しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

2011年07月31日 00時01分45秒 | 作品名(た行)
第231回「リベンジのリベンジはできたのか?」

個人的には失敗とは思っていないが、監督が認めてしまってはそう言わざるを得ないでしょうね。失敗の要因はオプティマスを一度死なせておいて、生き返らせる方法がイマイチわかりずらかった事。舞台(場所)をコロコロと変えて目的が希薄になってしまった。人間にトランスフォームさせたなど、挙げればいくつもあるが、同じ失敗は繰り返さないであろうと願っています。今夜の作品は「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」です。

1960年代に米ソの間で行われた宇宙開発競争は月の裏側に墜落したオートボット達の宇宙船を確認する為のものだった。世界中が固唾を飲んだ月面着陸の裏で秘密裏に行われた計画があった。時が経ち、現代。サム・ウィトウィッキーは大学を卒業したものの就職できずにガールフレンドのカーリーのところで居候していた。普通の生活を求めながらも、どこかでかつての命がけの冒険を欲していた。そして、また彼のもとにディセプティコンが迫りつつあった。

相変わらず、どこをどうトランスフォームしたら、その形になるのかわからないのは健在です。とにかく画面がゴチャゴチャでどれが建物でどれがオートボットなのか良く観ていないと目がチカチカするかも。(3Dで観たらもっとだろうに・・・)

ストーリーは前作に比べればわかりやすく、展開のテンポもいいです。出てくるキャラクターもそれぞれ役目があるし、敷かれた伏線もキチンと回収されている。よく練られた脚本なのは認めます。ただやはりいくつか苦言も・・・

まずはやはりヒロインの交代。色々あったのでしょうが今作の彼女はちょっと魅力に欠けるように思いました。(これは個人的な趣味があるかも)あとはディセプティコンに現れた多くの兵隊が全くトランスフォームしなかった事。私が認識できたのが1体あっただけであとは通常の姿でしか登場しないのは残念。やはりこの映画の魅力は変形だと思うんだけどね。あとは人間側のキャラクターは多いのにトランスフォーマー側のキャラクターが雑魚は多いのに主要キャラクターが少ないのは物足りなかったです。

と色々と苦言を呈してきましたが、点数は★★★★☆です。娯楽作品という意味では上映時間が少し長いのがこのシリーズの悪いところですが、飽きずに最後まで観ることができます。高尚なテーマをこの映画に求めてはいけません。ただ前作までに比べて、残酷な描写が多いのはちょっといただけないですね。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
シャイア・ラブーフ,ジョシュ・デュアメル,ジョン・タトゥーロ,ロージー・ハンティントン=ホワイトリー,パトリック・デンプシー
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


【前作までの予習はこちらで】
トランスフォーマー [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


トランスフォーマー/リベンジ [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


【ランキングに参加しています。お帰りの際にはクリックを】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (2)

ハリー・ポッターと死の秘宝PART2

2011年07月17日 15時45分05秒 | 作品名(は行)
第230回「そして、見事な大団円を迎えました。」

ハリー・ポッターシリーズ・・・このブログで何度も言っているように、それほど思い入れの強い作品ではありません。だったら観るなと言われてしまいそうですが、ここまで来たのです。最終作「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」まで。どんなエンディングを迎えるのかを観ておきたかったのです。映画ファンとして。

物語は前作でヴォルデモートを倒す為に分霊箱を見つける旅を続けていたハリー、ロン、ハーマイオニーの3人、残る分霊箱を見つける為にあらゆる手を尽くしていく。ハリーの行方を掴めずに業を煮やしたヴォルデモートはついにホグワーツ魔法学校への総攻撃を始めようとしていた。助かりたければハリーを差し出せと脅しをかけて・・・ハリーは残りの分霊箱をみつけ、ヴォルデモートを倒すことができるのか?

長かったこの物語もとうとう最終話となりました。PART1のブログでも書きましたが内容はかなり暗く重たいものでした。この映画は子供が観て楽しめるのだろうか?と疑問を感じてしまうくらいに。

内容に関して言えば、もはやこのシリーズをずっと観てきた人達しか楽しめないです。アイテムや舞台など、このシリーズを観てきた人しかわからない物が改めて登場して、物語のキーになっていきます。それがシリーズ物の醍醐味なのでしょう。

しかし、全体的に物語の盛り上がりに欠ける点がいくつかありました。最終対決がやけにアッサリ着いてしまったこと。もっとみんなで協力するってプロットがあっても良かったと思います。それから前の作品に登場して馴染みのあるキャラクターが戦闘で傷ついたり死んでいくシーンをもっと印象的に演出しても良かったと思います。そちらもアッサリと結論だけでは涙する暇もありません。

壮大なこのシリーズも終わりを告げました。点数は★★★★☆です。終始、重苦しく進んでいたお話でしたが、最後にエピローグ的なシーンを入れてくれたことで、やっと明るさを取り戻しました。

彼らの活躍はまた別のお話・・・・・

再来週は「カーズ2」と「トランスフォーマー3」が同時に公開と忙しい週末になりそうです。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 ブルーレイ & DVDセット スペシャル・エディション(4枚組)[初回限定生産] [Blu-ray]
ダニエル・ラドクリフ,ルパート・グリント,エマ・ワトソン
ワーナー・ホーム・ビデオ


【ランキングに参加しています。】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (3)

アイ・アム・ナンバー4

2011年07月10日 16時21分48秒 | 作品名(あ行)
第229回「柳の下にどじょうは何匹いるのでしょう?」

今夜の作品「アイ・アム・ナンバー4」は、特に有名な俳優さんが出ているわけでもなく、有名な監督さんが演出しているわけでもない。「特殊な能力を持つ9人が謎の敵に命を狙われる」というワクワクする設定ではありますが、本国アメリカでヒットした噂も聞かないとなれば、それほど期待をせずに劇場へ足を運ぶのもしょうがないですよね。

地球で暮らす9人の若者。彼らにはそれぞれ特殊な能力が身についていた。彼らが秘めた能力を隠しながら、静かに暮らすにはある理由があった。彼らは地球とは別の惑星「ロリアン」の生き残りだったのだ。彼らの星を襲った敵「モガドリアン」は略奪と殺戮を楽しむだけの種族。ロリアンは滅亡させられてしまったが、彼ら9人と守護者は地球へ逃げ延びることに成功する。しかし、敵は地球にまで追いかけてきた。身を隠していた彼らを追いつめナンバー3までが殺された。ナンバー4であるジョンに魔の手が忍び寄ろうとしていた。

この映画、観ていて「ジャンパー」や「X-MEN」に似ている部分が多々あることに気が付きます。特殊能力を持った主人公が組織に命を狙われるところが「ジャンパー」に、彼らの特殊能力が「X-MEN」によく似ています。だから駄作というわけではありませんが、観ている観客には新鮮味に欠けるのは言うまでもありません。

もちろんいい所もあります。脚本のテンポがいいこと。青春成長映画としても良く出来ていること。それぞれのキャラクターがしっかりしていることなど、観ていて楽しめる点も多くありました。

それでも、敵の種族の特徴や攻撃方法、「キマイラ」と呼ばれるクリーチャーの存在意義、主人公の能力の使い道など挙げたらキリがないくらい説明不足なところも多くあります。そこを許せるかどうかでこの映画の出来は左右されると思います。

個人的にはSF映画好きであること、特殊能力を持った仲間が集まって強大な敵に立ち向かうプロットが好きなことを含めて、点数は★★★★☆としましたが、そうでない人が観ても楽しめないかも知れません。

なにより心配なのは、この作品・・・完全に2匹目のどじょうを目当てに作られてしまった点です。(1匹目がいたのかすらわかっていないのに・・・)劇中にはナンバー4の他にナンバー6が登場します。実質あと4人いるわけですから、このシリーズは何本作るつもりなのでしょう。正直、どうしても続きが気になる作品ではありませんでした。

アイ・アム・ナンバー4 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
アレックス・ペティファー,ダイアナ・アグロン,ティモシー・オリファント,テリーサ・パーマー,カラン・マッコーリフ
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (2)

マイティ・ソー

2011年07月03日 17時45分27秒 | 作品名(ま行)
第228回「そこへ辿り着くためには必要だったのでしょう。」

今回の作品「マイティ・ソー」はアメコミ映画好きの私であっても多少の心配を胸に抱えていました。それは彼が神という設定であることでした。神ならば何でもありになってしまうのでは?神に敵なんて存在しないのでは?という点でした。

神々の住む世界「アスガルド」で最強の戦士であるソー。しかし、強すぎるあまりその身勝手さから、神の世界を戦乱の危機に巻き込んでしまった。神々の王で父であるオーディンはその行為に怒り、ソーの力と最強の武器「ムジョルニア」を奪い、地球へと追放する。神から見捨てられ、地球へ落ちてしまったソーは、そこで天文学者ジェーンと出会う。慣れない人間生活を送っていたソーだったが、ジェーンと接することで徐々に人の痛みや弱さを知るようになっていく。一方、ソー不在のアスガルドでは弟のロキが王にならんと陰謀を企てていた。果たして、アスガルドは?ソーは力を取り戻せるのか?

私の心配の原因・・・それは、このあと2012年に公開される「アベンジャーズ」の存在でした。その作品は多くのヒーローが集まって共演するドリームチームの映画。その中心人物となるのが、「アイアンマン」「ソー」「キャプテン・アメリカ」の3人なのです。その3人の中で唯一人間でないキャラクターのソーがうまくお話に加わって、面白いエピソードになるのかを心配していました。

今作はその「アベンジャーズ」に結び付ける為の言わば「ソーってこんなキャラクターなんですよ。」と紹介する為の映画。そういうエピソード0を描く作品って難しいんですよね。ハルクやデアデビルが失敗しているように・・・で、この作品の出来はというと。

点数は★★★☆☆です。やっぱりというか、思った通りというか、駆け足で描いてしまった感は拭えませんね。神の世界で暴君だったソーが人間世界で人の痛みなどを学んで成長していく・・・言葉で書くと簡単なんですが、うまく映像になっていませんでした。人間界に落ちてから2~3日しか経っていないのに性格が変わってしまうなんて、簡単過ぎやしませんか?

例えば、人間界に住み始めて何ヶ月かのエピソードを回想シーンっぽく入れるとか、それほど時間もかけずに出来たような気がします。そうすれば、ソーが人間に対して抱く愛情とか、この世界を大事にしようと思う心みたいなものが納得できるのですが、ちょっとこの作品では希薄に描かれてしまって、とても残念でした。

もう1つは悪役の存在です。弟であるロキはいいとしても、敵が「氷の巨人」ってなんかフワッとしてませんか?見た目もあんまり派手じゃないし、能力もイマイチわかりずらい。しかも、戦闘シーンは冒頭だけと、あれでは脅威を感じません。やられてしまうかも知れないドキドキ感がまったくありませんでした。

作り手も次回作の「アベンジャーズ」への伏線を張るので忙しくて、今作でソーを描き切れていない感じでした。と文句ばかりなのに3点なのは、やはりアメコミ映画が好きなのとこの先に公開される「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」「アイアンマン3」「マイティ・ソー2」への期待を込めたものになっています。

長い時間とお金を賭けてここまで来たのですから、コケないことを祈るばかりです。

マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
クリス・ヘムズワース,ナタリー・ポートマン,浅野忠信,トム・ヒドルストン,アンソニーホプキンス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (2)