しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗

2009年08月30日 23時02分13秒 | 作品名(な行)
第150回「良いところと、悪いところ。」

やっとここまで辿り着いた。正直、この作品を映像化すると聞いた時「おそらく無理だろう。」と思っていました。しかし、第1作目を観た時は「これは凄い作品ができる」と思いました。そして、今夜の最終作を観終わった感想は・・・原作をこよなく愛している私にとっては「不完全燃焼な作品となってしまったな。」と思いました。今夜の作品は「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」です。

原作は「20世紀少年」全22巻。「21世紀少年」全2巻の壮大なお話。それを3本の映画として描こうと、一流のスタッフ・キャストが揃いました。それは私の想像を超えた作品となり私を楽しませてくれました。
1作目、2作目のブログでも大きなテーマとなっている事ですが、「事前に原作を知っている人と、知らない人では、どちらがこの作品を本当に楽しめるのだろうか?」というテーマですが、3作目を観終わった今の結論は、「原作を知らない人のほうが、この作品を楽しめた」だろうと思います。

この最終章を観ていて思ったことは、「なんかエンディングへ向けてのダイジェストを観ているようだなぁ。」でした。あまりにもポンポンをお話が進んでしまって、細かい描写とかが思いっきり省かれてしまっているように思いました。もちろん時間的制約がある映画ですから、省略されてしまう部分はあるでしょう。しかし、あまりにも色んなことがアッサリと解決してしまい「あれ?こんな感じだったかなぁ?」と原作を知っている私にとっては、終始物足りない気持ちが心の中にありました。

例えば、ニタニ神父のローマ法王とのエピソードや、第1作目で及川光博が演じたキャラクターとケンヂの因縁の対決や、万丈目の最期などなど、省かれてしまった事のほうが、この作品として大事なプロットが描かれていたように思います。それを知っている原作を先に読んでしまっている私にとっては、どうしても時間内に納めようと無理をしているように思えてしょうがありませんでした。

それでも良いところも多くありました。あのコンサートでの「ボブ・レノン」の1曲は鳥肌が立ちました。あの迫力というか臨場感みたいなものはマンガでは描くことのできない、映画ならではのシーンだと思います。

最終章の点数は★★★☆☆です。「20世紀少年」として3作すべての点数は★★★★☆です。この映画独自のエンディングは、原作を知っている私としては納得できるものではありませんでした。犯人を彼1人に押し付けてしまうことは、どうしても納得できない部分ではありました。彼は「マネのマネ」であってほしかった。

それでも映画としては、かなり良く仕上がっていました。原作を読んでいない人にはオススメできる作品です。原作を知っている人にはあまりオススメはできないかなぁ。

20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 Blu-ray (本編BD1枚+特典DVD1枚)
唐沢寿明,豊川悦司,常盤貴子,香川照之,平愛梨
バップ


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (1)

ナイトミュージアム2

2009年08月23日 21時28分42秒 | 作品名(な行)
第149回「彼女にすっかり魅了されてしまいました。」

2週間ぶりのご無沙汰でした。お盆休みを理由に先週はお休みしてしまいました。ある読者の方に「今週は更新しないの?」と言われ、ちょっと嬉しくなりましたが、お休みしてしまいました。

で、今夜の映画は「ナイトミュージアム2」です。前作も鑑賞済みです。しかし前作がかなり見事に出来上がっていたので、どんな展開になるのだろうと、期待半分・不安半分という感じで公開を待ちわびていました。

夜の博物館で展示品が動き出すという設定。ありがちですが、こういうの好きなんです。例えば「トイ・ストーリー」とかね。

物語は前作のニューヨーク自然史博物館が観客の減少で収入が落ち、多くの展示品を入れ替えることが決まっていた。入れ替えられる展示物はワシントンのスミソニアン博物館に移送される事になった。あの不思議な力を持つ石板はニューヨークに残るので、多くの展示品にとっては、自由に動けるのは最後の夜。
ところが石板までが一緒に移送されてしまったから、さあ大変。スミソニアンにある展示物が動き出し、インドの王「カームンラー」が世界征服を企てる事件が起きていた。ラリーは石板を取り戻し、ニューヨーク自然史博物館を元に戻すことは出来るのか?

今作も期待通りのいい作品に仕上がっていました。多くのニューキャラが登場し、どれも魅力的に活躍します。通常、多くのキャラクターが登場するとゴチャゴチャして個々の魅力が半減してしまうのですが、脇役のはずである「ナポレオン」や「カスター将軍」もいいシーンがあり、とても面白かった。夏休みにはピッタリの映画です。

ラリーにはある変化が起こっているのですが、その変化にかなりビックリしました。その変化にラリー本人が戸惑っているという設定なのですが、個人的にはその様子がもう少し深く描かれていたら良かったと思います。

点数は★★★★★ですね。特に難しい事は考えずに「博物館の展示物が動き出す」というワクワクする設定を楽しんでください。
個人的にアメリア・イヤハートを演じたエイミー・アダムスにすっかり魅了されてしまいました。彼女のキュートな演技にファンになりました。「魔法にかけられて」のお姫様を演じた時は、それほど印象的ではなかったんですけどね。
今後は注目していこうと思います。

ナイト ミュージアム2 [Blu-ray]
ベン・スティラー,ロビン・ウィリアムズ,エイミー・アダムス,オーウェン・ウィルソン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (1)

G.I.ジョー

2009年08月09日 22時48分01秒 | 作品名(さ行)
第148回「G.I.ジョーなんてタイトル付ける必要なかったのに」

今夜の作品は「G.I.ジョー」です。アメリカで人気の男の子向けフィギュアを現代風にアレンジして映画化した作品です。
皆さんは「G.I.ジョー」と聞いて何を思い出しますか?私は「こち亀」を思い出します。子供の頃に読んでいた週刊少年ジャンプの「こち亀」の中にたびたび登場するので、このタイトルを聞いた時に「どんな映画になるの?」とかなり心配しました。だって予告編を見る限りでは、想像していたものとはずいぶんとかけ離れたものだったからです。

予告編からは、かなり現代風にアレンジされていて、個人的にはあまりの違いに駄作を覚悟して劇場に足を運びました。しかし、その心配はいい方に裏切られることになりました。

物語は世界を滅亡に追い込む事のできる兵器が悪の組織に奪われる。それを阻止する為に世界中の優秀な兵士を集めて作られた国際機密組織「G.I.ジョー」の活躍を描くという、いたってシンプルなアクション映画でした。

映画を見る前に覚悟していた駄作の臭いは物語が進むにつれて薄れて行きました。善と悪のどちらにも登場する魅力的なキャラクター達。回想シーンをうまく盛り込みながら進められるストーリー。良くあるエピソード1を描く失敗を見事に切り抜けていました。

しかし、あまりにも現代的な兵器や装備が登場するので、それはそれで見ていて楽しいのですが、「G.I.ジョー」というタイトルを聞いて映画館に足を運んだ人はあまりの違い様に「あれ?」と首を傾げてしまうことでしょう。私がその1人なのですが。

アクション映画として観れば、かなりのいい出来だったと思います。★★★★☆という点数を付けさせてもらいます。監督がハムナプトラシリーズを手がけたせいもあり、その映画にも登場した俳優さん達が登場します。(カメオ出演で主役の彼も。)そこも楽しみの1つかも。

それほど難しいストーリーがあるわけでもないし、見事なアクションの数々で単純に楽しめるアクション映画に仕上がっています。おそらく続編も視野に入れて作られているであろう伏線もあるので、次回作も期待しています。

それにしてもどうして「G.I.ジョー」なんてタイトルにしたのでしょう?別のタイトルだったとしても十分面白い映画なのに。

G.I.ジョー スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ,スチュアート・ビーティー,ポール・ラヴェット,デヴィッド・エリオット
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

ボルト

2009年08月02日 21時57分10秒 | 作品名(は行)
第147回「またレベルを上げたウォルト・ディズニー」

日本でアニメ界の先駆けといえば、「手塚治虫」を思い出します。ではアメリカでといえば、もちろん「ウォルト・ディズニー」を置いて他にはいないでしょう。多くの魅力的なキャラクターがいて、多くの子供達に夢を与えて来ました。しかし、ここ最近はかつての隆盛を誇っていた頃の勢いは見られなく、作られる映画もマンネリ感を強く感じていました。(これはあくまで個人的な感想ですが。)

今夜の作品はそのディズニー制作の「ボルト」です。
なぜ私がそんなマンネリ化しているディズニー映画を観ようと思ったのかといえば、それは製作総指揮に名を連ねたある人の存在があります。
彼の名前はジョン・ラセター。ピクサー・アニメーション・スタジオを率いて、名作CGアニメを次々と作り出した人物です。かつてピクサーはあくまで独立したアニメ制作会社に過ぎませんでした。その映画を配給していたのがディズニーでした。しかし、ピクサーの作り出す映画は名作ばかりで、次々とアカデミー長編アニメ部門などを受賞し、CGアニメと言えば「ピクサー」と言われるほどになりました。私自身もピクサー作品の大ファンです。
そんな素晴らしい会社を、ただの配給会社という立場では、いずれディズニーから離れてしまう。そう考えた、かつての勢いを失いかけていたディズニーはピクサーという会社を買収しました。そのことでディズニー映画がどのように変わるのか凄く興味があり今夜の「ボルト」を観に行く事にしました。

物語はペニーという女の子と飼い犬ボルトが主人公。ペニーには優秀な科学者の父親がいました。彼によって改造されたボルトは、スーパーパワーを持つようになりました。しかし、その科学者としての才能を世界征服に使おうとする悪の組織。誘拐されてしまった父親を助ける為に日々戦い続けるペニーとボルト。というのは全てドラマの中のお話。ボルトとペニーは人気ドラマの出演者。しかし、ボルトは演技に迫力を出す為と、ドラマの中を現実として教えられ、ペニーが悪の組織に狙われていると思い込んでいます。
ある日、悪の組織にさらわれてしまったペニーを追いかけて飛び出してしまったボルト。彼は今までの現実が全てドラマであったと知らされます。それでもペニーの元へ帰る為に長い旅に出るというお話。

作品の点数は★★★★★です。ディズニー映画ですから、もう何も心配せず安心して観ていられる映画なのは間違いありませんが、脚本も良く出来ていますし、ホロリとさせられる所もあり、文句の付け所のない作品でした。
いたるところにピクサーっぽさが滲み出ていて、彼を制作総指揮に迎えたことは間違いでなかったと心から思いました。

ピクサーを手に入れたディズニーはこれからも素晴らしい作品を作っていくことでしょう。さらにレベルアップしたディズニーに期待しています。

ボルト [Blu-ray]
ディズニー
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント