しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

泣く男

2014年10月26日 13時21分30秒 | 作品名(な行)
第362回「久しぶりに観た韓国映画は何かを思い出させてくれた。」
特に観たい映画というわけではなかった。ふと見た映画館のホームページで会員の割引デーだったから、「じゃあ何か観ておこう。」くらいの気持ちで選んだ映画だった。ブログに対する意識も低下している今日この頃。映画鑑賞を趣味にしていることさえも考えてしまうくらい面白い作品が無い時期だったのもあるのだろう。急に思い立って「泣く男」を観てきました。

幼い頃に母親に連れられて韓国からアメリカへ移住してきたゴン。不遇な幼少時代を過ごし大人となった彼は中国系マフィアで有能な殺し屋として成長していた。その日もある殺しの任務を受け、ナイトクラブでロシアン・マフィアと韓国人ビジネスマンを皆殺しにするという任務遂行中だった。ところが任務が終わったと思ったところで鳴った物音に思わず反応してしまった。するとドアの向こうにいたのはユミという幼い少女だった。ゴンの放った銃弾によってユミの命を奪ってしまった。言いようのない感情に襲われたゴンは酒に溺れるのだった。するとそれを見かねた組織のボスがある任務を与える。それはユミの母親の暗殺だった。ゴンが任務を遂行した韓国人ビジネスマンの元妻であるユミの母親モギョンを殺すことで全てを清算しろという。拒否することが許されるはずもなく、数十年ぶりに故郷である韓国に戻ったゴンはモギョンに近づいていく。彼女の自宅へ侵入し身を潜めていたゴンが帰宅した彼女へ銃口を向け近づいた。するとそこにいたのはユミの死を受け入れられず悲しみに暮れる1人の母親としての姿だった。自分の母親との面影を重ね合わせてしまうゴン。再び身を隠すことに・・・朝を迎え彼女を見ると睡眠薬を大量に飲み自殺を図っていた。思わず彼女を助けてしまうゴン。任務に失敗したことに激怒した組織はさらに殺し屋を送りこむ。その殺し屋を迎え撃ったことでゴンも命を狙われることになってしまう。そしてアメリカの組織からかつて仲間だった3人が送り込まれる。ゴンの孤独で壮絶な戦いが始まる。彼の傷ついた心はどうすれば癒されるのだろうか?

韓流ブームになってから日本でも韓国映画を観る機会が増えて、私自身も何本も観てきましたが、私の趣味の関係でクライムサスペンスものやアクションものが多く恋愛ものは全く観ていません。そのせいなのかも知れませんが、韓国の闇社会を描いた作品が多く、韓国という国への印象があまり良くないのです。今作も同様で、韓国のかなりドス黒い闇の部分を描いています。それはそれは見事なくらい。R15指定ですからね(笑)

監督さんが「アジョシ」と同じと聞いた段階で作品の毛色みたいなものは大体想像できましたが、それ以上に見事なアクション・クライム作品でした。一般人をも巻き込んでの団地での派手な銃撃戦は「韓国では許されるのか?」と変な疑問すら考えてしまいました。

物語の展開も素晴らしく、テンポの速い展開で時間があっという間に過ぎていきます。そんな大味な脚本なのかと思えば、主人公のゴンの心の傷を上手に織り込みながら、彼の心の葛藤を上手に描いています。さらにタイトルにもなっている「泣く男」。もちろんゴンのことなのですが、いつでも泣いているわけでなく、その表現も見事です。物語の中盤に登場する意味なく思える場面が、最後で明かされるのですが、そのシーンに鳥肌が立ってしまいました。

点数は★★★★☆です。子供が犠牲になる設定には共感できませんが、その事への物語の締め方がとても見事でした。その結末しか無いだろうという終わり方でした。もう少しだけゴンの心模様を丁寧に描けていたら満点だったのですが・・・それでもここのところ映画鑑賞とブログへの意識が低下していた私にとっては、そのモチベーションを上げるにはピッタリな作品でした。ただただCGに頼り、原作ものばかりを映画化している日本映画界にも見習って頂きたいものです。映画は脚本が一番大事なのですから。

泣く男 [Blu-ray]
チャン・ドンゴン,キム・ミニ,ブライアン・ティー,キム・ジュンソン,キム・ヒウォン
ポニーキャニオン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント

猿の惑星:新世紀(ライジング)

2014年10月14日 23時59分30秒 | 作品名(さ行)
第361回「あくまで予告編は予告なわけで・・・・」
いつもであれば、公開日を心待ちにして、1日でも早くと劇場に足を運ぶはずなのですが、すでに公開から3週間ほどが過ぎて、今頃になってから観に行くのはその作品に対する期待の薄さを如実に表しているわけで。それでも観に行ったのは私の住んでいる地方都市では他に魅力的な作品が上映されていなかったからだ。そんな作品は「猿の惑星:新世紀(ライジング)」です。

世界は大きく変わってしまった。世界中に蔓延した「猿インフルエンザ」は猛威を振るい多くの人々が死んでいった。免疫を持っていたことでわずかに残った人類もその脅威に怯えて暮らしていた。遺伝子実験によって驚異的な知能を持った猿=シーザーは多くの仲間と共にサンフランシスコ郊外にある森で平和な生活を送っていた。気が付けば10年の月日が流れていた。ある日、その森に人間が現れた。サンフランシスコに僅かに残った人類が暮らしていく為に必要な電力を得ようと、シーザー達が暮らす森にあるダムにある水力発電のシステムを修理に来たという。シーザー達の存在を知った人間達が森へ攻め込んでくると主張するコバというシーザーの右腕として働く猿は、かつて研究所で実験という名の虐待を受けた過去を持つため人間を信じようとはしなかった。シーザーは技術者として訪れたマルコムにかつて自分を育ててくれたウィルの面影を重ね、人間を信じてみようと設備の修繕を認める。ところがコバはシーザーに反抗心を起こし、人間達へ攻撃の手を伸ばしてしまうのだった。

どうして今頃になって鑑賞することになったのか?それは予告編を完全に信じ込んでしまったからだ。予告編を観て想像したストーリーはこうだ。静かに暮らしていたシーザー達に対し、不便な暮らしを強いられた人間側。そのリーダーであるゲイリー・オールドマン演じる人間は、猿インフルエンザによって家族を失ったことでシーザー達へとその恨みをぶつける。人間対猿の壮絶な戦いが繰り広げられる。簡単に述べるとこういうストーリーを想像していた。そんなストーリーに魅力が感じられなかったから今頃になって鑑賞となった。ところがストーリーはそんな薄っぺらいものじゃなかった。

それは当たり前ですよね。約2時間の本編に対して、約2分の予告編。予告編だけで本編の全てを表現できるわけがない。そんな簡単なことが映画ファンのくせに解らなくなっていました。そして、改めて言います。この「猿の惑星:新世紀(ライジング)」はとても良く出来た映画でした。

ゲイリー・オールドマン演じる人間達のリーダー・ドレイファスは家族を失った悲しみを背負い、それでもリーダーたろうとした人物でした。むしろ好戦的だったのは人間に深い恨みを抱いたコバのほうでした。ストーリーも展開も私が想像していたものとは比べものにならないくらい見事に進み、最後まで飽きる事無く観ることが出来ました。むしろ想像していたよりも深みのある展開にワクワクしました。

それにしてもCG技術の進歩には毎回驚かされます。前シリーズを観た時も猿のメイクアップには驚かされましたが、この新シリーズではそれは見事な猿達です。もはや違和感を感じることは無く、自然に観てしまいます。

点数は★★★★☆です。どうやら一大叙事詩への道は着々と進んでいるようで、終わり方がとても中途半端です。あくまで壮大なお話の一部であるという描き方です。こうなってくるとコーネリアスやジーラの登場を期待してしまうのはしょうがないでしょう。前シリーズは傑作と呼べるのは1作目だけだったように思いますが、新シリーズは全てが終わった時に「ああ、観て良かった。」と思える作品にしてほしいと心から願っています。

猿の惑星:新世紀(ライジング) 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
アンディ・サーキス,ジェイソン・クラーク,ゲイリー・オールドマン,ケリー・ラッセル
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
コメント   トラックバック (5)