しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

スパイダーマン:ホームカミング

2017年08月20日 23時39分45秒 | 作品名(さ行)
第434回「たったこれだけのことで、こんなにも面白くなるものなのか?」
サム・ライミ監督によって3作、マーク・ウェブ監督によって2作が作られたスパイダーマンシリーズ。同じキャラクターで5作が作られるのは多いほうだと思います。個人的にはもうネタ切れだろうと思っていました。ところが状況が激変する出来事が起こりました。それはソニー・ピクチャーズとマーベルの提携が発表されたのです。これが何を意味するのかはファンでなければ、理解できないかもしれません。かつてマーベルは今ほど映画化事業がうまく行っていない頃に、「X-MEN」や「スパイダーマン」の映画化権を別の会社へと売ることで利益を得ていました。その後、「アイアンマン」などを中心とする「アベンジャーズ」作品が大ヒットをし、数々の作品を世に送り出しました。しかし、彼らとスパイダーマンがアメコミのように共闘することはありませんでした。ところが今回の作品「スパイダーマン:ホームカミング」はその提携によって、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に参加できることになりました。今まで別々の世界観の中で物語が進んでいたものが、同じ世界観の中で物語が進むことになったのです。ただそれだけのことと思っていました・・・鑑賞前までは。

ニューヨーク・クイーンズ地区に住む15歳の高校生ピーター・パーカーは蜘蛛に噛まれたことで不思議な能力を得た。その能力を使い近隣地区の犯罪者を懲らしめていたが、ある日、その存在がトニー・スタークの知るところとなり、スパイダーマンとしてキャプテン・アメリカとのシビル・ウォーに参加することになった。ピーターはアベンジャーズの一員になれたと浮かれていた。しかし、あれから数ヶ月経ったが何の連絡も無い。毎日、街を巡回し、自転車泥棒を捕まえたり、道案内したりとヒーローとして活動していたが、もっと大きな事件を解決したいという思いが日々大きくなっていた。そんなある日、銀行のATMを破壊して、現金を盗もうとしている強盗グループに遭遇する。大きな事件だと意気揚々と乗り込んだピーターだったが、強盗グループの持っていた強力な武器に悪戦苦闘し、近隣の店舗を大破させるという事態を引き起こしてしまう。トニー・スタークへと報告するが、まともに取り合ってくれない。ピーターは単独で解決して自分の実力を証明しようと意気込むのだった。

サム・ライミ版の3作も、マーク・ウェブ版の2作も、どちらも路線はシリアスでした。「大いなる力には大いなる責任が伴う」とヒーローとして力を手に入れたピーター・パーカーがその力をどう扱うかに悩み。大事な人をどう守ろうか奮闘するという物語でした。かなり重たいテーマを扱っていました。しかし、今作のピーター・パーカーはグッと年齢を下げて、15歳の高校生になっています。トニー・スタークによってスパイダースーツを手に入れたが、まだまだ未熟な男の子という印象を受けます。原作にかなり近づいて、ヒーローでありながら、高校生活も恋愛にも悩むという「青春映画」に近い作りとなりました。その事で主人公をより身近に感じることができ、とても良く出来ています。

MCUとなったことによる良い効果の1つに、アイアンマンとの共演があります。ピーターの師匠的な立場としてかつては放蕩息子だったトニー・スタークが「お前にはヒーローの資格は無い」などとヒーロー論を説く場面では、「あの悪ガキだったトニー・スタークが・・」「ハワード・スタークが生きていたら・・」などと親目線で感慨深く鑑賞してしまいました。さらにスパイダースーツを設計したのがトニー・スタークとしたことで、多くの魅力的な機能が満載になっています。数百通りに及ぶウェブ・シューターが使えたり、背中のパラシュート、胸の偵察ドローン等々、さらにはジャーヴィスを彷彿とさせるような人工知能アシスタント。全部の機能が今作で登場したわけではないので今後どのようにパワーアップしていくのかも楽しみです。

アメコミ映画で大切な事として魅力的な悪役の存在を上げてきました。見た目や持っている力も大事なのですが、そのバックボーンみたいなものも大事だと思っています。なぜ悪事に手を染めたのか?どのようにして悪役となったのか?この作品で登場する「バルチャー」は見た目の派手さはありませんが、ごく普通の一般人がチタウリの残していった廃材を利用し、武器を製造し、家族の為に悪事に手を染めています。彼はニューヨーク決戦から8年にも渡ってアベンジャーズとの戦いを避け続けてきました。今回、スパイダーマンに見つかった事で、仕方なく戦うことになるのですが、そういうところも単純な悪役でなく良かったと思います。

作品の点数は★★★★★です。この夏におススメの1本であることは間違いありません。アイアンマンとの絡みも想像以上に多く、この後に控えている「インフィニティー・ウォー」への伏線もいくつかあります。個人的には親友のネッドもとてもいいキャラクターなので、彼が別の作品群への登場や、他のキャラクターとの絡みも期待しています。

個人的に一番嬉しかったのは、1シーンだけでしたが、ペッパー・ポッツがちゃんと登場したことです。「アイアンマン3」以降の作品には名前は登場してもグウィネス本人がきちんと登場したことが無かったので、今作への出演はとても嬉しかったです。今後の2人の展開にも期待しています。
スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]
トム・ホランド,マイケル・キートン,ジョン・ファヴロー,ゼンデイヤ,マリサ・トメイ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (4)

トランスフォーマー/最後の騎士王

2017年08月13日 22時22分28秒 | 作品名(た行)
第433回「製作側はただの金儲けとしか思っていないのか?」
このブログを私が書き始めたきっかけは、ネット上にあまりに辛辣な言葉で綴られた映画についての感想が多いと思ったからです。映画を愛するものとして、どんな作品でも、大勢のスタッフ、キャストが関わっているのだから、どこが面白かったのか。どこがつまらなかったのかをきちんと伝えたいと思いこのブログを始めました。なので今までどんな作品であっても、いいところを見つけ、最低の評価というのはしてきませんでした。しかし、今回の作品「トランスフォーマー/最後の騎士王」については褒めるべきところが見つかりません。正直、どう書くべきなのか悩んでいます。

オートボット総司令官オプティマスプライムが宇宙へ旅立ってから数年、人類とトランスフォーマー達の間で起こった生存競争は激化の一途を辿っていた。新たにオートボットのリーダーとなったバンブルビーは、完全復活を遂げたメガトロン率いるディセプティコンと、人類の対トランスフォーマー部隊「TRF(Transformers Reaction Force)」に立ち向かうも苦戦を強いられていた。そこにオプティマスが帰還してくるが、彼は創造主クインテッサ人によって地球に急速接近中の故郷サイバトロン星を救うために人類を滅ぼそうとする破壊者に変貌を遂げていた。(Wikipediaより引用)

このシリーズはこの作品で5作目になりますが、個人的には2作目ですでに破綻していると思っています。それは2作目で登場した主人公の同級生の女生徒に変身した悪役が登場したことです。あくまで個人的な思いですが、トランスフォーマーはあくまで地球上にある機械に憑依し、変形することに面白さがあると思っています。車や戦闘機。ラジカセなどなど、人間に身近な物に変形しているという良さがあるのに、人や動物などの生命体に変身できるとなると、世界観が壊れてしまうと思っているので、2作目にアレが登場した段階で「残念なシリーズ」となってしまっています。それでも見続けているのは、トランスフォーマーの良さが戻ってくるのを期待しているからです。

さて、前置きが長くなりましたが、今作についての感想です。とにかく脚本がつまらない。そのうえ、地球規模の危機を描いているのに緊張感が全く無い。同じBGMでずっと同じテンションで、どこかで観たようなアクション、ストーリーがずっと続いているという印象です。トランスフォーマーが有史以来ずっと地球上にいて、人類に影響を与えてきたという設定はすでに周知の事実です。それを今作はアーサー王の伝説にスポットを当て、それを現代へと展開され、重要なプロットとしていますが、どこかで観たような戦闘シーンが冒頭からダラダラと続き、アーサー王に思い入れが無い私は「何が言いたいのだろう?」ずっと考えていたのですが、結局良く解らないままでした。唐突に入れ替わる時間軸、突然登場する前作からのキャラクター、全てがまとまっていないので伝わってきませんでした。

さらに悪役に乗っ取られたはずのオプティマスはあんな事で、あっさり復活。まともに活躍したオートボットは2体だけ、無駄に多く登場するディセプティコン、ダイノボット。ただただ続く派手なだけのアクションシーン。見ているこっちは食傷気味になってしまいました。ストーリーも説明不足のために飽きてきてしまい、睡魔に襲われてしまいました。それは私が悪いかもしれませんが、もう一度お金を払って劇場で観たいとは思いません。

点数は初の★☆☆☆☆です。エンディングでまだ続けたい気満々の映像が流れますが、もう止めてくれと思いました。(理由は上述した中にあります。)最近はスパイダーマンのようにリブートという方法もあるので、続編を作るなら一度全てをリセットしたらどうでしょう。この作品は劇場へ足を運ぶ必要はありません。とにかくお話なんてどうでもいい、トランスフォーマーが暴れまくるのが観たいという人にはおススメですが・・・そのうち地上波で放送されるのを待てばいいと思います。

トランスフォーマー/最後の騎士王 ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ ※初回限定生産 [Blu-ray]
マーク・ウォールバーグ,アンソニー・ホプキンス,ローラ・ハドック,ジョシュ・デュアメル,イザベラ・モナー
パラマウント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント (1)   トラックバック (1)

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

2017年08月06日 23時04分19秒 | 作品名(さ行)
第432回「ダークナイトを描くのは難しい。ユニバースはもっと難しい。」
マーベルやDCが「アイアンマン」「バットマン」などの単独作品を成功させ、さらには多くのキャラクターが共闘するユニバースと呼ばれる共通の世界観の中での「ヒーロー集合映画」を成功させている昨今の映画業界で、ユニバーサルスタジオが「ダーク・ユニバース・プロジェクト」を画策するのはごく自然な事なのかもしれません。今日の作品「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」はユニバーサルスタジオが仕掛けるダーク・ユニバース・プロジェクトの第一弾となる作品です。

古代エジプト。アマネット王女は王位継承順位1位に位置し、やがては全ての権力を手に入れるはずだった。ところがある日、父親であるメネプトレ大王に男児が生まれたため、女王として権力を握る夢が潰えてしまった。王位を諦めきれないアマネットは、凶行へと走っていく。自らの王位を妨げる家族を次々と殺害し、自らの魂も邪神セトへと売り渡そうとした。邪神召喚の儀式の直前で捕らえられたアマネットは生きたまま棺に入れられ、地中深く封印されるのだった。そして時は流れ、現在のイラク。アメリカ軍に従軍しながらも裏では骨董品などを手に入れ、売りさばくことをしていたニック・モートンとクリス・ヴェイルは、とある情報からお宝が眠っているはずという街で、偶然にもアマネットが眠る墓を見つけてしまう。それは偶然ではなく、導かれたものだとも知らずに。上官に勝手な行動がバレたものの、考古学者のジェニーの助言によって見つけたアマネットの棺を移送させることになった。軍の輸送機へと棺を乗せイギリスへと向かう途中に異変は起こった。墓の中でクモに噛まれたクリスが操られるかのようにアマネットの棺を開けようとする。さらにはカラスの大群が輸送機へと突っ込んできた。バード・ストライクによってエンジンは全て破壊。操縦士も死亡。墜落直前にジェニーにパラシュートをつけ脱出させるニックだったが、輸送機はイギリス郊外へと墜落してしまう。ジェニー以外の乗組員は全員死亡したはずだった。ところが、遺体安置所でニックは目を覚ました。無傷で生き残ったニックの脳裏には幾度もアマネットが呼びかけてくる。彼はアマネットに選ばれ復活のための身体となったのだった。

個人的にマーベルが現在進めているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の成功は奇跡的だと思っています。統括しているケビン・ファイギや各監督たちの努力によって絶妙なバランスを保ち、多くのキャラクターが同時に登場しながらも、見事に作品として成り立っています。それは稀有な例で、DCコミックの「ジャスティスリーグ」が成功するかは公開前なのでわかっていません。(ワンダーウーマンは成功しましたが)そんな中で、ユニバーサルが手を出したこのプロジェクト、今後も「フランケンシュタイン」や「透明人間」「半魚人」「オペラ座の怪人」などなど多くの作品が予定されています。今後どのような展開になり、別々のモンスターがどう絡んでくるのかはわかりませんが、慎重に進めないと途中で破綻ということになりかねないでしょう。映画ファンとしてうまく行くことを期待していますが・・・

では、この作品だけの評価はどうだったかというと、とても良く出来ていました。トム・クルーズは自分の出る映画選びは間違いませんね。冒頭からの展開も見事だったし、敷かれた伏線も、他のキャラクターとの絡みも良かったです。最後まで飽きる事なく観ることが出来ました。他にもこの「ダーク・ユニバース」の全てを繋ぐ役割を果たすことになる秘密組織「プロディジウム」のヘンリー・ジキル博士をラッセル・クロウが演じています。名前ですでにネタバレしてしまっていますが、当然彼にも秘密があります。劇中で少し登場しますが、そこの展開も楽しみです。

この作品の点数は★★★★☆です。ブログのタイトルにもしましたが、ダークヒーローを描くのはとても難しいと思っています。モンスターであるはずの彼らがどう絡み合い、それを人間はどのように受け止めるのか?通常のヒーロー物とは違い、描き方が難しくなっています。このユニバースの話を聞いた時に、「リーグ・オブ・レジェンド」という作品を思い出しました。この映画も多くの有名キャラクターが登場し、物語が展開された秀作だと思っています。この作品や、現在のMCUのように各キャラクターが見事に融合した面白い作品群になることを願っています。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
トム・クルーズ,ラッセル・クロウ,ソフィア・ブテラ,アナベル・ウォーリス,ジェイク・ジョンソン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (2)