しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

ゴーン・ガール

2014年12月28日 21時56分47秒 | 作品名(か行)
第367回「デヴィッド・フィンチャーの凄さを再認識させられた作品」
2014年最後の作品がこの作品で本当に良かったと思っています。作品を観る前はこんな風には思っていませんでした。「セブン」や「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴンタトゥーの女」など数々の名作を世に送り出してきたデヴィッド・フィンチャー監督が作った作品だから、ある一定のクオリティーを保っているとは思っていましたが、ここまでとは・・・アカデミー賞最有力と言われる理由がわかります。

ミズーリ州に住んでいるニックとエイミーは誰もが羨む理想の夫婦。妹とバーを経営しているニック。童話作家の両親の元で裕福な家庭で育ったエイミー。ニューヨークで出会った2人だったが、ニックの母親の病気がわかり看病をする為に実家の近くに家を購入したのだった。それから数年が過ぎ、2人の5回目の結婚記念日の朝。それは起こった。
ニックはいつものように経営するバーへ顔を出し、自宅へ帰宅。すると明らかに家の中が不自然な状況だった。リビングにあったテーブルが壊され、争った形跡があった。ニックはエイミーを探したが、姿が見えなかったのですぐに警察を呼んだ。警察が調べるとキッチンからは大量の血痕が見つかる。事件と事故の両面から捜査を始める警察。すぐに多くのマスコミがニックの家へと押しかけた。一夜にしてニックは美しい妻の行方を探す悲劇の夫となった。ところが警察が捜査を進めていくと次第に夫であるニックの行動に不審な点が多いことがわかる。さらにマスコミはアリバイの無いニックを今度は犯人ではないかと騒ぎ始める。見つからないエイミー、ニックが犯人ではと示す物証。そして事件は思いも寄らない展開を見せ始める。

上記のあらすじで「思いも寄らない」と書きましたが、正直私は予想していた中にこの展開はありました。おそらくこういう作品を見慣れた人なら簡単に思いつく展開ではあります。ではこの作品の何が凄いのか?それは見せ方です。時間軸をうまく使い、ニックを限りなく怪しい存在に仕立て上げる。そしてどこまでが本当でどこまでが嘘なのか?観客を映画の世界へと引きずり込んでいきます。その手腕はさすがフィンチャー監督だと納得させられてしまいました。これ以上書くとネタバレになるので控えますが、クライムサスペンス映画だと思ったら、途中でサイコホラー映画へとジャンルを変えてしまうほどの映画です。それを是非劇場で楽しんでください。

点数は★★★★★です。かなり中途半端で終わった感じは否めないのですが、それでも満点を私は付けたいと思う作品です。多くのことが書けないのでいつもよりちょっと短めですが、この作品はこの冬おススメの1本であることは間違いありません。主演のニックを演じたのはここのところ俳優だけでなく監督としても才能を発揮するベン・アフレック。彼のダメな夫ぶりから・・・の展開はお見事でした。そして何より凄かったのはエイミーを演じたロザムンド・パイクです。彼女はこの映画の中で見事な変貌を見せてくれます。
映画の冒頭とラストに(おそらく)同じシーンが挿入されているのですが、彼女の表情が全くの別物に見えてしまったのは私だけでは無いはずです。まさに「アメイジング」なエイミーを見事に演じてくれました。

改めてデヴィッド・フィンチャー監督の凄さを再確認させられることになる作品でした。2014年は「ゼロ・グラビティ」に始まり、この「ゴーン・ガール」という作品で最後を迎えられたことを心から喜んでいます。来年はどんな素晴らしい作品に出会えるのでしょうか。すでに楽しみな作品はいくつかありますが、それはまたこのブログで紹介することでしょう。

それでは、良いお年を・・・。

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
ベン・アフレック,ロザムンド・パイク,ニール・パトリック・ハリス,タイラー・ペリー,キャリー・クーン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】

コメント (1)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« ホビット 決戦のゆくえ | トップ | 96時間/レクイエム »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガーン (iina)
2015-01-26 08:26:18
この映画は、はじめ単なる奥方の「謎の失踪事件」と思えたので、見るつもりがなかったところ、評判が高そうだったので見たという流れですが、ピカ一でした。

単なる失踪事件ではなかったわけですが、巧い構造になっていましたから、監督の思惑とおりにはめられてしまいました。 ^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品名(か行)」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

ゴーン・ガール  監督/デヴィッド・フィンチャー (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス 【ストーリー】 ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続....
「ゴーン・ガール」 結婚とは・・・ (はらやんの映画徒然草)
物語が終わり、エンドロールに入ったところで満席の映画館の各所から「ふぅ・・・」と
ゴーン・ガール (だらだら無気力ブログ!)
その辺のホラーより怖いわ~。
ゴーン・ガール (Gone Girl) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも実...
「ゴーン・ガール」 (ここなつ映画レビュー)
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているの...
『ゴーン・ガール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12月...
ゴーン・ガール (銀幕大帝α)
GONE GIRL 2014年 アメリカ 149分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/12/12) 監督: デヴィッド・フィンチャー 『ドラゴン・タトゥーの女』 原作: ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』 出演: ベン・アフレック:ニック・ダン ロザムンド・...
ゴーン・ガール (いやいやえん)
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク共演。 まず、途中まで、全部エイミーのターン!です。 夫婦って他人同士がなるものだから、相手の全てを共有する事など出来ない。「何を考えてる?」それはわからない。