しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

レヴェナント:蘇えりし者

2016年05月29日 23時36分05秒 | 作品名(ら行)
第401回「なぜ今更この作品を鑑賞したのだろうか?」
すっかり前回の「シビル・ウォー」から間が空いてしまいましたが、その理由はとても単純で劇場まで足を運ぶほど魅力的な作品が無いということでしょうか。それでもあまりにも空いてしまうのも・・・と考えて、何とか上映終了直前の「レヴェナント:蘇りし者」を観に行きました。幾多のノミネートの末にやっと主演男優賞受賞へと辿り着いたレオナルド・ディカプリオの作品だけに公開前は絶対に観ようと思っていた作品だったのですが、一度意欲が失われてしまうと「またでいいかな?」という思いが心の中に巣食い、劇場への足が遠のいていました。さらに私の足を遠ざけたのはその上映時間の長さでした。とある男の復讐劇に2時間37分は長過ぎやしないかと思っていました。ではその思いは鑑賞後にはどうなったのか?

舞台は西部開拓時代のアメリカ。狩猟で動物の毛皮を獲ることを生業にしているジョン・グラスは息子のホークと共に狩猟隊を案内し森の奥へと入っていた。毛皮を集め、後は舟に積み込むだけとなった時、原住民のインディアンに襲われてしまう。40人以上いたハンター達は10人ほどとなっていた。舟を捨てて山へ入ることを提案したグラスだったが、森の中でグリズリーに襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。隊長であるヘンリーは地理にも詳しく、これまで貢献してくれたグラスと見捨てることは出来ないと主張するが、追手はすぐ近くまで迫っていた。そこで歩ける者だけで砦を目指し、数人とグラスを残し、必ず戻ってくると約束し、先へと進み出した。残されたのはグラスと息子のホーク、まだハンターとして経験の浅く若手のブリジャー、反抗的で金に汚いフィッツジェラルドの4人。ところがグラスに敵意を持っていたフィッツジェラルドは足手まといのグラスを殺して、先に進もうと動くことすら出来ないグラスの口を塞ぐのだった。そこへ息子のホークが戻り激しく詰め寄る。騒がれ殺害の発覚を恐れたフィッツジェラルドはホームを殺してしまう。激しく怒りに震えるグラスだが声を上げる事すら出来なかった。ホークの遺体を隠したフィッツジェラルドはブリジャーに追手が来たと嘘を付き、グラスを見捨て砦を目指した。極寒の森へ置き去りにされれば死ぬのは時間の問題だと思っていた。しかし、グラスは生きていた。全身にキズを負いボロボロの彼は最愛の息子を殺された怒りと復讐を胸に広大な地を進み出すのだった。

あらすじを書くつもりが映画の冒頭30分くらいを書いてしまいましたが、お話はとても単純なプロットで出来ています。「最愛の息子を殺された男が、復讐を胸に絶望的な状態から立ち上がり、前に進み出す。」ただそれだけのお話である。ただそれだけなのに私は2時間37分間、スクリーンから目を離すことが出来ませんでした。それくらい映画にのめり込んでしまいました。

では何がそんなに凄かったのか?いくつかあるのですが、まずはカメラワーク。戦闘シーンや物語が進むシーンは常にカメラは人物に最も近い場所、それこそ演じている俳優の息がカメラを曇らせるほど近くで撮り続けます。逆にカメラを引いて景色が映し出されると静寂の中でとてつもなく美しい風景が広がっているのです。人物が物語を展開する場面は「動」、景色が映し出される場面は「静」とでも言わんばかりのカメラワークでした。

そして何より凄かったのは主演男優賞を獲得したレオナルド・ディカプリオの姿です。ケガで喉を切られたこともあり、まともに喋れない設定でもあるのですが、それでもセリフは最小限にされ、彼の姿だけで物語は進んでいきます。伸びた髪と髭、ボロボロの服、さらに毛皮を被ってしまうと、観ているこちらはスクリーンに映し出されているのがレオナルド・ディカプリオだということを忘れてしまうくらいでした。今までどんなにノミネートされてもアカデミー賞を獲ることが出来なかった彼がやっと獲ることが出来たということが納得できる作品でした。

点数としては★★★★☆です。長尺の作品で単純なプロットにも関わらず、これだけ観客を物語に引き込むのは流石だと思います。ただエンターテイメント作品と呼べるかと言えば、答えは「NO」です。時に意味不明なシーンや、抽象的なシーンを多用するのはアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督らしい演出ですが、万人向けではありません。ただ一度劇場で観る価値のある作品だと思います。

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
レオナルド・ディカプリオ,トム・ハーディ,ドーナル・グリーソン,ウィル・ポールター
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (5)

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

2016年05月01日 22時39分07秒 | 作品名(さ行)
第400回「記念すべき回に記念すべき映画を観た。」
とうとうこのブログも400回を迎えました。400回目を意識し始めた頃から、400回目がこの作品になったらいいなと思ってはいましたが、まさか本当にこの映画を書くことになろうとは思ってもいませんでした。200回目に紹介した「ダークナイト」同様に私の好きなアメコミ映画です。このエピソードが映画化されると聞いてからずっと楽しみで仕方ありませんでした。なんせ今まで映画会社の関係でマーベル・シネマティック・ユニバースに登場していなかったキャラクターである「スパイダーマン」など多くのキャラクターを登場させる派手な作品ですから。しかし、私の中では心配もいくつかありました。今回の作品は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」です。

今まで幾多の戦いを乗り越えてきたキャプテン・アメリカ率いる「アベンジャーズ」の面々だったが、その戦いの裏では一般市民に多くの死傷者を出す結果となっていた。彼らの持つ大いなる力を使えば、巻き込まれる民間人も多く存在するのも事実だった。そこで国連に参加している多くの国が「ソコヴィア協定」を定め、ヒーロー達を国連の管理下に置き、許可なく活動が出来ないようにしようというのだ。これまでの多くの戦いの中で罪の意識を高めていたトニー・スターク=アイアンマンは賛同に動く。逆にスティーブ・ロジャース=キャプテン・アメリカは戦いに許可を求めていたのでは、危機は救えない。自らの行動には自らが責任を持つべきだと考え反対を唱える。アベンジャーズとしての意見がまとまらないままウィーンでの調印式を迎える。そこで事件は起こる。調印式が行われるビルの間近で爆発事件が起こり、多くの死者が出た。その容疑者として浮上したのは暗殺者ウィンター・ソルジャー。彼の正体はかつてキャプテンと共に戦った親友のバッキーである。キャプテンは彼の無実を信じて独自に行動を開始する。やがて事態はアベンジャーズを二分する壮絶な戦いへと突き進んでいくのだった。

さて、前述した私の中での心配ですが。大きくは2つあります。1つめはキャラクターの多さです。2つのチームに5人ずつ、さらには新たにチームに加わったスパイダーマンとアントマン。他にも多くの登場人物が登場します。彼らにもきちんとスポットを当てて、それでもゴチャゴチャせずにストーリーを進めていけるのか?そんなことは小さな心配でした。時間的には2時間28分と少し長くなりましたが、それぞれのキャラクターの内面はもちろん、それぞれの見せ場もちゃんと用意され、見事なエンディングへと進んでいました。

もう1つの心配はヴィラン(悪役)の存在です。公開前から流されていた予告編は二分したチームの戦いにメインが置かれ、悪役の姿は全く描かれていませんでした。ただただヒーロー同志が傷つけあうだけの映画なら救いがありません。以前から言っているように魅力的な悪役によって作品は大きく変わるものなのです。この作品にも悪役は登場します。ですが今までのように見た目が派手でとてつもない能力を持っているわけでは無いのですが、その悪役ぶりに私は心を動かされることになります。彼の悪役としての原動力がとても自然なものなので、単なる悪役という枠には収めきれない気迫がありました。

どちらの心配も映画を鑑賞した後ではなんの心配もいらなかったことがわかります。さらにはこの作品の核にもなっている「私怨」「復讐」というテーマを見事に描いています。まさかトニーにとって、とても重大な出来事がこの作品で明らかになるとは。しかも・・・

点数は文句無く★★★★★です。アメコミ映画好きの私ですからこの点数ですが、これから興味を持つ人も、とても見応えのある作品だと思います。ある程度の予習は必要だと思いますが。今まで出てきた伏線がいくつも今作で回収されますし、新たな魅力的なキャラクターも登場します。スパイダーマン、アントマン、さらにはブラックパンサー。それぞれを主人公とした作品も予定があるので、今後がますます楽しみです。

このキャプテン・アメリカシリーズは回を重ねるごとに面白くなっていく珍しい作品だと思います。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリス・エヴァンス,ロバート・ダウニーJr.,スカーレット・ヨハンソン,セバスチャン・スタン,アンソニー・マッキー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (4)