しんちゃんの徒然なる映画日記

劇場で観た映画の感想を中心に綴っていきます。これからの参考になれば・・・

嫌われ松子の一生

2006年05月28日 04時14分44秒 | 作品名(か行)
第47回「あまりにも不幸せな女のおとぎ話」

映画を観ようと思う決め手の1つに「予告編」の存在があります。映画が始まる前に上映される予告編・・・それは、映画の印象的なシーンを切り取って、効果的に貼り付けし、観客に「お、この映画は、面白そうだなぁ。」を思わせるものである。もちろん、中には「予告編負け」している映画も多々ありますけど・・・最近では、「フライトプラン」がいい例でしょうか?

今夜の映画「嫌われ松子の一生」も、映画を観ようと思ったキッカケは予告編でした。「ま~げて~、のば~し~て~」の歌声で始まる予告編に思いっきりやられてしまいました。監督の中島哲也さんは、CMディレクターの出身。短い時間で面白い映像を作るのは、お手の物でしょう。だから、ちょっと「予告編負け」になるんじゃないかと心配していました。

映画は中谷美紀演じる「川尻松子」のあまりにも不幸な人生を、ポップな映像と多彩なキャストで描いていました。でも、どんなに明るく、時にはミュージカル仕立てで描いてみても、不幸なものは不幸なわけで、松子の一生はあまりにも不幸せで笑えませんでした。彼女は人生の選択を、その純粋で真面目な性格のせいで、ほんのちょっと間違えてしまうのです。その間違えかたが、間抜けなので笑えるのですが、それは「爆笑」ではなく「苦笑」なのです。

彼女のほんのちょっとだけ波乱万丈な人生は、1歩間違えると自分にも起こりえることで、実際に松子のような女性は多く存在するのでしょう。だからこそ、リアルな映像ではなく、アメコミのような非現実的な映像で綴ることで、エンターテイメントにしようとしたのでしょう。その方法は成功だったと思います。

点数は★★★★☆ですね。マイナス要素は、松子を殺した犯人が個人的には許せなかった事。あれでは、あまりにも救いがないのでは?それと松子を始め、周りの登場人物を同じ俳優さんが、ずっと演じるには、やはり無理があったような気がします。中谷美紀の2歳年下の弟を香川照之さんが演じているのは、どうしても馴染めませんでした。最後の松子は体型だけでなく、顔にも特殊メイクを施してもらえるとよかったかも。

お話があまりにも不幸なので、何度も観たいと思える作品ではありませんが、観て後悔する作品ではないと思います。ほんのちょっとだけ、誰かに愛してもらえていれば、きっと素敵な人生になっていたことでしょう。

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
中島哲也,山田宗樹
アミューズソフトエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント

ダ・ヴィンチ・コード

2006年05月21日 04時35分11秒 | 作品名(た行)
第46回「失笑?喝采?それとも・・・」

またまた、2週間ぶりのご無沙汰になってしまいました。(苦笑)
今夜は映画ファンなら、たぶんほとんどの人が観たであろう、「ダ・ヴィンチ・コード」を観て来ました。それはもう、全世界で5000万部を売り上げたベストセラーの映画化とあれば、期待してしまいますよねぇ。ところが、公開直前のカンヌ映画祭のマスコミ向け上映では「失笑」だったようだし、さらに公式上映では一転して「拍手喝采」との様子が伝わって来ていました。「どっちなんだよ!」って感じですよねぇ。だからこそ、自分の目で確かめに行ってきました。

小説を映画にすると、良くある事なのですが、2時間前後の限られた上映時間に物語を集約して描かなくてはならないので、つまらなくなってしまうのです。この「ダ・ヴィンチ・コード」も上下巻にわたる壮大なお話なので、2時間30分という枠の中にどう納まっているのか期待半分、不安半分って感じでした。(と言いながら、原作は読んでないんですけどね。)

結果は、期待を裏切らない素晴らしい作品に仕上がっていました。とてつもなく奇抜な展開があるわけではないし、想像していた通りの展開だったのですが、なぜだか文句が出ないんですよ。いつもなら、「想像を裏切らなかった」といってクレームを付けたくなるのですが、この作品は文句が無かったのです。
時間軸をずらして、過去の映像を見せる時には、現代のシーンとうまく組み合わせていたり、お話の展開もスッキリしているし、張られた伏線に関してもキッチリ処理していたと思います。点数は久々の★★★★★です。

この作品は、キリストに関しての斬新な仮説を基に描かれているので、世界中で賛否両論あるみたいですね。でも、あくまでフィクションとして、「こんな仮説もあるかもねぇ。」と純粋に映画を楽しんだらいいと思うのですが・・・敬虔な信者の人には「ひどい映画」になるのかもしれませんね。

それと、予備知識として映画を観る前に仕入れておくと、より一層楽しめる情報を・・・もちろん、レオナルド・ダ・ヴィンチはそうなのですが、「アイザック・ニュートン」「十字軍の遠征」「キリストの聖杯」はインターネットで調べておくと、映画が数段楽しめると思います。その真相は劇場で…(笑)

唯一、残念なのは「モナ・リザ」のこの映画への関わり方でしょうかね。こちらの真相も劇場で。

ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション(1枚組) [Blu-ray]
ジャン・レノ,トム・ハンクス,オドレイ・トトゥ,イアン・マッケラン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント   トラックバック (1)

LIMIT OF LOVE 海猿

2006年05月07日 01時45分43秒 | 作品名(あ行)
第45回「海洋パニック映画としては、満点でした。」

どうも、また2週間ぶりの更新になってしまいました。サボり癖がついたかな?
さて、今夜は「海猿2」を・・・ではなくて、「LIMIT OF LOVE 海猿」を鑑賞してきました。監督のこだわりで、単なる続編ではないので「海猿2」ではないそうです。
自ら邦画を鑑賞するのは、珍しいのですが、この作品は映画版からテレビ版まで、欠かさず観ている作品なんです。確かにご都合主義に思えるような、現実ではありえない展開があったりしますが、それはそれで現実でないのだから、いいんじゃないでしょうか?

海猿-最終章となったこの作品は、鹿児島港沖で起きた大型フェリーの座礁事故。そこへ救助へ乗り込んだ仙崎大輔とバディ吉岡。二人の乗員を救おうとし、船内に閉じ込められてしまう。簡単なストーリーはこんな感じです。パニック映画ファンとしては、見逃せない作品ですよねぇ。大輔と環菜の恋愛模様も適度な描かれ方で、パニック映画らしさを失っていなくて良かったです。
点数から先に言ってしまうと、限りなく5点に近い、★★★★☆ですね。脚本も演じている役者さん達も、良かったです。壮絶な救出シーン&大輔の諦めない気持ちを見ていると、こちらまで歯を食いしばいながら鑑賞してしまいました。
どうして、満点でないかというと、お話の中心になるフェリー事故の最初の様子が描かれていなかったこと、突然の緊急出動で始まってしまったので、「あれ?もう?」って感じでした。それからは、テンポがいいのでストーリーにのめり込んでしまうんですけどね。せめて、フェリーに乗っている乗客の事故を想像もしていない、いつもの様子が描かれていると、もっとドキドキしたのかも。
もう1つは、取り残された2人の乗客の家族が出て来なかったこと。取り残された人を心配するキャラクターが、大輔の恋人の環菜だけではなくて、心配して本部に駆けつけて、取り乱したりとかすると、もっと「助けたい」気持ちが大きくなって、盛り上がったかもなぁ・・・って思います。

と色々言いましたが、海洋パニック映画としては満点だと思います。フェリーの沈没シーンは一見の価値ありですよ。映画館の大きなスクリーンでの鑑賞をお勧めします。

LIMIT OF LOVE 海猿 [Blu-ray]
伊藤英明,加藤あい
ポニーキャニオン


【ランキングに参加しています。クリックにご協力を】
人気ブログランキングへ
コメント (1)