しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

悪の法則

2013年11月24日 22時08分56秒 | 作品名(あ行)
第329回「超一流のキャストを使って、超一流のB級映画を観たかんじ。」
先週の土曜日にミニシアター系の映画館で「トランス」を鑑賞してしまったので、観たい映画が重複してしまいました。劇場の窓口の直前までどちらを観るか悩み続けていました。「悪の法則」と「キャリー」どちらも予告編がうまく作られていましたが、私が選んだのはリメイクの「キャリー」よりオリジナルの「悪の法則」でした。「キャリー」は正直、予告編ですべてが見えてしまった気がしたので・・・

メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラーは、恋人ローラとの結婚も決まり人生の絶頂期にあった。彼はローラとの生活を今よりも充実したものにするために、クライアントでもある実業家のライナーと手を組み、裏社会のブローカー・ウェストリーの協力も得て麻薬ビジネスに手を染めることにした。それはちょっとした出来心だった。ところが事態は急変する。麻薬を積んだ偽装トラックが何者かの手によって奪われてしまったのだ。カウンセラーがそのことに気がついた時には事態はすでに取り返しのつかない方向へと転がり始めていた。それは簡単な取引のはずだったのに・・・

とにかく出演している俳優さん達は今を代表する名優ばかりなのは保障します。では何を私が「超一流のB級映画」とこの作品を評価したのか?それは脚本のせいだと思います。最後まで映画を鑑賞して、「誰が何を手に入れたのか?」「あの黒幕は結局何がしたかったのか?」「取引はどうなれば成功だったのか?」「麻薬は誰の手に渡ったのか?」と疑問ばかりが残ってしまいました。そのあたりの疑問は本来ならば劇中で語られるはずなのですが、その辺は描く必要がなかったのか?まったく描かれないまま映画は終わってしまいます。

それでも物語のテンポは良かったし、何気ない会話の中に重要な伏線を仕込んだりと、リドリー・スコット監督の手腕はさすがだと思います。点数は★★☆☆☆ですね。年末年始に地上波の夜中にでも何気なく観ると「お、結構面白いじゃん。」なんて思える作品だとは思いますが、劇場で何としても観ておく作品ではありません。

チョイ役で個人的に好きな俳優さんのジョン・レグイザモや「ER」に出ていたゴラン・ヴィシュニックを見られたのは良かったです。何もかもを描く必要があるとは思いませんが(例えばラストに送られてくるDVDみたいに)ある程度、劇中で起こっている事態を観客が把握できるように作る必要はあると思います。豪華キャストだけにとても残念な作品でした。

悪の法則 21分拡大版本編ディスク付豪華2枚組 (初回生産限定) [Blu-ray]
マイケル・ファスベンダー,ペネロペ・クルス,キャメロン・ディアス,ハビエル・バルデム,ブラッド・ピット
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (11)

トランス

2013年11月17日 23時45分33秒 | 作品名(た行)
第328回「たまにはミニシアターもいいもんだ。」
ときどき、地方都市に住んでいることを歯がゆく思う時がある。それは面白そうな映画が近くで上映されない時だ。今回の作品「トランス」も監督はダニー・ボイルが務め、主演にジェームズ・マカヴォイ、共演にヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソンがサイコスリラーを作ったと聞けば、「観たい!」と思うのは映画ファンとしては自然な流れだと思います。ところがネットで調べたら上映するのは全国公開から約1ヶ月が過ぎた頃。しかも単館系のミニシアターという状況にガッカリしたのでした。それでも1ヶ月後とはいえ行ったことのない劇場で観るのもたまにはいいかもと思い、待っていました。そして16日に行ってきました。

とある絵画競売会場が強盗に襲われた。絵画競売人のサイモンはいつもの訓練通りに絵画を守るために行動するが、犯人に奪われてしまう。その時に頭を殴られたサイモンはケガを負ってしまい入院する。退院後に家に帰ると家が荒らされていた。実はサイモンは犯人グループの1人で、ギャンブルで背負った借金を返すために絵画強盗に協力したのだった。ところが盗んだ絵画は犯人グループが持ち去った入れ物には額縁だけが残り、絵画は行方不明となっていた。裏切られたと思った犯人グループはサイモンを捕まえ拷問するが、サイモンは殴られたショックで記憶の一部(絵画の行方)を消失しまっていた。犯人グループは記憶を取り戻すために催眠療法士のエリザベス・リムのところへサイモンを向かわせる。しかし、それが全ての始まりだった。

正直、テレビ番組や雑誌などで大きく煽っていたほどビックリするようなトリックもどんでん返しも無かったが、とても楽しめた。意味深なシーンや、逆に無意味なシーンを織り込むことで深読みし過ぎてしまったが、途中でだいたいのことは理解できた。多少、「催眠」というプロットを都合良く使いすぎているところが気になりましたが、そこは映画として大目に見ることにしましょう。

ネタバレしてしまうので黒幕や結末を避けるのですが、人が死んでいるので何事も無かったみたいなエンディングにはちょっと疑問を感じましたが、映画そのものの評価を下げるほどではありませんでした。

点数は★★★★☆です。練り込まれた脚本で最後までダレる事無く、エンディングにまで持っていく手腕はさすがだと思います。マイナス点は前述した事件の全てが判明すると、犯人の思惑があまりにも人を傷つけ過ぎたところへの個人的な反感です。作品としてはとても良くできた映画だと思います。ミニシアターで鑑賞したので上映料金が高かったのですが、その価値はあったように思います。

さて、今回映画を鑑賞したのは私が住んでいるところで唯一の単館系映画を上映する「シネマテークたかさき」でした。映画ファンとしてはこういう劇場がきちんと経営していける状況が継続していってほしいと願わずにはいられません。といっている本人がもっと足を運べばいいのでしょうが・・・

トランス [Blu-ray]
ジェームズ・マカヴォイ,ヴァンサン・カッセル,ロザリオ・ドーソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント

清須会議

2013年11月10日 21時27分19秒 | 作品名(か行)
第327回「史実に縛られるとらしさは半減する?」
このブログをはじめてからすでに8年ほどが経過し、ブログの中でも三谷幸喜が好きだと公言してきた私ですが、彼の作品の何もかもが好きなわけではありません。「みんなのいえ」はあまり面白くなかったし、「マジックアワー」は世界観に入り込めずに終わったし・・・とここである事に気が付きます。彼が作る映画は偶数本目は失敗作なのでは?と。そういう考えだけで言えば、今回の作品「清須会議」も失敗作になるのだろうか?果たして結果は?

時は戦国時代、天下統一をあと一歩までと迫っていた織田信長が本能寺にて明智光秀に討たれた1582年。新たに織田家当主を決めるために尾張国清須城に柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、池田恒興ら家臣が集まって会議を行うことになっていた。筆頭家老の柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を後継者として推す。羽柴秀吉は信長の次男で大うつけ者として人望の薄い信雄を後継者としようと画策する。うつけ者と噂される信雄を推薦する秀吉が圧倒的に不利と思われたが、秀吉の人望と策略により状況はわからなくなる。ここに歴史上初の会議によって歴史が動こうとしていた。

最近の映画やドラマにありがちな、テロップを多用して登場人物を説明したりする手法が一切使われていないので、事前に予告編やホームページなどで情報をある程度仕入れておく必要があります。歴史をまったく知らない状態ではちょっと辛いと思います。逆に知っていると色々と楽しめる要素は多分に含んでいると思います。

キャスト陣については、それはそれは豪華です。柴田勝家役の役所広司さん、丹羽長秀役の小日向文世さん、池田恒興役の佐藤浩市さんなどなど、三谷組総出演の豪華さです。個人的にとても良かったのは、羽柴秀吉役の大泉洋さんです。バラエティーなどで観てきたので俳優として活躍する彼を観るのは多少の違和感があるのですが、今作ではあの羽柴秀吉を見事に演じ切ってくれました。秀吉の口のうまさや狡猾さ、人を自然と引きつける感じなど秀吉のイメージにピッタリでした。

点数としては★★★★☆です。前述した彼の偶数本目は失敗作というのは杞憂に終わりました。ただ監督・三谷幸喜の作品だからと爆笑の連続の喜劇を想像して劇場に足を運ぶとガッカリするかも知れません。やはり史実を扱っているので、あまりそこからかけ離れてしまうのは避けたということでしょう。私はそれを支持します。もちろん、史実を観てきたわけではないので、どこまでが本当でどこまでがフィクションなのかなんてわかりませんが(笑)

清須会議 Blu-ray スタンダード・エディション
役所広司,大泉洋,妻夫木聡,浅野忠信,寺島進
東宝


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (9)

劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇

2013年11月03日 21時10分54秒 | 作品名(さ行)
第326回「乗りかかった舟を途中で降りることが出来ませんでした。」
以前から散々批判しているテレビドラマからの映画化作品。しかも完結編と銘打って前篇、後篇に分けて連続公開なんて愚の骨頂だ。そんなことをして観客を呼び込もうとする作品なんて、もう観ないぞ!と思っていた。それがどんな作品かはもうおわかりでしょう。「劇場版SPEC~結~漸ノ篇」です。前作「天」でも書いたように続編が作られることに驚きはありませんでした。完全に続編を意識したラストだったから。正直、劇場のチケット売り場の直前まで迷っていました。それでも、ここまで乗りかかった舟ならば、たとえ後悔しようとも最後まで観ようと決めたのでした。

警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係。通称「未詳」はスペックホルダーと呼ばれる特殊能力をもった人間が起こす事件を専門に扱う部署である。そこに所属する当麻紗綾と瀬文焚流は数々の事件を解決に導いてきた。しかし、今まさに世界中を巻き込んだ「持つ者」=スペックホルダーと「持たざる者」=普通の人間との最終決戦が始まろうとしていた。「シンプルプラン」と呼ばれるスペックホルダーを葬り去る計画を実行しようとする人間とそれを阻止しようとするスペックホルダー達。その大きな波に当麻と瀬文も巻き込まれていく。

独特な世界観に加え、特異なキャラクターのオンパレード。遅々として進まないストーリー。さらには意味不明な演出と馴染めないものを排除するかのような作品なのはわかっていたはずなのに、やはりイマイチ馴染めない自分がいます。今回は前後篇の二部作と知った瞬間に観るのは止めようと思っていました。しかし、ここまで付き合ったのだから最後まで・・・と鑑賞を決めて観てきました。

詳しい感想と点数については次回作の「爻ノ篇」を観た後に書きたいと思います。今作の最後にはエンドロールが流れなかったのであくまで前後篇で1本の作品となるようです。だからこそのあの遅いストーリー展開だったのでしょうか?

劇場版 SPEC ~結~ 漸ノ篇 スタンダード・エディション [Blu-ray]
戸田恵梨香,加瀬亮,竜雷太,向井理,大島優子
TCエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (3)