設も存在しないとは思いますが、そんな無理もまったく不自然に感じさせないのが不思議です。

点数は★★★★★です。ちょっと甘いかも知れませんが、前作を観ていなくても楽しめる点や、「面白かった?」と聞かれれば、素直に「面白かったよ」と答えられるところで、プラス1で満点としました。

天使と悪魔 スペシャル・エディション(1枚組) [Blu-ray]
ユアン・マクレガー,トム・ハンクス,ステラン・スカルスガルド,アイェレット・ゾラー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

チェイサー

2009年05月03日 23時20分22秒 | 作品名(た行)
第135回「それはとても暗く、余りにも深い物語でした。」

韓流ブームと言われて久しいですが、映画界でも韓流ブームは起きています。多くの韓国映画が日本でも上映され、どれもとても魅力的な作品が多くあります。
映画好きな私は、特にどこの国の作品しか観ないなどのこだわりはありません。いい映画であれば国籍は関係ないのです。「殺人の追憶」や「オールドボーイ」など韓国映画での名作もいくつも見てきました。顔や風土が似ているせいか、アメリカ映画などよりも感情移入しやすいのも韓国映画の特徴ではないでしょうか。
今夜はそんな韓国映画の「チェイサー」を観てきました。

物語は韓国で実際に起きた連続殺人事件をモチーフに、犯人と彼を追う元刑事との息詰まるやりとりが見所の映画です。
元刑事で今はデリヘルの店長をしている主人公。彼の元から店の女性が次々にいなくなる。彼は手付金を持って逃げたのか、どこかに売り飛ばされたのかと考える。どの女性達もある同じ電話番号からの仕事の依頼以降に連絡が取れなくなっていることに気づいた彼は、その電話番号からの依頼で出かけた女性に彼の住所を連絡するようにと伝える。
ところがその男は呼んだ女性を次々に殺害している連続殺人犯だった。
犯人を捕まえ、警察に届けたものの、男は以前にも証拠不十分で何度も釈放されていたのである。この凶悪な連続殺人犯との戦いはいかなる結末を迎えるのだろうか・・・

映画の評価は★★★★☆です。映画としての点数は満点ですが、映画の内容が余りにも凄惨で見ていて気分が悪くなります。おそらくハリウッドや日本で脚本が書かれていたのなら、もう少し救いのあるお話になっていただろうと思います。
終盤に僅かに見えた希望も叩き潰されてしまいます。もし日本人がこの脚本を書いていたら、たぶんあそこで救いの手が差し伸べられるのでしょう。見ている私自身もあそこで救いの手が入らなかったことに憤りを感じています。
もちろん映画の脚本なのですから・・・と思いたいのですが、余りにも救いのない映画になっていました。心の中に重く暗い気持ちが残ることになりました。
この映画を「面白い」と表現してはいけないと思います。

脚本は見事だし、演出も素晴らしかったです。でも、誰かに薦めたい映画かと聞かれれば、私はおそらく勧めないと思います。
それくらい凶悪で凄惨な事件だったのです。それが実際に起きた事件だと聞けばなおさらです。日本でも似たような事件が実際に起こっています。私は思います「なぜ事件が起こる前に止められなかったのか?」と。
この映画の内容が、あくまでも映画だと思いながら観られなかった私の問題だとは思います。

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
キム・ユンソク,ハ・ジョンウ,ソ・ヨンヒ
角川エンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

グラン・トリノ

2009年05月01日 22時34分04秒 | 作品名(か行)
第134回「年老いたダーティハリーを見ているようでした。」

クリント・イーストウッド。彼ほど上手に年老いていく俳優さんはとても珍しいのではないでしょうか?
若い頃は「荒野の用心棒」でガンマンを演じ、「ダーティハリー」では荒くれ者の刑事を演じ、「許されざる者」では監督としての才能の見せ、「ミリオンダラー・ベイビー」では二度目のオスカー監督となり、歳を重ねる毎に、その年齢にあわせた魅力を見せる彼は名俳優と呼ぶに相応しい人物だと思います。
普通、若い時にいい役に巡りあってしまうと、そのイメージが強すぎて、歳をとってからはいい役に恵まれないことが多くあります。逆に若い時はいい役に巡り会わなかったが年老いてからいい味が出るようになる人など、その両方を持った人はめったにいません。
クリント・イーストウッドはその両方を持った、珍しい俳優でしょう。

そんな彼が最後に辿り着いた役が、この作品「グラン・トリノ」のウォルト・コワルスキーというキャラクターでした。

物語は、朝鮮戦争の従軍経験を持つ元自動車工ウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ、愛車「グラン・トリノ」や愛犬と孤独に暮らすだけの日々を送っていた。そんな彼の隣家にモン族の少年タオの一家が越してくる。タオは従兄弟の誘いで不良グループに引き込まれそうになり、ウォルトの愛車を盗もうとするが、見つかってしまい失敗に終わる。
後日、その事を謝りにきたタオに家の修理や片付けなどをさせて償いをさせることに。
次第に心を通わせ始めたウォルトとタオだったが、再びタオを仲間に引き入れようとする不良グループが2人の関係を脅かし始め、とうとう事件が起こってしまう。
彼らはどうやって解決するのか。

この映画に登場するウォルトは、昔かたぎで頑固者、息子家族にも煙たがれ、懺悔をしろとやってくる神父さえ押し返すような男。私の中ではダーティハリーが歳をとって隠居生活を送っているとしたら、まさにこんな感じなんだろうなぁ。とクリント・イーストウッドのハマり役を重ねてしまいました。

彼はとても正義感が強く、不良グループなどを見ていると黙っていられない性格。その性格の為に事件が起こってしまいます。その解決、つまり映画の結末をどんな風に迎えるのかを色々考えながら鑑賞していました。
正直、あの結末も考えました。それが最良の結末とは私は思えません。だけど、映画の主人公ウォルトが出し得た最大の答えだと思います。

点数は★★★★☆です。私の中であの結末は、絶賛には値しないのでマイナス1とします。良かった点は、嫌な事件を映像として、映画に使わず観客に想像させる演出をしたのは見事でした。

クリント・イーストウッドは言っています。「この先は積極的に役は探さない」と。この作品が俳優としての最後の作品になるかも知れません。
俳優としての集大成とも言えるこの作品を見ておいて、損はないと思いますよ。

グラン・トリノ [Blu-ray]
クリント・イーストウッド,ビー・バン,アーニー・ハー,クリストファー・カーリー
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント