しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

アンフェア the movie

2007年03月18日 20時23分24秒 | 作品名(あ行)
第67回「どうやら終わったわけではないようです。(ネタバレ含む)」

さて先週のブログでお約束どおり、映画館へ行ってきました。それにしても今週末はやけに観たい映画が公開される週ですねぇ。「アンフェア」「デジャブ」「ハッピーフィート」などなど、観たい映画が目白押しって感じでした。
そんな中から私が選んだのは、「アンフェア the movie」でした。昨年に放送されたテレビシリーズの頃から観てきた私にとっては、続きが気になってしかたなかったので、まずは「アンフェア」でしょう。と心を躍らせて劇場へ向いました。

映画を観終わっての感想は「う~ん?」というのが感想です。このドラマは刑事物のはずである。こんなに捜査をしない刑事がいるだろうか。もちろん映画だから2時間の枠の中に収める必要があるのはわかる。さらに予算もあるから登場人物をいっぱい出して、派手な演出でやったほうがいいと判断したのかもしれない。しかし、そんなものはすでにハリウッド映画で見飽きているのではないだろうか。

警察病院を元警察関係者のテロリストが占拠、細菌生物の奪還(ザ・ロック)、突入した特殊部隊の裏切り(ダイハード2)、どのプロットもどこかの映画で観た様なものばかりで、ビックリするような展開が待っているわけでもなく、さらに最終的なテーマになっている雪平夏見の父親のことが未解決のままエンディング。これでは単に「アンフェア」と名前をつけた別の映画になってしまっているのではないだろうか?
私的には、すべてが中途半端なまま終わってしまったような感じがして、前述した「う~ん?」という感想になりました。

点数は★★☆☆☆です。テレビシリーズを観てファンになった人は、ガッカリしなかったのかな?最後まで席を立つなと言われたけど、特に何もなかったし、やっぱりまだ続けるのでしょうか?興行収益次第ですかね?
1のエンディングに2の制作発表を入れてしまった「海猿」のほうが、よほど潔い気がします。

アンフェア the movie [DVD]
篠原涼子
ポニーキャニオン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

ナイトミュージアム

2007年03月13日 22時26分51秒 | 作品名(な行)
第66回「新旧交代をみた気がします。」

また久々の更新になってしまいました。しかし、これからは以前同様、週1更新を心がけたいと思っています。

さて今夜の作品は「ナイトミュージアム」を先行で観てきました。以前、アメリカのヤフーの映画ランキングで1位を獲っていた時に、「これは面白そうだ!」と思っていた作品だったので、1日も早く観たかったのです。
来週には、「デジャブ」や「アンフェア」が始まるのも理由の1つではあるのですが・・・
それでも、トイストーリーなど本来動くはずのないものが動き出すという設定が好きな私としては、ワクワクしながら映画館に向かいました。

結論から言ってしまいましょう。文句なく★★★★★でした。もちろん、いい大人が腰を据えて、じっくり観られる映画ではありません。でも時にはこの映画のように、何も考えずに映画に身を任せて観る時があってもいいのではないでしょうか。
ストーリーは単純明快だし、特にヒネリがあるわけでもない。それでも映画館を出る時には笑顔で席を立てるような、そんな作品でした。
特に主役を演じたベン・スティラーは、ちょっとダメな人間を演じると見事に表現してくれる俳優さんである。似たような映画「ジュマンジ」で主役を演じたロビン・ウィリアムズが彼に助言する役を演じているので、まさにコメディ俳優の新旧交代を見ているような気分になってしまいました。
(ロビン・ウィリアムズには、大変失礼かもしれませんね。)
今回のヒットに気を良くして、続編を作ってしまうと駄作になってしまうかもしれませんが、この映画は間違いなく名作だと思います。

ナイト ミュージアム [Blu-ray]
ベン・スティラー,ロビン・ウィリアムズ,カーラ・グギーノ,ディック・ヴァン・ダイク,ミッキー・ルーニー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント