しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

SUPER8/スーパーエイト

2011年06月26日 15時35分15秒 | 作品名(さ行)
第227回「本年度最高傑作とまではいかないが・・・それでも」

誰かが言っていました。スピルバーグはアメリカ政府からの依頼で、近い将来現れるであろう異星人に対して、我々が必要以上に驚かないように異星人を映画に多く登場させ、免疫を与えているのだと。そんな彼がプロデューサーとして参加した映画「SUPER8/スーパーエイト」を観てきました。スピルバーグファンの私が必要以上に期待していたのは言うまでもありません。

舞台は1979年、オハイオ州の小さな町で暮らす少年ジョーは、数ヶ月前に事故で母親を亡くし、心の傷は癒えぬまま保安官代理の父親と慣れない暮らしを続けていた。そんな彼の楽しみは友人達と8ミリ映画を作ること。その日も夜中に家を抜け出して、街はずれにある小さな駅で撮影をしていた。貨物列車が通りかかり、その列車を背景に撮影を開始すると、突然踏切から車が列車に向かって突っ込んだ。大爆発を起こし、列車の破片が降り注ぐ中、なんとか無事だったジョー達はすぐにそこを立ち去った。ところが翌日から街では犬が消え、9人もの人達が行方不明になるという事件が起きていた。
突如、街に現れたアメリカ軍によって事故は調査され、街の人々には詳しい説明の無いまま時間だけが過ぎていく。一体、街で何が起こっているのか?

この作品は脚本と監督を担当したJ.J.エイブラムスが「俺はこんなにスピルバーグ映画が好きなんです。」と言いたかった映画のような気がします。「グーニーズ」や「未知との遭遇」などスピルバーグの携わった映画のテイストを持ち寄って作られた映画です。そういう映画って、多くは駄作となる可能性を持っているのですが、この作品は違いました。

スピルバーグ映画に「クローバーフィールド」の雰囲気を持ち込み、絶妙なテンポでストーリーを展開させ、さらに誰もが少年時代に経験する淡い初恋まで織り込んでくるあたりは、さすがにヒットメーカーだなと思わせてくれました。

ただCMなどで言われているような「E.T.」のテイストはあまり感じられないというのが私の感想です。もちろん異星人は登場しますが、暖かい心の交流は描かれてはいませんでした。個人的にはそれが良かったと思います。仮に「E.T.」のテイストまで加えていたら、お話が間延びしていて何が言いたいのかわからなくなっていたでしょう。

点数は★★★★☆です。残念だったのはエピローグ的な後日談が少し描かれていたら良かったのですがね。
少年達のひと夏の成長を描いた素敵な映画に仕上がっています。本年度最高傑作とまでは行きませんが、家族で楽しめる夏休みに観たい映画の1本です。

SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
ジョエル・コートニー,エル・ファニング,カイル・チャンドラー,ロン・エルダード,ノア・エメリッヒ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (9)

スカイライン-征服-

2011年06月19日 19時18分14秒 | 作品名(さ行)
第226回「出し尽くされたネタではあるのですが・・・」

『異星人の襲来』を描いた映画は今までたくさん作られてきました。あらゆるパターンが出し尽くされた感はありますが、それでもいい脚本とアイデアさえあれば、まだまだ面白い映画は作れると思っています。今夜はそんな『異星人の襲来』を描いた作品「スカイライン-征服-」を観てきました。SF映画が大好きな私としては見逃すわけにはいきません。

物語は友人の誕生日を祝う為にロサンゼルスにやってきたジャロッドとエレインのカップル。友人の住むホテルで盛大なパーティーの後でグッスリと眠りについていた。すると朝方、外から差し込んできた青白い閃光で目を覚ます。その光を目にすると憑りつかれたようになり、光の中に吸い込まれていった。突如始まった人類搾取作業は一体どんな目的があるのか?地球はどうなってしまうのか?

ちょっとここで、今まで作られた『異星人の襲来』を描いた映画から傾向を・・・

【インデペンデンス・デイ】=人類勝利
今回のスカイラインと同様に突如として異星人が地球に襲来し、有無を言わさず攻撃を開始。主人公は科学者デイヴィッド、アメリカ大統領、空軍の兵士スティーブンなどアメリカ全土を巻き込んで、異星人に対抗し人類が完全勝利を収める作品。

宇宙戦争】=いつの間にか勝利
主人公は普通の家庭の父親。こちらも突如地球を攻撃し始めた異星人に対して、ただ家族を守る為に逃げ続ける主人公。逃げている最中に攻めてきた異星人は地球上にあったウィルスにやられて死んでしまった。気が付いたら人類が勝っていたという作品

ノウイング】=人類滅亡
ある手紙に記された無数に羅列された数字。その数字には人類滅亡の数字が隠されていた。そして地球上から選ばれた子供たちを異星人が別の場所に連れ出して、地球は太陽のフレアに巻き込まれて、人類は滅亡するという作品

最近では「第9地区」などちょっと奇抜な設定の映画もありますが、主な異星人の襲来を描いた作品はこんな感じで分類されますかね?で、今回の「スカイライン」という作品は正直、どれにも分類されない作品でした。だから新しい設定があったのかと言われれば、新しいものはありません。すごいのはクリーチャーなどのVFXくらいで脚本も普通。

どれかに分類してくれればもっと点数は高かったと思います。決着の付け方が一番の問題です。起承転結の「転」のところで終わってしまいました。あまりに唐突なエンディングだったので、思わず「え!ここで終わり?」と身を乗り出してしまいました。

点数は★★★☆☆です。あれだけ世界規模の大混乱を描いていながら、物語の舞台はマンションから動かない。どうせ動かないなら、ワンシチュエーションに徹して部屋の中だけでの恐怖を描いたほうが緊迫感があって面白かったかも。

個人的に大好きなジャンルの作品だっただけに残念です。世間的な評価はB級とされてしまうでしょう。とっても気になるのはこの後、9月に公開される「世界侵略:ロサンゼルス決戦」です。同じように異星人の襲来を描いた作品だけに、同じようなお話で無い事を祈っています。

【Amazon.co.jp限定特典付き】スカイライン -征服- Blu-ray
エリック・バルフォー,スコッティ・トンプソン,ブリタニー・ダニエル,デヴィッド・ザヤス,ドナルド・フェイソン
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

X-MEN/ファースト・ジェネレーション

2011年06月12日 22時51分50秒 | 作品名(あ行)
第225回「ここへ辿り着く為に前3作があったのでは?」
アメコミ映画好きな私が今夜の作品「X-MEN/ファースト・ジェネレーション」を正しく評価できる自信はありませんが、読んで頂いている人は2割減くらいで見てもらえるといいかと思います。いや~それにしても久しぶりに観て良かったと思える作品でした。

お話は前3作とスピンオフ1作が製作されている「X-MEN」シリーズの最新作。前シリーズで善と悪の両極端のリーダーとして登場したプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアとマグニートことエリック・レーンシャーの2人の若き日を描いた作品です。

1962年、強力なテレパス能力を持っているチャールズは人類との共存を目指し、遺伝子学を学び教授となっていた。かたや、後に最大のライバルとなるエリックは自分を能力者として訓練し人殺しの道具とした、ナチスの長官だった男を追いかけていた。その男、生命力を操る能力者セバスチャン・ショウはアメリカとソビエトを対立させ、第三次世界大戦を起こそうと画策していた。
CIAに協力し、セバスチャンを追いつめようとしたチャールズは同じくセバスチャンの命を狙ったエリックと出会う。お互いの優れた能力を認め合った二人は協力してセバスチャンの計画を阻止しようと行動を共にする。

実際に起きた事件である「キューバ危機」を題材にその裏側で行われたミュータント達の活躍を描いた本作。もっとエンターテイメント色の強い作品かと思っていたのですが、今までで1番主題を深く描いた作品に仕上がっていました。でもそれでいて決して重く暗い雰囲気ではない。仲間を集めるプロットでは、軽快なテンポで進ませるあたりが、お見事でした。個人的には彼のカメオ出演は予想外で、思わず身を乗り出してしまいました。

もちろん前3作の前日譚なので鑑賞済であれば、面白味は何倍にもなりますが観ていなくても楽しめるように前の作品でも描いたシーンを加えるなどの工夫も見られます。個人的にはミスティークやビーストのハンク・マッコイなど前シリーズにも登場したキャラクターの若かりし頃が知ることが出来て嬉しくなりました。
特にミスティークに関しては前作までで悪女のイメージが強かったのですが、今作でかなり印象が変わりました。彼女があんなに重要な役どころになるとは予想外でした。まさにミュータントという言葉を象徴する存在に。

点数は文句なく★★★★★です。映画の終わる瞬間にもっと続きが観たいと続編を望んでしまうほど見応えのある作品でした。唯一、残念だったのはチャールズが車椅子に乗ることになるエピソードについて、前シリーズまででの描かれ方を総合するともっと遅い時期になるはずなのですが、この作品の最後で描かれてしまうので少し辻褄が合わなくなってしまいました。もちろん重要なエピソードなので描いてくれたのは良かったのですが、「じゃあ、このあとは?」と余計な心配をしてしまいました。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
ジェームズ・マカヴォイ,マイケル・ファスベンダー,ケビン・ベーコン,ローズ・バーン,ジェニファー・ローレンス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (2)