しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

スター・トレック イントゥ・ダークネス

2013年08月25日 11時51分49秒 | 作品名(さ行)
第319回「さあ飛び立とう!銀河系の彼方へ!」
約50年前からアメリカで放送の始まった「スター・トレック」シリーズ。その大ヒットシリーズをヒットメーカーであるJ・J・エイブラムスが監督をし、リブートした「スター・トレック」の4年ぶりの続編が公開となりました。前作「スター・トレック」のブログでも書いたとおり、SFファンの私はこのシリーズをちょっと敬遠ぎみでした。しかし、リブートされたことで、改めてファンになりました。続編が決定したと聞いた時から、かなり楽しみにしていた作品でした。今回の作品は「スター・トレック イントゥ・ダークネス」です。

西暦2259年。宇宙艦隊に所属するUSSエンタープライズの若き艦長ジェームズ・T・カーク。血気盛んで無鉄砲な彼はトラブルも多いが、彼を慕う多くの仲間達と共に数々の功績を残してきた。ところがある惑星で規則を破ったことで降格処分を受け、副長となり仲間とも別々になってしまう。時を同じくしてロンドンで爆破事件が起きる。宇宙艦隊のデータ基地が破壊されてしまった。犯人と目された艦隊士官のジョン・ハリソンは惑星クロノスへと逃亡。彼を追跡する任務についたUSSエンタープライズは多くの敵が潜む惑星クロノスへと向かって航海が始まるのだった。

前作「スター・トレック」からリブート(正確な表現ではないが)されてスタートしたこのシリーズ。なぜ前までこのシリーズを敬遠していたかといえば、私が物心ついた時にはすでにドラマ開始から長い時間が経過し、途中から参加するのには多くの労力が必要と思われました。さらに中年となりお腹の出たカーク船長には、正直魅力を感じていなかったのです。しかし、このシリーズからは若く未熟ではあるが魅力的なカークを描くことで、初心者の私も入り込みやすい作りになっていました。

リブートが正確な表現としなかったのは、パラレルワールド的な作りになっていて、前シリーズで人気だったスポックがタイムスリップというかたちで登場したり、今作でも前シリーズで活躍したキャラクターが登場します。(とても重要なキャラなので誰なのかは秘密で)そういう意味では昔からのシリーズを観ている人のほうが、より楽しめる作りにはなっています。

で、肝心の映画の出来といえば、とても見応えのある出来になっていました。息つく暇もなく、次から次へと物語が展開され、最後まで決してダレることなくお話が展開されていきます。

さらにこれだけ多くの魅力的なキャラクターが登場しているのに、それぞれのキャラに見せ場があり、それぞれにきちんと活躍の場が与えられています。普通の映画であれば、誰かの存在が疎かになってしまい、「あのキャラって必要だったかな?」と思ってしまうことがよくあるのですが、この作品ではそれが全く無いのです。それはとても良く練られた脚本が成せる技ではないでしょうか。

点数は★★★★★です。SF好きの私だからこの点数というのはありますが、現実を忘れて無限の銀河系へ旅立つのも楽しいと思います。ワープや転送など、この作品世界での独特のルールが存在しますので、その辺の知識を少し仕入れておけば、さらに楽しめることでしょう。

新たに製作の決定した「スターウォーズ エピソード7」の監督にJ・J・エイブラムスが決定しましたが、どのような世界を描いてくれるのか今から楽しみで仕方ありません。こんな大きなシリーズを2つも監督する彼の今後の活躍に期待です。

スター・トレック イントゥ・ダークネス ブルーレイ+DVDセット【2枚組】
クリス・パイン,ザッカリー・クイント,ベネディクト・カンバーバッチ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (9)

パシフィック・リム

2013年08月18日 22時37分03秒 | 作品名(は行)
第318回「完全に駄作を観るつもりだったのですが・・・」
私が子供の頃(約30年ほど前)には多くの巨大ロボットアニメや特撮ものがテレビで放送されていた。合体・変形など少年だった私はワクワクしたものである。いつの頃からかそんな巨大ロボットものは影を潜め、最近ではすっかり見なくなってしまった。「巨大ロボ」というプロットは、あまりに非現実過ぎて、バカバカしく感じてしまうのでしょうか?かくいう私もそんなふうに感じてしまう1人ではあるのですが・・・だから今回の作品「パシフィック・リム」の予告編を観た時には、「おいおい今の時代に巨大ロボットですか?大丈夫なのか?」と勝手に駄作だと思い込んでいました。そしてそれを覚悟のうえで劇場へ向かったのでした。

2013年、それは太平洋の海底から現れた。突如として太平洋の深海に裂け目が現れ、そこから巨大な怪獣=KAIJUが現れたのだ。1体目はロサンゼルスを襲った。多くの犠牲者が出たが軍隊によってKAIJUは倒された。しかし、それは始まりに過ぎなかった。半年後には再び現れた。混乱は続いていくと考えた人類はそれに対抗するために人型巨大兵器「イェーガー」を作り上げた。操縦者の脳波とシンクロさせる「ドリフト」という技術を利用する操縦方法は1人の人間にかかる負荷が大きすぎるために、2人の操縦者に右脳と左脳をそれぞれ接続させる方法がとられた。運用当初は連戦連勝の「イェーガー」だったが、出現期間が短くなるとともに、まるで前回の欠点を補うかのように強化していくKAIJUに対抗できなくなりつつあった。時は過ぎ2025年、人類は「イェーガー計画」に見切りをつけ「防護壁」の建設に費用を回すようになっていた。かつてイェーガーの操縦者で現在は司令官のスタッカーは世界に残った4体のイェーガーを集め、最後の戦いを挑もうとしていた。人類の存亡を賭けた戦いが始まろうとしていた。

「進撃の巨人」や「エヴァンゲリオン」など日本の漫画やアニメなどに影響を受けたと思われるプロット満載の今作。とても荒唐無稽でお話そのものに無理があるだろうと思っていました。ところが、ハードルが下がっていたせいなのか、思っていたよりもきちんとした脚本で、細かい設定や世界観がしっかりと作り上げられていて、最後まで飽きることなく観ることができました。何度もブログに書いていますが、こういう作品は一連のお話の中でどの部分(エピソード0なのか、ラストエピソードなのか、それ以外なのか)を描くのかが重要になってきます。変に続編を意識して面白くない脚本になってしまう作品が多い中で、この作品は見事にラストエピソードを描き切ってくれました。その潔さも評価に値すると思います。まあ、続きを作ろうと思えばいくらでも可能ですが・・・

キャストについても、前回の「ワールド・ウォー Z」もそうだったのですが、日本人俳優の菊池凛子以外の俳優さんは顔すら覚えがないという状況でありながら、すべての俳優さんがそのキャラクターにぴったりの役どころでした。特に物語のキーマンとなる2人の科学者コンビは個人的には好きなキャラクターでした。

点数は★★★★☆といったところでしょうか。こういったSF作品が好きな私の評価ですので、1点多い評価と思ってもらったら、ちょうどいいかも。イェーガーに製作した国柄が出ていたり、操縦者もそれに伴って、いかにもなキャラがいたりと、「リアル・スティール」で見た感じはありましたが、脚本が良かったのでエンディングまでグイグイと引き込まれていきます。多少のご都合主義な展開はありますが、気になるレベルではありませんでした。夏休みに男の子が観るのにピッタリの映画でした。

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
チャーリー・ハナム,イドリス・エルバ,菊地凛子,チャーリー・デイ,ロブ・カジンスキー
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (6)

ワールド・ウォーZ

2013年08月11日 18時01分08秒 | 作品名(わ行)
第317回「脅威は静かに、そして確実に忍び寄る。」
今週末あたりからは観たい作品が続々と公開されるので何から観ようか迷ってしまうという、なんとも幸せな状況が続くのですが、まずは「パシフィック・リム」と「ワールド・ウォーZ」で悩みました。まず私が選んだのは・・・もちろん「ワールド・ウォーZ」です。ゾンビ映画であり、パンデミック映画となれば、なんとしても観ておかなくてはと思うのは自然な流れです。

世界各地で発症例が報告される狂犬病に似た症状の病気。突如、凶暴化した人間が近くの人間に襲いかかり、噛まれた人間もあっという間に感染し、さらに近くの人間に襲いかかる。やがてその未知なる感染症は爆発的に全世界に蔓延していく。
元国連調査員のジェリーは家族と共にフィラデルフィア市内で渋滞に捕まっていた。何気ない日常は突如として打ち砕かれる。封じ込めに失敗した感染者が一斉に市内へと流れ込んできた。あっという間にパニック状態になる市内。ジェリーは家族を連れてなんとか市内を脱出することに成功する。行き先に苦慮していたジェリーのもとにかつて国連で共に仕事をしていた同僚から連絡が入る。彼の調査員としての知識と才能を使って、この混乱の原因究明にあたって欲しいとの事だった。家族の為に辞めた仕事だったが、復帰を促された彼に選択の余地は無かった。拒めば家族は再び混乱の地へ放り出されてしまう。彼は家族を置いて、この未知のウイルスによる混乱の原因を突き止めるべく、最初の感染者が見つかった韓国へと飛び立つのだった。

かなり前に映画館で予告編を観た時に思ったのは「あれ?これって、アイ・アム・レジェンドの前日譚じゃない?」でした。ゾンビ映画にしては猛烈な勢いで迫り来る感染者は、まるであの映画に出てきた感染者にそっくりだと思ったのが第一印象でした。熱烈なゾンビ映画ファンにしたら、走るゾンビは邪道なのかも知れませんが、「28日後」などの作品も好きな私にとっては、かなり楽しみにしていた作品でした。

全世界を巻き込んだ規模の大きなお話に、ローランド・エメリッヒ監督が描くようなパニック映画的要素の大きな作品かな?と想像していたのですが、思っていた以上にゾンビ映画に近い作りになっていました。脚本も良く練られていて、最初から最後まで次々と舞台を変え、それぞれの場所で印象的な混乱が描かれていきます。迫り来る感染者の波は恐怖を感じることでしょう。

逆に残念な点も、全世界規模の混乱を描きながら、物語は常にブラット・ピット演じる国連調査員ジェリーの視点でのみ展開されていきます。感染症の原因究明のみにクローズアップされ、パニック映画の要素はかなり少なくなってしまいました。出演者も顔を見て名前が出てきたのは主演のブラッド・ピットのみで、顔を見たことがある出演者が2名となんとなく寂しい印象の残る作品でした。しかし、あれ以上の出演者を用意し、それぞれの視点で映画を作っていたとしたら、おそらく2時間の上映時間には収まらなかったでしょうけどね。

点数は限りなく満点に近い★★★★☆です。こういうジャンルが大好きな私にはピッタリの映画でした。起承転結もしっかりとしていて、満足できる作りになっていました。序盤の事件の発端や、終盤の結末が多少モヤっとした感じはありますが、それでもかなり面白く、多分ブルーレイを購入するだろうと思った作品です。

改めて、「ウォーキング・デッド」などゾンビ作品が観たくなる作品でした。「パシフィック・リム」は大丈夫だろうか・・・?

ワールド・ウォーZ エクステンデッド・エディション2Dブルーレイ [Blu-ray]
ブラッド・ピット,ミレイユ・イーノス,マシュー・フォックス,デヴィッド・モース
角川書店


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (13)

ローン・レンジャー

2013年08月04日 23時41分33秒 | 作品名(ら行)
第316回「新たなるヒーローの誕生となるのか?」
劇場で本編公開前に上映される予告編。その役割は思っているより重要で、ちょっと前に鑑賞した「藁の楯」は観る気はまったく無かったのに、予告編で魅了されてしまい鑑賞を決めた作品でした。まぁそれが傑作に結び付くとは限らないのですが・・・。で、今回の作品「ローン・レンジャー」ですが、予告編では「ジョニー・デップ主演」とか「パイレーツ・オブ・カリビアンのスタッフが再集結!」などと映画の内容云々ではなく、他の部分で観客を呼び込もうとするキャッチコピーばかりだったので、「この映画のポイントはそんなところしか無いのか?これは失敗作なのか?」と心配しながら劇場へ向かうことになりました。

時は1800年代後半のアメリカ。西部開拓時代。とある街に列車が到着しようとしていた。その列車には数々の罪を犯してきた悪党キャベンディッシュが乗っていた。彼はその街で裁判を受ける為に護送されていたのだ。同じ列車にはその街で検事として赴任してきたジョン・リードが乗っていた。彼は生まれ故郷のその街で新たな生活を始めるはずだった。ところがキャベンディッシュの仲間が彼の救出を計画し、列車を強奪し逃亡してしまう。街でレンジャーを務めるジョンの兄ダンと共にキャベンディッシュを追いかけるジョンだったが、待ち伏せにあい全員殺されてしまう。そこに現れた悪霊ハンターのトントは不思議な白馬の導きで、瀕死の状態だったジョンを甦らせる。トントは過去のある忌まわしい事件の復讐の為にキャベンディッシュを追いかけていたのだった。同じ目的を共有した2人はコンビを組んで事件解決に乗り出す。マスクを着け、正体を隠し「ローン・レンジャー」となったジョンだったが、やがて2人はアメリカを揺るがす大きな陰謀に巻き込まれていく。

結論から先に書いてしまいます。点数は★★★☆☆です。想像していたよりも、かなり良く出来た作品ではありましたが、傑作というほどではありませんでした。ローン・レンジャーとしてのエピソード0を描いた物語としては、とても良く出来ていました。約2時間30分という娯楽作品にしては長い時間でしたが、途中でダレることも無く、エンディングまで見応え十分に観客を世界観へ引き込んでくれます。

ではマイナス点はというと、やはり重要な悪役や魅力的な脇役の存在ではないでしょうか。いい意味でも悪い意味でもジョニー・デップ頼りな感は否めないでしょう。そういう意味ではどんな突飛なキャラクターでも見事に演じ切れてしまうジョニー・デップは凄いのですが、悪役のキャベンディッシュや黒幕などにもう少し特徴的なキャラクター設定があったり、せっかく名(迷)女優のヘレナ・ボナム=カーターを起用した義足の女宿主など、もっと絡みが多くても良かったと思いました。

物語の冒頭が1935年から始まって年老いたトントが見世物小屋で子供にお話しを聞かせる設定で物語が進行していくのですが、思っていたほど効果的には使いきれていなかったので、そのプロットを割愛して、そちらに重点を置いた脚本だともっと盛り上がったのかな?と思いました。

西部劇なので多少のグロさはありますが、夏休みに男の子向けの作品としては、とてもエンターテイメント性に富んでいておススメだとは思います。あまり難しく考えずに展開の速さとアクションのド派手さを楽しむ作品です。

ローン・レンジャー MovieNEX [Blu-ray]
ジョニー・デップ,アーミー・ハマー,トム・ウィルキンソン,ウィリアム・フィクトナー,バリー・ペッパー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (8)